TitanFX(タイタンFX)で両建ては可能?取引方法や禁止事項、注意点を解説

TitanFX(タイタンFX)で両建ては可能?取引方法や禁止事項、注意点を解説

  • 「TitanFXで両建て取引はできるの?」
  • 「両建て取引の禁止事項も事前に理解しておきたい」

TitanFX(タイタンFX)の両建て取引に興味がある方は、上記の疑問をお持ちではないでしょうか。

リスク回避のため、買いと売りの両方のポジションを同時に持つ両建て取引は、海外FXを利用するトレーダーも活用する手法です。

しかし、海外FX業者によっては細かくルールが決められており、規約を知らずに両建てすると違反行為としてペナルティを受けてしまうことも。

そこで本記事では、TitanFX(タイタンFX)の両建てに関する基本情報や注意点を徹底解説いたします。

最後までご覧いただくことで、不要なリスクを回避しつつ、TitanFXで利益を伸ばす仕組みを理解できるはずですよ。

TitanFXについて詳しく知りたい方は「TitanFX(タイタンFX)の評判と口コミ!デメリットも隠さず評価」の記事をご覧ください。

TitanFX(タイタンFX)が両建てに最適な4つの理由

ここでは、TitanFX(タイタンFX)が両建て取引に最適な理由を紹介していきます。

多くの海外FX業者では、両建ての禁止ルールがあります。

しかし、TitanFX(タイタンFX)ではゼロカットを狙った両建てやアービトラージ以外はの規制は緩和されているといえるでしょう。

おすすめポイントは以下のとおりです。

  • 複数口座の両建てが可能
  • 別業者を使った両建てもOK
  • 証拠金が相殺される
  • スプレッドが狭く両建てのコストが軽減できる

それぞれわかりやすく解説していきます。

複数口座の両建てが可能

1つ目は複数口座の両建てが可能な点です。

一般的に複数口座を跨いだ両建て取引を禁止している業者は多いですが、TitanFX(タイタンFX)では可能としています。

リスクヘッジをしつつ、トレンドに乗って利益を上げることもできるので、複数口座で取引できるのは最適な理由の1つだと言えるでしょう。

別業者を使った両建てもOK

2つ目は「別業者を使った両建てもOK」ということです。

一般的には禁止されている業者が多い中、TitanFX(タイタンFX)では別業者との両建てを可能としているのは大きな魅力ではないでしょうか。

ただし、TitanFX(タイタンFX)でOKでも、利用する別業者のルールもしっかり把握していく必要があります。

一方の業者では、業者間を跨いだ両建てを禁止している可能性もあるためです。

結果的にペナルティを受けて損失が発生するかもしれませんので、注意しましょう。

証拠金が相殺される

3つ目は「証拠金が相殺される」点です。

TitanFX(タイタンFX)に限らず、FX取引では必要証拠金とレバレッジを元に、保有可能なポジションが左右されます。

別のポジションを複数保有していると、証拠金不足になってエントリーできずチャンスを逃してしまうケースもあるでしょう。

しかし、TitanFX(タイタンFX)の同一口座内での両建て取引であれば、必要証拠金が相殺されます。

これにより、為替相場の損失のみを一定の状態にキープさせることも可能です。

ただし、一方のポジションを決済すると必要証拠金は発生しますので注意しましょう。

スプレッドが狭く両建てのコストが軽減できる

4つ目は「スプレッドが狭く両建てのコストが軽減できる」点です。

そもそも両建て取引にもスプレッドによる手数料は発生します。

相場の状況によっては大きな変動によりスプレッドが広がってしまえば、損失が広がりロスカットされることも。

しかし、TitanFX(タイタンFX)はスプレッドの狭さには定評があり、両建て取引時にも大きな利点となるのです。

スプレッドによる損失を最小限に抑えつつ両建て取引できるのは、TitanFX(タイタンFX)が最適な理由の1つだと言えます。

\\TitanFXで取引する//

TitanFXの両建に禁止事項はある?

