Bybit(バイビット)のデリバティブ取引のやり方!手数料や出金方法・現物との違いを解説

  • 「Bybitのデリバティブ取引とは何?」
  • 「FXのレバレッジと何か違うの?」
  • 「デリバティブ取引のやり方を知りたい」

Bybit(バイビット)の仮想通貨取引に興味がある方は、上記の疑問をお持ちではないでしょうか。

デリバティブ取引では現物取引とは異なり、資金を大きく増やすことができます。

しかし使い方を間違えると、資金をすべて失ってしまうリスクも!

八木状介
少ない資金で大きく稼ぎたいと考えても、損失はできるだけ抑えたいものです。

本記事では、Bybit(バイビット)のデリバティブ取引の基礎知識とやり方を徹底解説します。

また、現物取引との違いや注意点も紹介しているので、初心者は必見です。

なお、現在Bybitで口座開設すると、最大6,030ドルのボーナスがもらえます!

まずは無料で口座開設してからBybitで取引を開始しましょう。

Bybitの注目キャンペーン
BybitのMT4キャンペーン画像

現在Bybitでは、期間限定のボーナスキャンペーンを開催中です!

Bybitに新規登録→MT4アカウントを開設することで、新規登録ボーナス30ドル(4,500円)と入金ボーナス6,000ドル(90万円)がもらえます。

キャンペーンは2月29日までの期間限定なので、新規登録は早めがおすすめです。

\最大6,030ドルのボーナスがもらえる!/無料で口座開設する
(Bybit公式サイト)
目次
  1. Bybit(バイビット)のデリバティブ取引とは?
  2. デリバティブ取引と現物取引の違い
  3. Bybitのデリバティブ取引のやり方・始め方を解説
  4. Bybitのデリバティブ取引の出金方法
  5. Bybitでデリバティブ取引するメリット
  6. Bybitでデリバティブ取引するデメリット・注意点
  7. Bybitのデリバティブ取引の評判を紹介
  8. Bybitでデリバティブ取引をやってみた体験談
  9. バイビットのよくある質問
  10. デリバティブ取引のやり方まとめ

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引とは?

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引について解説

まずはBybit(バイビット)のデリバティブ取引について解説します。

デリバティブとは、現物取引から派生した株式や債券、ゴールド・原油など、価値が上下する仕組みを持っている金融商品を指します。

例えば、Bybit(バイビット)のデリバティブ取引で扱う種類は以下です。

  • 先物取引
  • 為替先渡取引
  • オプション取引
  • スワップ取引

また、ビットコインFXや仮想通貨CFDもデリバティブ取引に分類されます。

Bybitはもちろん、仮想通貨取引所では、特定の仮想通貨の値動きに基づいたデリバティブ商品を提供しているのが特徴です。

八木状介
特に仮想通貨のデリバティブ取引の中で人気が高いのが「無期限契約」や「パーペチュアル取引」と呼ばれる無期限先物取引です。

Bybit(バイビット)でも仮想通貨を担保として口座に預け、レバレッジをかけた取引ができますが、これを「デリバティブ取引」だと認識しておきましょう。

デリバティブ取引と現物取引の違い

次にデリバティブ取引と現物取引の違いについて解説します。

Bybit(バイビット)の取引は「現物」と「デリバティブ」の2つに分けられますが、それぞれの特徴は次の通りです。

取引方法現物取引デリバティブ取引
レバレッジ無し(1倍)最大100倍
空売り不可可能
リスク小さい大きい
リターン小さい大きい

現物取引とデリバティブ取引の大きな違いは「レバレッジ」の有無です。

デリバティブ取引では、FXの為替取引と同じように口座に預けた証拠金を元手に「レバレッジ」をかけて取引します。

少ない自己資金で数倍~数百倍の金額で取引ができるのが大きな特徴。

一方、現物取引は、実態がないレバレッジ取引とは異なり現物を購入して保有する方法です。

そのため、購入時の金額以上にリスクが発生することはないため、リスク・リターンは小さいといえます。

関連:Bybit(バイビット)のレバレッジ取引のやり方を完全解説

また、デリバティブ取引には現物と異なり空売りから取引することもできるので、買い注文しか選択肢がない現物取引より選択肢が広がります。
八木状介
つまり、デリバティブ取引は、レバレッジと掛け合わせてさまざまな場面で大きな利益を狙える一方、ハイリスクハイリターンといえるでしょう。

