FXの環境認識とは?簡単なやり方・コツをインジケーターで解説!

FXの環境認識とは?簡単なやり方・コツをインジケーターで解説!

FXトレードにおいて、「環境認識の簡単なやり方・コツを知りたい」と悩んでいる方もいると思います。

FXの環境認識とは、相場の状況を把握することです。

FXには、トレンド相場・レンジ相場があり、それぞれの相場状況にあったインジケーターを使うことで勝率を上げられるため、環境認識は必須と言えるでしょう。

この記事では、インジケーター「移動平均線」を使った、環境認識の簡単なやり方・コツを完全解説します。

この記事で分かること
  • FXの環境認識とは?
  • FXの環境認識の5つのコツ
  • FXの環境認識の簡単なやり方・エントリー方法
  • FXの環境認識のやり方・エントリー方法【応用編】
  • FXの環境認識のルール・注意点

結論、FXの環境認識のやり方・コツは簡単です。

FX初心者でも分かるように解説しているので、この記事を読んで、ぜひFXの環境認識をマスターしてくださいね!

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【XM最新口座】
XM | KIWAMI極口座
低スプレッド×手数料0×スワップフリーを実現した業界でも有数のコストに特化した口座。
短期・長期にかかわらずトレードしやすく、口座開設ボーナス15,000円がもらえる特典付き。
【極狭スプレッド】
AXIORY | ナノ/テラ口座
業界最狭水準の低スプレッド環境を提供している口座タイプ。
数多くのトレーダーから好評を得ており、機能性が高いプラットフォーム『cTrader』も利用できるなど、まさに利益にこだわりたい方のために作られた口座と言える。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

FXの環境認識とは?

まず、FXにおける環境認識とは何かを簡単に見ていきましょう。

FXの環境認識とは?
  • FXの環境認識とは相場状況を把握すること
  • FXで環境認識することのメリット
  • FXで環境認識できないと勝率が下がる
  • FXの環境認識のやり方・コツは簡単
  • FXの環境認識はトレーニング・練習すれば上達する

FXの環境認識とは相場状況を把握すること

FX環境認識とは現在の相場状況を把握すること

FXの環境認識とは、現在の相場状況・状態を把握することです。

FXには、下記3種類の相場パターンがあります。

FX相場は3種類ある
  1. 上昇トレンド相場
  2. 下落トレンド相場
  3. レンジ相場

FXの環境認識とは、上記のうち、いずれの相場パターンになっているかを把握すること。

簡単に言えば、「今はトレンド相場なのか、レンジ相場なのか」を把握して、エントリーする際の判断材料にすることが、FX環境認識の目的となります。

FXで環境認識することのメリット

相場環境できれば相場に合ったインジケーターを使える
FX取引において、環境認識は必須です。

FXの環境認識ができれば、相場状況にあったインジケーター・手法・取引ルールを用いてトレードできるため、勝率がグッと上がります。

例えば、環境認識で「トレンド相場」と判断できれば、トレンド順張り系インジケーターである移動平均線を使うと、勝率をアップできるでしょう。

また、FXで環境認識できると相場の方向感を把握できるため、エントリーの際に迷いがなくなるというメリットもあります。

インジケーターや手法を効果的に使うためには、FXの環境認識は不可欠と言えるでしょう。

FXで環境認識できないと勝率が下がる

FXの環境認識ができないと勝率が下がる
一方、FXで環境認識ができないと、相場の全体感を掴めずに勝率が下がります

例えば、短い時間足で上昇トレンドと思って買いエントリーしても、長い時間足では下落トレンド中だったために負ける、ということも。

FX相場は、長い時間足の方向へ引っ張られやすいため、環境認識ができないと、全体の方向感と真逆へエントリーして負けることが多くなるのです。

FXで環境認識できないと、とても不利になります。常に有利な方向へエントリーできるよう、ぜひ環境認識をマスターしましょう!

