【2024年最新】FXGTはスワップフリーで取引可能!廃止された銘柄と得する長期トレードの方法

FXGTのスワップフリーで取引できる銘柄は以下です。

FXGTのスワップフリー対象銘柄 口座タイプ
株価指数銘柄 Pro口座・ECN口座
ゴールド Pro口座・ECN口座
FX通貨ペア Pro口座・ECN口座
(日本円通貨ペアとエキゾチックペアを除く)
その他の銘柄 Pro口座・ECN口座

※FXGTでスワップフリーの対象となる銘柄は、口座タイプによって異なります。

日本円通貨ペアと仮想通貨もスワップフリー銘柄として人気でしたが、2023年12月FXGTによる変更がありスワップフリーは廃止されてしまいました

そこで本記事では、FXGTのスワップフリーについて以下のポイントで解説しています。

この記事でわかること

スワップポイントが原因で手を出しにくかった銘柄も、トレードしやすくなるので参考にしてみてください。
\\口座開設ボーナスが15,000円に増額中!//

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【ボーナス対象】
スタンダード+口座
新規口座開設で15,000円の口座開設ボーナスがもらえる口座タイプ。
無料でリスクなしのお試しトレードができるので、とりあえずこの口座を開設しておいて損はなし。
仮想通貨FXをしたいならCryptoMax口座がおすすめ。
【極小取引コスト】
プロ口座
低スプレッド×スワップフリーの取引コストが非常に小さい口座。
FXGTの中で最もいい取引条件でトレードできる口座なので、中級者トレーダーにおすすめ。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

FXGTのスワップフリーとは?

FXGTのスワップフリーとは、スワップポイントがゼロになること。つまり、プラススワップもマイナススワップも発生しないことを意味します。

FXGTの仮想通貨と日本円通貨ペアのスワップフリーは2023年12月に廃止されてしまいましたが、クロス円以外の通貨ペアやCFDを利用すれば最大6日間スワップフリーで取引できます。

FXGTのスワップフリーを利用すれば、マイナススワップがネックで当日決済していた方や、ロング・ショート共にマイナススワップの銘柄でも手を出しやすくなります

そもそもスワップポイントとは、二国間の金利差で発生する損益のことです。

  • 高金利通貨を低金利通貨で買う→金利差を受け取れるため利益が出る
  • 低金利通貨を高金利通貨で買う→金利差を支払うため損失が出る

プラススワップなら保有し続けることで利益になりますが、マイナススワップの場合は損失になるので、ポジションを長期保有する方は注意が必要です。

後に紹介しますが、条件や銘柄を確認しておかなければ、結果的にスワップポイントで損失が発生する可能性もあるので注意してください。

関連:スワップフリーの海外FX業者は?各口座のスワップポイントを一覧で紹介

FXGTのスワップフリー銘柄と対象口座

FXGTのスワップフリー銘柄と対象口座は次のとおりです。

FXGTのスワップフリー対象銘柄 口座タイプ
株価指数銘柄 Pro口座・ECN口座
ゴールド Pro口座・ECN口座
FX通貨ペア Pro口座・ECN口座
(日本円通貨ペアとエキゾチックペアを除く)
その他の銘柄 Pro口座・ECN口座

FXGTでスワップフリーの対象となる銘柄は、口座タイプによって異なります。

ここでは、具体的に以下の対象銘柄の詳細と注意点を紹介します。

  • 株価指数銘柄
  • ゴールド
  • FX通貨ペア

株価指数銘柄

FXGTでは株価指数がスワップフリーの対象になっていますが、約定から3日間限定となります。

対象銘柄は次のとおりです。

日経平均株価 JP225
ダウ平均株価 US30
NASDAQ US100
S&P500 US500
S&P/ASX200指数 AUD200
DAX指数 GER40
CAC40指数 FRA40
DAX指数 VIX
FTSE100指数 UK100

