仮想通貨のレバレッジ取引のやり方を解説!おすすめの取引所も紹介

【期間限定】口座開設ボーナス増額中!

FXGTの15,000円の口座開設ボーナスキャンペーン

FXGTは、1,000倍のレバレッジで仮想通貨を取引できる唯一の取引所。そんなFXGTでは、2月29日までの期間限定で口座開設ボーナスが15,000円に増額されています

通常は3,000円なので、ボーナスだけで取引を始めたい方は今がチャンス!

ぜひこの機会に口座開設をしてボーナスを受け取っておきましょう。

\今ならタダで15,000円がもらえる!/無料で口座開設する
(FXGT公式サイト)
  • 「仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引は危険?」
  • 「レバレッジ取引のやり方を詳しく知りたい」

仮想通貨のレバレッジ取引に興味がある方は、上記の疑問をお持ちではないでしょうか。

レバレッジ取引なら少ない資金で大きな取引ができるため、やり方次第では短期間で稼ぐチャンスがあります。

一方で、仮想通貨の特徴やレバレッジ取引の正しいやり方を理解しておかないと、資金を失うリスクがあるのも事実。

そこで本記事では、以下のポイントを解説します。

  • 仮想通貨のレバレッジ取引のやり方と注意点
  • レバレッジ取引のメリット・デメリット
  • おすすめの仮想通貨取引所

最後までご覧いただくことで、仮想通貨取引におけるリスクや特徴を理解できます。

また、リスクを抑えたやり方を実践するには「スペック環境が整った取引所」選びも大切です。

たとえば、海外の仮想通貨取引所である「FXGT」は、口座開設するだけで、今なら15,000円分のボーナスがもらえるのでおすすめです。

自己投資を抑えて、まずは仮想通貨でレバレッジ取引をしてみたい方はFXGTでトレードを開始してみましょう。

目次
  1. 仮想通貨のレバレッジ取引とは?やり方について
  2. 仮想通貨のレバレッジ取引のメリット
  3. 仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット
  4. 仮想通貨のレバレッジ取引のやり方(FXGT)
  5. レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所
  6. 仮想通貨レバレッジ取引のやり方における注意点・ポイント
  7. よくある質問
  8. まとめ

仮想通貨のレバレッジ取引とは?やり方について

まずは、仮想通貨のレバレッジ取引とはどのようなものか理解しておく必要があります。

仮想通貨に限らずレバレッジ取引のレバレッジとは、日本語で「てこの原理」を意味しており、少ない力で大きな物を動かせる原理です。

つまり、少ない自己資金で大きな金額を動かせることから、テコの原理を利用したレバレッジ取引と呼ばれています。

取引所の口座に預けたお金は「証拠金」となり、この資金を担保にすることで何倍もの金額で取引が可能となるのです。

証拠金とレバレッジの倍率によって、取引で動かせる資産は以下のように比例して上がっていきます。

証拠金レバレッジ取引可能な金額
10万円10倍100万円
10万円20倍200万円
50万円10倍500万円
50万円100倍5,000万円

レバレッジ10倍だと10万円の担保で100万円分の取引ができることから、差額の90万円は借金しているイメージを持たれる方も多いでしょう。

しかし、正確には現物取引と決済方法が異なるだけで、借金ということにはなりません。

現物取引をする場合、実際に仮想通貨を購入し、価格が上がった段階で売却して利益を上げる手法です。

例えば、お金を払って商品と交換する一般的な買い物と同じ考え方となります。

一方、レバレッジ取引は仮想通貨である現物を直接購入するわけではなく、購入時と売却時の差額分だけを証拠金で補う決済方法です。

10万円を証拠金に100万円分で1BTCを購入したと仮定した場合、1BTCの価格が120万円に上がり売却してもレバレッジ取引では差額の20万円が利益となります。

反対に価格が90万円に下がってしまった時点で、自己資金である10万円が無くなるので、それ以上取引を継続できません。

このように、レバレッジ取引は差額分だけを狙うため、大きな資産がなくても取引ができるのです。

仮想通貨のレバレッジ取引のメリット

ここでは、仮想通貨のレバレッジ取引に関するメリットを紹介します。

仮想通貨のレバレッジ取引のメリット
  • 少額でも大きな金額を取引できる
  • 下落相場でも利益が狙える
  • 短期間で利益が狙える
  • 資金効率が上げられる

