Exnessの評判・口コミ|各口座タイプのデメリットまで徹底解説

Exness(エクスネス)とは、2008年に設立、セーシェル金融庁のライセンスを所有する海外FX業者です。

レバレッジ無制限を始めとする優れた取引環境を提供している海外FX業者なので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミは次のとおりです。

Exness(エクスネス)の良い評判・メリットの口コミ
  1. レバレッジ無制限・ロスカット水準0%
  2. 仮想通貨もレバレッジ400倍で取引可能
  3. 海外FX他社と比較してスプレッドが狭い
  4. 海外FX他社と比較して通貨ペアが多い
  5. 人気銘柄がスワップフリー
  6. 全銘柄のストップレベルが0に
  7. 取引制限なし!アービトラージ・スキャルピングもOK
  8. ソーシャルトレーディング(コピートレード)が優秀と評判
  9. 条件達成で無料でVPSを使える

Exness(エクスネス)の悪い評判・口コミは次のとおりです。

Exness(エクスネス)の悪い評判・デメリットの口コミ
  1. レバレッジ制限がきつい
  2. クレジットカードに制限がかかる場合がある
  3. 取引時間帯によって1回20ロットの制限あり
  4. ボーナスキャンペーンが少ない
  5. 日本語公式HPは一時非公開に

世界中のFXトレーダーから支持されてきたExness(エクスネス)の取引環境は本物で、日本でも高評価の評判・口コミが増えてきています。

特に最大レバレッジ無制限は、少額取引の強い味方になる事間違いなしでしょう。

ボーナスキャンペーンがない点はマイナス評価ですが、業界最狭水準のスプレッドやスワップフリーの環境など、優秀な取引スペックでボーナス以上の価値をユーザーに還元しています。

口座開設は無料ですので、「優れた環境で取引したい」という方は、ぜひ一度Exnessを利用してみましょう!

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【取引手数料0】
スタンダード口座
最大レバレッジ無制限×手数料0のExness人気No.1口座。
取引条件に一切の制限がなく、使い勝手の良さから初心者にもおすすめ
【Exness最低コスト】
ロースプレッド口座
業界最狭クラスの低スプレッド×手数料$3.5固定の低コスト特化口座。
手数料固定によりハイレバレッジを効かせた大口取引でも取引コストを抑えられる

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

Exness(エクスネス)とは?どんな海外FX業者?

まずはじめにExness(エクスネス)の基本情報や取引スペックをチェックしていきましょう。

Exnessの基本情報・スペック
項目 会社概要
設立 2008年
金融ライセンス セーシェル金融庁(FSA)
運営会社
(日本向けサービス)
E​xness (SC) Ltd
資金管理 分別管理
取引方式 NDD方式
最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
取引単位 1ロット=10万通貨
口座タイプ 5種類
スプレッド
(ドル円)
スタンダード口座:1.1pips
スタンダードセント口座:1.1pips
プロ口座:0.7pips
ゼロ口座:0.0pips
ロースプレッド口座:0.1pips
手数料 ゼロ口座:2ドル~
ロースプレッド口座:3.5ドル固定
スワップポイント
(ドル円)
ロング(買い):0
ショート(売り):-2,590円
ボーナス なし
日本語サポート 完全対応
取引ツール MT4/MT5
Exnessアプリ

Exness(エクスネス)は2008年設立の海外FX業者です。

無制限レバレッジ・ロスカット水準0%でのトレードが可能で、ハイレバトレードに最適の海外FX業者といえます。

また、スキャルピングの取引制限が一切無いことやプロ口座などの上級者向け口座のスプレッドが狭いため、ハイレバスキャルの評判も高い海外FX業者です。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

公式HPは口座開設画面以降は完全日本語化されているので、日本語だけで口座開設・トレード可能です。

Exness(エクスネス)はボーナスこそありませんが無制限レバレッジやロスカット水準0%、低スプレッドでスキャルピングOKなど、ほかの海外FX業者の追随を許さない取引環境でトレードが可能です。

1分もあれば1分もあれば海外FXトップクラスのハイスペック口座でトレードを始められるので、海外FXで本当に稼ぎたい方はExnessで口座開設だけでも済ませておきましょう!

\\無制限レバレッジで取引するなら//

Exness(エクスネス)の良い評判・メリットの口コミ

まずは、Exness(エクスネス)の良い評判・口コミについて見ていきましょう。

良い評判①レバレッジ無制限・ロスカット水準0%で爆益も狙える

Exness(エクスネス)のメリット①レバレッジ無制限

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミ1点目は、レバレッジ無制限・ロスカット水準0%で爆益が狙えるという点です。

Exnessは5つの口座タイプ(スタンダード口座・スタンダードセント口座・ロースプレッド口座・ゼロ口座・プロ口座)すべてで、レバレッジ無制限でFX取引ができます。

主要な海外FX業者と比較してみると、Exnessのスペックがいかに際立っているかが分かります。

海外FX業者のレバレッジとロスカット水準
海外FX業者 最大レバレッジ ロスカット水準
Exness 無制限 0%
XM 1000倍 20%
ThreeTrader 500倍 20%
iFOREX 400倍 0%

仮にExness(エクスネス)で2000倍のレバレッジをかければ、日本でもトップのシェアを誇るXMのレバレッジ1000倍と比べても、必要証拠金が2分の1で済むのです。

