Overbit(オーバービット)はどんな取引所?評判・ボーナス内容も徹底解説

blank

最近話題に登る機会も増えた「Overbit(オーバービット)」は、シンガポールに本拠地を置く仮想通貨デリバティブ取引所です。

「取引するだけでBTCやUSDTの報酬ゲット」「ラッキーホイール」といったユニークなボーナス(=リワード)が用意されていることでも話題です。

口座を開設するだけでもボーナス(=リワード)が貰えることでも話題を呼んでいます。

この記事では、そんな「Overbit」について詳しく紹介していきますので、良かったら参考にしてみてください。

なんとなく目にしたことはあるけれど、実際にどんな取引所で、どんなメリットやデメリットがあるの? と気になっている人は是非参考にしてみてください。

Overbitとは?どんな取引所?

この項では、Overbit の基本情報をお伝えします。

  • Overbitの総評
  • 基本情報
  • トレードスペック詳細

上記の順に解説していきます。

総評:仮想通貨もFXもできてボーナスもある取引所

Overbit は仮想通貨のみならず、FXやメタル現物などを扱う取引プラットフォームです。

口座開設をするだけでボーナス(リワード)をもらえる取引所であり、ほかの仮想通貨取引所と比較すると珍しいと言えるでしょう。

初回の口座開設だけでなく、日々定期的にボーナス(リワード)が貰えることも大きな特徴のひとつ。

ボーナス(リワード)獲得のためにゲーム性を帯びたイベントを運営が企画しています。

イベントの詳細については後述しますが、ユニークなイベントが多く、ゲーム感覚で取引を楽しめる場所です。

Overbitの基本情報

Oberbitの基本情報・会社情報などは下記の通りです。

運営会社名Abberton Trading Limited
本社所在拠点国シンガポール
本社登録国セイシェル
本社登録住所06 Victoria House, Victoria, Mahe, Seychelles
設立年2017

香港の起業家・投資家のChieh Liu氏が創始者を務め、2017年に設立し、2019年に正式な運用をスタートさせました。

登録地のセイシェル、本社拠点地のシンガポール以外にも、香港やロンドンにも拠点を構えています。

参考:Oberbit公式サイト

Overbitのトレードスペック一覧

Overbitのトレードスペックは下表のとおりです。

レバレッジ倍率仮想通貨:最大100倍
FX:最大500倍
貴金属:最大500倍
取引手数料0.075%
取扱銘柄仮想通貨8種
外国為替10種
メタル2種
ゼロカット
取引プラットフォームcTader
MT5
Overbit公式

上記の3種

入金対応通貨BTC、USDT(日本円未対応)
出金対応通貨BTC

仮想通貨はBTC、BTH、ETH、XRPなどの8種類となります。

海外為替は10銘柄16ペアに対応しており、メタルは金と銀の2商品です。

取引手数料は0.075%とやや高めですが、ユーザーはかかるコストを「0.075%」または「スプレッド」のいずれかから選ぶことができます。

取引手数料に関するさらに詳しい説明は、下記URL(Overbit公式)からご確認ください。

参考:Oberbit公式サイト

Overbitのメリット

ここからは、Overbitのメリットについてご紹介します。

  • 口座開設ボーナス特典がある
  • ボーナスやリワードシステムが独特かつ面白い
  • ctTaderをが使える数少ない取引所

とくに大きなOverbitの長所は上記の3点です。

それぞれ順番に紹介していきましょう。

口座開設ボーナス120ドルを使って無料で試せる

Overbitは口座開設(=登録)をするだけで報酬が貰えるキャンペーンを実施しています。

執筆時点の2022年4月25日には。登録すると最大120ドルが獲得できます。

このボーナス報酬を元手に、実質元金ゼロから取引をスタートすることも可能です。

Overbitのメリットの一つ、口座開設ボーナス120ドルを使って無料で試せる
(※画像は2022年4月25日現在の公式サイトのキャプチャです)

