ビットコインFXのスキャルピングで勝つ手法はこれだ!勝てる取引所の選び方なども紹介!

この記事では、ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングで勝つための手法やスキャルピングに向いている仮想通貨取引所の選び方、おすすめ取引所などについてまとめています。

ボラティリティ(値動き)が大きいビットコインFXでは、為替FXよりもスキャルピングで大きな利益を稼ぎやすいといえますね。

もちろん、できるだけ有利な環境と効果的な手法を選ばなければ勝てないわけですが、どのように取り組んだら良いか分からない方もいらっしゃることでしょう。

そんなあなたへ、ここではビットコインFXのスキャルピングについて下記内容をメインに分かりやすく解説していきます。

この記事で解説する内容
  • ビットコインFXスキャルピングで勝つための手法
  • ビットコインFXスキャルピングに向いた取引所の選び方
  • ビットコインFXスキャルピングおすすめ取引所トップ5

その他、ビットコインFXスキャルピングに関するメリットやデメリット、注意点からよくある質問まで、徹底的に網羅しました。

この記事を読むことで、自信を持ってビットコインFXのスキャルピングに取り組むことができるでしょう。

ビットコインFXのスキャルピングに一番おすすめの業者「FXGT」についてすぐ知りたい人はこちらから

ビットコインFXのスキャルピングおすすめ取引所トップ5

まずはビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングにおすすめの取引所から紹介していきます。

当サイトが選ぶ、おすすめの取引所は以下の5社です。

スキャルピングおすすめ取引所トップ5
  • FXGT(FXジーティー)
  • Bybit(バイビット)
  • Bitterz(ビッターズ)
  • CryptoGT(クリプトジーティー)
  • Binance(バイナンス)

※Bitterzは2023年5月31日をもってサービスを終了しています。

単に最大レバレッジの高さだけではなく、取引コストの安さ、注文の通りやすさ、サーバーの強さなども加味して、総合評価で選びました。

では、それぞれの特徴を詳しく解説していきますね。

FXGT(エフエックスジーティー)

ビットコインFXスキャルピングおすすめ取引所トップ5、FXGT(FXジーティー)

ビットコインFXのスキャルピングおすすめ取引所のまず一つ目は、FXGT(エフエックスジーティー)です。

FXGTの最大レバレッジはなんと1000倍で、仮想通貨FXでかけられるレバレッジとしては業界一を誇ってきました。

極めて効率的に稼げる一方リスクが心配かもしれませんが、FXGTも他の海外取引所と同じくゼロカットがあるため借金の不安は無用です。

FXGTの取引コストはスプレッド制ですが非常に狭いことで定評があり、コストを気にせずどんどん取引ができるのも嬉しいポイントですね。

ロスカット水準も50%と相対的に低いため、ロスカット回避がしやすいこともハイレバトレードをする上で非常にありがたい点といえます。

スキャルピングをする上での総合スペックでは、FXGTは圧倒的ナンバーワンの取引所といっても過言ではないでしょう。

FXGTには口座開設ボーナスもあるため、ビットコインFXでスキャルピングをするならまずはFXGTから始めてみるのがオススメですよ。

Bybit(バイビット)

ビットコインFXのスキャルピングおすすめ取引所トップ5、Bybit(バイビット)

ビットコインFXのスキャルピングおすすめ取引所の二つ目は、Bybit(バイビット)です。

Bybitの最大レバレッジは100倍と、ビットコインFXのレバレッジとしては平均水準以上ですから十分な高さといえますね。

取引手数料も安く、スキャルピングで用いる成行注文(Taker)では0.1%と低水準といえるでしょう。

またBybitは取引量も世界トップクラスと流動性が高く、注文の通りやすさも文句なしです。

その人気からユーザー数の多さも申し分なく、サーバーの強さも心配ありません。

ビットコインFXのスキャルピングをするに有利な材料は、Bybitにも十分揃っているといえるでしょう。

Bitterz(ビッターズ)

ビットコインFXスキャルピングおすすめ取引所トップ5、Bitterz(ビッターズ)

※Bitterzは2023年5月31日をもってサービスを終了しています。

Bitterz(ビッターズ)も、ビットコインFXのスキャルピングおすすめ取引所の一つです。

Bitterzの最大レバレッジは888倍とFXGTに次ぐ高水準で、スキャルピングでも十分に大きな利益を狙えるでしょう。

また、Bitterzでは最大1万円もの口座開設ボーナスを始めとした豪華キャンペーンが多く、これらを活用すればノーリスクでスキャルピング取引ができますよ。

Bitterzでは現在も5,000円〜1万円の口座開設ボーナスがもらえるキャンペーン期間中ですので、まずは口座開設をしてぜひボーナスを受け取ってください。

無事にボーナスが受け取れたら、早速ノーリスクでスキャルピングを始めてみましょう。

CryptoGT(クリプトジーティー)