つまりExnessなら、少ない資金で他業者と同等規模の取引ができるということですね。

勿論、レバレッジをさらに上げることもでき、元手とは比較にならない規模で取引可能なので、Exnessなら海外FXならではの高い資金効率の取引が楽しめるでしょう。

また、Exnessはロスカット水準0%かつゼロカットに対応しており、これらは無制限レバレッジとのシナジーが非常に高いです。

ハイレバレッジを利用できる一方、取引が不利な方向に進んでも口座残高がマイナスにはならず、大きな利益を追求しながらリスクを最小限に抑えることが出来ます。

Exnessの無制限レバレッジとロスカット水準0%を活用して、ローリスク・ハイリターンのトレードで爆益を狙うのはいかがでしょうか。

\\無制限レバレッジで取引するなら//

レバレッジ無制限の解放条件

Exnessのレバレッジ無制限は口座開設後すぐには使えず、以下の条件を満たすことでレバレッジ無制限が解放されます。

レバレッジ無制限の解放条件
  • リアル口座で最低10回取引する
  • リアル口座で合計5ロット取引をする
  • 有効証拠金999ドル以下

レバレッジ無制限の解放前は、最大レバレッジ2000倍が適用されます。

ただし、Exnessのレバレッジ無制限が適用されるのは最大有効証拠金が999ドルまでで、1000ドル以上は最大レバレッジが1000倍に制限されるのでご注意ください。

関連:Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限を解説!制限・規制や変更方法

良い評判②仮想通貨もレバレッジ400倍で取引可能

Exness(エクスネス)のメリット②仮想通貨のレバレッジが高い

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミ2点目は、ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨FXを最大レバレッジ400倍で取引できることです。

仮想通貨FXの最大レバレッジ
仮想通貨 最大レバレッジ
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
400倍
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
200倍
その他の仮想通貨 20倍

Exnessの仮想通貨FXでは、レバレッジ無制限ではないものの、最大400倍という業界でもかなり高いレバレッジで取引できます。

仮想通貨FXももちろんロスカット水準0%・ゼロカットを採用しているので、証拠金ギリギリまで耐えることができます。

関連:Exness(エクスネス)仮想通貨FX・ビットコインFXを解説!証拠金・スプレッド・レバレッジ

良い評判③海外FX他社と比較してスプレッドが狭い

Exness(エクスネス)のメリット③スプレッドが狭い

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミ3点目は、スプレッドも非常に狭いということです。

当サイトが調査した海外FXスプレッド比較ランキングでは、Exnessのロースプレッド口座のスプレッドが最も狭い結果となりました。

海外FXスプレッド比較ランキング
海外FX業者
(口座タイプ)
3銘柄の
平均スプレッド
USDJPY GBPUSD EURJPY
海外FXスプレッド比較 Exness(エクスネス)ロゴロースプレッド 0.83 0.70 0.80 1.00
海外FXスプレッド比較 XMTrading(エックスエムトレーディング)ロゴKIWAMI極 0.87 0.70 0.70 1.20
海外FXスプレッド比較 MILTON MARKETS(ミルトンマーケッツ)ロゴエリート 1.21 0.99 1.40 1.25
海外FXスプレッド比較 FBS(エフビーエス)ロゴECN 1.314 1.06 1.14 1.74
海外FXスプレッド比較 Tradeview(トレードビュー)ロゴILC 1.35 1.37 1.25 1.44

上記表のとおり、低スプレッドで有名な他業者と比べても、Exnessなら最大二分の一程度のコストで取引可能。

このように、スプレッドの狭いExnessでは、スキャルピングなどの短期トレードでもコストをかなり抑えることができます

さらに、低コストのスキャルピングで無制限レバレッジを活用すれば、短期間に爆益を狙うこともできるでしょう。

なお、通貨ペアにもよりますが、Exnessでは「ロースプレッド口座<ゼロ口座<プロ口座<スタンダード口座・セント口座」の順にスプレッドが狭くなっています。

どの口座タイプも無制限レバレッジは使えますので、「とにかく低スプレッドで取引したい!」という方にはExnessのロースプレッド口座の開設がおすすめです。

\\ハイレバ×低スプでスキャルピング!//

関連:Exness(エクスネス)のスプレッド・取引手数料を口座別に解説!海外FX他社との比較も

良い評判④海外FX他社と比較して通貨ペアが多い

Exness(エクスネス)のメリット④通貨ペアが多い

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミ4点目は、主要な海外FX業者の中で取り扱っているFX通貨ペアの数がトップクラスということです。

海外FX業者の通貨ペア数比較
海外FX業者 FX通貨ペア数
Exness 95
FXPro 71
XM 57
FXGT 54

Exnessなら取引したいFX通貨ペアがないという悩みは無用でしょう。

メジャーFX通貨からマイナーFX通貨まで、様々なトレードスタイルを試すことができます。

良い評判⑤人気銘柄がスワップフリー

Exness(エクスネス)のメリット⑤主要銘柄スワップフリー

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミ5点目は、初期状態で次の銘柄のスワップポイントが0(スワップフリー)ということです。

Exnessのスワップフリー銘柄
  • インデックス全銘柄
  • 株式全銘柄
  • 仮想通貨全銘柄

スワップフリー銘柄を提供している海外FX業者は希少で、中でもExnessは多くの銘柄がスワップフリーとなっています。

スワップポイントによるコストを気にすることなく、長期投資を行えるのも、Exnessの魅力の1つですね

さらにExnessでは、スワップポイントに「スタンダード」と「拡張」の2段階を設定しており、取引量が一定以上になると「拡張」にレベルアップする仕組みです。

「拡張」になると主要FX通貨ペアを含む以下の銘柄もスワップフリーとなります。

拡張スワップフリー対象銘柄
USDJPY EURJPY GBPJPY AUDJPY NZDJPY
EURUSD GBPUSD AUDUSD NZDUSD USDCAD
USDCHF EURGBP EURAUD EURNZD EURCAD
EURCHF GBPNZD GBPCHF AUDNZD AUDCHF
NZDCAD USOIL UKOIL XNGUSD XAUUSD

Exnessのスワップフリー対象銘柄は「スタンダード」でも充実していますが、「拡張」になるとさらに豪華なラインナップになります。

なお、拡張スワップフリーの条件は非公開となっているため、取引を続けて拡張へのレベルアップを待ちましょう。

マイナススワップがネックで長期保有しづらかったポジションも、スワップフリーでマイナスを気にせず保有できる点も、Exness特有のメリットです。

※現在はゴールド(XAUUSD)はスタンダードスワップフリー対象外となったためご注意ください。

関連:Exness(エクスネス)のスワップフリー・スワップポイント一覧!優待条件や計算方法も

良い評判⑥全銘柄のストップレベルが0に

Exness(エクスネス)のメリット⑥全銘柄ストップレベル0

ストップレベルとは?