海外FXで両建て取引を行う際は、各業者の規約に従う必要があります。

TitanFXにはほとんど制限がありませんが、例外的に以下のように禁止事項が存在します。

  • ゼロカットを狙った両建て
  • アービトラージ取引
  • システムの脆弱性やレート遅延狙いの両建て

それぞれ詳しく解説していきますので、3点をしっかりと理解し、不要なペナルティを受けないよう注意してください。

ゼロカットを狙った両建て

TitanFX(タイタンFX)に限らず、海外FX業者では共通した禁止事項として「ゼロカットを狙った両建て」があります。

ゼロカットを狙った両建てとは、たとえば2つの口座で買いと売りのポジションをそれぞれ保有します。

相場が大きく変動するタイミングを狙って両建てすることで、一方の口座はロスカットされてしまえばそれ以上の損失はありません

しかし、もう一方の口座では大きな利益を得ることができるため、差額分でトレーダーはプラスになります。

ロスカットされた方のマイナス分はFX業者が補填するため、業者にとっては迷惑な行為となるのです。

どの業者であっても禁止行為となりますので、ゼロカットを狙った両建ては絶対にやめましょう。

アービトラージ取引

2つ目に「アービトラージ取引」です。

2つの業者間を跨いで、価格差を利用した手法ですが、TitanFX(タイタンFX)含め多くの海外FX業者では禁止事項に該当します。

たとえば、2つの業者間で同一数量を「安いレート側では買い注文」「高いレート側では売り注文」を同時に行います。

相場の流れで、価格差が小さくなったタイミングで両方のポジションを決済すると利益確定です。

アービトラージは別名「裁定取引」と呼ばれ、ほとんどの海外FX業者では口座凍結などのペナルティを受ける対象になるので注意してください。

システムの脆弱性やレート遅延狙いの両建て

最後に「システムの脆弱性やレート遅延狙いの両建て」も禁止行為として挙げられます。

TitanFX(タイタンFX)では、レート遅延や異常レートを狙った取引も禁止です。

稀にサーバー負荷や脆弱性によるシステムトラブルが起きることがあります。

頻繁に起こるわけではありませんが、通常と異なるレートが配信されるなど問題が起きた後には、トレーダーに補填してくれる傾向にあります。

このようなトラブルに付け込んだ取引は、業者からしても好ましくないトレーダーであることは間違いありません。

頻繁に行うことで利益没収や口座凍結のリスクもあるので、注意しましょう。

TitanFXで最適な両建てのやり方

TitanFX(タイタンFX)は、業者の中でもスプレッドの狭さに定評があります。

そのため、両建てする際の手数料などコストを抑えて取引できるのも特徴です。

そこでは、TitanFXで最適な両建てのやり方を以下のポイントに分けて紹介します。

  • スイング狙いとスキャルピング狙いのポジションを持つ
  • 経済指標発表時を狙った両建て

それぞれわかりやすく解説しているので、今後の取引に役立ててみましょう。

スイング狙いとスキャルピング狙いのポジションを持つ

まず1つ目は「スイング狙いとスキャルピング狙いのポジションを持つ」手法です。

たとえば、保有しているポジションが長期的にみるとロングのトレンドが出ている場合、短期的に発生するショートのトレンドにも乗る両建て手法があります。

「つなぎ売り」とも言われますが、スイング狙いでトレンドの順張りで保有し続けます。

一方、細かい波でスキャルピングをする際は、ボリンジャーバンドやRSIを使って反発しやすい所で逆張り。

結果的に両建て取引するポジションが増えますが、中級者以上のトレーダーにとっては効率的に利益を上げる手法だと言えるでしょう。

ただし、初心者トレーダーには相場の見極めが難しく、損失を膨らませる原因にもなりかねないので注意が必要です。

経済指標発表時を狙った両建て

次に「経済指標発表時を狙った両建て」も有効な手法です。

前述しているように、ロスカット狙いの両建ては禁止事項に該当するので気を付ける必要があります。

あくまで、激しい相場を乗り切るための一時的なリスクヘッジとして考えておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)では、両建てポジションを保有することで必要証拠金は不要になります。

さらに、低スプレッドと合わせると手数料を限りなくゼロに近づけることができるので有効な両建て手法です。

また、たとえばUSDJPYのロングとショートのポジションをそれぞれ同じロット数で保有。

指標発表後にUSDJPYの相場が上昇し相場が下降しそうだと判断したタイミングでロングポジションは決済(ショートポジションは保有したまま)

上記の手法であればリスクヘッジしつつ利益を上げることもできる有効な手法になりますので、ぜひ活用してみましょう。

\\TitanFXでゴールドを取引する//

TitanFXで両建てする際に注意したい点

ここでは、TitanFX(タイタンFX)で両建て取引する際の注意点を紹介いたします。

事前に留意しておくポイントは次のとおりです。

  • 複数口座での両建てはゼロカット対象外の可能性あり
  • スワップやスプレッドの拡大でロスカットされる場合がある
  • 別業者の両建てが禁止されていないか確認