FXの環境認識のやり方・コツは簡単

FXの環境認識は、言葉だけを聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、やり方はとても簡単・シンプルです。

やり方としては、長い時間足のインジケーターの状況を見て、上昇トレンド・下落トレンド・レンジ相場のいずれに該当するかを把握するだけ。

エントリーのやり方も、環境認識の方向へ向かって買い・売り注文するだけなので簡単ですよ!

この記事では、インジケーター「移動平均線」を使った、FX初心者でも簡単にできるやり方を解説しているので、どうぞご安心ください。

FXの環境認識はトレーニング・練習すれば上達する

FXの環境認識は、トレーニング・練習すれば必ず上達します。

誰でも最初は、環境認識できないものです。しかし、トレーニングすれば、徐々に環境認識できるようになります

FX環境認識のトレーニングのやり方は、後述の 「FXの環境認識をトレーニングするなら海外FXがおすすめ」をご参照ください。

FXの環境認識の5つのコツ

では、FXの環境認識における、5つのコツを一緒に見ていきましょう!

FX初心者でも簡単に分かるコツなので、ぜひ参考にしてください。

FX環境認識の5つのコツ
  1. 環境認識では上位時間足を固定する
  2. 環境認識ではインジケーターも固定する(おすすめは移動平均線)
  3. 環境認識はエントリー方向を把握するだけ(エントリーはまだ)
  4. 下位時間足で機能しやすいインジケーターを使ってエントリー
  5. 環境認識で使った上位時間足の方向を優先する

コツ①環境認識では上位時間足を固定する

FXの環境認識は1つの時間足で判断する
FXの環境認識では、最初に上位(長い)時間足を見ます。その際、時間足を固定することが大事です。

環境認識用の時間足を1つに固定し、他の時間足を見ないことがコツとなります。

環境認識で見るべき時間足は1つで十分です。複数の時間足を見ると、逆に混乱してどの時間足を信じていいか分からず、正しい環境認識ができない状態になるでしょう。

「どの時間足で環境認識するか?」は、トレードスタイルによって変わってきます。下表をご参考ください。

トレードスタイル 環境認識で見る時間足
スキャルピング 1時間足・4時間足
デイトレード 日足・4時間足
スイングトレード 週足・日足

上表の太字の時間足が、特におすすめです。

例えば、スキャルピング取引であれば、1時間足だけで環境認識すれば十分と言えます。

目先の数pipsを獲るスキャルピングで日足を見ても、正しい環境認識はできないでしょう。

FXの環境認識では、トレードスタイルに応じて、確認する時間足を変えることがコツです。

コツ②環境認識ではインジケーターも固定する(おすすめは移動平均線)

また、FXの環境認識では、インジケーターも1種類に固定することもコツとなります。

多くのインジケーターを表示すると迷いが生じ、正しい環境認識ができないでしょう。

環境認識でおすすめなインジケーターは、以下の3つです。

おすすめのインジケーター
  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • RSI

それぞれのインジケーターの、環境認識のやり方・コツを見ていきましょう!

移動平均線

移動平均線はトレンド系の代表的インジケーター
まず、FXの環境認識で最もおすすめしたいインジケーターは、移動平均線です。

移動平均線は、FXトレーダーに最も使われているインジケーターなので、比較的機能しやすいのが特徴。初心者でも簡単に環境認識できるでしょう。

移動平均線の環境認識のやり方は、以下のような感じです。

基本的なやり方
  • 移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド相場
  • 移動平均線が右肩下がりなら下落トレンド相場
  • 移動平均線に傾きがなく横向きならレンジ相場