現在の価格から注文時に最低限離さなければならない価格差のこと。
ストップレベルが広いと、狙った価格で約定できないため、スキャルピングなどで不利となる。

これまでExness(エクスネス)のストップレベルは広いとの評判・口コミが多かったのですが、現在は全銘柄でストップレベルを0に改良しました。

Exness公式サイトでも、ストップレベルが0になっていることが分かります。

Exness(エクスネス)のストップレベル

引用元:Exness(エクスネス)公式サイト|通貨ペア

Exnessでストップレベルゼロが導入された背景や、ストップレベルの制限などは「Exness(エクスネス)のストップレベルがゼロに変更!メリットやおすすめ手法も解説」で詳しくまとめています。

良い評判⑦取引制限なし!アービトラージ・スキャルピングもOK

Exness(エクスネス)のメリット⑦取引制限がない

Exness(エクスネス)の良い評判・口コミ7点目は、他の海外FX業者に比べ取引制限や禁止事項が少ないことです。

Exnessと大手海外FX業者XMで、取引禁止事項を比較してみましょう。

取引内容 Exness XM
複数口座の両建て ×
複数業者の両建て ×
アービトラージ ×
EAスキャルピング
窓埋めトレード ×

このように、Exnessには取引に関する禁止事項がかなり少ないです。そのため、アービトラージなども制約なく取引できると好評価を受けています。

※ただし、ゼロカットを目的とした悪質な両建て取引など、故意にFX業者に損害を与える行為は規約違反となりますのでご注意ください。

なお、Exness以外で複数業者間の両建てを認めている、代表的な海外FX業者としては下記が挙げられます。

  • AXIORY:低スプ&信託保全でスペックも安全性も抜群
  • TitanFX:口座残高によるレバレッジ制限なしで、常に最大レバレッジ1000倍が利用可能な業者

Exnessとあわせて上記の海外FX業者を併用すれば、複数業者間の両建てでリスクを最小限に抑えることができます。

既にAXIORYやTitanFXの口座を保有している方は、この機会にExnessでも口座を開設して、両建てトレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連:Exness(エクスネス)で両建ては可能?禁止取引や証拠金についてまとめ

良い評判⑧ソーシャルトレーディング(コピートレード)が優秀

Exness(エクスネス)のメリット⑧コピートレードができる

Exness(エクスネス)良い評判・口コミ8点目は、コピートレードができることです。

Exnessのソーシャルトレードというサービスが提供されており、誰でもプロトレーダーの取引内容をトレースすることができます。

上級トレーダーの取引内容がそのままコピーできるので、利用場面さえ的確に選択すれば、FX初心者でも安定的に利益を出すことができると評判です。

ExnessのコピートレードでFX取引をするには「Social Trading」というアプリが必要なので、利用する方はダウンロードしておきましょう。

良い評判⑧条件達成で無料でVPSを使える

VPSとは、インターネットさえあれば24時間いつでもどこでもMT4・MT5を稼働させることができる仮想サーバーのことです。

VPSのメリット
  • 自宅PCよりも性能の高い環境で精密な取引ができる
  • MT4・MT5を24時間稼働させることができる
  • スキャルピングに最適なタイミングを逃さない

通常は有料でレンタルが必要なVPSですが、Exness(エクスネス)ではなんと条件を達成することでVPSを無料で利用できます。

以下の条件を満たすことで無料でVPSを利用してFX取引ができます。

  • アカウント全体で口座残高がUSD 1,000以上
  • 直近30日の取引量が合計USD 500,000(または他通貨で相当額)

Exnessの無料VPSのスペックや申請方法の詳細は、「 Exness(エクスネス)のVPSを無料で使う条件とは?申請方法や評判も含めて解説」をご覧ください。

Exness(エクスネス)の悪い評判・デメリットの口コミ

Exness(エクスネス)の悪い評判・デメリットの口コミは、次のとおりです。

悪い評判①レバレッジ制限がきつい

Exness(エクスネス)のデメリット①口座残高によるレバレッジ制限

Exness(エクスネス)の悪い評判・口コミ1点目は、レバレッジ制限が比較的厳しいということです。

有効証拠金によるレバレッジ制限
有効証拠金 レバレッジ制限
~$999 無制限
~$4999 2000倍
~$29999 1000倍
$30000~ 500倍

つまり、レバレッジ無制限で取引できるのは実質約14万円までということになります。(1ドル140円の場合)

それでもXMの1000倍やThreeTraderの500倍と比べればまだまだハイレバレッジですが、レバレッジ無制限を目当てにExnessを選ぶ方からの評判は悪くなるでしょう。

また、Exnessでは経済指標発表時や急激な為替変動が予測されるタイミングでレバレッジを制限する可能性があります。

関連:Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限を解説!規制ルールや変更方法

悪い評判②VISA等のクレジットカードに制限がかかる場合も

Exness(エクスネス)のデメリット②クレジットカードに制限がかかる場合も

Exness(エクスネス)の悪い評判・口コミ2点目は、入金・出金に利用できるクレジットカードブランドに制限がかかる場合があることです。

Exnessは長らくJCBしかクレジットカードが使えない状態が続いていましたが、2024年4月時点ではJCBに加えてMastercard、VISAで入金・出金できる状態に復帰しています。

Exnessに限らず海外FXにおけるクレジットカード入金・出金は日本国内での規制が年々厳しくなっており、対応しているカードブランドであっても「入金できない」「入金が弾かれる」といったケースがあるようです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