アカウントの開設自体は非常にスムーズで、メールアドレスがあれば30秒から1分程度で行うことができます。

初回ボーナスの獲得の方法

Overbitの口座開設特典は、下記の流れで獲得できます。

  1. アカウントを開設したあと、「リワード」のタブ内の「ミッション」を参照
  2. 「KYC認証」や「電話番後認証」など、Overbitを本格的に使用するのに必要なタスクが表示されています
  3. 各ミッションを完了して、報酬を貰います

BTCに還元可能な独自ポイント「TP」または「BTC」でリワードが付与されます。

Overbit(オーバービット)のメリット、初回ボーナスの獲得の方法
 

※本記事で紹介した「最大120ドル獲得」のリワードは2022年4月現在のキャンペーンです。Overbit公式の裁量により内容が変更または終了する場合がございます。ご了承ください。

ボーナスやリワードシステムが独特かつ面白い

Overbitの最大の特徴は、充実したリワード(=ボーナス)の制度です。

運用すればするほど報酬がもらえるステップがプラットフォーム側から用意されており、ゲーム感覚でこなしていくだけでOverbitを使うノウハウが溜まるよう設計されているように感じます。

この項では、多数あるOverbitのリワード制度の中でも、特にユニークなものをご紹介いたします。

(※Reward という語は英米式に発音すると「リウォード」ですが、Overbit日本版公式の表記に則り本記事では以下も「リワード」と表現します)

こちらでもOverbitのボーナスキャンペーンについて詳しく解説していますので興味がある方はこちらもチェックしてみてください。

>>Overbitボーナス情報まとめ!口座開設・KYC・ティアポイントを完全解説!

口座開設ボーナス120ドル

Overbitの口座開設金額は120ドル相当です。(2022年4月現在)

まず目に留まるのがこのリワードでしょう。

時期によってその都度キャンペーンの内容は予告なく変更されていますが、「120ドル」と遜色ない高い水準のお得なキャンペーンであることがほとんどです。

具体的な獲得方法は前の項で解説しましたので、そちらを参考にしてください。

簡単にTPを受け取れるミッション3選

Overbitの用意しているリワード獲得ミッションの中でも、比較的かんたんなモノを4つ選んでご紹介します。

  • 毎日チェックイン
  • デモトレードを試す
  • ライブトレードを試す
  • 100USDT

この3つが比較的容易で「やっただけで獲得」というような類のミッションと言えるでしょう。

デモトレードを試して10TPが、ライブトレードを試して20TPが獲得できます。

Overbit(オーバービット)の毎日チェックイン
 

「毎日チェックイン」はいわばログインボーナスのこと。

継続が続くほど大きな報酬が用意されています。

ラッキーホイール

Overbit(オーバービット)のラッキーホイール
 

「ラッキーホイール」とは既に獲得しているリワードのうちから10TPを支払って、より大きなボーナス獲得を狙うゲームです。

  • 20TP
  • 50TP
  • 0.05BTC
  • 100USDT

当たれば上記のような報酬が得られます。

その一方で「ハズレ」を引いて10TPを消費するだけのケースもありますので、ご注意ください。

リワードのTPを現金に交換する際のレートの表

Overbitのボーナスであるリワードは、多くの場合TPという単位のポイントで付与されます。

このTPはBTCまたはUSDTに交換することが可能です。

交換レートは下記の表をご覧ください。

Overbit(オーバービット)でリワードのTPを現金に交換する際のレートの表
 

TPを別の通貨に交換する際に注意すべき点は以下のふたつです。

  • 交換は100TPから
  • 交換TPが多いほど、還元率は高くなる

TPを貯めておいて、頃合いを見てまとめて交換するのがオススメです。

ビットコインに関する独特なポイント制度

Overbitはビットコインを運用するだけでリワードをもらえることがあります。

具体的には、たとえば以下の三つです。

  • アカウントを開設したあと、「リワード」のタブ内の「ミッション」を参照
  • 0.0001以上のビットコインを入金するだけで40TP
  • ビットコイン残高が0.1BTC以上になると、100TP