上記のやり方なら、FX初心者でも簡単に環境認識できるのではないでしょうか。

ちなみに移動平均線は、以下のような環境認識もできます。

応用的なやり方
  • レートが移動平均線より上にあれば買い有利
  • レートが移動平均線より下にあれば売り有利

つまり、移動平均線が右肩上がりで、かつレートが移動平均線より上にあれば、かなり強い上昇トレンド相場と判断できるわけです。

上記の応用的なやり方については、後述の 「FXの環境認識のやり方・エントリー方法【応用編】」で詳しく解説します。

一目均衡表

一目均衡表は雲だけを使うのがオススメ
次におすすめしたいインジケーターは、一目均衡表です。

一目均衡表は、先行スパンや遅行スパン、基準線、雲など様々な線が表示されるインジケーターとなります。

ただ、FXの環境認識においては、一目均衡表の雲だけを使う、超シンプルなやり方がおすすめ

一目均衡表の雲は、抵抗線・支持線になりやすいインジケーターなので、その特徴を活かして、以下のような環境認識のやり方をします。

  • レートが雲より上なら上昇トレンド相場
  • レートが雲より下なら下落トレンド相場
  • レートが雲の中にあればレンジ相場

上記のやり方なら、初心者でも簡単に環境認識ができるでしょう!

RSI

RSIは環境認識では違った使い方をする
FXの環境認識するインジケーターとして、RSIもおすすめします。

RSIは、相場の過熱感を示すインジケーターです。70以上なら買われ過ぎ(売りエントリー)、30以下なら売られ過ぎ(買いエントリー)、というのが一般的な使い方。

しかし、FXの環境認識におけるRSIは、以下のように違った使い方をします。

  • RSIが60以上なら上昇トレンド相場
  • RSIが40以下なら下落トレンド相場
  • RSIが40~60ならレンジ相場

上記のやり方なら、RSIの数値で機械的に判断するだけなので、FX初心者でも簡単に環境認識できるはずです。

コツ③環境認識はエントリー方向を把握するだけ(エントリーはまだ)

FXの環境認識は、あくまでエントリー方向を把握するだけ。まだエントリーはしない、という点もコツとなります。

例えば、「上昇トレンド相場」と環境認識できても、すぐに買いエントリーはしないようにしましょう。

実際のエントリーは、下位(短い)時間足でタイミングを図ります。

コツ④下位時間足で機能しやすいインジケーターを使ってエントリー

RSIは逆張り系の代表的インジケーター
FXの環境認識ができたら、下位時間足チャートに、各環境(トレンド相場・レンジ相場)に合ったインジケーターを表示させることも、重要なコツです。

FXのインジケーターは、トレンド相場向き・レンジ相場向きの2種類あります。

環境にあったインジケーターを使えば機能しやすくなり、FXの勝率は驚くほどアップするでしょう。

トレンド相場・レンジ相場で機能しやすいインジケーターは下表を参考にしてください。

トレンド相場向きのインジケーター レンジ相場向きのインジケーター
移動平均線 RSI
一目均衡表 MACD
スーパーボリンジャー ストキャスティクス
スパンモデル RCI
ボリンジャーバンド CCI
GMMA ATR
エンベロープ ウィリアムズ%R

コツ⑤環境認識で使った上位時間足の方向を優先する

環境認識では上位時間足を重視する
もう1つコツをお伝えしておくと、FXの環境認識で迷ったときは、上位時間足の方向を優先しましょう。

FX相場は、上位時間足の方向へ向かっていく可能性が高いためです。

環境認識をしていると、上位時間足では上昇トレンドなのに、下位時間足では下落トレンド、といったこともあります。

この場合、上位時間足の上昇トレンドを正として、下位時間足が上昇トレンドに変わるまでは様子見するのがコツ。

FXトレードでは、上位・下位の時間足の方向性が一致するまで、エントリーを見送ることが重要です。「待つのもFX」と覚えておきましょう!

