Bitget(ビットゲット)の手数料を検証!手数料負けの防ぎ方・計算方法

  • Bitgetの手数料がどれくらいかパッと知りたい!
  • コピートレードって利用にどれくらいかかるの?

Bitget(ビットゲット)で発生する手数料は、先物取引手数料が業界平均レベル、現物取引手数料が業界トップクラスの安さとなっています。

つまり、Bitget(ビットゲット)は、現物取引をメインに取引を始めたい方に最適です。

今回は、実際の計算例を交えつつ、どれくらい手数料が発生するのかを詳しく解説していきます。

コピートレード・レバレッジ取引を行う際の具体的な手数料が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)
\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)

なお、Bitgetの評判・口コミについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

関連:Bitget(ビットゲット)とは?評判やメリット・デメリット、コピートレードについて解説

Bitget(ビットゲット)で発生する手数料一覧

Bitget(ビットゲット)で発生する手数料は以下の5種類です。

Bitget(ビットゲット)の手数料

手数料利率備考
先物取引手数料メイカー:0.17%
テイカー:0.051%
現物取引手数料メイカー:0.1%
テイカー:0.1%
BGB利用で
メイカー:0.08%
テイカー:0.08%
コピートレード先物手数料+利益分配2~8%
出金手数料ネットワーク毎に異なる
入金手数料無料マイニング手数料は別途発生
資金調達率通貨・時間毎に変動

このように、Bitget(ビットゲット)の先物・コピートレードの手数料は業界平均レベルですが、現物や出金手数料はトークン割引を加味すれば業界上位レベルの安さとなっています。

つまり、Bitget(ビットゲット)は、現物取引をメインに仮想通貨を取引したい方にとって、最適な取引所だといえるでしょう。

「仮想通貨を現物取引中心でトレードしてみたい…」といった方はBitget(ビットゲット)を試してみてください。

\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)
\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)

Bitgetの取引手数料

Bitget(ビットゲット)の取引手数料について、実際の手数料計算と他社比較を交えながら解説していきます。

Bitgetの取引手数料

  • 先物の取引手数料は業界平均レベル
  • 現物の取引手数料は他社とほぼ同様
  • BitgetではBGBを使えば手数料の割引を受けられる
  • 取引手数料の計算シミュレーション
  • 資金調達(ファインディングレート)は1日3回発生する

では、Bitget(ビットゲット)の取引手数料を確認していきましょう。

なお、Bitget(ビットゲット)の取引手数料について詳しく知りたい方は、Bitget公式サイトをご覧ください。

>>Bitget公式サイトはこちら

なお、Bitget(ビットゲット)の取引手数料について詳しく知りたい方は、Bitget公式サイトをご覧ください。

>>Bitget公式サイトはこちら

先物の取引手数料は業界平均レベル

Bitget(ビットゲット)の先物取引手数料は、Maker/Taker:0.04%/0.06%です。

Bitgetがデリバティブメインの取引所であることを鑑みると、Taker(成行注文)手数料は業界大手のBybit、Binanceより少し割高※な傾向にあります。

3月18日より、Bybitの手数料がMaker/Taker:0.1%/0.6%に変更されるため

参考までに、以下の表は海外取引所の手数料一覧です。

【比較】Bitgetと他社の先物取引手数料

取引所名先物取引手数料レバレッジ
Bybitメイカー:0.017%
テイカー:0.051%
最大100倍
BAQRONメイカー:~0.02%
テイカー:~0.04%
最大125倍
Zoomexメイカー:0.02%
テイカー:0.06%
最大100倍
OKEメイカー:~0.02%
テイカー:~0.05%
最大125倍
Bitfinexメイカー:~0.02%
テイカー:~0.65%
最大3.3倍
BaseFEXメイカー:~0.02%テイカー:~0.06%最大100倍

なお、後述しますがコピートレードの際にかかる手数料は、先物手数料に利益分配率を加算した値が適用されます。

大口でトレードしていくのであれば、成行注文には慎重になるべきでしょう。

現物の取引手数料は他社とほぼ同様

現物取引の手数料はMaker/Taker:0.1%/0.1%(BGB利用で0.08%/0.08%)です。

参考までに、Maker/Taker制を採用している他社取引所の現物取引手数料は以下のとおり。

  • Bybit:~0.1%/~0.1%(割引なし)
  • OKE:~0.1%/~0.15%

結論から言うと、Bitgetの現物取引手数料は他社大手とほぼ同等のレートで、業界トップレベルに安いです。

BinanceはVIPレベルにより手数料の変動がありますが、条件が厳しい(VIP1で30日合計100万BUSD分の取引が必要)ので一旦考慮しないものとすると、実質手数料は0.08%。

