ビットコイン1万円チャレンジ!年間利益はいくら?ほったらかしでも儲かる?

1万円チャレンジとは、1万円の証拠金を元手にトレードをはじめ、数十~数百倍の利益獲得を目指す挑戦のことです。

そんな1万円チャレンジはビットコインFXでも行えますが、通貨ペアと比べて最大レバレッジの高さが重要になります。

ビットコイン1万円チャレンジでハイレバレッジが重要な理由
  • 元手1万円でも裁定取引量を満たせる
  • 少額でも短期間の利益獲得が狙える
  • エントリーが難しいビットコインでも、1回の取引で大きな利益が目指せる

そのため、ビットコインの1万円チャレンジでは、最大レバレッジ1,000倍まで利用できる海外FXを利用するのがおすすめです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

口座開設ボーナスを利用できる海外FX業者なら、資金を使わずに1万円チャレンジができますよ。

当記事では実際に海外FXを利用し、ビットコインの1万円チャレンジをしてみた結果をご紹介します。

「ビットコインは少額からでも利益を出せるのか?」「今でも本当に稼げるのか?」といった疑問を解消できると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者

>>ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者詳細を確認する

ビットコイン1万円チャレンジとは?

ビットコイン1万円チャレンジは、大きく以下の2つの方法に分類されます。

ビットコイン1万円チャレンジの種類
  1. ビットコインの現物を1万円分購入し、値上がりした時に売却する投資的な方法
  2. ビットコインの現物は保有せず、1万円の資金の範囲でレバレッジをかけたCFD取引を行う投機的な方法

①の現物取引はビットコインを保管するウォレットを用意する手間や費用がかかるデメリットがあります。

②の現物を保有しないCFD取引(ビットコインFX)はウォレットを用意する手間もかからず、レバレッジをかけて少額から大きな利益を狙うことも可能です。

この記事で主に取り上げるのは短期間で儲けが出やすい2番目の投機的な意味でのビットコイン1万円チャレンジですが、いずれも「1万円の資金の範囲でビットコインを取引し利益を狙う」点では共通しています。

ビットコインでCFD取引(ビットコインFX)を行うメリット、デメリットは以下のとおりです。

ビットコインCFD取引のメリット・デメリット
メリット
  • レバレッジ取引で少額から大きな利益が狙える
  • 売り買い両方で利益が出せる
  • 仮想通貨ウォレットが不要
デメリット
  • 現物取引より大きく損をする可能性がある
  • 長期保有では損失が大きくなる場合も
  • 損失が大きくなると追証が発生する場合も

ビットコイン1万円チャレンジを行う時、取引する銘柄は「BTC/USD」をはじめとしたビットコインと主要な法定通貨とのペアを使うことになります。

こうした銘柄のトレードは「仮想通貨FX(ビットコインFX)」とも呼ばれており、一般的な通貨ペアのFX取引で起こり得るメリットやデメリットが概ね当てはまると考えて良いでしょう。

当然値上がりを狙って買うだけではなく、下落を狙って売りで利益を出すことやレバレッジを効かせて、大きめのポジションを持つことも可能です。

しかし、値動きによってはロスカットにあったり、投資資金を失うリスクもあるので注意しましょう。

また、国内の仮想通貨取引所で取引する場合は、損失が証拠金以上になると「追証」が発生し、損失額を追加で入金する必要があります。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

追証は借金と一緒で、損失額が高額になったとしても全額支払う必要があるのが大きなデメリット・注意点といえるでしょう。

一方で、海外FX業者の場合は追証を業者が負担してくれるゼロカットというシステムがあるため、追証が無い環境でビットコインを取引したいという方は海外FX業者を選びましょう。

>>ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者を確認する

少額のトレードだと儲からない?