Exness(エクスネス)で確実に入金するには、bitwalletや銀行送金がおすすめです。

なお、Exnessのクレジットカード入出金は、以下の条件を満たす必要があります。

クレジットカード入出金の利用条件
  • 本人確認がすべて完了している
  • 出金時は、入金時に使用したカードに入金額までしか出金できない

入出金時のトラブルを防ぐためにも、Exnessの入金・出金はクレジットカード以外の方法がおすすめです。

悪い評判③取引時間帯によって1回20ロットの制限あり

Exness(エクスネス)のデメリット③時間帯によるロット制限

Exness(エクスネス)の悪い評判・口コミ3点目は、取引時間帯によってはロット制限があることです。

Exnessでは、日本時間06:00~15:59の間に1回の注文の最大ロット数が20ロットに制限されます。

そのため、1度に大きな取引量を扱いたい方からは低評価・悪い評判を受けてしまいます。

ただこちらは1回のエントリーの対する制限なので、Exnessでのエントリーを複数回に分ければ20ロット以上も保持可能です。

時間帯によるロット制限
時間帯 最大ロット数
7:00~20:59 GMT+0
日本時間 16:00~5:59
200ロット
21:00~6:59 GMT+0
日本時間 6:00~15:59
20ロット

関連:Exness(エクスネス)の最大ロット数・最大ポジション数まとめ!制限も解説

悪い評判④ボーナスキャンペーンが少ない

Exness(エクスネス)のデメリット④ボーナスキャンペーンが少ない

Exness(エクスネス)の悪い評判・口コミ4点目は、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンが一切開催されないことです。

ボーナスキャンペーンを使って海外FX業者で取引したいトレーダーにとっては、Exnessは評価が低くなってしまいますね。

Exnessにはボーナスキャンペーンがありませんが、一定の入金額や取引量を達成することで、様々な特典がもらえるプレミアプログラムに加入することができます。
Exnessプレミアプログラムについてはこちら

ボーナスが豪華な海外FX業者を知りたい方は「海外FXの口座開設ボーナス(未入金・ウェルカムキャンペーン)|おすすめ業者を徹底比較【最新版】」の記事を参考にしてください。

悪い評判⑤日本語公式HPは一時非公開に

Exness(エクスネス)のデメリット⑤日本語公式HPは一時非公開に

Exness(エクスネス)の悪い評判・口コミ5点目は、日本語公式HPが一時非公開とされている点です。

以前はExnessの日本語公式HPが公開されていましたが、2024年4月時点では非公開の状態となっています。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

非公開の理由について、ネット上の噂・評判では「金融庁からの圧力が原因」という口コミもありますが真相は不明です。

2024年4月時点では利用に影響ありませんが「日本から撤退してしまうのではないか?」と少し不安になってしまいますよね。

とはいえ、以下のURLからはExness日本語公式HPには引き続きアクセス可能で、ログイン後のマイページも日本語対応済のままなので過度な心配は不要でしょう。

>>Exness(エクスネス)の日本語公式HPにアクセスする

Exness(エクスネス)の安全性・信頼性に関する評判

ここでは、Exness(エクスネス)の海外FX業者としての安全性・信頼性を、5つの観点から見ていきましょう。

Exness(エクスネス)の安全性・信頼性

Exness(エクスネス)とは?会社情報と運営歴

Exness(エクスネス)とは、2008年に設立された海外FX業者です。

最大レバレッジ無制限や低スプレッドを特徴とし、高い取引環境を求めるFXトレーダーに人気があります。

Exness(エクスネス)の会社情報は、次のとおりです。

Exness(エクスネス)の会社情報
設立 2008年
金融ライセンス セーシェル金融庁(FSA)ライセンス番号:SD025
運営会社 Exness (SC) Ltd.
登録住所 9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles

参照:Exness公式サイト

大手海外FX業者のXMTtradingが2009年の設立なので、Exnessもそれに匹敵する老舗企業ということになります。

セーシェル金融ライセンスを取得

Exness(エクスネス)の日本人向けアカウントを運営するExness (SC) Ltdは、セーシェル金融庁の金融ライセンス(FSA)を取得しています。

FSA公式サイトにも、Exness (SC) Ltdの名前が記載されています。

Exnessの金融ライセンス(FSA)

引用元:セーシェル金融庁ラインセンス

さらに、Exnessはグループ全体では8つの金融機関等でライセンスを取得しています。

取得国 ライセンス番号
セイシェル共和国金融庁(FSA) SD025
キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行(CBCS) 0003LSI
英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC) 2032226
モーリシャス金融サービス委員会(FSC) 176967
南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA) 51024
キプロス証券取引委員会(CySEC) 178/12
英国金融行動監視機構(FCA) 730729
ケニア資本市場庁(CMA) 162

引用元:Exness公式サイト|監督機関

金融ライセンスの面からは、Exness(エクスネス)の安全性は非常に高いと言えるでしょう。

Exness(エクスネス)の資金管理方法は分別管理

Exness(エクスネス)は顧客資金の管理方法として、分別管理を採用しています。

お客様の資金を分別管理:お客様の資金は弊社の資金とは分けて保管されているため、弊社に変更が生じた場合でも、お客様の資金に影響することはありません。 また、弊社の自己資本比率が、常に分別管理するお客様の資金の比率を上回るようにしています。

引用元:Exness(エクスネス)公式ヘルプセンター

分別管理は、信託保全と比較すると安全性の低い資金管理方法となります。

信託保全 顧客資金は資金保証義務のある信託銀行で管理される
分別管理 顧客資金とFX業者の資金は別の場所で保管される

信託保全を重視する方には、この点はデメリットと言えます。

ただし、Exness(エクスネス)は監査法人であるDeloitte Touche Tohmatsu(DTT)と提携しており、公式サイトから財務状況を簡単に閲覧することができます。

Exness(エクスネス)公式サイト財務状況

引用元:Exness(エクスネス)公式サイト

このことからExness(エクスネスは)、情報の透明化にはかなり力を入れているといるでしょう。

悪質な出金拒否の評判・経歴はなし

Exness(エクスネス)では、出金拒否の評判・口コミは報告されていません。

運営実績や金融ライセンスの信頼性から考えても、Exnessで今後出金拒否が起こるリスクは低いでしょう。

Exnessでの出金拒否・出金遅延の発生は、出金時の手順ミスなどが原因のことがほとんどです。

Exnessの出金拒否・出金遅延の原因
  • 本人確認書類が未提出
  • 各出金方法の最低出金額に達していない
  • 入金額までは入金時と同じ出金方法を指定する必要がある