日経平均やSP500など、代表的な株価指数銘柄もスワップフリーで取引できる特徴があります。

しかし、スワップフリーは約定からPro口座では6日間、ECN口座では3日間(mini口座、スタンダード口座ではなし)の制限があり、その次の日以降は通常のスワップポイントが発生するので注意しましょう。

ゴールド

FXGTで取引可能なゴールド(XAU/USD)は、保有してから最大6日間スワップフリーで取引可能となっています。

Pro口座では保有から6日間、ECN口座では保有から3日間スワップフリーで取引することができます。

mini口座とスタンダード口座ではスワップフリーが適用されないので、気を付けてください。

またそれぞれの期間経過後にはスワップポイントが発生するため、併せて注意しておきましょう。

FX通貨ペア

FXGTではPro口座に限りFX通貨ペアもスワップフリーでトレードすることができます。

2023年12月の変更によりクロス円やエキゾチックペアではスワップポイントが発生しますが、EUR/USDなどメジャー通貨銘柄やマイナー通貨銘柄でもスワップフリーで長期保有がしやすくなりました。

ただし、スワップフリーは最初の6日間のみですので、こちらも注意が必要です。

FXGTでスワップフリー取引をするメリット

FXGTのスワップフリーは、長期保有で利益を狙うスイングトレーダーの方にとって、大きなアドバンテージになるでしょう。

ここからはFXGTでスワップフリー取引をするメリットを紹介します。

FXGTでスワップフリー取引をするメリット
  • ポジションの長期保有がしやすくなる
  • 金利変動によるリスクを気にせず、、最大6日間取引できる
  • 投資戦略の選択肢が広がる
  • ゴールドを保有しやすい