上記4つのポイントに分けて、それぞれ詳しく解説します。

少額でも大きな金額を取引できる

1つ目のメリットは「少額でも大きな金額を取引できる」点です。

レバレッジ取引の特徴でもある「テコの原理」を利用することにより、少額でも大きな金額で取引することができます

これから仮想通貨投資を始めようと考える方は、リスクを恐れて最初から大きな金額で取引するのは怖いと考えているのではないでしょうか。

しかし、レバレッジを上手に活用することにより、自己資金だけでは取引できない高額の銘柄にも手を出しやすくなります。

また、大きな取引ができるということはリターンも大きくなるため、仮想通貨取引で稼ぐためにレバレッジを効かせることは大きなメリットだといえます。

下落相場でも利益が狙える(ショート取引)

2つ目のメリットは「下落相場でも利益が狙える」点です。

現物取引では安い価格で購入し、価格が購入時より上がった状態で売却するのが、利益を上げる一般的な流れです。

つまり、取引銘柄の価格上昇を予測した「買い注文」がメインとなります。

一方、レバレッジ取引では「空売り」注文(ショート)が可能となるため「買い・売り」どちらからでも取引が可能です

現物取引レバレッジ取引
上昇相場低い価格時に購入し、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙う低い価格時に購入し、価格が上がったタイミングで売却することで差額分の利益を狙う
下落相場空売り注文ができないため、利益も狙えない高い価格時に売って、価格が下がったタイミングで買い戻すことで差額分の利益を狙う

表を見てもわかるように、価格上昇だけでなく下落相場でも利益を狙えるレバレッジ取引は稼ぎやすいと言われるポイントです。

短期間で利益が狙える

3つ目のメリットは「短期間で利益が狙える」点です。

レバレッジ取引の場合、現物取引と違い仮想通貨を長期間保有する必要がありません。

相場の値幅が激しい仮想通貨の特徴を活かすことで、1日のうちに何度もチャンスが訪れます。

また、レバレッジ取引では買いと売りの双方で利益を狙うことができるため、短期間で稼げる可能性が高いといえます。

そのため、仮想通貨とレバレッジ取引の相性は良く、早く利益を出したい方にとってもメリットです。

資金効率が上げられる

4つ目のメリットは「資金効率が上げられる」ことです。

仮想通貨取引では、レバレッジを上げることで、大きなリターンを見込めるのが特徴です。

たとえば10万円の現物取引の場合、投資対象の価格が10%上がれば1万円の利益になります。

しかし、レバレッジ10倍で100万円分の取引をしていれば、10%である10万円が利益になるのです。

レバレッジは、国内・海外の取引所によって異なりますが、保有するポジションの数量を調整することによって、トレーダー自身でコントロールできます。

そのため、レバレッジ取引は資金効率を上げられる点において、大きなメリットだといえるでしょう。

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引には、事前に知っておくべきデメリットも複数存在します。

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット
  • 損失が大きくなるケースがある
  • 長期保有には不向き
  • ロスカットされる可能性がある