「1万円という少額からビットコイン取引しても、儲からないのではないか?」と考える人もいるでしょう。

しかしビットコインのボラティリティは非常に大きく、1日で2万pips程度の変動は珍しくありません。

ビットコインの値幅の感覚はFXとは少し違うので、ビットコインの2万pips=メジャー通貨ペアの200pips程度の値動きと考えて良いでしょう。それでもかなりのボラティリティですよね。

こうしたボラティリティやレバレッジを生かせば、1万円の小額からでも儲けることが可能になります。

どこの仮想通貨取引所を使うべき?

ビットコインを取引できる取引所はたくさんありますが、ビットコイン1万円チャレンジをするならおすすめは海外FX業者です。

以下の理由から、海外FX業者でのビットコイン取引には多くのメリットがあります。

海外FX業者でビットコインFXするメリット
  • 1万円以上の口座開設ボーナスを実施(ボーナスだけならノーリスクでトレード可能)
  • ハイレバレッジで利益を大きく増やしやすい
  • ゼロカットに対応しているため、証拠金以上の損失が発生しない

海外FX業者によっては口座開設だけで1万円以上が貰える口座開設ボーナスを提供している業者もあるので、そうしたキャンペーンを利用すると実際の資金を失うことなく、ビットコイン1万円チャレンジを行えますね。

さらに海外FXのメリットといえば、高いレバレッジとゼロカットがあります。

最大レバレッジが高いとポジションの必要証拠金は少なくできますし、ゼロカットがあれば口座残高以上の損失が発生してもマイナス分はカットされるので、トレーダーに追証はありません。

国内の仮想通貨取引所ではレバレッジは最大2倍固定で、残高以上の損失は追証として追加入金する必要があるので、取引環境としては海外FXの方が断然有利となっています。

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者

>>ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者を確認する

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者3選

ビットコイン1万円チャレンジは、ある程度高いレバレッジでビットコインを取引できる業者の方が大きな利益を狙えます。

さらに、1万円以上の口座開設ボーナスを実施している業者であれば、自己資金を使わずにビットコイン1万円チャレンジが可能です。

まずは、1万円チャレンジがしやすい海外FX業者として、以下の3社を見ていきたいと思います。

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者

ビットコイン1万円チャレンジを成功させるうえで業者選びは非常に重要ですので、

FXGT|レバレッジ1,000倍で仮想通貨取引可能

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者FXGT

BTC/USDの最大レバレッジ 1000倍
口座開設ボーナス 最大20,000円
BTC/USDの平均スプレッド 280pips
土日の取引 可能
ゼロカット対応 可能

FXGT(エフエックスジーティー)は2019年に設立され、セーシェル金融庁の認可を受けてサービスを提供する海外FX業者です。

FXGTは海外FXの中でも仮想通貨取引に力を入れている業者として知られ、ビットコインをはじめとした仮想通貨ペアを最大1000倍のレバレッジで取引できます。

また仮想通貨FXはマイナススワップがかからないスワップフリーを取り入れているため、ビットコインを長期保有した場合でもスワップポイントによる損失を防ぐことが可能です。

そして、FXGTは新規口座開設+本人確認の完了だけで最大20,000円の口座開設ボーナスを獲得できます。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

入金額の数十%分のボーナスが追加される入金ボーナスも、総額100万円以上と海外FXトップクラスの金額となっています。

海外FXトップクラスのボーナスで「より多くの証拠金でビットコイン1万円チャレンジをはじめたい!」という方にはFXGTがおすすめです。

Exness|ビットコインのスプレッドが海外FX業界最狭クラス

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者Exness

BTC/USDの最大レバレッジ 400倍
口座開設ボーナス なし
BTC/USDの平均スプレッド 140pips
土日の取引 可能
ゼロカット対応 可能

Exness(エクスネス)は2008年に設立された、セーシェル金融庁のライセンスを取得する海外FX業者です。

Exnessの特徴は極めて高い取引環境で、ビットコインのスプレッドは海外FX業界トップクラスに狭くなっています。

ビットコイン(BTC/USD)のスプレッド比較
海外FX業者 BTC/USDの
平均スプレッド
Exness 140pips
FXGT 280pips
XMTrading 320pips