ビットコインFXスキャルピングおすすめ取引所トップ5、CryptoGT(クリプトジーティー)

CryptoGT(クリプトジーティー)も、ビットコインFXのスキャルピングをするならとてもおすすめな取引所です。

CryptoGTの最大レバレッジは500倍で、仮想通貨取引所では第3位と非常に高スペックですね。

最大レバレッジが高いと大きな利益が狙えてもリスクが気になりますが、CryptoGTではデモトレードを使うことで自己資金を犠牲にせず500倍トレードの練習ができます。

取引コストであるスプレッドも仮想通貨取引所の中では狭めなので、遠慮なくトレードを繰り返すことができますよ。

CryptoGTでもビットコインFXのスキャルピングで有利な点は一通り網羅されていますので、CryptoGTでのスキャルピングもぜひ一度試してみてください。

Binance(バイナンス)

ビットコインFXスキャルピングおすすめ取引所トップ5、Binance(バイナンス)

Binanceの最大レバレッジは20倍と海外取引所としてはやや低めですが、国内取引所が2倍であることを考えれば十分なハイレバレッジです。

取引手数料もTaker(成行注文)0.1%と安く、この手数料はバイナンス独自トークンであるバイナンスコイン(BNB)の保有量を増やしていくとさらに安くなりますよ。

また、Binanceはなんといっても世界一の取引量を誇るため流通性は抜群で、注文の通りやすさも文句ないレベルですね。

ユーザー数も世界ナンバーワンですから、サーバー容量にも全く問題はないでしょう。

世界最大手という最も安定した環境で手堅く利益を積み重ねていきたい方は、BinanceでビットコインFXのスキャルピングをしてみるのも良いかもしれません。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

以上、ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングおすすめ取引所トップ5でした。

スキャルピングで勝つには、勝つための条件を揃えた取引所を使う必要があります。

そこで、次章ではビットコインFXのスキャルピングに適した仮想通貨取引所の選び方を見ていきましょう。

ビットコインFXのスキャルピングに向いた取引所の選び方

ビットコインFXでスキャルピングをするのに向いている取引所の特徴は、以下の5つです。

スキャルピングに適した取引所の特徴
  • 最大レバレッジが高い取引所
  • ゼロカットシステムを採用している取引所
  • 取引コストが安い取引所
  • 取引量が多い取引所
  • 通信環境が良い取引所

一つ一つご覧ください。

最大レバレッジが高い取引所

ビットコインFXでスキャルピングをするには、最大レバレッジの高い取引所が良いでしょう。

スキャルピングは短時間での利益確保を狙いますから、多くの場合エントリーから決済までの値動きは小さいですよね。小さい値動きで大きな利益を得るには、ハイレバレッジにして大きなポジションを持つほうが有利になりますよ。

以下に、主な仮想通貨取引所・海外FX業者のビットコインFXの最大レバレッジを示しました。

仮想通貨取引所
またはFX業者
国内
/海外
主な
取扱銘柄
最大
レバレッジ
ゼロカット
FXGT
(エフエックスジーティー)
海外仮想通貨・
法定通貨・CFD
1000倍あり
CryptoGT
(クリプトジーティー)
海外仮想通貨500倍あり
Bybit
(バイビット)
海外仮想通貨100倍あり
TitanFX
(タイタンエフエックス)
海外法定通貨100倍あり
iFOREX
(アイフォレックス)
海外法定通貨40倍あり
Binance
(バイナンス)
海外仮想通貨20倍あり
bit Flyer
(ビットフライヤー)
国内仮想通貨2倍なし
DMM bitcoin
(ディーエムエムビットコイン)
国内仮想通貨2倍なし
GMO Coin
(ジーエムオーコイン)
国内仮想通貨2倍なし

ご覧のとおり、ビットコインFXにかけられるレバレッジの高さでは「海外の仮想通貨取引所」が上位を占めています。海外FX業者でもビットコインFXはできますが、ビットコインFXの最大レバレッジの高さでは仮想通貨取引所に遠く及びません。

また、仮想通貨取引所であっても国内取引所の最大レバレッジは全て2倍ですので、海外FX業者よりもさらに低めですね。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