FXの環境認識の簡単なやり方・エントリー方法

続いて、FXの環境認識のやり方や、具体的なエントリー方法を解説します。

ここでは、スキャルピングを例にして、やり方・エントリー方法を見ていきましょう(デイトレード・スイングトレードでも、考え方は同じです)。

FXの環境認識の簡単なやり方・エントリー方法
  1. 上位時間足に移動平均線を表示する
  2. 上位時間足で環境認識をする
  3. 下位時間足で環境に合ったインジケーターを表示する
  4. 下位時間足でタイミングを図ってエントリーする
  5. 下位時間足で利益確定・損切り設定する

やり方①上位時間足に移動平均線を表示する

移動平均線のパラメーター設定方法
FXの環境認識のやり方としては、最初に上位時間足にインジケーター「移動平均線」を表示します。

スキャルピングの場合、1時間足に移動平均線を表示させましょう。

移動平均線のパラメーター・種別は「100EMA」を使うのがおすすめ。多くのFXトレーダーに使われており、意識されやすい(=機能しやすい)ためです。

移動平均線100EMAの表示のやり方は、パラメーター欄に「100」と入力し、種別欄で「exponential」を選択します。

やり方②上位時間足で環境認識をする

移動平均線100EMAを使った環境認識のやり方
続いて、1時間足の移動平均線100EMAで、以下のように環境認識を行いましょう。

  • 移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド相場
  • 移動平均線が右肩下がりなら下落トレンド相場
  • 移動平均線が横向き(傾きなし)ならレンジ相場

移動平均線の傾きだけを見るシンプルなやり方なので、FX初心者でも簡単にできるはずです。

やり方③下位時間足で環境に合ったインジケーターを表示する

次に、エントリーのタイミングを図るため、下位時間足(スキャルピングなら1分足がおすすめ)にインジケーターを表示させます。

コツとしては、上位時間足で判断した環境に合ったインジケーターを表示させること。

下記のやり方をご活用ください。

  • トレンド相場と判断した場合は、下位時間足でも移動平均線を表示する
  • レンジ相場と判断した場合は、下位時間足でRSIを表示する

移動平均線の場合は、上位時間足のときと同じく、100EMAを表示させましょう。

【補足】下位時間足もトレードスタイルによって固定するのがコツ

ここで補足を1つ。

環境認識の際、上位時間足ではトレードスタイルによって時間足を固定する、と解説しましたが、これはエントリーで使う下位時間足でも同様です。

下表のように、トレードスタイルによって、下位時間足も使い分けましょう。

トレードスタイル エントリーで使う下位時間足
スキャルピング 1分足・5分足
デイトレード 5分足・15分足
スイングトレード 1時間足・4時間足

太字がおすすめの時間足です。

例えば、スキャルピングであれば、1時間足で環境認識をしたあと、1分足でエントリーすることをおすすめします。

やり方④下位時間足でタイミングを図ってエントリーする

トレンド相場なら移動平均線、レンジ相場ならRSIを下位時間足に表示できれば、あとはタイミングを図ってエントリーするだけです。

トレンド相場(移動平均線)のエントリールール

環境認識が上昇トレンドの場合のエントリー方法

上昇トレンド相場のエントリールール
  • 買いエントリーのことだけを考える
  • レートが、1分足の移動平均線100EMAを下から上に抜けたら買いエントリー
  • 上記は確定足で判断する
下落トレンド相場のエントリールール
  • 売りエントリーのことだけを考える
  • レートが、1分足の移動平均線100EMAを上から下に抜けたら売りエントリー
  • 上記は確定足で判断する

ロウソク足が確定する前にエントリーすると、ダマシに遭う可能性もあります。必ず、確定足で判断して、エントリーするようにしましょう。

レンジ相場(RSI)のエントリールール

環境認識がレンジ相場の場合のエントリー方法

レンジ相場のエントリールール
  • 買いエントリーと売りエントリーの両方を考える
  • 1分足のRSIが30以下になったら買いエントリー
  • 1分足のRSIが70以上になったら売りエントリー
  • 上記は確定足で判断する

