仮想通貨で億り人になるには?ビットコインで成功した人のその後・税金対策を解説

仮想通貨(暗号資産)元年と言われた2017年には、仮想通貨バブルによって1億円以上稼いだ「億り人」が誕生しています

2017年の仮想通貨バブルの筆頭銘柄ともいえる、ビットコイン価格は約230万円まで一気に暴騰し、翌2018年には約35万円まで暴落しています。

最高値からの下落率は実に80%です。その後もビットコインは暴騰、暴落を繰り返し、市場からの注目を浴びる機会は年々増加しています。

このような大きな値動きはリスクが高いものの、大きなリターンの源泉ともいえるでしょう。

八木状介
上手く波に乗ることができれば、億り人となれる可能性もゼロではありません。

この記事では億り人がどのようにして仮想通貨で富を築いたのか。また、億り人となった後、どのような結末が待ち構えていたのかをご紹介していきます。

さらに、今からでも遅くない仮想通貨で億り人を目指す方法についてもご紹介しています。

八木状介
すぐにでも仮想通貨取引を開始したい方は、以下ランキング記事を参考にしてください!

【期間限定】口座開設ボーナス増額中!

FXGTの15,000円の口座開設ボーナスキャンペーン

FXGTは、1,000倍のレバレッジで仮想通貨を取引できる唯一の取引所。そんなFXGTでは、2月29日までの期間限定で口座開設ボーナスが15,000円に増額されています

通常は3,000円なので、ボーナスだけで取引を始めたい方は今がチャンス!

ぜひこの機会に口座開設をしてボーナスを受け取っておきましょう。

\今ならタダで15,000円がもらえる!/無料で口座開設する
(FXGT公式サイト)

仮想通貨における億り人とは?

そもそも「億り人」とは何を意味しているのでしょうか。

仮想通貨における億り人とは、仮想通貨取引で1億円以上の資産を築いた投資家を指しています。

億り人」という単語自体は、2008年公開された映画「おくりびと」から作られた造語であり、2017年あたりからメディアに登場しています。

2017年のビットコインバブルにより「億り人」が続出したことにより、当時は大きな話題を呼びました。

どのくらいの億り人が誕生したのかは、2018年5月の国税庁から公表されたデータを参考にしてみましょう。

国税庁から公表されたデータによると、仮想通貨取引により1億円超の収入を得た人の数は331人です。

ただし、公表されたデータは確定申告をした人が対象なので、実際にはさらに多くの「億り人」が存在した可能性も高いでしょう。

どうやって仮想通貨で億り人になった?

これまでにはないような多くの億り人が短期間で誕生したのは、どのような理由からなのでしょうか。

仮想通貨取引で億り人となれた経緯は主に2通りに分けられます。

どうやって仮想通貨で億り人になった?
  • ビットコインの高騰
  • アルトコインの高騰

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

ビットコインの高騰

仮想通貨取引で億り人となれた人の理由として最も多いのは、仮想通貨バブルによるビットコイン価格高騰の恩恵を受けたためといえるでしょう。

ビットコインが初めて世に認識された2009年当時の1BTC(ビットコイン)は0.07円程度でした。

2017年の仮想通貨バブルにより、ビットコイン価格は約230万円となり、ビットコイン誕生からの価値は3,300万倍にもなっています。

しかも、これだけの価値増加に要した期間はわずか8年です。

このようなとんでもない価格高騰の背景を知れば、億り人が続出したことにも納得がいくでしょう。

ただ、仮想通貨にはビットコイン以外の仮想通貨も存在しています。

ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれ、2022年には20,000種類以上ものアルトコインが存在しているといわれています。

また、2017年の上昇率に関しては、ビットコインよりもむしろアルトコインの方が大きく上昇しています

したがって、アルトコインの高騰も億り人が続出した理由のひとつといえるでしょう。

アルトコインの高騰

2017年のビットコイン高騰に伴い、アルトコインも市場からの注目を集めることになりました。
例えば、以下のようなアルトコインが挙げられます。

  • モナコイン
    モナコインは日本発の仮想通貨であり、2017年のモナコインの価値は50円台でしたが、仮想通貨バブルにより900円近くまで高騰しています。
    わずかな期間でモナコインの価値は約18倍になりました。
  • リップル
    2017年の上昇率トップはリップルで、同年の12月のリップルの価値は0.7円だったにもかかわらず、仮想通貨バブルにより300円近くまでリップルの価値は高騰し、実に400倍もの上昇となりました。されに、翌2018年は400円近くまで上昇しています。