Bybitのデリバティブ取引のやり方・始め方を解説

ここからはBybit(バイビット)でデリバティブ取引をするやり方や始め方を解説します。

手順は以下の通りです。

  1. Bybitで口座開設する
  2. デリバティブアカウントに資金を振替する
  3. 取引したい通貨ペアを選ぶ
  4. 注文方法やポジションを設定する
  5. 実際に注文して取引する

5ステップに分けてそれぞれ画像付きで紹介するので、参考にしてみてください。

①Bybit(バイビット)で口座開設する

まずはBybitの公式サイトから必要情報を入力し、新規口座を開設します。

>>Bybitの公式サイトはこちら

Bybitの公式サイトからで口座開設する

Bybit(バイビット)の口座開設は、メールアドレスもしくは電話番号のみで無料登録できます。

参考:Bybit(バイビット)の登録・口座開設方法|やり方を画像付きで徹底解説

②デリバティブアカウントに資金を振替する

次にデリバティブアカウントに資金を入金します。

Bybitのデリバティブアカウントに資金を振替する

Bybiのメニュー右上にある「入金」タブをクリックしてください。

入金した仮想通貨の銘柄・チェーンを選ぶ

バイビット(Bybit)では、入金する仮想通貨の銘柄によってウォレットが以下のように分類されています。

現物アカウント4種類
  • ドージコイン (DOGE)
  • ポルカドット (DOT)
  • ライトコイン (LTC)
  • ネム (XLM)
デリバティブアカウント5種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • テザー (USDT)
  • イオス (EOS)

入金したい仮想通貨の欄から「入金する」をクリックしましょう。

次に表示されているアドレスを出金元となる仮想通貨取引所で入力して、出金手続きは完了です。

③取引したい通貨ペアを選ぶ

次に実際に取引を進めていきましょう。

Bybit公式サイトの上部にあるメニューから「デリバティブ」➝「USDT無期限」の順に選択します。

Bybitで取引したい通貨ペアを選ぶ

関連:Bybit(バイビット)の取り扱い通貨は何種類?おすすめの通貨も紹介

例えば、BTCとUSDTのペアで取引したい場合は「BTCUSDT」をクリックしましょう。

すると、以下のように通貨ペアのチャートが表示されます。

通貨ペアのチャートが表示される

④注文方法やポジションを設定する

続いて注文方法を選択しますが「指値注文」と「成行注文」の2種類から選択できます。

指値注文は価格を指定する注文方法で、現在取引板にない価格で注文するため約定までに時間がかかることもあります。

指値注文と成行注文の2種類から選択

成行注文は、価格を指定しない注文方法となるため、取引板にある価格で注文します。約定するまでのスピードが速いのが特徴。

注文方法とポジションを設定する

まずは注文方法とポジションを設定します。

⑤実際に注文して取引する

注文方法・ポジション量の設定が完了したら、実際に発注して取引を開始しましょう。

買い/ロングか売り/ショートを選択して発注は完了

買い/ロング」か「売り/ショート」を選択して発注は完了。

関連:Bybitでのショートのやり方|スマホ・パソコンでの取引方法は?

なお、注文が約定してポジションが成立すると、取引画面の下にある「ポジション」に表示されます。

八木状介
決済したいときは、成行・指値決済を使ってポジションを閉じてください。

Bybitのデリバティブ取引の出金方法

続いてBybit(バイビット)でデリバティブ取引の出金方法を紹介します。

まずメニュー画面右上にある「出金」を選択します。

Bybitのデリバティブ取引の出金方法

以下の項目を入力しましょう。

  • 出金したい仮想通貨
  • チェーンタイプ
  • 数量

最後に「提案する」で確定させると出金リクエストは完了です。

八木状介
なお、Bybitの使い方については、以下の記事を参考にしてください。取引方法からアプリの使い方まで徹底解説しています。

Bybitでデリバティブ取引するメリット

ここからはBybit(バイビット)で、デリバティブ取引をするメリットを以下のポイントに分けて解説します。

  • オプション取引やスワップ取引ができる
  • 現物取引と違い少ない資金で大きな利益が狙える
  • 最大100倍のレバレッジをかけて取引ができる

それぞれ詳しく紹介しているので参考にしてください。

オプション取引やスワップ取引ができる

1つ目のメリットは「オプション取引やスワップ取引ができる」点です。

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引には「先物取引」や「為替先渡取引」のほかに「オプション取引」と「スワップ取引」も可能です。