1つずつ見ていきましょう。

ポジションの長期保有がしやすくなる

スワップフリーになることで、長期保有がしやすくなります。

そのため、マイナススワップを避けて週末に決済していた方には、大きなメリットになるでしょう。

これまでマイナススワップで損失が発生していたポジションも、FXGTのスワップフリー銘柄であれば気にせず長期保有できます。

さらに、ポジション保有ごとにコストを計算していたトレーダーにとっても、無駄な作業が1つ減るので時間を有効活用できます。

スワップポイントを気にせず長期保有できるのは、FXGTで取引する大きなメリットと言えるでしょう。

金利変動によるリスクを気にせず、、最大6日間取引できる

FXGTのスワップフリーであれば、金利変動によるリスク回避できる点もメリットとして挙げられます。

スワップポイントは取引業者によって異なりますが、基本的に毎日変動しているため、金利変動によるリスクも考慮する必要があるのです。

例えば、スワップポイントで大きな恩恵を受けやすい新興国通貨などは、魅力的な反面、金利変動によるリスクも避けられません。

しかし、スワップフリーであれば金利変動によるリスクを抑え、自分の好きなタイミングで決済できる点は、トレーダーにとって大きなメリットといえるでしょう。

投資戦略の選択肢が広がる

FXGTのスワップフリーを6日間活用することで、投資戦略の選択肢の幅が広がる点もメリットとして挙げられます。

例えば、株価指数銘柄は月曜日~金曜日に取引されるため、マイナススワップを避けるため金曜日に決済するトレーダーが多くいます。

しかし、スワップフリーで取引できればポジションを保有してもコストがかからないため、株価指数銘柄の取引自由度が上がったといえるでしょう。

また、マイナススワップが大きく手を出しにくかった銘柄も、コストを気にせずトレードできます。

これまでスワップポイントが障壁となっていた戦略を取り入れることができるのは、FXGTでスワップフリー取引をする大きなメリットです。

ゴールドを保有しやすい

スワップフリーが適用されることにより、マイナススワップを気にせずゴールドを保有しやすくなりました。

これまでFXGTのゴールドは、ロング・ショートどちらのポジションを保有してもマイナスとなっていたため、長期保有しにくいデメリットがありました。

現在はゴールドもPro口座とECN口座においてスワップフリー対象銘柄となっているので、人気の高いゴールド取引をしたい方には魅力的でしょう。

また、FXGTのハイレバレッジを活用することで、短期的に大きな利益を狙うだけでなく、リスクヘッジとして長期保有も可能になった点は大きなメリットです。

ゴールド取引をしたいトレーダーにとって、FXGTのスペックは申し分ないといえますね。
\\口座開設ボーナスが15,000円に増額中!//

FXGTのスワップフリー対象外の銘柄

次にFXGTではスワップフリーの対象にならない銘柄を紹介します。

魅力的なスワップフリーですが、全ての銘柄が適用されるわけではありませんので、注意点として認識しておく必要があります。

以下の銘柄は対象外です。

FXGTでスワップフリー対象外の銘柄
  • 仮想通貨
  • 日本円のFX通貨ペア
  • NFT・DeFi銘柄
  • ゴールド以外の貴金属(メタル)・エネルギー銘柄
  • 保有期間が4日以降の株価指数銘柄

それぞれ詳しく解説します。

2024年6月最新情報】FXGTが仮想通貨と日本円通貨ペアのスワップフリーが廃止!

FXGTのスワップフリー銘柄として人気だった仮想通貨と日本円通貨ペアですが、2023年12月にスワップフリーが廃止されてしましました。

仮想通貨や日本円通貨ペアの取引でもスワップポイントの変化に影響を受けず、ポジションを長期保有できていましたが、この変更によってスワップポイントが発生することになります。

レバレッジが最大1000倍や豊富なキャンペーンなど魅力的なスペックの銘柄ですが、スワップフリーの銘柄で取引したいのであれば他の銘柄、もしくは他の海外FX会社での取引を考えましょう。

仮想通貨銘柄

FXGTでスワップフリーの仮想通貨銘柄の一覧は以下の通りです。

ビットコイン BTC/USD・BTC/JPY・BTC/EUR
リップル XRP/USD・XRP/JPY・XRP/EUR・XRP/BTC
イーサリアム ETH/USD・ETH/JPY・ETH/EUR・ETH/BTC
ビットコインキャッシュ BCH/USD・BCH/JPY・BCH/EUR
ライトコイン LTC/USD・LTC/JPY・LTC/EUR・LTCBTC
ドージコイン DOG/UCD
ステラルーメン XLM/USD・XLM/JPY・XLM/EUR・XLM/BTC
カルダノ ADA/USD・ADA/JPY・ADA/EUR・ADA/BTC
柴犬コイン SHB/USD
ポルカドット DOT/USD・DOT/JPY・DOT/EUR・DOT/BTC

FXGTでは仮想通貨FXが大きな魅力のブローカーです。

特にビットコイン取引は最大1,000倍のハイレバレッジで取引が可能

他の海外FX業者では10倍〜50倍程度のレバレッジですので、FXGTの仮想通貨FXに対する力の入れ具合がわかります。

また、仮想通貨FXではロング・ショートどちらもマイナススワップが一般的です。

仮想通貨はボラティリティが大きいですが、長期的にトレンドが継続する傾向もあります。

\\口座開設ボーナスが15,000円に増額中!//

日本円通貨ペア

日本円通貨ペアにおけるスワップフリーの廃止により、スワップポイントが発生します。

日本円通貨ペアとはUSD/JPY、GBP/JPYなど日本円通貨とその他の通貨のペアのことを指します。

一方で日本円以外の通貨ペアやCFDを利用すれば最大6日間スワップフリーで取引できます。

スワップフリーで取引したいのであれば、それらの選択肢も考えてみてください。

NFT・DeFi銘柄

FXGTでは仮想通貨銘柄のすべてがスワップフリー対象ではありません。

NFT銘柄やDiFi銘柄は対象外になっているため、取引時には注意しましょう。

例えば以下の銘柄やシンセティック通貨ペアはスワップフリー対象外です。

スワップフリー対象外銘柄の一例
  • BTCGold
  • Aave
  • CHILIZ
  • Crypto.com coin
  • Chainlink
  • ENJIN COIN