また、Exnessでは「自己IB」や「サーバーエラーを狙った取引」が禁止されています。禁止行為に牴触すると出金拒否や口座凍結などのペナルティを受ける可能性があるので、事前に取引規約をよくご確認ください。

Exnessの出金拒否に関する噂の真相や原因、対処法については「Exness(エクスネス)は出金拒否する業者?噂の真相や出金できない原因、対処法を解説」をご覧ください。

海外FX口コミサイトFPAの評価は3.06

海外FX業者の安全性・信頼性をチェックする際には、海外FX大手口コミ掲示板であるFPA(Forex Peace Army)における評判が参考になります。

2024年4月現在のFPAにおけるExness(エクスネス)の評価は、3.06です。(最高5.000)

FPAのExness(エクスネス)評判・口コミ

引用元:FPA|Exness(エクスネス)レビュー

参考までに、日本で安全性が高い海外FX業者とされているXMTradingが3.06、AXIORYが3.28なので、Exnessの評価は決して低くはありません。

FPA内の口コミについても、海外FX業者としては珍しくExness公式が回答しており、顧客対応の面でも好感が持てます。

また当サイト実施のアンケートでは、無制限レバレッジ利用時の資金効率の高さを評価するExnessの評判・口コミがありました。

利用者の評判・口コミ
マサチカさん(40代・男性)
FX歴:5年、投資額:50万、取引時間:22時~、取引通貨ペア:USD/JPY・ゴールド
★★★★★5
無制限レバレッジで取引できる点がExnessを使っている理由です。少ない証拠金でも大きなロットで取引できるため、少額から一気に利益を伸ばすのに向いた海外FX業者だと思います。スプレッドが狭くスキャルピングにも向いているのでスキャルピングができるブローカーを探している人にもおすすめです。


カズヤさん(30代・男性)
FX歴:2年、投資額:10万、取引時間:7時~、取引通貨ペア:USD/JPY
★★★★★5
金融ライセンスを複数持っていて、なおかつ無制限レバレッジでスキャルピングできるスペックの高さからExnessを使ってます。ボーナスキャンペーンが無いため入金はいくらか必要ですが、自分のお金を使っている分真剣にトレードできると思います。


ナオキさん(20代・男性)
FX歴:1年、投資額:5万、取引時間:19時~、取引通貨ペア:EUR/USD
★★★★☆4
無制限レバレッジで取引できてロスカット水準も0%なので、かなり夢のある取引環境だと思います。自分も1万円からコツコツ利益を積み上げてます。Twitterでは実際に爆益をあげて高額出金している人もいるので、自分もそれに続きたいです。


口コミ・評判引用元:304人のFXトレーダーに調査|海外FX業者選び・利用状況に関するアンケート

Exness(エクスネス)ボーナスキャンペーン

高いトレードスペックが評判のExness(エクスネス)ですが、実は口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンは一切開催していません。

その点について、深掘りしてみましょう。

口座開設ボーナス・入金ボーナスともになし

海外FXでメジャーなボーナスには、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどがあります。

海外FXの主なボーナスキャンペーン
口座開設ボーナス 新規口座開設者を対象に数千円~数万円のトレード用ボーナスがもらえる
入金ボーナス 入金額に応じて特定の割合のボーナスが還元される
キャッシュバック 取引額に応じてポイントやキャッシュバックボーナスが付く

しかし、Exness(エクスネス)ではいずれのボーナスキャンペーンの開催もありません。

Exnessはボーナスよりも、高い取引環境によって顧客への還元を行っていることがその理由です。

プレミアムプログラムではボーナス以上の特典も

Exness(エクスネス)にはボーナスキャンペーンはありませんが、「累計入金額と4半期ごとの取引量総計」の条件を満たすことで、プレミアプログラムという各種特典を受けることができます。

Exnessプレミアプログラムの主な特典
  • Exness専属トレーダーによる相場分析レポートの購読
  • 高級車など超豪華賞品が当たる特別プロモーションへの参加
  • Exness経営陣との対談

Exnessプレミアプログラムに参加するための必要な条件や会員グレードの詳細は、以下をクリックしてください。

会員ランク プリファード
(PREFERRED)
エリート
(ELITE)
シグネチャー
(SIGNATURE)
累計入金総額 20,000ドル
(約200万円)
50,000ドル
(約500万円)
100,000ドル
(約1,000万円)
4半期ごとの取引量 5,000万ドル
(約50億円)
1億ドル
(約100億円)
2億ドル
(約200億円)
会員限定学習コンテンツ
Exness専属トレーダーによる相場分析レポート
特別プロモーション
優先お客様サポート
Exnessの専属アカウントマネージャーとの対談 ×
Exness経営陣との対談 × ×
年次プレミアイベントへの招待 × ×
海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

プレミアプログラムの内容は非常に豪華ですが、何はともあれExnessでの口座開設をしなくては始まりません!