ビットコインFXの平均スプレッドはかなり狭く、スキャルピングなどの短期売買に向いているといえるでしょう。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

Exnessはスキャルピングに関する取引制限も一切ないため、スキャルピングでビットコイン取引にチャレンジしたい!という方には最適です。

取引条件の良い業者のスキャルピングでビットコイン1万円チャレンジに挑戦したい方は、ぜひExnessを利用してみましょう。

XMTrading|仮想通貨取引もできる日本人気No.1の海外FX業者

ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者XMTrading

BTC/USDの最大レバレッジ 500倍
口座開設ボーナス 15,000円
BTC/USDの平均スプレッド 320pips
土日の取引 可能
ゼロカット対応 可能

XMTrading(エックスエム)は2009年に設立され、セーシェル金融庁とモーリシャス金融サービス委員会の規制のもとでサービスを提供する海外FX業者です。

「悪質な出金拒否の噂がない」「サポートが充実している」などの理由で信頼性・安全性が高く、XMTradingは日本人気NO.1の海外FX業者となっています。

そんなXMTradingは、KIWAMI極口座ならビットコインがストップレベル0で取引でき、超短期のスキャルピングが可能。

加えて、ビットコインFXの最大レバレッジは500倍でスワップフリーにも対応しており、日を跨ぐ取引でもマイナススワップを気にする必要はありません。

ビットコインはエントリー・決済のタイミングが難しいため、数秒~数日のトレードまで臨機応変に対応できるのはXMTradingならではの利点ですね。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

さらに、XMTradingでは新規口座開設+本人確認の完了だけで15,000円の口座開設ボーナスが受け取れます。

入金ボーナスも総額100万円以上となっており、ボーナスの充実度は非常に高水準。

汎用性の高いXMTradingなら、ボラの激しいビットコインでもチャンスを逃さずにトレードできますよ。

ビットコイン1万円買ってみた!チャレンジの運用結果は?

ここからは実際にビットコインを1万円買ってみて、1万円チャレンジをした結果を紹介していきます。

「ビットコイン1万円チャレンジではいくらくらい稼げるの?」と気になる方は是非運用結果をご覧ください。

>>ビットコイン1万円チャレンジの結果を確認する

それでは取引を始める前におさえておきたいビットコインの損益の計算方法を確認しておきましょう。

ビットコインの計算方法

FXトレードを行う人なら、ビットコインの値動きが桁違いに大きいことに気づくのではないでしょうか。

メジャー通貨ペアのスプレッドは平均して1〜2pips程度なのに対し、BTC/USDのスプレッドは300pips程度が当たり前になっています。

ここで簡単に、BTC/USDの1pipsの損益の計算方法と必要証拠金の計算方法を確認しておきましょう。

ビットコインの1pipsの損益計算方法

ビットコインの1pipsの損益は、以下のように計算します。

ビットコインの損益計算式
契約サイズ × ロット数 × 最小変動桁数 × 決済通貨と円のレート = 1pipsの損益

ビットコインの契約サイズは多くの場合「1」、最小変動桁数は「0.01」なので、ドル円のレートが「130」の場合、最小ロットである0.01ロット取引時の1pipsは以下のように計算できます。

ビットコインの損益計算例
1 × 0.01 × 0.01 × 140 = 0.013円(1pipsの損益)

したがって、スプレッドが300pipsの場合、最小0.01ロットのポジションを持つためのコストは約3.9円と計算できます。pipsの数字は大きいですが、意外と取引しやすいことが分かりますね。

ビットコインの必要証拠金計算方法

ビットコインの必要証拠金は、以下のように計算します。

ビットコインの必要証拠金計算式
契約サイズ×ロット数×市場価格×決済通貨と円のレート÷レバレッジ=必要証拠金

レバレッジ1000倍、BTC/USDのレートを「27,000」、ドル円のレートを「130」として、最小ロットである0.01ロットを取引する際の必要証拠金は、以下のように計算できます。

ビットコインの必要証拠金計算例
1 × 0.01 × 27,000 × 130 ÷ 1,000 = 35円(最小0.01ロットの必要証拠金)

レバレッジが1000倍なら、最小0.01ロットの必要証拠金はわずか35円、1ロットを取引する場合でも必要証拠金は3,510円になります。

こうした計算方法を踏まえた上で、運用結果やシミュレーションを見ていきましょう。

海外FXで一ヵ月運用した結果は?