シンセティック通貨ペアとは、仮想通貨銘柄と「株式・株価指数・貴金属」などCFD銘柄を組み合わせたペアを指します。

ゴールド以外の貴金属(メタル)・エネルギー銘柄

FXGTのゴールド取引はPro口座とECN口座においてスワップフリー対象として紹介しましたが、メタルやエネルギー銘柄は対象外になるので注意してください。

貴金属すべてがスワップフリーだと勘違いして保有し続けると、スワップが発生してしまいます。

マイナススワップによって損失が拡大する可能性もあるため、対象になっている銘柄かどうかは確認してから取引しましょう。

保有期間が4日以降の株価指数銘柄

FXGTはPro口座とECN口座において株価指数もスワップフリー対象になりますが、Pro口座では6日間、ECN口座では3日間のみとなっており、次の日以降は対象から外れます

その為、保有しても対象期間内に決済するか、次の日以降のスワップ分を保有しておくなど対策を取ると良いでしょう。

気づかず大きなコストが発生しないよう、売買したタイミングは把握しておく必要があります。

FXGT以外にスワップフリー対応の海外FX業者

FXGTのスワップフリーについて魅力を紹介してきましたが、FXGT以外でもスワップフリーを採用している海外FX業者があります。

日本人からも知名度が高く、人気のある以下のブローカーを紹介します。

FXGT以外でスワップフリー採用の海外FX業者
  • Exness
  • XM

詳細なスペックを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Exness

exness(エクスネス)のトップページ

取引口座の種類 5種類(スタンダード・スタンダードセント・ゼロ・ロースプレッド・プロ)
最大レバレッジ 無制限(約21億倍)
スプレッド ドル円 平均1.7pips
(スタンダード口座)
入出金方法 7種類
取引プラットフォーム MT4/MT5
最小取引単位 0.01ロット
ロスカット率 0%
ゼロカット あり
ボーナス なし

Exness(エクスネス)は、最大レバレッジ無制限となっており、海外業者の中でもハイレバレッジトレードにはおすすめのブローカーです。

さらに、以下2種類のスワップフリーレベルが用意されています。

  • スタンダードスワップフリー
  • 優待(拡張)スワップフリー

口座開設時点ではスタンダードスワップフリーが適用されており、一定の取引量を達成すると、さらに銘柄の多い優待(拡張)スワップフリーに移行できます。

Exnessのスタンダードスワップフリー対象銘柄

  • XAU/USD(ゴールド)
  • 仮想通貨
  • 株式

優待スワップフリーの対象銘柄

仮想通貨 株式 XAU/USD
USD/JPY EUR/JPY EUR/USD
USD/CAD GBP/JPY GBP/USD
NZD/USD AUD/NZD GBP/NZD
AUD/USD AUD/CHF NZD/JPY
EUR/CHF AUD/JPY NZD/CAD
GBP/CHF EUR/AUD EUR/NZD
EUR/CAD USD/CHF EUR/GBP
USOIL

Exnessに口座開設ボーナスや入金ボーナスはありませんが、無制限レバレッジ・ロスカット水準0%にスワップフリーと掛け合わせるとかなりのハイスペックと言えます。

そのためExnessは、本格的にFXトレードをしたい方に強くおすすめしたい海外FX業者です。

XM

XMTrading

取引口座の種類 4種類(スタンダード・マイクロ・Zero・KIWAMI極)
最大レバレッジ 1,000倍
スプレッド ドル円 平均1.6pips
(スタンダード口座)
入出金方法 5種類
取引プラットフォーム MT4/MT5
最小取引単位 0.01ロット
ロスカット率 20%
ゼロカット あり
ボーナス なし