レンジ相場の場合、買い・売りいずれでもエントリー可能です。トレンド相場と同様に、確定足で判断するというルールを守りましょう。

やり方⑤下位時間足で利益確定・損切り設定する

エントリーの根拠が崩れたときに利益確定する
FXでは、正しい利益確定・損切り設定を行うことも大事です。

利益確定・損切りのやり方次第で、利益額・損失額は大きく変わってきます。エントリー以上に、決済のやり方は重要と言ってもよいでしょう。

利益確定・損切りルールは、「インジケーターが条件を満たさなくなった(エントリーの根拠が崩れた)ときに決済する」というやり方がおすすめです。以下をご参考ください。

上昇トレンド相場で買いエントリーした場合の決済ルール
●レートが1分足の移動平均線を下回った地点で利益確定・損切りする
下落トレンド相場で売りエントリーした場合の決済ルール
●レートが1分足の移動平均線を上回った地点で利益確定・損切りする
レンジ相場で買いエントリーした場合の決済ルール
  • 1分足RSIが70に達したら利益確定する
  • 1分足RSIが20に達したら損切りする
レンジ相場で売りエントリーした場合の決済ルール
  • 1分足RSIが30に達したら利益確定する
  • 1分足RSIが80に達したら損切りする

FXの環境認識のやり方・エントリー方法【応用編】

ここでは、FXの環境認識のやり方・エントリー方法の応用編を解説します。

FXの環境認識やエントリーに慣れたら、こちらのやり方もぜひご参考ください。

FXの環境認識のやり方・エントリー方法(応用編)
  1. 上位時間足に移動平均線100EMAを表示させる
  2. 上位時間足のレート位置で、エントリーor様子見を判断する

やり方①上位時間足に移動平均線を表示する

まず上位時間足に、移動平均線100EMAを表示させます。これは先ほどと同じやり方です。

やり方②上位時間足でエントリーor様子見を判断する

レートが移動平均線100EMAを下回ったら様子見するのがオススメ
次に、移動平均線とレートの位置関係によって、トレンドの状態を把握します。

もし、移動平均線100EMAに傾きがなければ、レンジ相場と判断して、先述のRSIを使ったやり方でエントリーを進めてください。

応用的なやり方は、移動平均線に傾きがあって、トレンド相場と判断した場合にだけ使います。

ここでは、「レートが移動平均線100EMAより上にあるか下にあるか」を確認しましょう。

上昇トレンド相場(移動平均線が右肩上がり)の場合
  1. レートが100EMAより上:強い上昇トレンド継続中(買い目線)
  2. レートが100EMAより下:利益確定の売り決済が進んでおり、トレンド終焉の可能性あり(様子見)
下落トレンド相場(移動平均線が右肩下がり)の場合
  1. レートが100EMAより下:強い下落トレンド継続中(売り目線)
  2. レートが100EMAより上:利益確定の買い決済が進んでおり、トレンド終焉の可能性あり(様子見)

上記②のような相場環境では、どちらに動くか分からないのでエントリーを見送る、というのが応用的なやり方のコツです。

移動平均線の傾きだけでなく、レート位置も加味して判断すれば、エントリー回数は減るものの、環境認識の精度はより高まるでしょう!

FXの環境認識のルール・注意点

続いて、FXの環境認識のルール・注意点を5つ解説します。

FXの環境認識のルール・注意点
  • 複数のインジケーターや時間足はいらない
  • インジケーターのパラメーターを変えると正しい環境認識ができない
  • FXでは環境認識しても100%勝つことはできない
  • 負けたときに「FXで環境認識はいらない」と考えない
  • 感情・感覚はいらない