「ビットコインの1万円チャレンジには海外FXがおすすめ」と前述した通り、ここでは海外FX業者の「FXGT」でBTC/USDを一か月運用した結果をご紹介します。

運用結果を簡単な表にまとめてみましたので、早速見ていきましょう。

一ヵ月の運用結果
ロット数 獲得pips 損益
1回目 0.1ロット +16万pips +2万円
2回目 0.3ロット +3,500pips +1,300円
3回目 0.3ロット +13万pips +5万円

※実施期間:2023年4月

相場環境を待ってトレードしたので回数は少ないですが、1ヶ月で約7万1,300円のプラスになりました。

上記のように、海外FXの高い口座レバレッジを使えば、ビットコインでも少ない必要証拠金で十分に利益を獲得可能だと分かりますね。

しかし値動きの大きさには注意が必要で、損切りまでの値幅から慎重にロット設定をする必要があると強く感じました。

また、BTC/USDはややヒゲも多く値動きは荒い印象ですが、テクニカルが働くところもあるので、そうしたポイントは見逃さずにトレードしたいですね。

以下は、1日目のトレードを行った時の実際のチャートです。

下記チャートのように、ビットコインでもレジスタンスやサポートが綺麗に働く場合もあることがわかります。

ビットコイン1万円チャレンジの運用時チャート

今回の検証に利用した「FXGT」なら、ビットコインでも最大レバレッジ1,000倍で取引できます。

さらに、口座開設ボーナス20,000円を提供しているため、ハイレバ×ボーナスを活かせば少額投資でも十分に利益を狙うことが可能。

ビットコイン1万円チャレンジにはFXGTが圧倒的におすすめなので、ぜひ1度利用してみてください。

一年間運用した場合の利益シミュレーション

先ほどは実際に1ヶ月間ビットコイン1万円チャレンジを行った運用結果を見てみましたが、もし1年間ビットコイン1万円チャレンジを行った場合の利益はどのようになるのでしょうか。

上の1ヶ月運用では、実質的にはかなりのハイレバレッジで取引したこともあり、運よく月間利回り700%超という結果になりました。

ですが、長期的な計画でビットコイン1万円チャレンジを行う場合は、もっと慎重にトレードすべきでしょう。

慎重なポジションサイズ設定とトレードの結果、仮に月利50%になったとして、1年間複利運用した場合は以下のようになります。

1年間ビットコインを運用したい際のシミュレーション
月初の残高(円) 月末の残高(円)
1 10,000 15,000
2 15,000 22,500
3 22,500 33,750
4 33,750 50,625
5 50,625 75,938
6 75,938 113,906
7 113,906 170,859
8 170,859 256,289
9 256,289 384,434
10 384,434 576,650
11 576,650 864,976
12 864,976 1,297,463

ビットコイン1万円チャレンジによって1年後には100万円を超える資金を作れるというシミュレーション結果になりました。

もちろんこれはシミレーションであって、必ずこの通りに資金を増やせるわけではない点はご注意ください。

ビットコインのおすすめ投資方法

ここからは、ビットコイン1万円チャレンジをする際の、おすすめの投資方法をご紹介していきたいと思います。

ビットコインのトレード方法として、以下の方法がおすすめです。

おすすめのビットコイン1万円チャレンジ方法
  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期保有
  • 積立投資

スキャルピング

スキャルピングは、相場にある優位性を短期的に細かく狙っていくトレード方法です。

ポジションの保有時間はとても短く概ね数分程度であることが多いですが、数秒で決済することもあります。

また、トレード回数が多くなりやすいのもスキャルピングの特徴。そのためスキャルピングをする銘柄には、スプレッドが狭く取引コストが小さいことも条件になるでしょう。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