また、同様のミッションがUSDTでも用意されており、「USDTを○○以上入金」「USDTの残高が○○以上」などの条件を満たすとTPが獲得できます。

Overbitの提供するボーナスの内容はタイミングにより都度変更が施される場合がありますのでご留意ください。

Overbitの宣伝を手伝うことでポイントがもらえる制度

ミッション報酬
Overbitの紹介動画を作ってYouTubeにアップロードする登録者数やコンテンツに基づいて、0.003BTC~0.01BTC
Overbitリワードハブの紹介動画を作ってYouTubeにアップロードする登録者数やコンテンツに基づいて、0.003BTC~0.01BTC
Overbitの紹介記事を書くアクセス数やコンテンツに基づいて、0.002BTC~0.01BTC
Overbitリワードハブの紹介記事を書くアクセス数やコンテンツに基づいて、0.002BTC~0.01BTC

動画は5分以上、記事は1000文字以上というボリュームの下限が定められており、動画・記事を公開する際には事前にOverbit運営にコンテンツを提出する必要があります。

審査等にやりとりの時間がかかるのでコンテンツを作ってすぐに着金というわけにはいきませんが、「最低5分」「最低1000文字」というボリュームは、普段から動画や記事を作り慣れている人であれば低いハードルではないでしょう。

「最大0.01BTC」という報酬額は非常に魅力的です。

アウトプットをすることで自分の学習にもつながるので、オススメのリワード獲得方法です。

詳しくはOverbit公式サイトをご覧ください。

cTaderなどが使える数少ない取引所

Overbitでは「cTrader」を使って取引をすることができます。

cTrader(シートレーダー)とは、イギリスのスポットウェアシステム社が2011年に開発したFXプラットフォームのこと。

板情報を一目で把握することができるUIが大きな特徴で、iOS, Android といったスマホをはじめ、mac, windowsにも対応しているソフトウェアです。

海外FXに馴染みの深い人であれば、名前を見たことがあったり、実際に操作をしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなcTraderですが、現状、仮想通貨の取引所で使用できるのは珍しいケースだと言えます。

OverbitはSpotware社と提携して、cTraderを仮想通貨世界に登場されました。 cTraderは、10年以上使用されている高度で人気がある取引プラットフォームです。 Overbitの深い流動性を利用して、このパートナーシップはお客様に究極の取引所をもたらします。 cTraderは、より複雑な注文機能、コピートレード、カスタマイズ、およびその他の高度な機能をツールをOverbitと接続されます。 Overbitアカウントから、数回クリックするだけで、cTraderのアカウントを作成し、BTCまたはUSDTの資金を簡単に調達することできます。

引用:Overbit公式サイト

なお、cTreaderの使用は必須ではありません。

Overbitが提供する既存のソフトウェアを通じてチャートの閲覧・取引をすることも可能です。

また、2022年4月からはメタトレーダー5(MT5)という大手ツールの提携も発表しています。

Overbitのデメリット

さて、ここまではOverbitの特徴とメリットをお伝えしてきました。

ここからははOverbitを他のプラットフォームなどと比較した際に見られるデメリットを解説していきます。

  • スペック的にはFXGTの下位互換と言わざるを得ない
  • 取引手数料が高め
  • 認知度や信頼性が高いとは言えない
  • 日本円入金には対応していない/li>