リスクヘッジにもなり、取引チャンスを拡大できるのは最大のメリットだと言えるでしょう。

ただし、オプション取引は現物取引や先物取引に比べると複雑で理解しづらい点もあります。

八木状介
そのため、専門用語を覚えたり実践で慣れていく必要があるでしょう。

現物取引と違い少ない資金で大きな利益が狙える

2つ目のメリットは「現物取引と違い少ない資金で大きな利益が狙える」ことです。

現物取引では購入資産と倍率が等しいため、少ない資金では少ないリターンしか見込めません。

一方、デリバティブ取引ではレバレッジをかけることで、実際の資産を数十倍にして取引も可能です。

八木状介
そのため、リスクもありますが大きな利益を狙えるのは魅力的だといえるでしょう。

最大100倍のレバレッジをかけて取引ができる

3つ目のメリットは「最大100倍のレバレッジをかけて取引ができる」点です。

Bybitのデリバティブ取引ではレバレッジをかけることで、現物取引より大きなリターンに期待できます。

現物取引と100倍のレバレッジ取引のケースを比べてみると、以下の計算が成り立つことに。

例えば、10,000円相当のBTCを現物で購入→11,000円に値上がしてから売却することで1,000円の利益(手数料除く)

一方で、10,000円の自己資金に100倍のレバレッジをかけた場合、100万円分の取引可能。

上記同様、BTCの価格が10%上げれば利益も100倍の10万円です。

八木状介
そのため、最大レバレッジ100倍で取引できるのはデリバティブ取引の大きなメリットだといえるでしょう。

Bybitでデリバティブ取引するデメリット・注意点

Bybit(バイビット)でデリバティブ取引には、メリットがある一方、デメリットもあります。

ここでは以下のポイントでデメリット・注意点を紹介!

  • 資金調達手数料がかかる
  • レバレッジ取引では設定に注意する
  • 相場次第では大きな損失が出る可能性がある

それぞれ詳しく解説するので、取引する前には理解しておきましょう。

資金調達手数料がかかる

1つ目の注意点は「資金調達手数料がかかる」ことです。

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引では、現物価格との乖離を抑えるために資金調達料が発生します。

例えば、デリバティブ価格より現物価格が高いときは、ショートなら資金調達料を受け取れますが、ロングなら支払うことに。

そのため、ポジションを長く保有することで、資金調達料を払い続けるケースもあるので注意が必要です。

レバレッジ取引では設定に注意する

2つ目の注意点は「レバレッジ取引では設定に注意する」ことです。

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引では、最大100倍のレバレッジで取引が可能です。

そのため、少ない資金で大きく稼ぐことだけに目を向けていると、資金管理が疎かになってしまうこともあるでしょう。

八木状介
レバレッジは高ければ大きなリターンに期待できる反面、大きな損失に繋がることも理解しておく必要があります。

特にデリバティブ取引を始めたばかりの方は、レバレッジ設定に注意してください。

相場次第では大きな損失が出る可能性がある

3つ目の注意点は「相場次第では大きな損失が出る可能性がある」点です。

現物取引では、基本的に初期投資した金額以上に損失を負うことはありません。

しかし、デリバティブ取引では相場の急変動によって、預けていた資金をすべて失うリスクが伴います。

そのため、デリバティブ取引の場合は特に資金管理が重要です!

八木状介
余剰資金で投資するなど、口座に預ける金額も注意してください。

Bybitのデリバティブ取引の評判を紹介

ここでは、Bybit(バイビット)のデリバティブ取引に関する評判を紹介します。

Bybitは日本語対応されており、サポートも充実してます。 最大100倍のレバレッジ取引が出来るのではハイレバレッジをかけてやりたい方にはおすすめです。 Bybitではゼロカットシステムが採用されていて追証の心配はありません。 注文スピードが早いので、サクサク取引出来ます。引用元:GooglePlay

海外の取引所だと、日本語対応されているかどうかは重要なポイントです。

Bybit(バイビット)は、サポートも充実している点は評価されています。

取引銘柄が多く戦略が大きく広がる。 デリバティブ(レバレッジ取引)が最大100倍までありハイリターンが期待できる。 証拠金以上負債が増えることはないので 万が一ロスカットされても何とかなる。日本の取引所(ビットフ◯イヤー)などでは取引板がわかりづらくアプリだと取引が見づらいがバイビットでは簡略化されており見やすい。引用元:GooglePlay

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引は、銘柄も多く最大100倍のレバレッジは魅力に感じる方も多いようです。

