FXのダイバージェンスとは?意味・見つけ方・インジケーターや手法を解説!

FXのダイバージェンスとは?意味・見つけ方・インジケーターや手法を解説!

「ダイバージェンス」とは何か、意味や手法が気になっているFXトレーダーも、多いのではないでしょうか。

FXのダイバージェンスとは、レートとインジケーターが逆行する現象のことです。

ダイバージェンスが発生すると相場が反転しやすいという特徴があり、相場の天井・底からエントリーしたいトレーダーから高い人気を集めています。

この記事では、そんなFXのダイバージェンスについて、画像付きで徹底解説!

この記事で分かること
  • FXのダイバージェンスとは?
  • FXのダイバージェンスの見方
  • FXのダイバージェンスでおすすめのインジケーター
  • FXのダイバージェンスの見つけ方・使い方
  • FXのダイバージェンスの注意点
  • FXのダイバージェンスを使ったトレード手法3選

FXのダイバージェンス手法を使えば、トレンドの反転をピンポイントで狙えるため、大きく勝てる可能性があります

海外FXの口座開設ボーナスを使って、ノーリスクで一獲千金を狙うのもよいでしょう。

ぜひ、当記事でダイバージェンス・相場反転をマスターし、FXで大きな利益を狙ってくださいね!

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【XM最新口座】
XM | KIWAMI極口座
低スプレッド×手数料0×スワップフリーを実現した業界でも有数のコストに特化した口座。
短期・長期にかかわらずトレードしやすく、口座開設ボーナス15,000円がもらえる特典付き。
【極狭スプレッド】
AXIORY | ナノ/テラ口座
業界最狭水準の低スプレッド環境を提供している口座タイプ。
数多くのトレーダーから好評を得ており、機能性が高いプラットフォーム『cTrader』も利用できるなど、まさに利益にこだわりたい方のために作られた口座と言える。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

FXのダイバージェンスとは?意味は?

まずは、FXにおけるダイバージェンスとは何か、意味から見ていきましょう!

FXのダイバージェンスとは?意味は?
  • ダイバージェンスとはレートとインジケーターの逆行現象のこと
  • ダイバージェンスで相場が反転しやすい理由
  • ダイバージェンスは大きな利益を狙える手法
  • ダイバージェンスの見つけ方は逆張りインジケーターを使う

ダイバージェンスとはレートとインジケーターの逆行現象のこと

ダイバージェンスの解説画像1

FXにおけるダイバージェンスとは、レートとインジケーターが逆行している現象のことです。

主に、以下2つのパターン・意味があります。

  1. レートが安値を切り下げて下落しているのに、インジケーターは逆行して上昇している現象(=強気のダイバージェンス)
  2. レートが高値を切り上げて上昇しているのに、インジケーターは逆行して下落している現象(=弱気のダイバージェンス)

ダイバージェンスの解説画像2

レートが高値を切り上げて上昇していれば、インジケーターも上昇するのが普通ですよね。

ところがFX相場では、レートが上がっているにもかかわらず、インジケーターは下落するといった逆行現象が発生することがあります。

上記のような逆行現象が、ダイバージェンスです。

ダイバージェンスで相場が反転しやすい理由

ダイバージェンスで相場が反転しやすい理由

FXでダイバージェンス現象が発生すると、相場が反転しやすいとされています

例えば、レートが上昇しているのにインジケーターが下落していれば、近いうちに相場が反転して、一気に下落に転じる可能性が高い、ということですね。

では、ダイバージェンス現象が発生すると相場が反転しやすい理由を一緒に見ていきましょう!

例えば、レートが高値を更新しているのに、RSI(上昇の強さ・値幅を示すインジケーター)が下落している場合、以下のようなことが言えます。

  • FX相場としては上昇しているものの、上昇の勢い・圧力は弱まっている
  • 買いエントリーする参加者が減ってきた
  • 買い手が減ってきたのは、利益確定(売り決済)する人が増えてきたため