XMは日本人トレーダーから圧倒的な知名度と人気を誇っているブローカーです。

銘柄によってはスワップフリーで取引できるほか、さらに厳選銘柄でスワップフリーが採用された「KIWAMI極口座」が2022年10月に登場しています。

XMでスワップフリー対象の銘柄

  • コモディティ:全銘柄
  • 株価指数:先物のみ
  • 貴金属:PALL、PLATのみ
  • エネルギー:全銘柄

KIWAMI極口座のスワップフリーで取引可能な銘柄

AUD/CAD AUD/CHF AUD/JPY
AUD/NZD AUD/USD CAD/CHF
CAD/JPY CHF/JPY EUR/AUD
EUR/CHF EUR/GBP EUR/JPY
EUR/NZD EUR/USD GBP/AUD
GBP/CAD GBP/CHF GBP/JPY
GBP/NZD GBP/USD NZD/CAD
NZD/CHF NZD/JPY NZD/USD
USD/CAD USD/CHF USD/JPY
GOLD SILVER XAU/EUR

KIWAMI極口座は、スワップフリーのほかスプレッドコストも抑えられており、すべてのトレーダーにおすすめな口座となっています。
\\口座開設だけで13,000円もらえる//

スワップフリーを活用した投資戦略

最後にFXGTのスワップフリーを活用した投資戦略をいくつか紹介します。

FXGTのスワップフリーを活用した投資戦略

スワップフリーの場合、マイナススワップが発生しない一方、プラスもないため一般的なスワップ狙いのトレードには向きません。

しかし、コストを極限まで抑えて取引できるメリットは、活用する機会も多く存在します。

ボーナスを活用したスイングトレード

FXGTには口座開設ボーナスをはじめ、入金ボーナスなどさまざまなボーナスが用意されています。

そのため、海外FX初心者でも損失リスクを抑えてハイレバレッジ取引ができます。

ボーナスを活用しつつ、日本円以外のFX通貨ペアやゴールドなど本来マイナススワップが発生する銘柄を、長期保有するスイングトレードはおすすめの投資戦略です。

長期的にみてトレンドが続く日本円以外のFX通貨ペアやゴールドの銘柄は、できるだけレバレッジを抑えることで、リスクを減らして利益を上げる可能性が高まります。

株価指数銘柄をPro口座でスワップフリーの運用

前述しているように、株価指数銘柄など高く設定されている銘柄は金曜日に決済したいトレーダーが多いようです。

そのため、スワップフリーを活用すれば金曜日に決済しなくても週を跨いで保有することが可能です。

Pro口座でスワップが発生するのは7日目以降ですがECN口座では4日目以降、mini口座とスタンダード口座ではスワップフリーが適用されないので、より長期保有できるPro口座を活用するのも投資戦略としておすすめです。

関連:FXGTプロ口座のスプレッドは?デメリットやECN口座との違いも解説

アービトラージ(両建て)手法には注意

スワップフリーを活用して両建て取引することで、「マイナススワップのみを回避して利益を上げられるのでは?」と考える方もいるでしょう。

例えば、口座Aではプラススワップが発生し、もう一方はFXGTのスワップフリーを使い両建て取引すれば、実質保有するだけで利益を上げられます。

しかし、両建て取引は禁止されている業者も多く、特にスワップフリー口座では基本的に違反行為となります。

そのため、口座凍結などのペナルティリスクが高く、戦略としては使えませんので注意しましょう。

FXGTのスワップフリーでよくある質問

ここでは、FXGTのスワップフリーに関する以下の質問をまとめました。

 FXGTのスワップフリーでよくある質問

スワップフリーってどういう意味?

スワップフリーとは、FX取引で通常発生するスワップポイント(金利差)がゼロになることを意味します。

つまり、プラスのスワップポイントも、マイナスのスワップポイントも払われず、受け取れもしません。

スワップフリーは特に、金利を使えないイスラム教徒の方々に向けられたサービスとして展開されています。

FXGTのスワップフリーが廃止されたのはどの銘柄ですか?