プレミア会員になる前でも、レバレッジ無制限や超低スプレッドなどの恩恵はもちろん受けられるので、まずはこちらのボタンからExnessのスペックをお試しください。

関連:Exnessプレミアとは?ランクごとの特典や達成・参加方法を解説

Exness(エクスネス)の始め方

Exness(エクスネス)におけるFX取引の始め方について解説します。

Exness(エクスネス)の始め方

Exness(エクスネス)の口座開設方法・登録手順

Exness(エクスネス)の新規口座開設方法は、次のとおりです。

  1. Exness口座開設フォームを開く
  2. メールアドレスやパスワードを登録
  3. Exnessマイページにログインし口座タイプを選択する
  4. 本人確認書類を提出し、口座を有効化する

①Exness口座開設フォームを開く

まずはExness公式サイトへアクセスしてください。右側に新規口座開設欄が出てくるので、口座情報を入力します。

exness

②メールアドレスやパスワードを登録

以下の項目を入力します。

必要事項を入力する
必要事項を入力する
  1. 居住国を選択
  2. メールアドレスを入力(フリーメール可)
  3. 好きなパスワードを入力
  4. 「米国市民ではない」にチェックを入れる
  5. 「続行」をクリック

すべて入力できたら、最後に「続行」をクリックすればアカウント登録は完了です。

③Exnessマイページにログインし口座タイプを選択

続いて、FX取引を行うためのリアル口座開設を行います。

Exness(エクスネス)マイページにログインし、欄の右上の「新規口座開設」をタップ/クリックします。

Exnessの口座開設

Exness(エクスネス)で現在口座開設できるのは、次の5つの口座タイプです。

Exness(エクスネス)の口座タイプ
  • スタンダード口座:基本口座
  • スタンダードセント口座:少額投資用の口座
  • ゼロ口座:主要通貨ペアが固定0pips
  • ロースプレッド口座:ゼロ口座より幅広い銘柄で取引可能
  • プロ口座:即時約定・低スプレッドでスキャルピング向け

Exnessの口座開設が初めての方は、取引手数料無料のスタンダード口座がおすすめです。

とにかく低スプレッドでFX取引したい方には、ロースプレッド口座がおすすめです。

口座タイプの違いを知りたい方は「Exnessの口座タイプ」の見出しへ

口座タイプを選択して口座開設をクリックすれば、登録は完了です。

FX取引自体は口座開設だけで開始できますが、Exenssでは本人確認前の口座の場合入金制限(上限2,000ドル)が設定されています。

続いては、本人確認と口座有効化の手順を解説します。

④本人確認書類の提出

Exnessマイページ上部の「プロフィールの確認」をタップ/クリックします。

本人確認には、

  • プロフィールの入力
  • 本人確認書類の提出
  • 居住確認書類の提出

が必要です。

プロフィール入力例
職業/業種 会計,事務,マーケティング,製造,不動産等
雇用状況 就業中,自営業,パート,アルバイト等
取引経験 1年未満,1年以上,2年以上,4年以上
口座開設の理由 投資,ヘッジ,投機
年収 20万USD超,$100,000-$200,000,,,
財産総額 20万USD超,$100,000-$200,000,,,
収入・財産の出所 預金,雇用収益,家賃収入,年金,相続

 

本人確認書類
  • パスポート
  • 国民IDカード(マイナンバーカード)
  • 運転免許証
  • 永住許可証

いずれか1点を提出

住所証明書類
  • 金融機関預金残高確認書
  • 公共料金の領収書
  • インターネット/ケーブルテレビ/電話料金の領収書のうちいずれか一点
  • 納税確認書
  • 住民税納付確認書
  • お客様ご本人宛に政府・自治体により発行された書類

いずれか1点を提出

すべて提出できたら、Exness(エクスネス)での本人確認・口座有効化は完了です。

Exnessの口座開設方法はこちらでも詳しく解説しています。

関連:Exness(エクスネス)の口座開設方法・有効化手順まとめ

取引ツール(MT4/MT5/ウェブターミナル)のダウンロード・ログイン

Exness(エクスネス)では、取引ツールをMT4、MT5、ウェブターミナルの3種類から選ぶことができます。

取引ツールの違いは次のとおりです。

MT4 MT5 ウェブターミナル
裁量トレード
EA
ダウンロード 必要 必要 不要

MT4やMT5は他の海外FX業者でも採用されているメジャーな取引ツールです。

MT4はEAやカスタムインジケーターの数に優れており、裁量取引だけでなく自動売買(EA)にもおすすめです。

MT5はMT4の後継機で高速・サクサク動くため、裁量トレーダーに特におすすめです。

ExnessのMT4の使い方・ログイン方法はこちら
関連:Exness(エクスネス)MT4のダウンロードから使い方・設定方法まで完全解説!

ExnessのMT5の使い方・ログイン方法はこちら
関連:Exness(エクスネス)MT5のダウンロードから取引方法までを画像付きで解説!

ウェブターミナルは、Exnessの独自取引ツールです。

アプリをPCやスマホにダウンロードしなくても、インターネットでExnessの会員ページにログインするだけですぐに取引が行えます。

関連:Exness(エクスネス)トレードアプリ・ウェブターミナルの機能や使い方、ログイン・取引方法を紹介!

Exness(エクスネス)の入金方法と最低入金額・手数料

Exness(エクスネス)の入金方法・最低入金額は以下のとおりです。

Exnessの入金方法
入金方法 最低入金額 反映時間
国内銀行送金 $10 24時間
クレジットカード $10 即時
bitwallet $10 即時
STICPAY $10 即時
BinancePay $10 即時
PerfectMoney $50 即時
TigerPay $10 即時
bitcoin(ビットコイン) $10 24時間
USDTether(テザー) $10 24時間
USDCoin(コイン) $10 24時間

Exnessの入金手数料は、いずれの入金方法でも無料です。

ただし、銀行振込手数料や仮想通貨送金手数料など、各金融機関でかかる手数料は自己負担です。

最低入金額は基本的に10ドル(約1,400円)ですが、PerfectMoneyのみ最低入金額が50ドル(約7,500円)となっているので注意しましょう。

あわせて、Exnessの出金方法も確認しておきましょう。

Exness(エクスネス)の出金方法と手数料

Exness(エクスネス)の出金方法・出金手数料は以下のとおりです。

Exnessの出金方法
出金方法 最低出金額 反映時間
国内銀行送金 $250 30分~3営業日
bitwallet $1 即時
STICPAY $1 即時
BinancePay $1 即時
PerfectMoney $2 即時
TigerPay $1 即時
bitcoin(ビットコイン) $10 即時
USDTether(テザー) $100 24時間
USDCoin(コイン) $100 24時間