他の取引所も、現状0.08%を下回る現物取引手数料を設定しているところはほぼありません。

Bitgetの現物手数料に不満を持つことは、現状ないといえるでしょう。

BitgetではBGBを使えば割引を受けられる

ここまでで何度か触れていますが、Bitgetの独自トークンである「BGB(Bitget Token)」を使えば、各種手数料に15%~20%の割引が適用されます。

従来はBGBの手数料割引が現物のみ適用されていましたが、2021年10月に、デリバティブ取引においてもBGBを利用することで15%割引がかかるようになりました。

現物取引における手数料割引

  • 現物取引:メイカー/テイカー:0.1%/0.1% → 0.08%/0.08%

これを適用した場合の実質手数料は業界最安クラスなので、Bitgetで本格的にトレードを行う予定のある方は、手数料支払い用途としてBGBをいくつか保有しておきましょう。

具体的な割引適用方法はBitget公式サイトを参照してください。

計算シミュレーション

Bitgetで実際に取引(先物・現物)する際にかかってくる手数料の計算式は、以下のとおりです。

【現物取引】Bitgetの手数料の計算式

  • 手数料=購入金額×0.1%(BGB支払いなら0.08%)

【先物取引】Bitgetの手数料の計算式

  • 手数料=出来高×0.17%/0.051%
  • 出来高=価格×売買枚数×最小注文数量×レバレッジ倍率

現物の手数料はとてもシンプルな仕組みなので、計算は割愛します。

複雑なのは先物のほうなので、以下、先物の手数料率を算出しました。

例として、以下のような条件でBTCUSDTの先物取引を行ったとします。

例) BTCUSDTの先物取引

  • 1BTC=400万円
  • 1BTC(1枚)購入
  • 最小数量:0.001BTC
  • レバレッジ:5倍
  • Maker注文=手数料0.04%

すると、最終的な計算式はこうなります。

例) 計算式

  • 出来高:400万円×1枚×0.001BTC×5倍=20000
  • 手数料:20000×0.04%=80円

上記条件ですと、手数料は80円となります。

なお、各通貨の最小購入単位は、Bitget公式サイトで確認できます。

資金調達(ファインディングレート)は1日3回発生する

Bitgetの資金調達率(ファンディングレート/スワップ金利)の発生時間は日本時間で0時/8時/16時の1日3回です。

資金調達率(スワップ金利)とは?
ポジションを持っていると発生する手数料のこと。
Bitgetの場合、0時/8時/16時にポジションを持ったままなら支払わなければならない。
証拠金ではなく、レバレッジをかけた総額にかかるので注意。

資金調達率はマーケット画面の「資金調達率/次回支払いまで」欄に、利率と発生までの時間が表記されています。

資金調達率の計算は変動が激しく複雑です。基本的にはマーケット画面で利率を確認するするようにすれば特に困りません。

まずは、日本時間で0時/8時/16時の1日3回のタイミングを覚えておきましょう。

\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)
\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)

Bitgetのコピートレードの手数料

Bitgetでコピートレードを利用する場合の手数料は、「先物取引手数料+利益分配率」で計算できます。

Bitgetのコピートレードの手数料

  • コピートレードの手数料は先物手数料+トレーダーへの分配
  • コピートレードの計算シミュレーション

では、Bitget(ビットゲット)コピートレードの手数料と実際の計算について、説明していきます。

なお、Bitget(ビットゲット)のコピートレードについて、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連:Bitgetのコピートレードの評判やトレーダーの選び方を解説