八木状介
国内の取引所と比較すると、期待できる収益も大きく異なります。

また、アプリの使いやすさも魅力のようです。

とても使いやすく、新しいコンテンツが豊富です。現物、デリバティブ、P2P取引などを利用しています。暗号資産取引では、チャートや板取引の動きが見やすいです。P2Pでテザーを買った際も、広告が豊富でしたし円滑に取引出来ました。NFTを買ったりWEB3.0関連のコンテンツがあるのも、興味を引くポイントです。しかし、新興仮想通貨に関する情報が足りないように感じます。引用元:GooglePlay

日本語に対応している為、英語が苦手な方でも安心して利用することができます! また、注意書きや説明文の意味がしっかり理解できるため、取引におけるミスが減るといったメリットもあるかと! クレジットカード決済で仮想通貨を購入することで、実質的に日本円で仮想通貨を購入することができ、仮想通貨を送金する手間を省くことができるのでオススメです! 仮想通貨の取引量が多く、約定率が高いため、自分にとって最適な取引を行える可能性が高いです! その為、複数の仮想通貨を取引をしたい方や仮想通貨取引を頻繁に行う方に特におすすめします! 最後に…… シンプルで使いやすい! ここ一番大事!!!引用元:GooglePlay

デリバティブ取引を活用されている多くの方が、Bybit(バイビット)は使い方がわかりやすくて良いと評価しているようです。

Bybitでデリバティブ取引をやってみた体験談

次にBybit(バイビット)でデリバティブ取引をやってみた体験談を集めてみました。

最初は何が何だか、操作性が分かりませんでしたが、今は慣れましたが、分からないこと沢山ありますが、とりあえず使えてます(笑)。操作の仕方が説明なくても、わかりやすくしてくれたら、★5ですかね。あとレバレッジ効かせた取引も マイナスが大きくなると、証拠金ギリギリになると自動で損切りしてくれるので借金にはならないので、助かります。引用元:GooglePlay

デリバティブ取引では損切りラインも重要な点と、国内の取引所ではよくある追証が発生しないのも好評です。

仮想通貨のトレード初心者には、バイナンスよりもbybitのほうが使いやすい感じする。
バイナンスは、もちろん優秀でサービスも豊富。
仮想通貨玄人に十分なサービスを備えてる感じ。
ただ、ちょっと仮想通貨初心者には難しい気がしてきた。
bybitの方が、より初心者向けに感じる。引用元:X

仮想通貨取引はFXや株と比べると難易度が高く感じます。

しかし、Bybit(バイビット)でデリバティブ取引は、初心者にもわかりやすいインターフェースで、使い方も難しくないと感じるようです。

BYBITの資金調達率
結構優秀な気がしてきた。
まだBYBIT歴短いけど、
良いインジな気がする。
暇な時トレビューでインジ作りたい。引用元:X

bybitでBTCデリバティブトレードして、
利確したらと思ったら手数料負けしてるのツラい😅引用元:X

良い体験談がある一方、悪い口コミには手数料の高さが挙げられます。

八木状介
他社と比較しても高く感じるケースもあるようです。

バイビットのよくある質問

最後にBybit(バイビット)に関するよくある質問を紹介します。

バイビットのよくある質問

  • Bybitのデリバティブの手数料はいくらですか?
  • デリバティブと現物の違いは何ですか?
  • BybitのVIPランクの手数料はいくらですか?
  • BybitのUSDTの出金手数料はいくらですか?
  • Bybitのデリバティブにクーポンはありますか?
  • Bybitの資金調達アカウントとは?
  • デリバティブアカウントの使い方は?
  • Bybitの契約とは?
  • Bybitのデリバティブ取引ボットとは?

Bybitのデリバティブの手数料はいくらですか?

Bybitのデリバティブの手数料は取引方式によって変わりますが、次の通りです。

取引方式Maker手数料Taker手数料
インバース/USDT無期限契約0%~0.01%0.03%~0.06%
USDC無期限契約0%~0.01%0.04%~0.06%
USDCオプション取引0.01%~0.03%0.01%~0.03%

参考までに、Bybit(バイビット)のデリバティブ取引における取引手数料は以下の計算式で算出できます。

  • デリバティブ取引手数料 = 注文価格 × 取引手数料率
  • 注文価格 = 数量 ÷ 執行価格

基本的にはMaker手数料の方が安くなるのが特徴です。

デリバティブと現物の違いは何ですか?