買い手がいなくなってきて、利益確定が始まったため、上昇の勢いが落ちてきた状態ですね。

ダイバージェンスで相場が反転しやすい理由

ダイバージェンスを見たトレーダーは、上昇トレンドの終焉を察知し、「買い手が減っているし、そろそろ高値ピークで反転しそう」と考え、利益確定(売り)をします。

そのままポジション保有して利益が減るのを避けたい、という人間心理ですね。

すると、相場は下落へと反転を開始し、買いポジションを持っているトレーダーは利益を減らしたくないので、さらに利益確定が進むことに。

売りが売りを呼んで下落が加速し、相場は完全に反転する(上昇⇒下落)、というわけです。

ダイバージェンスは大きな利益を狙える手法

ダイバージェンスは大きな利益を狙える手法

FXのダイバージェンスは、相場反転を狙った手法のため、天井・底からエントリーできる点が最大のメリット

トレンドの転換の初動から根こそぎ獲れるため、大きな利益を狙えます。

そのため、FXで一獲千金を狙いたい方に、ダイバージェンス手法は向いているでしょう。

ダイバージェンスの見つけ方

FXのダイバージェンスの見つけ方としては、以下のような逆張り系インジケーターを使います。

逆張り系インジケーター
  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RCI
  • CCI

上記のインジケーターは、相場の過熱感・勢いを示す指標です。
別名「オシレーター系インジケーター」とも呼ばれています。

FX初心者は、RSIかMACDかストキャスティクス、いずれかのインジケーターを使うとよいでしょう。

RSIやMACD、ストキャスティクスを使って、レートとインジケーターの動きが逆行している現象を探すことが、ダイバージェンスの見つけ方・使い方の基本となります。

見つけ方・使い方の詳細は、後述の「FXのダイバージェンスでおすすめの無料インジケーター」をご参照ください。

FXのダイバージェンスの見方

FXのダイバージェンスは、上昇へ反転する「強気」と、下落へ反転する「弱気」の2つのパターンがあります。

ここでは、それぞれの見方を覚えましょう。

FXのダイバージェンスの見方
  • ①強気のダイバージェンスの見方(下落⇒上昇への反転現象)
  • ②弱気ダイバージェンスの見方(上昇⇒下落への反転現象)

①強気のダイバージェンスの見方(下落⇒上昇への反転現象)

強気のダイバージェンスの見方

まず、FX用語になりますが、「上昇=強気」「下落=弱気」と覚えておきましょう。

強気のダイバージェンスとは、レートが安値を切り下げているのに、インジケーターは逆行して上がっている現象を言います。

見方としては、まずレートが安値を更新している箇所を確認してください。

次に、レートが安値を更新しているにもかかわらず、インジケーターが上昇している箇所を見つけましょう。

そして、上記箇所を反転ポイント(転換点)として、「下落から上昇へ反転する可能性が高い」という見方をし、買いエントリーするのが強気のダイバージェンス手法です。

②弱気ダイバージェンスの見方(上昇⇒下落への反転現象)

弱気ダイバージェンスの見方

弱気のダイバージェンスとは、レートが高値を更新しているのに、インジケーターが逆行して下がっている現象を言います。

見方としては、まずレートが高値を更新している箇所を確認してください。

次に、レートが高値を更新しているのに、インジケーターが下落している箇所を見つけます。

上記箇所が反転ポイントという見方をし、上昇から下落へ反転する可能性が高いと考えて、売りエントリーするのが弱気のダイバージェンス手法です。

FXのダイバージェンスとリバーサルの違い

FXのダイバージェンスを調べていて、「リバーサル」という言葉に出会った方もいるのではないでしょうか。

ここでは、リバーサルの意味や、ダイバージェンスとリバーサルの違いを解説します。

FXのダイバージェンスとリバーサルの違い

FXのリバーサルとは?意味は?

FXのリバーサルは、別名「ヒドゥンダイバージェンス」とも呼ばれています。
直訳すると「hiden」、つまり隠れたダイバージェンスという意味です。

ダイバージェンスがトレンド反転現象であるのに対し、リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)はトレンド継続現象を意味します

リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)の見方は、以下のような感じです。

  • レートが上がっているのにインジケーターが下がっていたら、そろそろ上昇トレンド相場に戻ることを示唆(=強気のリバーサル)
  • レートが下がっているのにインジケーターが上がっていたら、そろそろ下降トレンド相場に戻ることを示唆(=弱気のリバーサル)

ダイバージェンスは、インジケーターの示す方向への反転現象ですが、リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)はレートの示す方向への反転現象となります