Exnessの出金手数料は、いずれの出金方法でも無料です。

入金方法と同様、銀行振込手数料や仮想通貨送金手数料などの各金融機関からの出金にかかる手数料は自己負担です。

なお、Exnessでおすすめの出金方法は「国内銀行送金」です。

国内銀行送金による出金の特徴
  • 最低出金額が250ドル(約36,000円)と低額
  • 入出金手段として安定しており、入金・出金トラブルが起きにくい
  • 出金反映時間は30分~3営業日

Exnessの出金方法や出金の評判を知りたい方は、以下の記事もご参考くださいませ。

関連:Exness(エクスネス)の出金方法・資金移動|拒否された時の対処法や注意点を解説

Exness(エクスネス)トレードアプリ

Exness(エクスネス)トレードアプリ

引用元:Exness公式サイト|トレードアプリ

2023年11月28日追記
現在AppStore(iOS)でExnessトレードアプリのダウンロードができない状態となっています。再開時期は未定です。
なお、GooglePlay(Android)では引き続きExnessトレードアプリのダウンロード可能です。

Exnessでは、スマホで利用できる専用のトレードアプリが用意されています。

アプリ内ではMT5におけるFX取引に加え、アプリ内での入金・出金や、24時間対応のカスタマーサポートなどが利用できます。

Android、iosともに対応しているので、お使いの端末に合わせたアプリをダウンロードしてみてください。

なお、ExnessのトレードアプリはMT5のみで、MT4には対応していません。

MT4を利用したい方は、MT4モバイルアプリの方をご利用ください。

Exness(エクスネス)の口座タイプ一覧

続いては、Exness(エクスネス)の口座タイプと特徴を解説します。

Exnessでは、口座タイプが全部で5種類存在します。

Exness(エクスネス)の口座タイプ
  • スタンダード口座:基本口座
  • スタンダードセント口座:少額投資口座
  • ロースプレッド口座:取引手数料がかかるが低スプレッドの口座
  • ゼロ口座:主要通貨ペアが最小0pipsの口座
  • プロ口座:即時約定の低スプレッド口座

Exnessでの口座開設が初めての方には、「スタンダード口座」がおすすめです。

取引コストが安い口座をお求めの方には、「ロースプレッド口座」がおすすめです。

Exnessの各口座の特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

関連:Exness(エクスネス)の口座タイプのおすすめは?特徴や選び方、変更方法についても

スタンダード口座

約定方式 成行約定
1ロット通貨単位 10万通貨
取引銘柄 FX、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス
最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
取引手数料 無料
スプレッド 0.3pips~
最大ロット 200
ポジション制限 無制限
取引ツール MT4,MT5
最低入金額 15ドル

スタンダード口座は、Exnessの基本口座に当たります。

Exnessの基本的なスペックはすべてそろっているため、初めての口座開設であればまずはこの口座タイプから試してみましょう。

スプレッドは海外FXの基本口座としては狭い部類で、取引手数料は無料です。

Exnessスタンダード口座の特徴
  • レバレッジ無制限・ロスカット水準0%
  • 豊富な取引銘柄
  • 最小0.3pips~とスプレッドが狭い

スタンダードセント口座

約定方式 成行約定
1ロット通貨単位 1000通貨
取引銘柄 FX、貴金属
最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
取引手数料 無料
スプレッド 0.3pips~
最大ロット 200
ポジション制限 1000
取引ツール MT4
最低入金額 15ドル

Exnessスタンダードセント口座は、1ロット=1000ロットと取引規模が小さい少額投資向けの口座タイプです。

取引ツールはMT4のみでスタンダード口座よりも通貨ペアが少ないなど、一部取引に制限があります。

あくまで初心者向けの口座タイプで、慣れたらExnessスタンダード口座やロースプレッド口座への移行がおすすめです。

スプレッドはExnessスタンダード口座と同様です。

Exnessスタンダードセント口座の特徴
  • 1ロット=1000通貨で少額投資向け
  • MT5は利用できない
  • 仮想通貨や株式は取引できない

ロースプレッド口座

約定方式 成行約定
取引銘柄 FX、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス
最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
取引手数料 片道0.2ドル~
スプレッド 0pips~
最大ロット 200
ポジション制限 無制限
取引ツール MT4,MT5
最低入金額 1,000ドル

Exnessロースプレッド口座では、ゼロ口座よりも幅広い銘柄を低スプレッドで取引することができます。

取引手数料はほとんどの銘柄で片道3.5ドルとなっており、手数料を逐一確認する必要はありません。

Exnessロースプレッド口座の特徴
  • 様々な銘柄を取引したい方
  • スキャルピングなど短期トレーダー
  • 手数料の計算が面倒な方

ゼロ口座

約定方式 成行約定
取引銘柄 FX、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス
最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
取引手数料 片道3.5ドル
スプレッド 0pips~
最大ロット 200
ポジション制限 無制限
取引ツール MT4,MT5
最低入金額 1,000ドル

Exnessゼロ口座では、指定の銘柄のスプレッドが1日の95%の時間において0pipsの超低スプレッドとなります。

取引手数料は通貨ペアによって異なり、マイナー通貨ペアの場合はロースプレッド口座よりも高い場合があるので注意が必要です。

Exnessゼロ口座がおすすめな人
  • 主要通貨ペアをメインに取引する
  • とにかく取引コストを抑えたい

プロ口座

約定方式 成行約定
取引銘柄 FX、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス
最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
取引手数料 無料
スプレッド 0.1pips~
最大ロット 200
ポジション制限 無制限
取引ツール MT4,MT5
最低入金額 1,000ドル