それぞれ詳しく解説していきます。

損失が大きくなるケースがある

1つ目のデメリットは「損失が大きくなるケースがある」点です。

仮想通貨のレバレッジ取引では、短期間で大きく稼げる一方、大きな損失リスクと隣り合わせであることも認識する必要があります。

現物取引と違い、レバレッジ取引中は相場の動きに合わせて証拠金残高がリアルタイムで増減します。

そのため、仮想通貨の値動きによっては、あっという間に損失が膨らんでいくので注意が必要です。

たとえば、10万円の証拠金でレバレッジ10倍だと100万円分の取引ができますが、予測と反対方向に10%価格が変動すれば10万円の証拠金はゼロとなります。

仮にレバレッジ20倍で取引をしていたとすると、5%の変動で10万円を失うことになるので、レバレッジの倍率によっては僅かな変動で資金が無くなる可能性もあります

よって、レバレッジ取引では少額から大きな利益を狙える反面、損失も大きくなる点はデメリットとして覚えておきましょう。

長期保有には不向き

2つ目のデメリットとして、レバレッジ取引は「長期保有には不向き」という点です。

仮想通貨の現物保有であれば、株式と同様に価格の上げ下げを繰り返して中長期的な上昇を目指すものです。

しかし、レバレッジ取引では証拠金の残高がリアルタイムで動くため、大きな値幅の影響で損失が確定してしまうこともあります

そのため、長期保有をする場合はレバレッジ取引より現物取引の方が戦略的に有効です。

レバレッジ取引は短期的に利益を上げていく手法であるため、長期保有には向かないでしょう。

ロスカットされる可能性がある

3つ目のデメリットは「ロスカットされる可能性がある」ことです。

ロスカットとは、取引所で定めている必要証拠金残高を下回った際に発動するシステムを指します。

前述しているように、レバレッジ取引では相場変動に合わせて保有資産も常に上がり下がりを繰り返しています。

特に仮想通貨のように急な価格変動が起きやすい銘柄では、一瞬だけ大きく動いた時点でもロスカット基準に達してしまう可能性があるのです。

そのため、仮想通貨のレバレッジ取引では、ロスカット基準は意識しつつ、レバレッジ調整などを含めて資産管理が重要だといえるでしょう。

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方(FXGT)

仮想通貨のレバレッジ取引を始めるためには、まずは取引所の口座開設をする必要があります。

ここでは、海外取引所の中でも特におすすめな「FXGT」を参考に、口座開設までの流れを紹介します。

  1. FXGTの口座開設
  2. 本人確認・必要書類の提出
  3. 口座開設ボーナスの反映をチェック
  4. MT5のダウンロード・インストール

以下のリンクからFXGT公式ページにアクセスし、実際の画面を見ながら口座開設を進めましょう。

やり方①:FXGTの口座開設

まずはFXGTの公式サイトにアクセスし、口座開設フォームに必要情報を入力します。

FXGTの口座開設画面で個人情報を入力していきましょう。

必要情報の入力は以下のとおりです。

フルネームフルネームをローマ字で入力メールアドレス有効なメールアドレスを入力 パスワード 大文字・小文字・数字を使ってパスワードを入力居住国  現在お住まいの国を選択 (例:Japan) 携帯電話携帯電話番号を入力

口座種類は「ライブ口座」を選択し「同意事項」にチェックを入れて「登録」を選択

メール認証を行ってください

次に「メール認証のお願い」というメールが届くので「メール認証を行う」のボタンをクリック。

再度ログイン画面にて登録したアカウント名・PWを入力してFXGTのマイページへログインします。

続いてMT5口座開設の手順の解説です。

FXGTのマイページから「MT5」→「口座開設」の手順でMT5口座を開設します。

MT5のライブ口座を選択

ここでは「ライブ口座」を選択しましょう。※デモ口座では入金や実際の取引ができないため

次に口座タイプの選択で「ミニ・スタンダード+・Crypto Max・PRO・ECN」から選択します。

口座タイプの選択で「ミニ・スタンダード+・Crypto Max・PRO・ECN」から選択します

現在FXGTでは合計5種類の中から口座タイプを選ぶことができますが、最もベーシックな「Standard+(スタンダードプラス)口座」がおすすめです。

続いて、口座の基軸通貨の選択画面が表示されます。

基軸通貨とは「入金・出金・取引」などに使う通貨の種類を指しますが、ここでは日本円(JPY)を選んでおいて問題ありません。

基軸通貨を選択

続いて、取引口座のレバレッジを選択します。

FXGTでは、口座のレバレッジを5倍から最大1,000倍の範囲で選択可能ですが、後から変更も可能なので、1,000倍を選択しておくと良いでしょう。

最大レバレッジを追加

次は口座パスワードを設定します。

パスワードを設定

ランダムに表示されている文字列をそのまま使用してもよいですし、覚えやすいパスワードに変更してから設定しても構いません。

最後に「進める」を押下してMT5口座の開設は完了です。

口座開設完了!

口座開設が完了すると「完了メール」が届きますので、ログイン情報は控えておくことをおすすめします。

やり方②:本人確認・必要書類の提出

FXGTの口座開設が完了したら、必要書類を提出して本人確認も完了しておきましょう。

マイページ上部に「アカウントステータス:未承認。情報を入力してください。」という文字が表示されるので「アカウント認証」に進みます。

個人情報を入力し、本人確認書類をアップロードします。

本人確認・必要書類の提出

本人確認・現住所証明に利用できる書類は以下のとおりです。

本人確認書類運転免許証(両面)
マイナンバーカード(両面)
在留カード(両面)
パスポート
現住所確認書類公共料金の請求書(発行日から3ヶ月以内)
住民票/政府関連書類(発行日から6ヶ月以内)
クレジットカードの請求書/利用明細書(発行日から3ヶ月以内)
納税通知書