リバーサルはトレンドの押し目・戻り目を狙う手法

リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)

リバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)は、トレンドの押し目・戻り目を狙う手法です。

イメージとしては、「リバーサル現象が発生したら、トレンド継続中の押し目・戻り目が終わって、そろそろまたトレンド相場に戻る」という感じ。

ダイバージェンスが相場反転・転換を狙う逆張り手法に対して、リバーサルはトレンド継続・回帰を前提とした順張り手法となります。

「ダイバージェンス」「ヒドゥンダイバージェンス」と聞くと似ている感じもしますが、手法の意味・見方・使い方は真逆と言ってよいでしょう。

強気のリバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)

強気のリバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)

「強気のリバーサル」とは、上昇トレンド中に、レートが上がっていてインジケーターが下がっている現象を言います。

上昇トレンド中の一時的な戻し(押し目)が終わって、上昇トレンドに回帰する、というのが強気のリバーサルの見方です。

弱気のリバーサル

弱気のリバーサル

「弱気のリバーサル」とは、下落トレンド中に、レートが下がっていてインジケーターが上がっている現象を言います。

下落トレンド中の一時的な戻し(戻り目)が終わって、下落トレンドに回帰する、というのが強気のリバーサルの見方です。

強気のリバーサル・弱気のリバーサルともに、「トレンドの継続」を前提とした手法と言えるでしょう。

ダイバージェンスが「トレンドの終焉・転換」を前提としているのとは、正反対の手法ですね。

ダイバージェンスとリバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)の違い

ダイバージェンスとリバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)の違い

では、ダイバージェンスとリバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)の違いを整理しておきましょう!

ダイバージェンス・リバーサルともに、レートとインジケーターの逆行現象を言います。

ダイバージェンスは、トレンドが終焉・転換して、インジケーターの示す方向へ反転する、という現象。

一方、リバーサルは、トレンド中の一時的な戻しが終わって、レートの示す方向へ回帰(トレンド継続)するという現象です。

2つを併用すれば、トレンド転換の逆張り手法と、トレンド継続の順張り手法を使い分けられるので便利でしょう。

ただし当記事では、まずダイバージェンスを習得することをおすすめします。

相場反転を捉えることができれば、相場の天底から獲れる可能性もあるので、大きな利益を狙えるでしょう。

FXのダイバージェンスでおすすめの無料インジケーター

FXのダイバージェンスを見つける際には、以下の無料インジケーターをおすすめします。

おすすめ無料インジケーター

いずれも、MT4・MT5に搭載されているので、無料で利用可能です。それぞれを簡単に見ておきましょう!

インジケーター①RSI

RSI

FXの代表的な逆張りインジケーター「RSI」は、相場の過熱感を示してくれます。

RSIが70以上なら買われ過ぎ、RSIが30以下なら売られ過ぎ、というのが一般的な見方です。

ただしダイバージェンスでは、RSIの数値は気にせず、レートに対して逆行しているかを確認する、という使い方・見方をします。

RSIは視覚的にも分かりやすいので、FX初心者に向いているでしょう!

インジケーター②MACD

MACD

次におすすめしたいインジケーターが、MACDです。

MACDもFXでは有名なインジケーターで、主にトレンドの転換点を探す際に使います。

ただしダイバージェンスを見つける際は、通常のMACDの見方はせず、レートと逆行している箇所を探すだけです。

視覚的にも分かりやすいので、MACDもFX初心者向きと言えるでしょう。

インジケーター③ストキャスティクス

ストキャスティクス

RSIとよく似たインジケーターで、ストキャスティクスがあります。

ストキャスティクスも、相場の過熱感を示すインジケーターで、80以上なら買われ過ぎ、20以下なら売られ過ぎというのが一般的な使い方。

ただしダイバージェンスでは、レートと逆行しているか、という見方だけします。

RSI・MACD・ストキャスティクスともに、以下のようなチャート形状のときにダイバージェンスが発生しやすいでしょう。

  • ダブルトップなど、これ以上の高値更新がきつそうな局面
  • ダブルボトムなど、これ以上の安値更新がきつそうな局面

インジケーター・チャート形状に慣れてくれば、ダイバージェンスは意外と簡単に見つけられますよ!