敢えて挙げるならば、上記の4点があげられます。

それぞれ順番に解説していきましょう。

スペック的にはFXGTの下位互換と言わざるを得ない

Overbit(オーバービット)のデメリット、スペック的にはFXGTの下位互換と言わざるを得ない
 

トレードスペックだけで比較をすると、別の新興FX取引所である「FXGT」に劣るというのが正直な見解です。

レバレッジ倍率で見ると、Overbitが最大500倍に対して、FXGTは最大1000倍です。

さらにOverbitの仮想通貨レバレッジは最大100倍ですが、FXGTであれば500倍~1000倍までレバレッジを掛けることが可能です。

仮想通貨・FXの取扱商品数やスプレッド手数料、知名度などで比較しても現状はOverbitよりもFXGTの方に軍配が上がると言わざるを得ません。

ボーナスの「楽しさ」「ユニークさ」ではOverbitも負けてはいませんが、ボーナスそのものの豪華さで言えばやはりFXGTが優れていると言えます。

  • 獲得できる限りの口座開設ボーナスを得たい
  • cTraderを使って取引したい
  • リベートのシステムが合っている

などの理由がある方(特にcTreaderなど)はFXGTではなくOverbitを選択するかと思いますが、スペック面だけで比較すればFXGTがオススメです。

取引手数料が高め

Overbitは取引手数料がやや高く設定されています。

手数料ではなくスプレッド方式での取引も可能ですが、いずれにしてもおよそ0.075%のコストが発生します。

BybitやBinanceと比較しても0.075%というコストは高いと言わざるを得ないでしょう。

認知度や信頼性が高いとは言えない

残念ながらOverbitの知名度は客観的に見るとイマイチと表現せざるを得ないのが現状です。

会員登録をするだけでボーナスを貰えるのは嬉しい特典ですが、これは現在の登録ユーザー数がまだまだ少ない事実の裏打ちとも言えるでしょう。

また、Overbitに関する情報は、他のプラットフォームに比べるとかなり少ないのも懸念点のひとつです。

国内外の権威性のあるニュースサイトにプレスリリースが掲載されていますが、反対にプレスリリース以外で信憑性のある書き手の記事を見つけることは困難です。

会社情報も公開されてますし、プレスリリースが権威性のあるニュースサイトに掲載されているので、過度に怪しむ必要は無いかと思いますが、しかしまだ情報が十分に足りていないというのも事実です。

日本円入金には対応していない

残念ながら Overbit は法定通貨の日本円の入金に対応していていません。

Overbitで対応する入金通貨はBTCまたはUSDTのみです。

日本に住む人にとっては使いづらいと感じるデメリットと言えるでしょう。

ただし冷静に考えてみると2022年現在、日本で仮想通貨取引を行う人のほとんどがBTCやUSDTを保有しており、世界的にもこの2つの通貨がある意味で基準とされることが多いのも事実。

一見するとデメリットですが、実際の使い勝手を考えると大きなデメリットではないとも言えるでしょう。

「Overbit が初めて使う仮想通貨取引所」という場合以外は、大きな障壁ではないはずです。

Overbitの使い方を簡単に紹介

ここからは、Overbit で実際に取引をする方法を具体的に紹介します。

まずは口座開設しよう

Overbit(オーバービット)の使い方、まずは口座開設
 

Overbitの口座開設は、メールアドレス・電話番号・グーグルアカウントのいずれかを利用して作ることができます。

KYC認証などを除いて、口座開設するだけであれば30秒から1分程度で素早く簡単に完了することができます。

後々を考えるとKYCは済ませておくのがオススメ

KYCは最初のうちに済ませておくのがオススメです。

OverbitではKYCを完了せずとも取引を行うことができますが、KYCを済ませることで下記の3点が可能になります。

  • 出金可能になる
  • 口座開設ボーナスがもらえる
  • MT5 / cTraderなどが使えるようになる

反対に書くと、この3つはKYCを終えるまで行うことができません。

とくに「口座開設ボーナス」と「出金」はすぐにでも使いたい機能なので、なるべく早くにKYC認証を済ませておきましょう。

KYC認証を完了するだけでリワードが貰えるので、Overbitを使いはじめた際には面倒くさがらずにまず着手することをオススメします。

KYC認証のやり方

Overbit(オーバービット)でのKYCのやり方
 

Overbitでは生年月日、住所などの情報の入力ほか、運転免許証などの身分証明書の画像のアップロード、公共料金の請求書等のアップロード、セルフィ―(自撮り)などを経てKYCが認証されます。

KYC認証は、アカウント環境設定から必要事項を記入し、画面の指示に従って行ってください。

「自分で設定した任意の文字列を紙などに書いて、その紙と一緒にセルフィ―を撮影する」など、若干面倒な作業を要求されますが、すべてオンラインで認証が完結します。

詳しくはOverbit公式サイトをご確認ください。

取引プラットフォームは好きなものを使おう

Overbitでの取引をする場合、下記の3つのプラットフォームが使用可能です。

  • Overbitオリジナルのもの
  • MT5
  • cTrader

それぞれの特徴に関しては、既に別の項でお伝えした通りとなります。

どれを使うかで取引の有利・不利が生まれるということはありません。

自分の使いやすいと思うものを使ってください。(勝手が分からない場合は直感で選んでも問題ありません)