本人確認の書類を提出すると、最短30分程度から長くても1営業日以内に「アカウント認証が完了しました」というメールが届き、本人確認は完了です。

マイページ右上にある「緑色のチェックマーク」が表示されていれば、本人確認と口座の有効化は完了しています。

マイページ右上にある「緑色のチェックマーク」が表示されていれば、本人確認と口座の有効化は完了しています。

やり方③:口座開設ボーナスの反映をチェック

口座開設と本人確認が完了すると、取引口座に口座開設ボーナスが反映されます。

しっかりとボーナスが反映されているかチェックを行い、もし反映していない場合はFXGTのサポートに確認してみましょう。

④MT5のダウンロード・インストール

最後に仮想通貨取引に使用する「MT5」のダウンロード・インストールをします。

マイページ上部にある「プラットフォーム」を選択し、自分のPCやスマホ環境に適したアイコンを選択してください。

トレード環境を選択

ダウンロードしたファイルを開くとMT5のインストールが始まります。

MT5のインストール完了後には、口座アカウントでログインしてMT5で仮想通貨取引が可能です。

口座開設ボーナスを使ってレバレッジ取引にチャレンジしてみましょう。

FXGTの口座開設手順から実際に取引するまでの流れについては「FXGTの使い方を完全まとめ!トレード方法・MT5での取引方法」でも詳しく解説しています。

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨のレバレッジ取引におすすめな海外取引所を3つご紹介します。

  • FXGT
  • XMTrading
  • CryptoGT

それぞれの特徴やスペックを解説していきますので、取引所選びの参考にしてみてください。

FXGT

FXGTのトップページ画像

最大レバレッジ1,000倍
通貨ペア数64ペア
金融ライセンスセーシェル
ボーナス口座開設ボーナス:15,000円
入金ボーナス:最大100%+最大50%
取引手数料無料(スプレッドあり)
日本語対応
サポート体制チャット・メール(24時間常時対応)

FXGTは、仮想通貨取引が可能な海外FX業者として有名な取引所です。

最大レバレッジ1,000倍に加え、低スプレッドの取引環境を提供していることから日本人トレーダーにも人気があります。

さらに、今なら新規口座を開設するだけで「15,000円」が受け取れる口座開設ボーナスも開催しています。

スペックとは他に、ボーナスキャンペーンにも力を入れているFXGTですので、まずは「仮想通貨でレバレッジ取引にチャレンジしたい」という方には絶対におすすめの取引所です。

まずは自己投資を抑えて、レバレッジ取引を体験したい初心者は、FXGTの口座開設ボーナスから始めてみましょう。

XMTrading

XMTradingのトップページ画像

最大レバレッジ500倍
通貨ペア数31ペア
金融ライセンスセーシェル
ボーナス口座開設:13,000円(6/30まで)
入金ボーナス:100%+20%
キャッシュバック
取引手数料無料(スプレッドあり)
日本語対応
サポート体制チャット(平日9時~21時)
メール(平日1営業日以内)

XMTrading(XM)は、日本人トレーダーから圧倒的な支持を得ている人気の海外FX業者です。

2022年5月24日から仮想通貨の取り扱いを再開しており、安定した取引環境で仮想通貨のレバレッジ取引ができます。

また、スワップフリーでコストを抑えて取引できるのも魅力的です。

XMで口座開設すると、今なら13,000円がもらえるため、ボーナスも充実しているといえるでしょう。

仮想通貨の最大レバレッジは500倍となっておりますが、ゼロカットを採用していることから追証の心配なくハイレバレッジ取引ができる環境です。

そのため、仮想通貨のレバレッジ取引を始めてみたい初心者は、安全性の高いXMの口座を開設してみるのもおすすめです。

CryptoGT

CRYPTOGTの公式サイト画像

最大レバレッジ500倍
通貨ペア数58ペア
金融ライセンスマーシャル諸島
ボーナス口座開設:3,000円(不定期)
入金ボーナス:初回入金80%
取引手数料スプレッド式(約0.1~0.5%)
日本語対応
サポート体制チャット(9時~24時)
メール(24時間受付)