このように、億り人が続出したのはビットコインの高騰だけではなく、むしろアルトコインの高騰によるものともいえるでしょう。

億り人が活用した仮想通貨取引所

億り人が仮想通貨取引で利用していたのは、仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所の中でも、使い勝手のよい海外仮想通貨取引所をピックアップしています。

億り人が活用した仮想通貨取引所
  • FXGT 
  • XMTrading
  • Bybit
  • MEXC

上記取引所はすべて海外取引所ですが、国内取引所に比べてボーナスやレバレッジ面で取引上有利です。

また、ご紹介する海外取引所は、日本語によるサポートが充実しているため、英語が得意でなくとも問題ありません

それぞれの取引所の詳細を確認していきましょう。

FXGT

FXGTのトップページ画像

引用:FXGT公式HP

最大レバレッジ1,000倍
取引手数料無料
(スプレッドあり)
取扱い通貨64ペア
日本語対応
国名セーシェル

FXGT(エフエックスジーティー)は2019年の設立でありながら、トレーダーからの定評がある海外取引所です。
仮想通貨取引はもちろん、FXや株価指数、株式など幅広い銘柄での取引ができます。

また、FXGTでは魅力的なボーナスキャンペーンが随時開催されているため、ボーナスを利用すれば、お得に取引を進めることも可能です。

例えば、FXGTの口座開設ボーナスを利用すれば、入金することなく取引ができるため、海外取引所が初めての方でも安心して取引を開始できます。

さらに、FXGTなら日本語のサポート体制も整っているため、英語に自信がなくとも問題ありません。

加えて、FXGTは各国で金融ライセンスを取得している点も評価できるポイントです。

\今ならタダで15,000円がもらえる!/無料で口座開設する
(FXGT公式サイト)

XMTrading

XMのトップページ画像

引用:XMTrading公式HP

最大レバレッジ500倍
取引手数料無料
(スプレッドあり)
取扱い通貨31ペア
日本語対応
国名セーシェル

XMTrading(エックスエム)は、日本での知名度と人気が最も高い海外取引所です。

XMTradingの口座タイプは4種類用意されていて、どのようなトレーダー層にも対応できる環境が整えられています。

中でも「KIWAMI極口座」のスペックは海外取引所の中でもトップクラスに高く、狭いスプレッドでの取引が可能でありながら、取引手数料が無料です。

また、口座タイプを問わず最低入金額は5ドルと安いため、気軽な利用ができるでしょう。

もちろん口座開設ボーナス、入金ボーナスともに豪華なので、ボーナスを活かしつつ有利に取引を進めることができます。

Bybit

Bybitのトップページ画像

引用:Bybit公式HP

最大レバレッジ100倍
取引手数料
(USDT無期限)
0.01%/0.06%※1
取引手数料
(インバース無期限)
0.01%/0.06%※2
取扱い通貨90種類以上
日本語対応
国名シンガポール

Bybit(バイビット)は2018年シンガポールで設立された海外取引所です。

世界各国に拠点を持ち、16言語に対応しています。もちろん、日本語にも対応していて、Bybit公式サイトの日本向けコンテンツも豊富です。

Bybitでは創業以来、システム障害・不正被害がともにゼロというのも強みのひとつといえるでしょう。

また、取引面でも10万TPS(Transactions per second :1秒当たりのトランザクション処理実行件数)を越える高速エンジンによる注文処理能力を備えているため、市場環境の影響を受けずに迅速な約定を実現しています。