FXのダイバージェンスを自動表示するおすすめの無料インジケーター

ダイバージェンスは自力で見つけることもできますが、無料インジケーターを使って自動表示させたい、という方もいるのではないでしょうか。

そこで、FXのダイバージェンスを自動表示してくれる、おすすめの無料インジケーターをご紹介します!

インジケーターを表示するだけで、ダイバージェンスも自動表示されるので便利ですよ。

「FXキーストン」というサイトで、以下のインジケーターを無料ダウンロードできます。

MACDにダイバージェンスを自動表示するインジケーターを使ったチャート

上画像は、MACDにダイバージェンスを自動表示するインジケーターを使ったチャートです。

自動で線(上画像では黄色・茶色)を表示してくれるので、FX初心者でもすぐにダイバージェンスを見つけられるでしょう。

ダイバージェンス発生時にインジケーター(MACD)の方向へ、いい感じに反転していますね!

私自身も使っていますが、無料でダウンロードできるインジケーターなので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

FXのダイバージェンスの見つけ方・使い方

次に、FXのダイバージェンスの見つけ方や、効率的な使い方を解説します。

FXでダイバージェンス手法を使う際、ぜひ参考にしてください。

FXのダイバージェンスの見つけ方・使い方

見つけ方①長い時間足で探す

FXのダイバージェンスの見つけ方1

FXのダイバージェンスの見つけ方の大前提は、「長い時間足で探すこと」です。

短い時間足ではダマシも多くなるので、1時間足以上の長い時間足で探すのがおすすめの見つけ方。

4時間足や日足でダイバージェンスを確認できれば、相場の方向感を絞れます。

上画像のように、日足で強気のダイバージェンスが発生すれば、少なくとも数日間は買い1本に絞ることができ、勝率もアップできるでしょう。

見つけ方②チャート形状から探す

FXのダイバージェンスの見つけ方2

FXのダイバージェンスの見つけ方としては、チャート形状から探す方法もおすすめです。

以下のようなチャート形状になったとき、FXのダイバージェンスは発生しやすくなります。

  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • トリプルトップ(三尊天井)
  • トリプルボトム(逆三尊)

上記のチャート形状のときは、レートが高値更新・安値更新をしづらい状況なので、ダイバージェンスの出現頻度が多くなるでしょう。

ロウソク足を小さく表示するとチャート形状をつかみやすい

ダイバージェンスの効率的な見つけ方としては、ロウソク足を小さく表示して、チャート全体を見やすくする方法がおすすめ。チャート形状に気づきやすくなりますよ!

見つけ方③無料インジケーターを使う

FXのダイバージェンスの見つけ方3

FXのダイバージェンスの見つけ方として最も簡単なのが、自動表示してくれる無料インジケーターを使う方法です。

インジケーターを表示するだけで、ダイバージェンスが自動表示されるので、FX初心者でもすぐに見つけられるでしょう。

さらにおすすめしたいのが、前述の見つけ方と自動表示インジケーターを組み合わせる、という使い方です。

例えば、チャート形状を見てダブルボトムだった場合、反転して上昇する可能性が高い状況。このときダイバージェンスが発生していれば、勝率は高まるでしょう!

FXのダイバージェンスの注意点

続いて、FXのダイバージェンスの注意点を解説します。

FXのダイバージェンスの注意点
  • 勝率は60%~70%程度
  • 短い時間足ではダマシも多い
  • 損切り設定は必須

勝率は60%~70%程度

FXにおいてダイバージェンス現象が発生すれば、相場反転の可能性は高まるものの、必ず反転するとはかぎらないのでご注意ください。

FXのダイバージェンスの勝率は、おおよそ60%〜70%程度です。
3、4割はダマシに終わり、相場反転せずトレンドが進行する(負ける)と想定しておきましょう。

勝率を上げようとして多くの時間足やインジケーターを見ても、逆に混乱するだけです。

FX取引では、勝率は60%もあれば十分。
継続してトータルで勝つことを目標にしましょう

短い時間足ではダマシも多い

FXのダイバージェンスは、短い時間足ではダマシが多いのも特徴です。

1時間足より短い時間足では判断しないようにしましょう

おすすめは、1時間足・4時間足・日足です。これらの時間足でダイバージェンスが発生すれば精度も高く、相場の方向感をつかみやすくなります。

損切り設定は必須

損切りは必須

FXトレードでは損切り設定は必須ですが、ダイバージェンス手法でも同様です。

ダイバージェンス手法の場合、トレンドの反転を狙うため、外したときにはどこまでもトレンドが進む(含み損が増える)可能性があります

エントリー段階で必ず損切り設定しておき、FX資金を守りましょう!