ビットコインのスプレッドは狭いとはいえませんが、値動きの大きさにより大きな利益も期待できます。

スキャルピングは回転が速い分資金効率の良いトレード方法ですが、その代わりに非常に高い技術が要求される方法です。

安定した成績を残す上では、最も難しい方法ともいえますので、まずは取引コストが小さい業者を使うことで、トレードの勝率を少しでも上げましょう。

スキャルピングにおすすめの海外FX業者

デイトレード

デイトレードは、1日(24時間)程度以内に決済までが完結するトレード方法です。

仕事などの兼ね合いで、常に売買に集中する時間は作れないものの、定期的に売買タイミングを作れる人に好まれます。

デイトレードは取り組みやすいトレード方法の1つですが、スキャルピングと同様にテクニカル分析をよく知って、トレードで勝つ技術を体得しなければ、安定して利益を出すことは難しい方法でもあります。

しかし、スキャルピングについで資金効率の良いトレード方法なので、技術を身につけさえすれば、数年程度の短い期間でも大きな資金を生み出せる、夢のある方法といえますね。

デイトレードにおすすめの海外FX業者

スイングトレード

スイングトレードは、数日〜数週間の中長期的なトレンドを狙ってポジションを保有するトレード方法です。

BTC/USDの日足や週足チャートなどを見ると、定期的にトレンド転換とトレンドの発生が確認できるので、そうしたタイミングは狙い目ですね。

スイングトレードはスキャルやデイトレのように細かく売買するのではなく、ポジションを持ったら後はしばらく放置することになります。

細かい値動きのブレに惑わされにくいので、初心者でも比較的勝ちやすいといわれていますね。

今回ご紹介したFXGT、XM、Exnessでは、仮想通貨取引時にスワップポイントが発生しません。したがってスワップによる損失が発生しないので、中期的なトレンドフォローも比較的行いやすいでしょう。