仮想通貨で億り人を狙いたい方は、ぜひBybitでチャレンジしてみてください。

なお、Bybitのボーナス・キャンペーンに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

関連:Bybit(バイビット)のキャンペーン・ボーナスまとめ【2024年2月最新】

MEXC

MEXCの公式サイト画像

引用:MEXC公式HP

最大レバレッジ200倍
取引手数料0.02%/0.04%
取扱い通貨1600種類以上
日本語対応
国名シンガポール

MEXC(エムイーエックスシー)は、世界170か国以上の国や地域で、1,000万人超のユーザーにサービスを提供している海外取引所です。

MEXCの取扱い銘柄は1900種類以上にもおよび、様々な種類の仮想通貨取引が行えます。

また、MEXCでは「ローンチパッド」という仮想通貨を上場前に低コストで購入できる「IEO」に参加するチャンスもあります。

もちろん、MEXCは完全日本語対応なので、安心して取引可能です。

MEXCについて以下の記事で詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

仮想通貨で億り人になった人のその後・現在は?

仮想通貨取引で億り人になった人は、その後どうなったのか、また現在はどうしているのか、気になる方も多いでしょう。

仮想通貨で億り人になった人のその後・現在は?
  • 2018年に仮想通貨バブルが崩壊
  • 利益確定できなかった人は損している
  • 中には多額の借金で生活が困窮している人も

仮想通貨取引を始める方の教訓にもなる内容です。

2018年に仮想通貨バブルが崩壊

2017年に発生した仮想通貨バブルは、翌年の2018年には弾けています。

2017年の年末から本格的に急騰し、2018年初めには急落しているので、バブル崩壊までの道のりは実質数か月という短い期間での出来事になります。

上昇中に買いポジションを保有していれば、あっという間に含み益は膨れ上がり、数か月後には含み益があっという間に弾けてしまうような状況です。

含み益がなくなるだけならまだしも、含み益が含み損となり、大きな損失をかかえることになった人も多数存在しているでしょう。

というのも、バブルのような短期間で急騰急落するような相場状況に対し、うまく対応するのは簡単ではないからです。

利益確定できなかった人は損している

2017年年末から2018年初旬にかけて億り人と称された人の中でも、利益確定できた人はほんの一部に過ぎないでしょう。

というのも、確定申告により把握できた億り人の数はたった331人です。

億り人の全てを把握できていないとしても、わずかな人数といえます。

したがって、仮想通貨バブルに参戦した人の多くが損失を抱えたと考えられます。

中には多額の借金で生活が困窮している人も

仮想通貨バブル熱狂の最中に参加した人の中には、自己資金だけでなく借金で資金を工面した人もいたようです。

価格が乱高下するような相場状況の中、借金をして取引を行えば、冷静さは失われ利益確定のタイミングを逃す可能性はとても高くなります。

また、冷静さを失ったときの判断は多くの場合裏目に出るため、仮想通貨バブルが弾けた後もポジションを保有し続け、借金が膨れ上がり我慢できなくなったタイミングで手放します。

ところが、手放したタイミングが大底で、その後反転することも多々あります

最後に手元に残ったのは毎月の借金返済だけ、というような事例はネット上で散見されます。

今から仮想通貨取引で億り人を目指す方法

これまでの内容を踏まえたうえで、今から仮想通貨取引で億り人を目指す方法をご紹介していきます。

今から仮想通貨取引で億り人を目指す方法
  • イーサリアム・リップルなどのアルトコインを取引する
  • 1円以下の草コインを取引する

上記方法を詳しく解説していきます。

イーサリアム・リップルなどのアルトコインを取引する

今からでも仮想通貨取引で億り人になるには、イーサリアム・リップルなどのアルトコインを取引するというのも一つの方法です。

特にリップルは2020年に米国の証券取引委員会(SEC)から提訴され、裁判の結果次第では大きく価格が動く可能性があります。

また、値上がりが期待されるアルトコインに分散投資することで、いくつかの銘柄の値上がりによる大きなリターンも期待できるでしょう。

1円以下の草コインで億り人を目指す

1円以下の草コインで億り人を目指すこともできるでしょう。

というのも、1円以下の草コインなら、少ない資金でもある程度の数量を購入できるからです。
過去には、1,000倍以上になった草コインも多数存在しています。

ただ、短期間で億り人を目指すよりも、ある程度長期的な視点で取り組む方が賢明といえるでしょう。

仮想通貨取引に関する税金対策7選

仮想通貨取引に関する税金対策を7つピックアップしています。

仮想通貨取引に限らず投資や投機では、利益を得ることだけではなく、利益を得た後の対応も重要です。

仮想通貨取引に関する税金対策7選
  • 少しずつ利益を確定させる
  • 仮想通貨の取引回数を抑える
  • 含み損の仮想通貨(暗号資産)は決済する
  • 青色申告をする
  • 法人化しておく
  • 仮想通貨取引に使った経費を申請する
  • ふるさと納税を利用する