ビットコインFXでスキャルピングをするなら、海外の仮想通貨取引所の中から選ぶのが良いでしょう。

ゼロカットシステムを採用している取引所

ビットコインFX(仮想通貨FX)でスキャルピングをするなら、ゼロカットシステムのある取引所をおすすめします。

相場の値動きが急激に大きくなると、ロスカットが間に合わず残高がマイナスになってしまうこともありますよね。

そんな時には追証を払わねばなりませんが、これを肩代わりしてくれるのがゼロカットシステムです。

スキャルピングではハイレバレッジをかけますから、ロスカットが間に合わない確率はさらに高まるでしょう。

ゼロカットシステムがある取引所を選べば、追証のリスクを気にせず安心してスキャルピングができますよ。

ちなみに、ほとんどの海外取引所ではゼロカットシステムを採用しています。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

ビットコインFXのスキャルピングをするなら、まず海外取引所を選んでおけば心配はないですね。

取引コストが安い取引所

取引コストの安さも、ビットコインFXでスキャルピングをする取引所選びでは外せないポイントですね。

というのも、スキャルピングでは取引回数が多くなるからです。

短時間トレードであるスキャルピングでは1回あたり利益が少ないので、これを繰り返して利益を積み上げていくというわけです。

取引コストには、「取引手数料」と「スプレッド」の2つがあります。

スプレッドとは買値と売値の差額のことですが、急な相場の変動時などは大きく広がるので、そうしたタイミングではスキャルピングを避けましょう。

取引コストが高いとスキャルピングでの総コストは無視できない額になりますので、「取引手数料が安く」「スプレッドが狭い」取引所を選んでください。

取引量が多い取引所

ビットコインFXでのスキャルピングに適した取引所選びでは、取引量の多さにもこだわると良いですね。

スキャルピングでは1回あたり利益が少額なので、注文を出したタイミングで即座に約定してくれなければ差益を得にくくなります。

取引高の多い取引所では多くの注文が出されてますので、注文を出してから非常にスピーディに約定されるでしょう。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

スキャルピングをする取引所を選ぶ上では、その取引量の多さも要チェックですね。

通信環境が良い取引所

取引所の通信環境の良さに着目することも、ビットコインFXのスキャルピングをする取引所選びでは大切といえるでしょう。

サーバーのキャパシティ以上のトレードが急激に行われると、そのサーバーは停止してしまいます。

そうなると、エントリーしたいタイミングを見つけても逃しますし、ましてポジションを持っていると決済がすぐにできずロスカットされてしまうかもしれません。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

短時間トレードであるスキャルピングではスピードが勝負なので、約定のしやすさと同様にサーバーの強さも取引所選びでとても大切です。

ユーザー数がそれほど多くはない取引所のサーバーは、沢山の注文をさばく容量がないかもしれません。

スキャルピングをするなら、ぜひその取引所の利用者数の多さにも注目してください。

おすすめの取引所と取引所の選び方がわかったら、いよいよビットコインFXのスキャルピングで勝つための手法を見ていきたいと思います。

次章にて解説していますので、チェックしていきましょう。

ビットコインFXのスキャルピングで勝つための手法

ビットコインFXのスキャルピングで勝つための手法

続いてはビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングで勝つための手法を3つ紹介していきます。

スキャルピングで勝つための手法
  • ポジション量を多く持ちハイレバレッジをかける
  • トレンド方向へショートでエントリーする
  • 取引量の多い通貨でスキャルピングする

一つずつご覧ください。

ポジション量を多く持ちハイレバレッジをかける

ビットコインFXのスキャルピングで勝つには、まず高いレバレッジをかけて取引することが重要です。

というのも、スキャルピングではエントリーから決済までの値動きが小さいため、レバレッジをかけず少ないポジション量で取引しても雀の涙ほどの利益しか得られないからですね。

レバレッジを高くして大きなポジション量で取引すれば、小さい値動き幅でも十分な利益を得られ効率的に運用できますよ。

例えば・・・

ポジション10万円分でトレードを開始後、若干の値動きにより利益が5000円発生したとしますね。もしレバレッジ100倍・2倍とかけてトレードしていたら、得られる利益はそれぞれ、