スイングトレードにおすすめの海外FX業者

長期保有

長期保有は、長い場合は年単位でポジションを保有するトレード方法です。

株式や指数など、基本的に上昇傾向で買い手が優位の銘柄であれば、長期保有は優れた投資方法です。

しかしビットコイン(BTC/USDなど)は通貨同士の強弱によってレードが変動するため、必ずしも「ビットコインが強い状態が長期的に続く」わけではありません。

ビットコインが世に出てから2021年ごろまでは順調に上昇してきましたが、それ以降は必ずしも強気相場ではないことからもわかるでしょう。

ビットコインが今後も成長を見せるかは不明であり、長期保有は少し注意した方が良いかもしれませんね。

積立投資

積立投資も長期保有に近い投資方法です。

毎月決めた金額を定期的に買っていくので、資金管理の色合いも加わった方法ですね。

これは「ドルコスト平均法」と呼ばれ、長期的に見たときの平均コストを下げる効果があります。

ただし、長期保有の項目でもご説明した通り、ビットコインが今後も価値を高めていくかどうかは不透明です。

現在はむしろ、投機的な思惑も絡んで価格は乱高下しているため、積立投資の判断は慎重に行うべきでしょう。

ビットコイン1万円チャレンジのコツ・注意点

ビットコイン1万円チャレンジは、大きく資金を増やす可能性のある方法ですが、気をつけなければいけない点もあります。

ここからは、ビットコイン1万円チャレンジを行う際のコツや注意点として、以下の3点を解説したいと思います。

ビットコイン1万円チャレンジのコツ・注意点
  • 短期間に絞ってトレードを行う
  • トレードルールを明確にする
  • 余剰資金でチャレンジする

短期間に絞ってトレードを行う

ビットコインは、2009年に使用が開始されて以降2021年ごろまでは順調な成長を見せてきました。

しかしここ数年は値動きが乱れ、急騰・急落の可能性もあることから、長期的な保有に適した銘柄とは言い難くなっています

そうした点を考慮すると、ビットコイン1万円チャレンジを行う際も、短期的な優位性に注目してトレードを行った方が、結果は出やすいと思われます。

具体的には、デイトレードやスキャルピングがおすすめですが、相場状況によってはスイングトレードも可能でしょう。

トレードルールを明確にする

トレードの基本であり重要な要素が、損切りの設定です。

エントリーする時点で損切り位置が定まっていなければ、適切なロット設定ができないばかりか、もし思惑と逆行した場合、損切りができなければ簡単に資金を失ってしまいます

それと同時に、どうなったら利確するのか、ということも事前にある程度計画を立てておくのも重用。

よく利用されるのは、目標値を定めておく方法や、トレイリングして値動きについていく方法です。

また、MT5では分割して注文を決済することも可能なので、段階的に決済して利確していく方法もありますね。

エントリーするタイミングだけでなく、損切りや利確についても、現在自分自身が行っているトレード手法やルールをよく理解し、それに準拠する方法をしっかりと行っていきましょう。

余剰資金でチャレンジする

投資や投機全般にいえることですが、失っても生活や人生設計に困らない資金で行うことが大事です。

その点、ビットコイン1万円チャレンジは投資資金を1万円に制限する為、資金を失っても生活に悪影響が出づらいメリットがあります。

さらに言えば、海外FXの口座開設ボーナスを使ってのビットコイン1万円チャレンジなら、余剰資金すら使わずにリスクなしでトレードできるメリットがありますね。

また、口座開設ボーナスを獲得した後でも、入金ボーナスを利用すれば資金以上の証拠金でトレードできるほか、資金に対するリスクもケアできます。

なお、ボーナスによってビットコイン1万円チャレンジのような少額トレードを始めるなら、海外FX業者のFXGTがおすすめです。

口座開設ボーナス20,000円+総額100万円以上の入金ボーナスが貰えるので、値動きの大きいビットコインでもロスカットに耐えやすくなりますよ。

>>ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者を確認する

ビットコイン1万円チャレンジの税金計算方法

ビットコイン1万円チャレンジで利益を上げた場合、気になるのは税金ですね。

結論から言うと、ビットコインなど仮想通貨のトレードで獲得した利益にも、税金がかかります

仮想通貨取引の税の分類は「総合課税」、所得区分としては「雑所得」となります。

これは海外FXで得た利益と同じです。
(仮想通貨取引の分類は、海外業者で取引しても、国内業者で取引しても、同じ「総合課税/雑所得」になります)

雑所得の特徴をまとめると、以下のようになります。

雑所得の特徴
  • 損失を翌年へ繰り越すことができない
  • 他の所得とは損益通算できない

仮想通貨取引と海外FXは同じ雑所得なので損益通算は可能ですが、個人トレーダーの場合は翌年への損失繰越はできないので注意しましょう。

続いて、ビットコインの税率と計算方法を見ていきたいと思います。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円〜1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円〜3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円〜6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円〜8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円〜17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円〜39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円〜 45% 4,796,000円

※令和19年までは別途復興特別所得税(原則として基準所得税額の2.1%)がかかります。

例として、給与所得が400万円、海外FXのビットコイン取引による所得が100万円のサラリーマンの場合を見てみましょう。

この場合は、税率は40%、控除額は427,500円が該当するため、以下のように計算できます。

雑所得の計算例
(4,000,000円+1,000,000円)×0.2-427,500円=572,500円

572,500円がその人の納税額になるので、会社であらかじめ差し引いて納めている所得税との差額を納める必要があります。

ただし、人によって適用される控除は異なるため、詳しくは専門家に相談すると良いでしょう。

よくある質問

最後に、ビットコイン1万円チャレンジを行う際のよくある質問をまとめました。

  • ビットコイン1万円チャレンジで本当に稼げる?
  • 1万円だけのチャレンジでいくら稼げる?
  • ビットコイン1万円チャレンジのやり方は?
  • ビットコイン1万円チャレンジでおすすめの手法は?
  • ビットコイン1万円チャレンジでおすすめの銘柄は?
  • ビットコイン1万円チャレンジにウォレットは必要?
  • 1万円買ってほったらかしでも儲かる?