FXGTの仮想通貨と日本円通貨ペアのスワップフリーが2023年12月に廃止されてしまいました。

現在もクロス円以外の通貨ペアやCFDを利用すれば最大6日間のスワップフリーで取引ができるので、どうしてもスワップフリーを活用したい方は利用してみてください。

FXGTの仮想通貨のスワップポイントを教えて

FXGTの仮想通貨FXを利用できるCryptomax口座に絞ってスワップポイントを紹介します。

【Crypto Max口座のみ】
FXGTの仮想通貨(ビットコイン)FXのスワップポイント
仮想通貨(ビットコイン)FX ショートスワップ(%) ロングスワップ(%)
BTCJPY -0.000127 -0.0001454
BTCUSD -0.000127 -0.0001454
BTCEUR -0.000127 -0.0001454
ETHJPY -0.0001552 -0.0001424
ETHUSD -0.0001552 -0.0001424
ETHEUR -0.0001552 -0.0001424
ETHBTC -0.0001552 -0.0001424
XRPJPY -0.0001354 -0.0001557
XRPUSD -0.0001354 -0.0001557
XRPEUR -0.0001354 -0.0001557
XRPBTC -0.0001354 -0.0001557
LTCJPY -0.01412 -0.01525
LTCUSD -0.0001412 -0.0001525
LTCEUR -0.0001412 -0.0001525
LTCBTC -0.0001412 -0.0001525
BCHJPY -0.0001523 -0.0001355
BCHUSD -0.0001523 -0.0001355
BCHEUR -0.0001523 -0.0001355
ADAJPY -0.0001684 -0.0001558
ADAUSD -0.0001684 -0.0001558
ADAEUR -0.0001684 -0.0001558
ADABTC -0.0001684 -0.0001558
DOGUSD -0.000197 -0.00021
DOTJPY -0.0002072 -0.0002075
DOTUSD -0.0002072 -0.0002075
DOTEUR -0.0002072 -0.0002075
DOTBTC -0.0002072 -0.0002075
SHBUSD -0.000192 -0.000195
XLMJPY -0.0001953 -0.0001955
XLMUSD -0.0001953 -0.0001955
XLMEUR -0.0001953 -0.0001955
XLMBTC -0.0001953 -0.0001955
SOLUSD -0.00019 -0.00019
LUNUSD -0.00018 -0.00018

FXGTのスワップポイントは高い?

FXGTのスワップポイントが高いかどうかは、他の海外FX業者と比較して判断する必要があります。

スワップポイントは通貨ペアや業者によって異なるため、他の海外FX業者と比較し、FXGTのスワップポイントが相対的に高いか低いかを確認しましょう。

FXGTのスワップポイント一覧や、主要海外FX業者とのスワップポイント比較は、「FXGTのスワップポイント一覧|計算方法や確認方法、発生時間を解説」にて解説しています。

FXGTの口座タイプの種類を教えて

FXGTには、全部で5種類の口座タイプがあります。

FXGTの口座タイプ
  • ミニ口座
  • スタンダード+口座
  • Cryptomax口座
  • PRO口座
  • ECN口座

各口座の特徴や、ユーザー別におすすめの口座タイプを知りたい方は、「FXGTの口座タイプを比較!全5種類から初心者・上級者などトレーダー別のおすすめ口座を解説」も併せてご覧ください。

FXGTのスワップフリーに関するまとめ

今回はFXGTで採用されているスワップフリーの条件や銘柄について徹底解説しました。

本記事のポイントは以下のとおりです。

この記事のポイント
  • 対象口座や対象銘柄は異なるため注意が必要
  • スワップフリーを活用することで取引コストを抑えられる
  • FXGTでは日本円以外のFX通貨ペアやゴールドをスワップフリーで取引するのがおすすめ

これまでマイナススワップを懸念して取引できなかった銘柄にチャレンジできるのは、FXGTの大きなメリットです。

また、FXGTではボーナスを活用しつつハイレバレッジ取引も可能なため、海外FX初心者も安心して利益を狙いにいける点もポイントでしょう。

スワップフリーを採用している海外FX業者をお探しの方は、今すぐFXGTで口座開設してみてはいかがでしょうか。

FXGTのスワップフリー取引で投資戦略の選択肢が広がりますよ。
\\口座開設ボーナスが15,000円に増額中!//

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。