  • レバレッジ100倍
    →5000円 × 100倍 = 50万円
  • レバレッジ2倍
    →5000円 × 2倍 = 1万円

となります。

ご覧のとおり、レバレッジを100倍と高くかければ短時間でもなんと50万円もの利益を得られるわけですね。

できるだけ高いレバレッジで取引すれば、ビットコインFXのスキャルピングでは稼ぎやすくなるでしょう。

トレンド方向へショートでエントリーする

トレンド方向へショートでエントリーすることも、ビットコインFXのスキャルピングで勝つ手法の一つです。

一般的に、トレンドに沿ってエントリーすれば負けるリスクは少ないといわれていますね。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

ビットコインFXは為替FXに比べて値動きが大きいですから、トレンドに沿わないテクニカルなエントリーでは損失リスクが高くなります。

それに値動きが大きめということは、テクニカルな手法に走らずトレンドに沿う王道手法でも、十分に利益が得やすいといえるでしょう。

また為替FXと同様に、ビットコインFXのスキャルピング取引でも下落トレンドを狙ってショートでエントリーすれば勝ちやすくなります。

なぜかというと、値動きというのは上昇時は緩やかですが下降するときは非常にスピーディーなので、短時間トレードであるスキャルピングには適しているからですね。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

一般的に、上昇トレンド開始時の「買い注文」よりも、下降トレンド開始時の「売り注文」のほうが圧倒的に多くなります。これは「高く買って安く買う」ショートよりも「安く買って高く売る」ロングのほうが直感的に分かりやすいので、ロングでエントリーする人口が多いためといえるでしょう。

したがって、下落トレンドを狙ったショートエントリーは、ビットコインFXのスキャルピング取引で勝つためにはとても有効な手段なのです。

取引量の多い通貨でスキャルピングする

ビットコインをはじめとした仮想通貨でのFXにおいて、スキャルピングで勝つには取引量の多い通貨を選択してください

というのも、取引量が多い通貨は活発にトレードされているため、あなたが注文を出したタイミングで即座に約定しやすくなるからです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

スキャルピングは短時間勝負のトレードですので、注文の通りやすい通貨を選ぶことは、勝つためにとても重要な要素といえるでしょう。

それに取引量が多い通貨はトレンドも読みやすいので、エントリーのタイミングもつかみやすくなりますよ。

取引量の多い仮想通貨は、以下の通りです。

通貨取引高誕生年
ビットコイン(BTC)約7,700億円2009年
イーサリアム(ETH)約7,500億円2015年
リップル(XRP)約1,123億円2012年
※2023年5月26日時点
参照:CoinMarketCap

最も取引高が多いのは、やはり仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)ですね。ビットコインは取引量が全仮想通貨の中でダントツのトップである上に、最も歴史の長い仮想通貨ですから信頼性も抜群です。

スキャルピングは、ビットコインで行うのが一番おすすめといえるでしょう。

早速、スキャルピングを始めていただいて良いのですが、同時に「ビットコインFXのスキャルピングとはそもそもどういったものなのか」改めて確認しておきたい方もいるのではないでしょうか。

次章にて解説していますので、続けてご覧ください。

そもそもビットコインFXのスキャルピングとは

ここでは、ビットコインFXのスキャルピングの特徴について、以下の内容に沿って解説していきます。

ビットコインFXのスキャルピングの特徴
  • スキャルピングとはどんなトレードスタイル?
  • トレード1回あたりの損益は少ない
  • こまめに利確して稼ぐスタイル

それぞれチェックしていきましょう。

スキャルピングとはどんなトレードスタイル?

スキャルピングとは、小さな利益を積み重ね、結果的に大きな収益を生み出していく手法ですね。

1回あたりの取引では、エントリーしてから数秒~数分間という超短時間のうちに決済をして薄い利益を刈り取ります。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

よって、スキャルピングで大きな利益を上げるには、高いレバレッジをかけたり短時間で取引を繰り返すことが重要ポイントといえるでしょう。

そんなビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングは、ある程度まとまった短期的な時間が取れる「専業トレーダー」や「主婦トレーダー」にはピッタリの手法なのです。

手法 元手 トレードにかける時間 向いている人
スキャルピング 数千円~ 多い 専業トレーダー、
主婦
デイトレード 数万円~ 2時間程度(/1日) サラリーマン、
副業トレーダー
スイングトレード 数十万~数百万 週に数時間 専業トレーダー、
副業トレーダー