CryptoGT(クリプトジーティー)は2018年に設立された仮想通貨取引所です。

最大レバレッジ500倍に加え、業界最狭水準のスプレッドと豪華なボーナスが特徴的です。

CryptoGTでは、現物取引はできませんが仮想通貨FXに特化しており、レバレッジ取引をしたいトレーダーには優秀なスペックで人気となっています。

また、不定期に開催される口座開設ボーナスや、入金ボーナスを活用することでコストを抑えてハイレバレッジ取引ができるのも魅力です。

取引環境に優れた取引所で、仮想通貨でレバレッジ取引をしてみたい初心者にもおすすめの業者となっています。

仮想通貨レバレッジ取引のやり方における注意点・ポイント

ここでは、仮想通貨のレバレッジ取引を始める上で、事前に知っておきたい注意点をお伝えします。

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方における注意点
  • レバレッジ取引の正しいやり方を理解しておく
  • 国内取引所だと追証で借金を抱える危険性がある
  • 日本の取引所は最大レバレッジ2倍までに制限される
  • 余剰資金から取引を始めること

それぞれわかりやすく解説するので、これからレバレッジ取引をやってみたい方は参考にしてみてください。

正しい取引のやり方を理解しておく

1つ目の注意点は「仮想通貨でのレバレッジ取引の正しいやり方を理解しておく」ことです。

現物取引と違い、証拠金を担保に少額から大きな取引ができますが、相場状況に合わせてリアルタイムに資産も上下します。

つまり一度取引を開始すると、資産が増え続ける可能性がある一方、気付いたらゼロになっていたという危険性もあるのです。

特に仮想通貨の1日に変動する値幅は激しいことから、レバレッジの倍率や投資額によって損益が激しく変わってきます。

そのため、レバレッジ取引のやり方は十分理解し、倍率など上手にコントロールする必要があるので注意してください。

国内取引所だと追証で借金を抱える危険性がある

2つ目の注意点は「国内取引所だと追証で借金を抱える危険性がある」点です。

レバレッジ取引では、相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになってしまうケースがあります。

この時、bitflyerのような国内取引所ではマイナス分を補填するための「追証」が発生し、口座残高をゼロに戻すために支払いが発生するのです。

そのため、追証の発生は「借金」を負うことと等しいため注意が必要だといえるでしょう。

一方、海外の取引所ではゼロカットシステムを採用しているため、万が一口座残高がマイナスになっても追証が発生しません。

仮想通貨のレバレッジ取引の激しさを考えると、初心者は追証が発生しない海外取引所で始めてみるのがおすすめです。

特に海外取引所のFXGTは、豪華なボーナスもあり、初心者でもノーリスクでレバレッジ取引にチャレンジできます。

日本の取引所は最大レバレッジ2倍までに制限される

3つ目の注意点は「日本の取引所は最大レバレッジ2倍までに制限される」ことです。

DMMビットコインやGMOコインのような国内業者の場合、FX取引であれば最大レバレッジ25倍で取引可能ですが、仮想通貨取引は2倍までに制限されています。

そのため、国内取引所はリスクが少ないと考えがちですが、十分な証拠金も必要になるので注意てしてください。

一方、海外取引では「100倍・500倍・1,000倍」とレバレッジをかけられる分、少額で大きな取引にチャレンジすることができます。

たとえば、100万円分の仮想通貨取引をする場合、国内取引所では50万円の資金が必要なのに対し、100倍のレバレッジであれば1万円の資金で済みます

つまり、レバレッジの倍率が高まるほど、必要な証拠金を下げることができるのです。

しかも、海外取引所では追証による借金も発生しないことから、期待できるメリットに対してリスクは非常に小さいといえます。

仮想通貨取引は余剰資金から始めること

4つ目の注意点は「余剰資金から取引を始めること」です。

仮想通貨に限らずFXや株式でも同様ですが、投資は余剰資金で始めるようにしてください。

生活に必要な資金を使って行う取引はギャンブルと変わりません。

レバレッジを効かせた仮想通貨取引では、一発逆転を狙うこともできますが、そのような考え方で稼ぎ続けることは難しいでしょう。

ギリギリの資金では冷静な判断力も失い、余計に損失を膨らませる可能性を高めます

そのため、仮想通貨のレバレッジ取引を始める場合、まずは余剰資金から行うよう注意してください。

たとえば、海外の取引所では口座を開設するだけで、取引に使えるボーナスをGETできます。

FXGTでは、今なら15,000円もらえるため自己資金ゼロから仮想通貨取引ができるのでおすすめですよ!