リワードシステムの確認はここからできる

Overbit(オーバービット)でのリワードシステムの確認
 

リワードシステムは取引画面の端にあるタブメニューから確認できます。

Overbitの入金方法

Overbitへの入金方法をご紹介します。

Overbit(オーバービット)への入金方法
 

Overbit(オーバービット)への入金でBTCまたはUSDTを選択する
 

  1. 右上のドロップダウンメニューから「入金」をクリック
  2. ご希望入金通貨、BTCまたはUSDTを選択
  3. BTCまたはUSDT入金用アドレスをコピーする、もしくはQRコードをスキャンして取引を続行

上記の3ステップで入金が完了します。環境等によって入金までにタイムラグが発生する場合があるのでご注意ください。

※OverbitへはBTCとUSDTでのみ入金が可能です。それ以外の通貨は対応していません。(2022年4月25日現在)

※BTCまたはUSDT以外の種類の通貨を入金した場合、そのコインが永久に失われる可能性があります。ご注意ください。(2022年4月25日現在)

画像引用:Overbit公式サイト

Overbitの出金方法

Overbit(オーバービット)からの出金方法
 

  1. 右上のドロップダウンメニューから「出金」をクリック
  2. 出金する送金先のビットコインアドレスとビットコイン額を入力し、「提出」をクリック

Overbitでは、上記の2ステップを経て簡単に出金することができます。

マイニング手数料がかかりますが、Overbitに支払うべき出金手数料は発生しません。

デモ口座も開設できる

Overbitでは、デモ口座を設けることが可能です。

8BTCの架空のビットコインが用意されており、リスクを負うことなくOverbitでの操作に慣れたり、デリバティブ商品取引を実践することができます。

Overbitの注意点

ここからは、とくにOverbitを使用する際に注意しておきたい点についてご紹介します。

取引手数料の発生ポイントについてや、出金に必要なKYC認証について、都度発生する金利について簡単に解説していきます。

取引手数料は往復で発生する

Overbitの取引手数料は、ポジション建て時とポジションクローズ時にそれぞれ発生します。

具体的にはポジション建て時に0.075%、ポジションクローズ時に0.075%をOverbit側に支払うことになります。

ちなみに、実はOverbit は「取引手数料」ではなく「スプレッド」も選択可能。

取引ごとに選ぶことができます。

スプレッドは商品により異なりますが、たとえば BTC/USD のスプレッドは0.15%となっており、手数料方式と大差はありません。

手数料方式とスプレッド方式、どちらかを選べば格段にコストが安くなるわけではないことに留意してください。

トレーダーの好みではありますが、スプレッドで見る方が確定損益の計算が簡単と感じる人が多いです。

KYCを完了しないと出金ができない

Overbit では、KYC(=本人確認) が完了しないと出金ができません。

取引などはKYCをしていなくても行うことができますが、未認証の場合は収益を自分の手元に出金できませんのでご注意ください。

資金調達(スワップポイント)は1日3回発生する

トレーダーが金利を支払う / または得る 金利(=資金調達率、ロールオーバー手数料とも表現されます)が発生するのは1日に3回で、8時間ごとに決済が行われます。

なお、1日の金利はマイナス3%~3%までに制限されています。

まとめ:まずは口座開設ボーナスから使ってみよう

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • Overbitは新興の取引所
  • ボーナスの仕組みがユニークで面白い
  • ただし、スペック面ではFXGTの下位互換とも言える

Overbitの概要、メリット、デメリットなどについて解説しましたが、筆者の主張を簡単にまとめると上記の3点になります。

やはり上位互換にFXGTがある以上、Overbitをメインの口座として使用することはあまりオススメではありません。

ただし、いまこの記事を読んでいるあなたがOverbitの口座開設ボーナスや、ボーナスのユニークさに惹かれているのであれば話は別です。

KYCなどを除いて口座開設は30秒から1分ほどで簡単に完了するので、まずは実際に軽く使ってみたあと、メイン口座にするかどうか検討するのが最善でしょう。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。