それぞれわかりやすく説明していくので、リスク回避のためにもしっかり認識しておきましょう。

複数口座での両建てはゼロカット対象外の可能性あり

TitanFX(タイタンFX)で両建てする際の1つ目の注意点は「複数口座での両建てはゼロカット対象外の可能性」があることです。

基本的には海外FXではゼロカットシステムを採用しており、TitanFXも例外ではありません。

しかし、複数の口座を跨いで両建て取引している場合、ゼロカット対象外となるケースもあるのでリスク管理も大切です。

たとえば、ナンピンEAやグリッド系のEAなどはロスカットになりやすいため特に注意が必要でしょう。

そのため重要な指標発表時はEAの稼働は止めた方が無難だと言えます。

スワップやスプレッドの拡大でロスカットされる場合がある

2つ目の注意点は「スワップやスプレッドの拡大でロスカットされる場合がある」点です。

ポジションを保有しているだけで発生するスワップポイントですが「買い・売り」どちらもマイナススワップの場合は注意です。

どちらもマイナススワップの場合、保有しているだけで損失が膨らむ可能性があります。

また、取引量の少ない年末年始など、急激にスプレッドが大きく開くことで両建てしていてもマイナスが膨らみロスカットされるケースも。

リスクヘッジに役立つ両建て取引ですが、口座残高と相場状況によってはロスカットに細心の注意を払っておく必要があります。

別業者の両建てが禁止されていないか確認

3つ目の注意点は「別業者の両建てが禁止されていないか」です。

TitanFX(タイタンFX)では、口座や業者を跨いでの両建て取引を禁止していませんが、多くの海外FX業者ではペナルティの対象となります。

たとえば、海外ブローカーの目玉でもある、ボーナスを使用した両建て取引には厳しい傾向があります。

そのため、業者を跨いだ両建て取引をする場合は、ボーナスのない業者同士が無難だと言えるでしょう。

TitanFX以外の両建ておすすめ業者

ここではTitanFX(タイタンFX)以外の海外業者で、両建てにおすすめの業者を紹介します。

  • Exness|最大レバレッジ無制限
  • AXIORY|約定力の高さとコストの安さが魅力
  • Tradeview|取引ロット数と最大ポジション数に制限なし

上記3社をピックアップして特徴など解説していきますので、参考にしてみてください。

Exness|最大レバレッジ無制限

Exnessの公式ホームページ画像

引用元:Exness公式HP

両建て取引におすすめの1社目は「Exness」です。

Exnessの一番の魅力は海外FX業社の特徴を最大に活かしたスペックだと言えます。

ロスカット水準0%と最大レバレッジ無制限で取引できるのはハイレバ取引をしたい方には最適です。

また「同一口座・複数口座・他社口座」での両建て取引ができるのは、TitanFX同様メリットが大きいでしょう。

とにかくハイスペックで取引したいトレーダーに人気のExnessは、両建てに興味がある方にもおすすめですよ。

AXIORY|約定力の高さとコストの安さが魅力

AXIORYの2024年お年玉キャンペーン

引用元:Axiory公式HP

両建てにおすすめの海外FX業者2社目は「Axiory」です。

Axioryは取引コストの安さと約定力の高さで日本人トレーダーにも人気の海外ブローカー。

両建て取引に関しては「同一口座・複数口座・他社口座」を跨いだ取引が可能です。

また、ゼロカットを狙った両建て取引の禁止も明言していないのもポイントでしょう。

ただし、ボーナスがないからといってゼロカット狙いの両建てが悪質だと判断されると、ペナルティを受ける可能性もあるので注意してください。

Axioryは信頼性が高く、取引コストを抑えたいトレーダーにおすすめできる業者です。

Tradeview|取引ロット数と最大ポジション数に制限なし

Tradeviewの公式HP画像

引用元:Tradeview公式HP

3つ目のおすすめ業者は「Tradeview」です。

前述している2社同様、Tradeviewでも「同一口座・複数口座・他社口座」の全パターンで両建て取引が可能となっています。

またAxiory同様、両建てに対する禁止事項も公表していません。

ゼロカット狙いの両建てに対する禁止事項はAxiory同様に公表していません。

ただし、不要なペナルティを受けないためにも、悪質なゼロカット狙いでの両建ては控えるべきでしょう。

Tradeviewは、取引ロット数と最大ポジション数に制限がないため、一度に大きな取引や、長期的にポジションを追加していきたい方にもおすすめです。

よくある質問

最後にTitanFX(タイタンFX)の両建てに関するよくある質問を紹介します。

  • 両建てって何?
  • 仮想通貨CFD取引で両建てはできる?
  • TitanFXは高額出金が可能?

ここでは上記3つの回答をしているので、疑問に感じている方は確認しておきましょう。

両建てって何?

両建てとは、同じ通貨ペアで「買い・売り」の両ポジションを同時に保有することです。

たとえば、USD/JPYを1Lot買い、同時に1lotの売りポジションを保有します。

どちらに相場が動いても一定の損益を保つことができるため、一時的な損失の拡大を防げます。

そのため、リスクヘッジに活用されることが多い手法です。

仮想通貨CFD取引で両建てはできる?

はい、TitanFXでは両建て取引に関して銘柄での制約も設けていません。

そのため、仮想通貨CFDでの両建て取引も可能です。

ただし、スワップポイントで損失が膨らないように注意が必要です。

TitanFXは高額出金が可能?

はい、TitanFXでは国内銀行送金だと「1,000万円」まで可能です。

また、bitwalletやSTICPAYでの出金上限に制限はありません。

そのため、高額出金が可能だと言えます。

まとめ

今回はTitanFX(タイタンFX)の両建て取引に関する基礎知識・禁止事項や注意点を解説しました。

TitanFXでは基本的に両建て取引の厳しい制約がありません

ボーナスを設けていないため、同様の業者間でも両建て取引ができるのは大きな魅力ではないでしょうか。

ただし、ゼロカット狙いの両建ては悪質な行為と判断されれば、利益没収や口座凍結などペナルティもあります。

最低限のルールを理解しておくことで、自由度の高い両建て取引ができるはずです。

本記事を参考にTitanFXで口座開設後、両建てにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。