FXのダイバージェンスを使ったトレード手法3選

では、FXのダイバージェンスを使った、おすすめのトレード手法を3つご紹介します。

FXのダイバージェンスでおすすめのトレード手法3選

キリ番・レジスタンスライン・サポートライン手法

キリ番+ダイバージェンス

FXのダイバージェンスは、トレンド転換・相場反転を狙った手法です。

そこでおすすめしたいのが、トレンドが転換しやすそうな局面でダイバージェンスが発生したときだけエントリーするという方法。

FX相場は、以下のような局面で転換・反転しやすいとされています。

  • キリ番(00・50など)
  • レジスタンスライン
  • サポートライン

上記に該当する局面でダイバージェンスが発生していれば、逆張りエントリーのチャンスです。

このように、複数の根拠が重なったときにエントリーしたほうが、FXの勝率は高くなるでしょう。

ただし、短い時間足ではダマシも多いので、1時間足以上の長い時間足で確認することをおすすめします。

各市場の開場直後を狙った一獲千金手法

各市場の開場直後を狙った一獲千金手法

FXのダイバージェンスは、相場反転を狙う手法のため、トレンドが転換しやすい時間帯を狙ってエントリーする手法もおすすめです。

各市場の開場直後は、新たなトレンドが発生しやすく、相場反転の可能性も高まります。

具体的には、以下の時間帯が狙い目です(日本時間で記載)。

  • 東京市場:9時
  • ロンドン市場:15時~16時
  • ニューヨーク市場:21時~22時

手法としては、上記の時間帯でダイバージェンスが発生していれば、逆張りエントリーをします。

うまくハマれば、トレンド転換点、つまり天井や底からエントリーできるため、大きく勝てる可能性があるでしょう。

ゴールドやポンド円など、ボラティリティの高い通貨ペアで仕掛ければ、一獲千金もあり得る手法ですよ!

利益確定・損切り設定だけで使う手法

ダイバージェンスが発生した時点で利益確定・損切りする手法

FX取引では、利益確定・損切りをどうするかも重要。

そこでおすすめしたいのが、ダイバージェンスが発生した時点で利益確定・損切りする、という手法です。

ポジション保有中にトレンドがどこまで伸びるか分からず、いつ利益確定すべきか迷うこともあるのではないでしょうか。

そんなとき、ダイバージェンスを確認した時点で、思い切って利益確定してしまうのです。

ダイバージェンスは相場反転を示唆しているので、そのままポジション保有していると、利益を減らすリスクがあります。

FX取引の手仕舞いで迷ったときに、利益確定・損切りの根拠としてダイバージェンスを使うと便利でしょう!

FXでダイバージェンス手法を使うなら海外FXがおすすめ

FXでダイバージェンス手法を使うなら、海外FX業者をおすすめします。

ダイバージェンスは相場反転の一撃を狙う手法なので、ノーリスクで取引できる海外FXの口座開設ボーナスと相性が良いからです。

口座開設ボーナスだけを使って取引し、トレンドの転換点を捉えられれば、ノーリスク・ハイリターンを狙えるでしょう!

各海外FX業者の口座開設ボーナス最新情報は以下の記事でまとめています!

関連:海外FXの口座開設ボーナス(未入金・ウェルカムキャンペーン)|おすすめ業者を徹底比較

ダイバージェンス手法を使うなら海外FXがおすすめ

上画像のように、ゴールドでトレンド反転を捉えれば、短期間で1000pips獲ることも不可能ではありません。

仮に、海外FXの口座開設ボーナスだけを使って1ロット取引していれば、100万円の利益です。

完全ノーリスクで100万円稼げる可能性があるわけですから、海外FXの口座開設ボーナスを使わない手はないでしょう!