コピートレードは先物手数料+トレーダーへの分配

先に説明したとおり、先物手数料(Maker/Taker:0.17%/0.051%)にトレーダーへの収益配分比率を足したものがコピートレードの手数料になります。

なお、利益分配率は、基本的にトレーダーによって2%~8%の範囲で変動します。

参考:【重要】Bitget、12月27日からトレーダーの利益配分比率の調整へ

コピートレードの計算シミュレーション

例えば、収益配分比率が8%のトレーダーをフォローし、コピートレードを行い、結果10万円の収益を手に入れた場合、以下の計算になります。

  • 100,000 × (0.017 + 0.08)%=90,300円の収益

なお、トレーダーが負けて自分の収益がマイナスになった場合でも、手数料支払は発生するので注意してください。

Bitget(ビットゲット)の入金・出金手数料

Bitget(ビットゲット)は、入金手数料が無料、出金手数料は通貨によって異なります。

Bitgetの入金・出金手数料

  • Bitgetの入金手数料は無料
  • 出金手数料は通貨・ネットワーク毎に設定されている

では、Bitget(ビットゲット)の入金・出金手数料について、それぞれの内訳と注意点を解説していきましょう。

Bitgetの入金手数料は無料

他の仮想通貨取引所からBitgetに入金する際は、Bitget側で手数料はかかりません。

送金元の取引所で出金手数料やマイニング手数料が発生する場合、それらを差し引かれた金額がそのままBitgetの口座に入金されます。

クレジットカード入金の手数料は3.8%

クレジットカード入金を行う場合も、Bitget側で手数料はかかりません。

しかし、クレジットカードを決済する際の決済手数料は、クレジットカードブランドや決済代行業者それぞれで違う手数料がかかります。

ブランドによって利率は異なりますが、基本的に3.8%に設定されていることがほとんどです。

出金手数料は通貨・ネットワーク毎に設定されている

Bitgetでの主要な出金手数料表は以下のとおり。

Bitgetの主要な出金手数料

通貨ネットワーク出金手数料最低出金額
BTCBTC0.00050.002
BGBERC202.1550
USDTTRC20110
ETHETH0.000940.0098
LTCLTC0.0010.1
BCHBCH0.00010.01
ETCETC0.0080.5
BNBBEP200.00025260.01
LINKERC200.262
TRXTRX0.840
XRPXRP0.122

全体的には業界平均ですが、BTCなど一部の通貨は他取引所より若干高めに設定されています。

とはいえ、誤差の範囲なので気にする必要はありません。

なお、Bitget公式サイトでは、すべての通貨の出金手数料と最低出金額が掲載されているので確認してみてください。

参考:Bitgetの手数料一覧

Bitgetで手数料負けをしないための対策

手数料負けは、取引によって得た利益よりも、スプレッドや取引手数料などの手数料が上回ってしまうことで発生します。

そんな手数料負けを防ぐためには、以下の対策が重要だといえるでしょう。

Bitgetで手数料負けをしないための対策

  • なるべくメイカー注文を使う
  • ある程度は値幅を取る
  • 資金調達率発生時は避ける

では、Bitgetで手数料負けをしないための対策について、詳しく見ていきましょう。

なるべくメイカー注文を使う

Bitgetで手数料負けを減らしたいのであれば、メイカー注文を使うようにしましょう。

仮想通貨業界的にも、BitgetのTaker手数料は若干割高となっています。

Takerでエントリーした場合、0.051%の値幅を取れないとマイナスとなり、手数料負けになってしまうので注意しましょう。

Maker手数料の0.04%という手数料率は業界でも平均的な水準ですので、手数料負けをしたくないのならMaker注文がおすすめですよ。

ある程度は値幅を取る

Bitgetは他の取引所に比べ出来高が高く、スキャルピングで取引をしている方も多いですよね。

ただし、Bitgetではスキャルピングのように細かく利確をしてしまうと手数料負けしやすくなるので気をつけてください。

できるだけ値幅を取って手数料を抑えることが、手数料負け防止に繋がりますよ。

資金調達率発生時は避ける

資金調達率発生時はポジションを持たなくすることで、手数料負けを防ぎやすくなります。

資金調達率発生時間は、日本時間で0時/8時/16時の1日3回。

上記の時間帯でポジションを持たない、もしくは不利なポジションを持たないよう注意しましょう。

まとめ

Bitgetで発生する手数料は以下の5種類。いずれも業界平均かそれ以上の安さです。

Bitgetの手数料

  • 先物取引手数料:メイカー/テイカー…0.17%/0.051%
  • 現物取引手数料:メイカー/テイカー…0.1%/0.1%
  • コピートレード:先物手数料+利益分配2~8%
  • 出金手数料:通貨/ネットワーク毎に異なる
  • 入金手数料:無料(マイニング手数料のみ)
  • 資金調達率:通貨・時間毎に変動

なお、現物取引における手数料は、BGBトークンというBitget独自のトークンを利用すれば割引されますよ。

現物取引における手数料割引

  • 現物取引:メイカー/テイカー:0.1%/0.1% → 0.08%/0.08%

これにより、実手数料でいえば現物取引は業界トップクラス、先物取引に関してもインバース無期限契約に限り業界平均以上となります。

気になるコピートレードの手数料は、「先物取引手数料+収益配分比率」で、おおよそ収益の10%~15%の範囲となります。

これらの手数料を理解して、収益の予測・計算に役立てていってください。

\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)
\コピートレードならBitget!/無料で口座開設する
(bitget公式サイト)

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

  • 結局、仮想通貨FXするならどこの取引所が良いの?
  • 安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「仮想通貨FX・ビットコインFXの海外おすすめ比較ランキング9選【2024年最新版】」をご用意しました。

仮想通貨取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、仮想通貨取引所選びの参考にしてみてください。