現物取引とデリバティブ取引の大きな違いは「レバレッジ」です。

デリバティブ取引では、証拠金を元手に「レバレッジ」をかけて取引ができますが、現物取引は現物を購入して保有する方法です。

そのため、現物取引はローリスクローリターンに対して、デリバティブ取引はハイリスクハイリターンといえます。

BybitのVIPランクの手数料はいくらですか?

Bybit(バイビット)のVIPランクごとの取引手数料体系は以下の通りです。

VIPランク現物取引*無期限・先物取引オプション取引
テイカー手数料率メイカー手数料率テイカー手数料率メイカー手数料率テイカー手数料率メイカー手数料率
一般のお客様0.10%0.10%0.06%0.02%0.02%0.02%
VIP 10.06%0.04%0.04%0.02%0.02%0.02%
VIP 20.05%0.03%0.04%0.02%0.02%0.02%
VIP 30.05%0.02%0.04%0.01%0.02%0.02%
VIP 40.04%0.02%0.03%0.01%0.02%0.02%
VIP 50.04%0.01%0.03%0.01%0.02%0.01%
VVIP0.02%0.01%0.03%0.00%0.02%0.00%
Pro 10.04%0.02%0.03%0.01%0.02%0.02%
Pro 20.04%0.01%0.03%0.01%0.02%0.01%
Pro 30.03%0.01%0.03%0.00%0.02%0.00%
Pro 40.03%0.01%0.03%0.00%0.01%0.00%
Pro 50.02%0.01%0.03%0.00%0.01%0.00%

BybitのUSDTの出金手数料はいくらですか?

Bybit(バイビット)では、通貨によって出金(送金)手数料が異なります。

主要通貨の出金手数料と最低出金額は次の通りです。

通貨出金(送金)手数料最低出金額
BTC0.0002BTC0.001BTC
ETH0.0003ETH0.0003ETH
USDT0.3USDT10USDT
XRP0.25XRP20XRP
EOS0.1EOS0.2EOS

Bybit(バイビット)では、通貨ごとに出金(送金)手数料が一律です。

高額出金をしたとしても、出金(送金)手数料は変わりません。

Bybitのデリバティブにクーポンはありますか?

はい、Bybit(バイビット)ではボーナスの他、クーポンの提供も行っています。

しかし、クーポンは取引手数料の支払いにしか使用できませんので注意が必要です。

Bybitの資金調達アカウントとは?

Bybit(バイビット)の資金調達アカウントとは、法定通貨と仮想通貨などさまざまなサービスを利用するための口座です。

仮想通貨で入出金をする際には、現物アカウントと資金調達アカウントを切り替えることもできます。行うことができます。

デリバティブアカウントの使い方は?

デリバティブアカウントの使い方ですが、Bybit(バイビット)では、現物取引とは別にデリバティブ取引専用の口座が用意されています。

デリバティブアカウントに入金することによって、レバレッジトレーディングが可能です。

Bybitの契約とは?

Bybit(バイビット)には、無期限契約先物契約があります。

Bybit無期限契約には有効期限がないため、トレーダーは希望する限りポジションを保持できます。

しかし、先物契約は事前に決められた決済日があるため、遅くとも特定の期日までに決済する必要があります。

Bybitのデリバティブ取引ボットとは?

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引ボットとは「無期限契約」取引を自動で実行するツールを指します。

レバレッジもかけられることから、効率的に利益を狙うこともできます。

また、3種類のモードが用意されており、状況によって使い分けも可能です。

デリバティブ取引のやり方まとめ

今回はBybit(バイビット)のデリバティブ取引について、概要や使い方を徹底解説しました。

本記事のポイントは以下の通りです。

  • デリバティブ取引とはさまざま金融商品の取引
  • 現物取引との違いはレバレッジがあること
  • デリバティブ取引はハイリスクハイリターン
  • デリバティブ取引には資金調達手数料がかかる

ビットコインFXや仮想通貨CFDなど、デリバティブ取引の人気が高まっています。

特にBybit(バイビット)は、仮想通貨取引に特化しており、初心者から上級者まで満足できるサービスとスペックを兼ね備えているのが特徴です。

本記事を参考に、まずは無料口座を開設してみてはいかがでしょうか。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

  • 結局、仮想通貨FXするならどこの取引所が良いの?
  • 安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「仮想通貨FX・ビットコインFXの海外おすすめ比較ランキング9選【2024年最新版】」をご用意しました。

仮想通貨取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、仮想通貨取引所選びの参考にしてみてください。