トレード1回あたりの損益は少ない

スキャルピングの特徴はトレード1回あたりの損益が少ないことです。

ポジションを持つ時間はスキャルピングでは数秒から数分ほどですが、デイトレードでは1日以内、スイングトレードでは数日から数週間でした。

エントリー時点と決済時点との価格差は、ポジションを持つ時間が長いほど大きくなる傾向にありますから、トレード1回あたりの損益も多くなります。

したがって、スキャルピングはポジション保有時間が最も短いため、その損益は非常に少ないといえるでしょう。

こまめに利確して稼ぐスタイル

前述のとおり、スキャルピングでは1回のトレードでの損益が少ないため、短時間でこまめに利確していくことで稼ぐスタイルです。

そう聞くと、スキャルピングはなんだかとても忙しそうで、スイングトレードなどの方がゆとりを持ってトレードできそうなイメージですよね。

ですが、頻繁に利確するこのトレードスタイルなら、ビットコインFXにける損失リスクを大きく抑えることができるでしょう。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

というのも、こまめに利確するということは常に画面を観察しているわけですから、価格の下落に敏感になるのでロスカットを回避しやすくなるからです。

これは、チャートの動きに反応しやすいのですから、もちろん社会情勢の大きな変化での急下落による損失リスクも避けやすくなりますよ。

こまめに利確していくトレードスタイルであるスキャルピングは、ある意味でとても堅実な投資手法といえます。

以上がビットコインFXのスキャルピングの特徴です。

これらの特徴を備えたスキャルピングですが、どんな人に向いているかを次章で見ていきましょう。

スキャルピングに向いている人

ビットコインFXのスキャルピングが向いている人の特徴は、以下の6つです。

スキャルピングが向いている人の特徴
  • トレードが好きでチャートを見続けられる人
  • 物事に集中して取り組める人
  • まとまった取引時間が確保できる人
  • 地道に少しずつ利益を積み上げていける人
  • 感情に左右されず損切りができる人
  • 失敗しても立ち直りが早い人