Exnessプロ口座は、0.1pips~の低スプレッドかつ取引手数料無料の口座タイプです。

プロ口座はExnessの口座タイプの中で唯一「即時約定」を採用しています。

即時約定はリクオートが発生する代わりにスリッページが発生しないという特徴があるので、とにかくスリッページしたくないという方はExnessプロ口座もおすすめです。

Exnessプロ口座がおすすめな人
  • 取引コストを抑えて取引したい人
  • 即時約定の環境でFX取引したい

デモ口座

Exness(エクスネス)では、デモ口座の開設も可能です。

デモ口座では仮想資金USD 10,000が付与され、実際のFX取引と同様に取引プラットフォームやスプレッドなどのスペックを試すことができます。

Exnessデモ口座の開設方法は、次のとおりです。

デモ口座の開設方法
  1. Exnessパーソナルエリアにログイン
  2. マイアカウントの「デモ」のタブをクリック
  3. 口座タイプを選択し、レバレッジや残高などを設定
  4. 口座開設をクリック

ここまでのExness(エクスネス)の評判・口コミを見て気になった方は、まずはデモ口座でトレードしてみるのもおすすめです。

評判・口コミに関するよくある質問

最後に、Exness(エクスネス)の評判・口コミに関するよくある質問にお答えしていきます。

Exness(エクスネス)の所在地はどこですか?

Exnessの日本人向けアカウントの運営会社はE​xness (SC) Ltdで、所在地は「9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles」です。

デモ口座開設はできますか?

Exness(エクスネス)ではデモ口座の開設が可能です。

デモ口座では、スタンダードセント口座以外のすべての口座タイプのスペックを試すことができるのが良い評判を集めています。

関連:Exness(エクスネス)デモ口座開設方法・作成手順とMT4/MT5ログイン方法を解説!

法人口座開設はできますか?

Exness(エクスネス)では法人口座の開設が可能です。

法人口座を開設するには、以下の条件を満たしてプレミアプログラムに加入する必要があります。

  • 累計入金額2万ドル以上
  • 4半期(3ヶ月ごと)の累計取引量5000万ドル以上

関連:Exness(エクスネス)で法人口座を開設する方法!必要書類・条件を解説

Exness(エクスネス)のFX取引は確定申告が必要ですか?

Exness(エクスネス)をはじめとした海外FX業者では、FXによる利益が一定額を超えた場合に確定申告が必要です。

会社勤めなど給与所得がある方は、給与以外の利益が年間20万円以上超えると確定申告が必要です。

個人事業主など非給与所得者では、利益が年間38万円以上の利益があると確定申告が必要です。

関連:海外FX確定申告の書き方・やり方と必要書類を解説

Exness(エクスネス)にはFX取引の禁止事項はありますか?

Exness(エクスネス)では、FX取引に関する禁止事項はほとんどありません。

スキャルピングEAや複数業者・複数口座間での両建て、指標トレードなども可能です。

ただし、システムエラーなどを悪用したFX取引は禁止されています。

関連:Exness(エクスネス)はスキャルピングOK!禁止事項や向いている口座タイプもまとめ

Exness(エクスネス)の約定方式は?

Exness(エクスネス)は口座タイプごとに約定方式が異なります。

スタンダード口座・ロースプレッド口座・ゼロ口座は成行約定方式。
プロ口座は即時約定方式を採用しています。

なお、成行約定はリクオートなしで、チャンスを逃したくない方、
即時約定はスリッページをなくして、取引コストを抑えたい方向けと言えます。

日本語だけでもトレードできますか?

Exness(エクスネス)は日本語対応しています。

マイページや取引ツールはすべて日本語対応していますので英語ができない方でも利用可能です。

2024年4月時点で日本語公式HPが非公開となっています。

以下のURLからは引き続き日本語公式HPへアクセス可能です。

>>Exness(エクスネス)の日本語公式HPにアクセスする

XMとExness(エクスネス)はどちらがおすすめ?

海外FX大手のXMとExness(エクスネス)は、それぞれ次の特徴があります。

XMTrading ボーナスが豪華
信託保全あり
レバレッジ1000倍
スプレッドが広い
Exness
(エクスネス)
ボーナスはなし
分別管理のみ
レバレッジ無制限
スプレッドはかなり狭い

XMTradingはバランスの取れた海外FX業者のため、海外FX初心者の方や長期トレードにおすすめです。

Exness(エクスネス)はレバレッジ無制限や低スプレッドなど玄人向けのスペックで、スキャルピングトレーダーやとにかく高いレバレッジで取引したい方におすすめです。

Exness(エクスネス)ではゼロカットはありますか?

Exness(エクスネス)では、ゼロカットが採用されています。

ハイレバレッジで取引しても、ゼロカットによって自己資金以上の損失が発生するリスクがないため、安心してお取引いただけます。

Exnessのゼロカットルールについては「Exness(エクスネス)はゼロカットに対応!タイミングや条件を解説」を参考にしてください。

あわせて読みたい

Exness(エクスネス)はゼロカットに対応しています。Exnessでロスカットが間に合わないときにはゼロカットが執行され、マイナス残高はゼロにリセットされます。Exnessのゼロカットのタイミングや条件・トレード手法・注意点を解説しているのでぜひご活用ください。

億を達成したトレーダーはいる?

SNSでは、Exness(エクスネス)の21億倍レバレッジを使って億の利益を達成したトレーダーの口コミが確認できます。

億を目指すトレード手法については、こちらで解説しています。

関連:Exness(エクスネス)で億り人は本当?達成したトレーダーや取引方法を紹介

Exness(エクスネス)の評判・口コミ・評価まとめ

今回は、海外FX業者Exness(エクスネス)の評判・口コミ・評価について解説しました。

Exness(エクスネス)は無制限レバレッジに関する良い評判・メリットの口コミが多い一方で、レバレッジ制限が厳しめという評価もあります。

とはいえ、制限がかかるのは$999以上(約14万円)と少額を増やす環境としては海外FXトップクラスといえるでしょう。

また、スプレッドも狭く禁止取引も極端に少ないのでスキャルパーからの評判・口コミも上々でした。

出金拒否の報告事例も無く安全性にも問題がないため、スペックの高い海外FX業者でFX取引をしたい方にはExness(エクスネス)がおすすめですよ。

Exness(エクスネス)以外の人気海外FX業者が知りたい方はこちら!

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。