以上の税金対策を詳しく解説していきます。

少しずつ利益を確定させる

少しずつ利益確定させることで、仮想通貨取引の利益を非課税で得ることも可能です。

仮想通貨取引で得た利益が課税対象となるのは、20万円以上の場合なので、20万円未満の利益に抑えておけば税金はかかりません

ただし、仮想通貨の利益は雑所得に分類され、総合課税の対象となります。

したがって、他にも所得がある場合には注意が必要です。

仮想通貨の取引回数を抑える

仮想通貨を頻繁に取引しないというのも、立派な税金対策といえるでしょう。

そもそも、仮想通貨を保有しているだけなら、含み益がでていたとしても課税対象にはなりません。

つまり、税金対策をする上では、頻繁な取引は控えたほうがよいことになります。

ただし、仮想通貨によっては、値上がりが瞬間的に終わってしまう可能性もあるため、段階的に利益を確保することも大切です。

したがって、利益確定と保有のバランスが重要になります。

しかし、程よいバランスを保つためには、ある程度の取引経験を積む必要があるでしょう。

含み損の仮想通貨(暗号資産)は決済する

含み損が発生している仮想通貨(暗号資産)は決済して、損失を確定させることも税金対策になります。

というのも、他の仮想通貨取引で利益が発生している場合でも、含み損が発生している仮想通貨を決済して、損失を確定させれば利益との相殺ができるからです

例えば、ある仮想通貨を決済し利益を確定させることで20万円以上の利益を得ていたとします。

一方で、10万円の損失が発生している仮想通貨の損失を確定させれば、利益を10万円に減額させることができます。

利益が10万円になれば、税金はかかりません。

このように、含み損が発生している仮想通貨の損失を確定させることで、税金対策が可能になります。

青色申告をする

青色申告をした場合、65万円の控除が受けられるなどのメリットがあるため、青色申告をすることで税金対策が可能です。

しかし、青色申告のメリットを受けるには、仮想通貨取引の利益が事業所得として認められる必要があります。

仮想通貨取引の利益は原則、雑所得に区分されますが、以下の場合は事業所得として認められます。

  • その年の仮想通貨取引に係る収入金額が300万円を超える場合で、
  • 仮想通貨取引に係る帳簿書類の保存がある場合

このような条件を満たす場合、青色申告によるメリットが受けられる可能性があります。

ただし、事業所得として申告する際は、事前に税務署や税理士に相談する必要があるでしょう。

法人化しておく

仮想通貨取引をするための法人を設立するのも1つの税金対策です。

法人税の最大税率は所得税よりも低いため、利益額が大きくなればなるほど、法人化のメリットは大きくなります。

他にも損失の繰り越しや他事業との損益通算など多くのメリットが得られます。

ただし、設立には費用と手間がかかり、法人を維持するための費用も必要になるという点には注意が必要です。

関連:Bybit(バイビット)で法人口座は作れる?登録方法や開設方法・KYCについて徹底解説

仮想通貨取引に使った経費を申請する

仮想通貨取引に使った費用を経費申請することで、利益を圧縮させることも可能です。

仮想通貨取引で利益を得るために必要な支出であることを証明できるのであれば、必要経費として認められます

利益の圧縮ができれば、税金を抑えることも可能です。

ふるさと納税を利用する

ふるさと納税を利用すると、返礼品がもらえ、翌年度の住民税や所得税の控除が受けられるというメリットが得られます。

ふるさと納税は自分の好きな地方自治体に寄付することができるという制度であり、節税ではありません。

要するに、ふるさと納税は税金の前払いであり、前払いした金額が翌年度の住民税や所得税から控除されるという仕組みです。

また、控除されるのはふるさと納税を行った金額から2,000円を差し引いた金額なので、実質2,000円を自己負担することになります。

ただ、返礼品の価値は寄付額の3割以内で設定されているため、返礼品によってはお得に納税ができることになります。

仮想通貨の億り人における注意点

仮想通貨取引で億り人となった後の注意点として、必ず押さえておきたいポイントを2つピックアップしています。

仮想通貨の億り人における注意点