では、一つ一つご覧ください。

トレードが好きでチャートを見続けられる人

ビットコインFXでのスキャルピングに向いているのは、まずトレードすることが好きでチャートを見ることが楽しいと思える人です。

トレード1回あたりの利益が少ないスキャルピングでは、利益を積み上げるため必然的にトレード回数が多くなりますよね。

エントリーや決済を繰り返すことに夢中になれるならば、非常に楽しい時間となるでしょう。

また、スキャルピングではエントリーしてから決済するまでのポジション保有中は、ずっとチャートを見続けることになりますよね。

なので、ポジション保有中でもチャートの動きに興味を持って眺め続けられる人にも、スキャルピングはとても向いている手法です。

物事に集中して取り組める人

物事に集中して取り組める人も、ビットコインFXのスキャルピングをするには向いています。

前述のとおり、スキャルピングでは1トレードあたりの利益が薄いので、狙った価格でエントリー・決済できなければ利益はほとんど生み出せません。

ですから、「ここだ」と思ったところで注文を出し、狙った価格でしっかり約定させましょう。

そのためには、チャートを眺め続けるだけではなく、一瞬というタイミングを逃さない高い集中力が必要です。

逆にいえば、集中力に自信のある人にとっては、スキャルピングは非常に有利なトレードスタイルといえるでしょう。

まとまった取引時間が確保できる人

ビットコインFXのスキャルピングで勝ちやすいのは、まとまった取引時間が確保できる人です。

スキャルピングはエントリーから決済までの時間が短いので、確かに取引を一回するだけならまとまった時間などなくとも僅かな隙間時間で行えるでしょう。

しかし、それでは利益が積み上がりませんので、スキャルピング取引はやはり複数回やるべきですね。

ただ、他の作業と交互にやっているとどうしても注意散漫になるため、狙った価格で約定させることが難しくなります。

トレードだけを行うためのまとまった時間を確保したほうが、トレードに対する集中力を維持しやすいでしょう。

取引の精度を高く維持できるという点で、まとまった時間を確保できる人がスキャルピングで勝ちやすいといえます。

地道に少しずつ利益を積み上げていける人

地道にトレードをやり続ける愚直さも、ビットコインFXのスキャルピングで成功するためには必要な資質ですね。

スキャルピングでは、1トレードしただけでは少額の利益しか稼げませんので、それなりに稼ぐには頻繁にトレードを繰り返していくことになりますよね。

とはいえ多くのトレードをこなしていく過程では、利がほぼゼロのトレードが続くこともあるでしょう。

利が小さいとどうしても「稼いでる感」が得にくくモチベーションが低下してしまうものですが、逆に1トレードで想定外に大きな利益が得られる時もあるわけです。

稼いでいる手応えがあってもなくてもトレード継続できる地道な性格の持ち主こそ、ビットコインFXのスキャルピングで成功できるといえるでしょう。

感情に左右されず損切りができる人

ビットコインFXのスキャルピングで勝つには、感情に左右されずに損切りできる資質も重要です。

スキャルピングはポジションを短期で持つスタイルですから、価格下落時に回復を期待してポジションを持ち続けることはしません。

そういう意味では、損失確定させる機会が長期トレードよりもはるかに多いといえるでしょう。

そうなると「負けている感」が大きくなってきてしまうため、決めた損切りルールを破ってポジションを持ち続けたくなるものです。

ですが、長期的な分析をしていないスキャルピングスタイルの状態でポジションを持ち続けるのは、ほぼギャンブルトレードになってきますから非常に危険ですね。

「負けトレードがほとんど」という意識を持って損切りルールを頑なに守り続けられる人が、ビットコインFXのスキャルピングに向いているといえるでしょう。

失敗しても立ち直りが早い人

ビットコインFXのスキャルピングで勝つには、失敗した際の立ち直りの早さも大切です。

前述のとおり、スキャルピングでは利益を得るより損失を被る回数の方が多くなるでしょう。

失敗が続くことでマイナス思考に陥ってしまうと、判断力が低下して不利な相場でも無理やりエントリーしてしまうかもしれません。

スキャルピングでは、集中力を高く保ってトレードを続けていれば、それまでの損失を全て取り戻してしまうほどの大きな利益を得ることもあります。

失敗のショックを引きずらない人にのみ、そのチャンスが訪れるでしょう。

以上、ビットコインFXのスキャルピングに向いている人の特徴でした。

スキャルピングで勝つために必要な資質はご理解いただけたかと思いますが、そんなビットコインFXでのスキャルピングをするのにはどんなメリットがあるのか。

次章でまとめていますので、ご覧ください。

ビットコインFXのスキャルピングのメリット

ビットコインFXのスキャルピングのメリット

ビットコインFX(仮想通貨FX)でスキャルピングトレードをするメリットは、主に以下の4つです。

スキャルピングトレードをするメリット4つ
  • 為替FXより大きな利益が狙える
  • 値動きが少ないときでも利益が狙える
  • 社会情勢の影響は受けず相場急変にも対応できる
  • 大損することは少なくスワップ手数料もかからない

具体的に見ていきましょう。

為替FXより大きな利益が狙える

ビットコインFX(仮想通貨FX)でのスキャルピングでは、為替FXよりも大きな利益が狙えるでしょう。

というのも、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、全般的に法定通貨よりも値動きが大きい傾向にあるからです。

値動きが激しいと短時間でも差益が生まれやすくなるので、ビットコインFXは短時間トレードであるスキャルピングとの相性が抜群といえますね。

値動きが少ないときでも利益が狙える

スキャルピングトレードでなら、値動きが少ない時でも利益が狙えます。

デイトレードやスイングトレードですと、1日中、もしくは数日〜数週間というスパンで目に見える値動きがなければ、稼ぐことが難しいでしょう。

ですが、スキャルピング取引は数秒〜数時間という短時間に僅かでも差益が発生したら、すぐに利益を刈り取るスタイルです。

したがって、デイトレードやスイングトレードでは気にしないほどの微小な値動き相場でも、スキャルピングでなら十分に利益を狙っていけますよ。

つまりスキャルピングなら、値動きが激しいときも大人しいときも、常にエントリー機会が存在すると考えて良いでしょう。

エントリー機会が多ければ、それだけトレードに対するモチベーションも上がりますね。

社会情勢の影響は受けず相場急変にも対応できる

ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングは、社会情勢の影響を受けないトレードスタイルです。

ポジションの価格というのは、運用期間が長ければ長いほど様々な影響によって変動しますよね。

ですがスキャルピングでは、すぐ先の短時間だけのチャート変動のみ予測すれば十分です。

また、スキャルピングは常に画面を見続けて行うトレードですので、突発的な経済ニュースや要人発言などによる相場変動にも対応できるでしょう。

つまりスキャルピングでは、ロスカット前に損切りしてリスク回避できることはもちろん、ベストなエントリーチャンスをつかんで大きく利益を得られる可能性も高いといえますね。