よくある質問

最後に、仮想通貨のレバレッジ取引に関するよくある質問をご紹介します。

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方に関するQ&A

  • 仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?
  • 仮想通貨のレバレッジ取引のやり方は?
  • 仮想通貨(ビットコイン)は最大何倍で取引できる?
  • 海外取引所と国内取引所のレバレッジ取引のやり方の違いは?
  • 仮想通貨のレバレッジ取引のメリットとは?
  • 仮想通貨を取引するならレバレッジ取引と現物取引のどっちが良い?

それぞれ解説していきますので、取引をする前に確認しておきましょう。

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?

日本語で「てこの原理」を意味しており、少額の資金で大きな取引ができる手法を指します。

株やFXにもレバレッジ取引はありますが、仮想通貨(ビットコイン)は値動きが激しい銘柄のため、短期間で大きく稼げる魅力があります。

また、現物取引とは決済方法が異なり「空売り」もできることから、下落相場でも稼げるチャンスがあるのも特徴です。

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方は?

仮想通貨のレバレッジ取引を始めるには、まずは取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設後には、資金を入金して各業者が提供している取引ツールでトレードができます。

レバレッジの倍率は「国内・海外」の取引所によって異なるため、どこを使用するか検討しておきましょう。

仮想通貨(ビットコイン)は最大何倍で取引できる?

日本の取引所では、仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジは2倍までと定められています。

さらに、国内取引所にはゼロカットシステムがないため、追証が発生する可能性もあります。

一方、海外取引所では100倍以上のレバレッジ取引が可能であり、ゼロカットシステムも採用していることから追証もありません。

海外取引所と国内取引所のレバレッジ取引のやり方の違いは?

海外と国内取引所の大きな違いは最大レバレッジです。

そのため、証拠金として入金する初期投資に差が生じるといえます。

また、海外取引所では口座を開設するだけで取引に使えるボーナスがもらえるため、資金ゼロからできる特徴もあります。

入金から取引までのやり方に大きな違いはありませんが、投資額と見込まれる利益に違いがある点は認識しておきましょう。

八木状介
海外の仮想通貨取引所を使いたい方は、当サイトのおすすめランキングも参考にしてください!

関連:仮想通貨FX・ビットコインFXの海外おすすめ比較ランキング9選!

仮想通貨のレバレッジ取引のメリットとは?

レバレッジを効かせることで、少ない初期投資で大きな取引ができる点です。

また、仮想通貨の激しい値動きを利用し短期間で稼げるのも特徴といえるでしょう。

さらに、空売りができることから下落相場でも稼げるチャンスが広がるのは大きなメリットです。

仮想通貨を取引するならレバレッジ取引と現物取引のどっちが良い?

少ない資金で短期的に大きく稼ぎたい方はレバレッジ取引がおすすめです。

しかし、短期間で損失が膨らむリスクは理解しておくべきでしょう。

一方、ある程度の資産で長期的にコツコツ利益を狙いたい方は現物取引が向いているといえます。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、ご自身の資金力や目的に合わせて取引手法を選ぶ必要があります。

まとめ

今回は、仮想通貨のレバレッジ取引のやり方・特徴について詳しく解説しました。

レバレッジ取引は、少額投資で大きな利益を狙える特徴がありますが、激しい値動きで予期せず大きな損失を負うこともあります。

その際、国内取引所ではゼロカットシステムがないため、追証が発生して借金を抱えるリスクは認識しておくべきです。

一方、海外取引所では100倍〜1,000倍と幅広いレバレッジ取引に対応できるため、より少額から取引を始められる魅力があります。

また、ゼロカットシステムの採用により借金を負うリスクも一切ありません。

さらに海外取引所はボーナスが豊富なので、自己資金を使わずレバレッジ取引を試せるのは最大の特徴だといえるでしょう。

海外にも多くの仮想通貨取引所が存在しますが、特におすすめなのはFX取引でも人気の高い「FXGT」です。

今なら口座開設ボーナスとして取引に使える資金を15,000円分もらえるので、リスクゼロで仮想通貨取引ができます。

仮想通貨でレバレッジ取引をしてみたい方は、まずは「FXGT」を利用してみることをおすすめします。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

  • 結局、仮想通貨FXするならどこの取引所が良いの?
  • 安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「仮想通貨FX・ビットコインFXの海外おすすめ比較ランキング9選【2024年最新版】」をご用意しました。

仮想通貨取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、仮想通貨取引所選びの参考にしてみてください。