  • 億り人になっても4020万円以上の税金がかかる
  • 確定申告をしないと4つのペナルティが発生

以上の内容を詳しく解説していきます。

億り人になっても4020万円以上の税金がかかる

仮想通貨取引で1億円の利益が出ると、4020万円以上の所得税を払う必要があります。

仮想通貨取引の利益は基本的に雑所得に区分されるため、累進課税が適用され1億円の所得に対する税率は45%です。

さらに、10%の住民税もかかるため、稼いだ額のおよそ半分は税金でなくなると覚悟しておくべきです。

1億円の利益を稼いだとしても、税金で半分は持っていかれると知っていれば、無駄に資金を浪費することもなくなるでしょう。

確定申告をしないと4つのペナルティが発生

仮想通貨取引で得た利益が課税対象となる場合に、申告せずにいると以下の4つのペナルティが課されます。

  • 延滞税
  • 重加重税
  • 過少申告課税
  • 無申告加算税

これらの税率がさらに上乗せされるため、ますます高い税金を払わなければならなくなります。

仮想通貨の億り人に関するQ&A

最後に、仮想通貨の億り人に関するQ&Aを見ていきましょう。

仮想通貨の億り人に関するQ&A
  • 仮想通貨で億り人になった人はいくら稼いだ?
  • 億り人になれるコインは?
  • 仮想通貨で億り人(1億円)になったときの税金はいくら?
  • 「ビットコイン 億り人」ってどういう意味?
  • 今から億り人を目指す方法は?

仮想通貨で億り人になった人はいくら稼いだ?

仮想通貨で億り人になった人は、億り人と称されるように、1億円超を稼いだ人を指します。

億り人になれるコインは?

億り人になれるコインを特定するのは困難ですが、1円以下の草コインを複数保有しておけば、いずれかのコインが大きな値上がりをする可能性もあります。

仮想通貨で億り人(1億円)になったときの税金はいくら?

仮想通貨で得た利益は基本的に雑所得に区分されるため、累進課税が適用されます。

1億円の利益に対する税率は45%で、さらに10%の住民税もかかります。

したがって、1億円の利益に対する税率は55%になり、利益のおよそ半分の税金がかかると考えておくべきでしょう。

「ビットコイン 億り人」ってどういう意味?

ビットコイン取引で、1億円以上の資産を築いた投資家を意味します。

今から億り人を目指す方法は?

今から億り人を目指す方法として、以下の2つが考えられるでしょう。

  • イーサリアム・リップルなどのアルトコインを取引する
  • 1円以下の草コインを取引する

詳しい内容については、本文を参照してください。

まとめ

仮想通貨バブルにより、ビットコイン価格は2017年から2018年初頭にかけて大きく値上がりしています。

ビットコイン価格は数か月間の急騰で約230万円まで買われています。

しかし、翌年の2018年には、35万円まで暴落しました。

その後、幾度かの急騰と暴落を繰り返しつつ、2023年6月時点のビットコイン価格は400万円付近で推移しています。

2022年から続いたビットコインの下降トレンドは終わり、トレンド転換の兆しもうかがえます。

ビットコインの価格推移からも推察できるように、仮想通貨投資を始めるための環境は整いつつあるといえるでしょう。

記事内でご紹介した仮想通貨取引所を利用して、仮想通貨取引に挑戦してみてはいかがでしょうか。

海外取引所の豪華な口座開設ボーナスを利用すれば、自己資金ゼロでも取引が始められます。

海外取引所の中でも豪華な口座開設ボーナスがもらえるFXGTなら、15,000円の口座開設ボーナスをもらって取引が始められます。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

  • 結局、仮想通貨FXするならどこの取引所が良いの?
  • 安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「仮想通貨FX・ビットコインFXの海外おすすめ比較ランキング9選【2024年最新版】」をご用意しました。

仮想通貨取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、仮想通貨取引所選びの参考にしてみてください。