社会情勢も含めた多面的な分析が苦手な方にとっても、スキャルピングは十分に取り組みやすいトレード手法としておすすめです。

大損することは少なくスワップ手数料もかからない

他のトレードに比べれば、スキャルピングでは大損することが非常に少ないといえるでしょう。

長期トレードではポジションを持ったままチャートから離れますので、知らぬ間に相場急変でロスカットされ大損したというのはよくあることですね。

スキャルピングでは画面に張り付いてトレードしますから、ロスカット回避はしやすいといえるでしょう。

また、就寝時にはトレードを手仕舞いしますので、ポジションを持ったまま日を跨ぐことはありません。

したがって、マイナススワップによるスワップ手数料を払う必要がないのも、スキャルピング取引の嬉しいポイントではないでしょうか。

 
以上がビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングのメリットになります。

スキャルピングにはもちろんデメリットもありますので、そのまま続けて次章をご覧ください。

ビットコインFXのスキャルピングのデメリット

ビットコインFXのスキャルピングのデメリット

ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングのデメリットは、以下のとおり4つあります。

スキャルピングのデメリット
  • チャート画面から目が離せない
  • 迅速な判断が要求される
  • 取引コストがかさむ
  • 取引回数が少ないと大した利益にならない

一つ一つ解説していきますね。

チャート画面から目が離せない

ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングでは、チャートから目が離せません。

スキャルピングでは微小なチャートの動きによる差益を狙いますから、エントリー・決済のベストタイミングはほんの一瞬ですよね。

ですから、これを見逃さないためには、画面に張り付いて常にチャートをチェックする必要があります。

ある程度まとまったトレード時間を作ることが難しいのでしたら、デイトレードやスイングトレードなどの手法を取られてはどうでしょうか。

迅速な判断が要求される

ビットコインFX(仮想通貨FX)でスキャルピングをする場合、迅速に判断していくことが要求されます。

微小な価格差から利益を狙うからには、注文を出すタイミングが僅かにでも遅れるわけにはいきません。

狙いより少しでも外れた価格で約定してしまうと、非常に利の薄い差益となってしまうでしょう。

まして、扱うのは仮想通貨ですから、法定通貨では体験したことのない早い値動きについていく必要があります。

デモトレードなどができる取引所でしたら、事前にビットコインFXのスキャルピングの練習をしてから本番に臨みましょう。

取引コストがかさむ

取引コストがかさむことは、ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングにおいて避けて通れない事実です。

スキャルピングの場合、一回のトレードだけでは利益が薄いですから、大きく稼ぐためにはトレードをたくさん繰り返すことになるでしょう。

必然的に、スキャルピングでは他のトレードよりも取引コストがかさみますよね。

せっかく利益を積み重ねても、取引コストがそれを上回ってしまうのであれば意味がありません。

スキャルピングで稼ごうとするならば、「取引手数料の安さ」や「スプレッドの狭さ」にこだわった取引所選びをしてください。

取引回数が少ないと大した利益にならない

スキャルピングで大きく稼ぐには、とにかく多くのトレードを繰り返しましょう。

ご承知の通り、スキャルピングでは1トレードあたりで狙う利益が少額です。

それなりに稼ぐには、自ずと取引をたくさんこなさなければなりません。

パソコンやスマホを手放し状態で自動的に稼げる手法ではないので、別の作業と並行してトレードで稼ぎたい場合は、デイトレードやスイングトレードをおすすめします。

 

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

以上、ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングのデメリットでした。

デメリットもさまざまありましたが、続いて気になるのはスキャルピングに取り組む上での注意すべき点ではないでしょうか。

次章で解説していきます。

スキャルピングに関する注意点

ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングで注意すべき点は以下2つです。

スキャルピングでの注意点
  • 業者によってはスキャルピングができない
  • ビットコインFXのスキャルピングでは損切りルールを厳守

それぞれご覧ください。

業者によってはスキャルピングができない

スキャルピングは全ての業者・取引所でできるわけではありません。

これには、ビットコインFX(仮想通貨FX)ができる各業者・取引所の「注文方式」が関係しています。

注文方式はNDD方式とDD方式の2つに分かれ、スキャルピングが禁止されているのはDD方式の業者・取引所ですね。

NDD方式ではユーザーの注文はそのまま市場へ通されますが、DD方式での注文はまず業者・取引所のディーラーが受け、それから市場に通されます。

したがってDD方式の場合、スキャルピングによって短時間で多くの注文が出されると、各ディーラーはそれらの注文をさばききれません。

なので、DD方式の業者・取引所ではスキャルピングを禁止しているというわけですね。

各業者・取引所は自社の注文方式について公式サイトなどで明記していませんが、スキャルピングを禁止しているか否かは利用規約などで確認できますので要チェックです。

例えば以下の利用規約のように「短時間での注文を繰り返し行う行為」というような表現があれば、スキャルピング取引が禁止されていると判断して良いでしょう。


第 19 条(禁止事項)
(17)取引とは関係がないと思われる入出金又は短時間での注文を繰り返し行う行為

引用元:DMM Bitcoin

万が一規約違反した場合、出金拒否や口座凍結される恐れがあります。

ビットコインFXのスキャルピングでは損切りルールを厳守

ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングでは、自分で決めた損切りルールはくれぐれも破らないでください。