1万円だけのチャレンジで本当に稼ぐことが出来る?

ビットコインの特徴をよく知ってコツや注意点を守れば、ビットコイン1万円チャレンジで稼ぐことは可能です。

ただし、1万円チャレンジにしたからといって、トレードの難易度が下がるわけではありません。油断せず丁寧にトレードすることが重要です。

ビットコイン1万円チャレンジでいくら稼げる?

相場や運用の仕方によっていくら稼げるかは異なりますが、当サイトで運用してみた結果では、1ヶ月で約7万1,300円のプラスとなりました。

>>ビットコイン1万円チャレンジの結果を確認する

ビットコイン1万円チャレンジのやり方は?

ビットコイン1万円チャレンジを行うには、まず海外FX業者を選択することをおすすめします。

海外FX業者であれば、ボーナス、高いレバレッジ、ゼロカットなど、国内業者より良い条件でトレードが可能。

その上で、スキャルピングやデイトレードなどの短期間で終えられるトレード方法がおすすめです。

また、かつては長期的な投資が有効だったビットコインですが、現在は値動きが荒く長期投資する場合は注意しましょう。

>>ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者を確認する

ビットコイン1万円チャレンジでおすすめの手法は?

ビットコインでも、一般的なテクニカル分析でトレード可能と考えられます。

移動平均線を使ったトレンドフォローや、オシレーターを使って反転の予兆を捉える手法もありますね。

最近ではサポートやレジスタンスを重視するライントレードのようなものも流行っていますが、そうしたトレード手法もおすすめです。

ビットコイン1万円チャレンジでおすすめの銘柄は?

ビットコイン1万円チャレンジでおすすめの銘柄は、取引量が多いBTC/USDをはじめとしたビットコインと主要通貨のペアです。

市場での取引量の多さは値動きの安定につながりやすく、ひいてはトレードのしやすさにつながってきます。

さらにビットコインは最もメジャーな仮想通貨なので、情報を得やすいメリットもありますね。

反対に、草コイン(時価総額が低い仮想通貨)は、将来的に価格が上がるかもしれない夢がありますが、安定してトレードする上ではおすすめできません。

ビットコイン1万円チャレンジにウォレットは必要?

海外FXの仮想通貨取引であれば、FX取引などと同様に現物を保有しない差金決済取引になるので、仮想通貨のウォレットは必要ありません。

FXなどを取引するのと同じ日本円建ての口座でビットコイン1万円チャレンジに挑戦できますし、利益の出金も日本円で可能です。

1万円買ってほったらかしでも儲かる?

ビットコインを買ってほったらかしの状態でも儲けることは可能です。

ビットコインも最初は「1ビットコイン = 4万円」程度でしたが、現在は最高で約700万円まで上昇しています。

仮にほったらかしの状態であれば大きな財産を得ていたことになり、ビットコインをほったらかしで保有していることは十分魅力的な投資方法であるといえます。

まとめ

今回は、ビットコイン1万円チャレンジについて、おすすめの取引所やトレード方法、注意点などを詳しく解説してきました。

ビットコインは、FXにはないボラティリティの大きさが魅力で、丁寧にトレードできれば大きく稼ぐことも可能です。

それと同時に、ビットコイン特有の値動きの粗さなどもあるため、そうした点は十分に気をつけたいですね。

また、ビットコイン1万円チャレンジを行う際は、FXGT、XM、Exnessといった海外FXなら、ハイレバレッジや口座開設ボーナスを利用できるためおすすめ。

本記事でご紹介した注意点や計算方法なども参考にしながら、ぜひビットコイン1万円チャレンジに挑戦してみてくださいね。

>>ビットコイン1万円チャレンジにおすすめの海外FX業者を確認する

>>ビットコイン1万円チャレンジの結果を確認する

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。