特におすすめの海外FXの口座開設ボーナスは、下表の通りです。

海外FX業者 口座開設ボーナス
XM 最大15,000円
FXGT 最大20,000円

上記の海外FX業者は、高額の口座開設ボーナスを開催しています。

ただし、いずれも期間限定のため、先に口座開設だけでも済ませておき、ボーナスをもらっておくのがよいでしょう

ちなみにXM・FXGTともに口座開設ボーナスだけで取引可能。
得られた利益も出金できますよ。

ゴールドなど、相場反転したときに大きく稼げる通貨ペアを使い、海外FXの口座開設ボーナスだけで取引して、ノーリスクで一発を狙うのもおすすめですよ!

FXのダイバージェンスでよくある質問

最後に、FXのダイバージェンスでよくある質問をまとめたので、ぜひご活用ください。

FXのダイバージェンスに関するQ&A
  • FXのダイバージェンスとは、どんな意味・現象ですか?
  • FXのヒドゥンダイバージェンスとは、どんな意味・現象ですか?
  • FXのダイバージェンス手法の勝率は?
  • FXのダイバージェンスでおすすめのインジケーターは?
  • FXのダイバージェンスを自動表示する無料インジケーターはありますか?
  • FXのダイバージェンスの見つけ方・使い方は?
  • FXのダイバージェンスを使ったおすすめの手法は?
FXのダイバージェンスとは、どんな意味・現象ですか?

FXのダイバージェンスには、レートとインジケーターの逆行現象という意味があります。

レートとインジケーターの逆行現象は、以下の2種類です。

  • レートが上がっているのにインジケーターが下がっている
  • レートが下がっているのにインジケーターが上がっている
FXのヒドゥンダイバージェンスとは、どんな意味・現象ですか?

FXのヒドゥンダイバージェンスは、別名リバーサルとも呼ばれており、トレンド継続を示唆する現象です。

  • 上昇トレンド中に、レートが上がってインジケーターが下がっている現象
  • 下降トレンド中に、レートが下がってインジケーターが上がっている現象

ヒドゥンダイバージェンスが発生すると、押し目・戻り目が終わり、トレンド方向へ回帰する可能性が高くなります。

FXのダイバージェンス手法の勝率は?

FXのダイバージェンス手法の勝率は、利益確定・損切り=1:1とすると、おおよそ勝率60%〜70%といった感じです。

FXで安定的に勝つには十分な勝率と言えるでしょう。

FXのダイバージェンスでおすすめのインジケーターは?

FXのダイバージェンスでおすすめのインジケーターは、以下の3つです。

  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス
FXのダイバージェンスを自動表示する無料インジケーターはありますか?

はい、「FXキーストン」というサイトで、ダイバージェンスを自動表示する無料インジケーターをダウンロードできます。下記リンクをご参照ください。

FXのダイバージェンスの見つけ方は?

FXのダイバージェンスの見つけ方としては、長い時間足を使って探すのがよいでしょう。

また、ダブルトップ・ダブルボトムといったチャート形状に注目するのも、おすすめの見つけ方です。

FXのダイバージェンスの使い方・おすすめの手法は?

FXのダイバージェンスの使い方・おすすめの手法は以下の3つです。

  • キリ番・レジスタンスライン・サポートライン手法
  • 各市場の開場直後を狙った一獲千金手法
  • 利益確定・損切り設定だけで使う手法

まとめ

FXのダイバージェンスは、レートとインジケーターの逆行現象のこと。

  • レートが安値を更新しているのにインジケーターが上昇している
  • レートが高値を更新しているのにインジケーターが下落している

上記のような逆行現象が発生すれば、インジケーターが示す方向へ向かって、相場の反転が発生しやすくなります。

ダイバージェンスはトレンドの反転・転換点を捉えられるため、成功すれば大きく勝てる可能性があるでしょう。

ダイバージェンスの見つけ方としては、以下のインジケーターを使って探すのがおすすめです。

  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス

ダイバージェンス手法をノーリスクで試したい方は、海外FXの口座開設ボーナスのみで取引するのもよいでしょう。

口座開設ボーナスが豪華なFX業者
  • XM:最大15,000円
  • FXGT:最大20,000円

まずは、上記の海外FX業者の口座開設ボーナスを使い、ダイバージェンス手法で一獲千金を狙うのもおすすめですよ!

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。