ポジション保有時間を短くとるスキャルピングでは、含み損を抱えた状態で決済することが他の手法よりも多くなるでしょう。

すると、やがて含み損を抱えても決済したくない衝動にかられてきますが、損切りルールを無視するとさらに傷口を広げてしまいます。

なぜなら、ポジションを長めに保有するのであれば、それに即した分析や戦略がなければ勝てないからですね。

スキャルピングはあくまで短時間で薄い利益を刈り取ることに特化した手法ですので、損切りルールを破ってポジションを持ち続けることは避けてください。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

以上、ビットコインFXのスキャルピングに取り組む上で注意すべきポイントを解説させていただきました。

加えて、各ユーザーがビットコインFXのスキャルピングについて、どんなところを主に気にしているのかも知っておきたいところですね。

そこで、ユーザーからのよくある質問について続けて見ていきましょう。

よくある質問

ここでは、ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングについてよくある質問をいくつか紹介します。

よくある質問
  • どんな取引所がビットコインFXのスキャルピングに最適?
  • どんな手法ならビットコインFXのスキャルピングで勝てる?
  • ビットコインFXのスキャルピングでの税金の取り扱いは?

一つ一つご覧ください。

どんな取引所がビットコインFXのスキャルピングに最適?

やはり最大レバレッジが高い取引所でしょう。

トレード一回あたりの利が薄いスキャルピングでは、高いレバレッジをかけられるかが利益を増やす大きなポイントです。

その他、取引コストの安さや注文の通りやすさなども、勝てやすい取引所を選ぶ上でチェックしておきたいところですね。

>>スキャルピングに向いた取引所の選び方について詳しくはこちら

どんな手法ならビットコインFXのスキャルピングで勝てる?

まず多くのポジションを持って高いレバレッジをかけましょう。

理由はもちろん、スキャルピングでは1トレードあたりの利益が少ないからですね。

また、下降トレンドでは上昇トレンドよりも値動きが早いので、これを狙ってショートでエントリーするというのもおすすめですよ。

>>スキャルピングで勝つための手法について詳しくはこちら

ビットコインFXのスキャルピングでの税金の取り扱いは?

得られた利益は、雑所得として所得税の課税対象になります。

利益の合計が年間で20万円を超えた場合は、確定申告を行ってください。

ちなみにビットコインFXの所得は、総合課税として他の所得と合算できます。

例えば、同じ年に海外FX業者で為替FXをやっていてその損益合計がマイナスだった場合、その分をビットコインFXの所得から差し引けますよ。

投資タイプ課税区分
ビットコインFX(国内・海外)総合課税
為替FX(海外)総合課税
為替FX(国内)源泉分離課税
株取引(国内・海外)源泉分離課税

以上、ビットコインFXでよくある質問を紹介させていただきました。

では最後にまとめます。

まとめ

ビットコインFX(仮想通貨FX)のスキャルピングについておさらいしましょう。

メリットは以下の4つです。

スキャルピングのメリット4つ
  • 為替FXより大きな利益が狙える
  • 値動きが少ないときでも利益が狙える
  • 社会情勢の影響は受けず相場急変にも対応できる
  • 大損することは少なくスワップ手数料もかからない

一方で、ビットコインFX(仮想通貨FX())のスキャルピングにはデメリットも4つありましたね。

スキャルピングのデメリット4つ
  • チャート画面から目が離せない
  • 迅速な判断が要求される
  • 取引コストがかさむ
  • 取引回数が少ないと大した利益にならない

スキャルピングは社会情勢などの影響を受けにくいトレードですから、難しいリサーチなどは特段必要ありません。

ですが勝つためには、エントリー・決済のポイントを素早く判断して確実に約定させていくトレードスキルが求められます。

とはいえ、トレードをしているという醍醐味を存分に味わえる手法といえますね。

経験値に自信がなければ、早速デモトレードを使ってノーリスクで練習を積んでいきましょう。

>>ビットコインFXスキャルピングおすすめ取引所トップ5はこちら

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。