複数のインジケーターや時間足はいらない

複数のインジケーターや時間足を表示しても迷うだけ
FXで環境認識するとき、複数のインジケーターや時間足はいらないとお考えください。

1種類のインジケーター・時間足で判断するルールで十分です。

例えばスキャルピングでは、1時間足の移動平均線だけを見れば、環境認識できます。

先述の応用編では、移動平均線2本を使ったやり方をご紹介しましたが、それでも使っているインジケーターは、移動平均線の1種類だけです。

複数の時間足やインジケーターを使ったやり方をすると、逆に迷いが生じて、正しい環境認識ができないので注意しましょう。

インジケーターのパラメーターを変えると正しい環境認識ができない

インジケーターのパラメーター設定を変えないことも、重要なルールです。

例えば、移動平均線100EMAで環境認識すると決めたなら、パラメーターは「100」で固定しましょう。

パラメーター設定をコロコロ変えると、正しい環境認識ができないようになります。

FXでは環境認識しても100%勝つことはできない

FXでは、環境認識しても全トレードで勝つことはできないと思っておきましょう。

勝率は60%〜70%といった感じなので、3〜4割は負けてもいいと気楽に考えることをおすすめします。

負けたときに「FXで環境認識はいらない」と考えない

FX取引で負けると「FXで環境認識はいらない」と考えがちです。

しかし、FXでは環境認識を行っても、3〜4割は負けます。逆に言えば、環境認識を行うから、負けが3〜4割で抑えられると言ってもよいでしょう。

環境認識はいらないものではなく、むしろFXでは必須です。多少負けが続いたとしても、いらないとは考えないようにしましょう!

感情・感覚はいらない

FX環境認識に感情や感覚はいらない
FXの環境認識では、感情・感覚はいらないです。

FXでは、ルールに従って淡々と環境認識することが重要です。

例えば、「これ以上は上がらなさそう」といった感情や感覚を入れると、正しい環境認識をできないようになります。

移動平均線なら、傾きがあるかどうか。レートが移動平均線より上にあるか下にあるか。事実だけを見て環境認識を行いましょう!

FXの環境認識のトレーニング・練習には海外FXがおすすめ

FXの環境認識は、トレード経験を積むことが重要となります。

そこでおすすめしたのが、海外FX業者を使ってトレーニング・練習する方法です。

海外FX業者の口座開設ボーナスのみでトレーニングすれば、ノーリスクで環境認識の練習ができますよ!

トレーニングには海外FXがおすすめ
  • リアル口座でトレーニングするのがおすすめ
  • 海外FXの口座開設ボーナスで練習すればノーリスク
  • ゴールドで環境認識できれば一獲千金も狙える
  • トレーニング中に簡単な日記をつける

リアル口座でトレーニングするのがおすすめ

FXの環境認識は、リアル口座でトレーニングするのがおすすめです。

デモ口座は、本番環境と違ううえ、緊張感・臨場感が出ないため、あまり練習になりません。

リアル口座で、資金の増減を実感する環境でトレーニングしたほうが、やり方を早く覚えられるでしょう。

海外FXの口座開設ボーナスで練習すればノーリスク

環境認識の練習にはXMなどの海外FXがオススメ

リアル口座で、かつノーリスクで環境認識の練習をしたい方には、海外FXの口座開設ボーナスを強くおすすめします。

海外FXの口座開設ボーナスだけで取引すれば、負けても損失ゼロ。勝ったときには利益を出金できます。

口座開設ボーナスが高額で、特におすすめしたい海外FX業者は、下記の2社。

  • XM:最大15,000円
  • FXGT:最大20,000円

いずれも期間限定なので、ボーナスが高額のうちに、口座開設だけでも先に済ませておくとよいでしょう!

海外FXに慣れてきたら、入金ボーナスも活用すると、さらに有利にトレードできますよ。

海外FX業者の最新口座開設ボーナス情報をまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

関連:海外FXの口座開設ボーナス(未入金・ウェルカムキャンペーン)|おすすめ業者を徹底比較

ゴールドで環境認識できれば一獲千金も狙える

ゴールドで環境認識できれば一獲千金も狙える
ゴールドの環境認識ができるようになれば、トレンドを一気に捉えて一獲千金も狙えるでしょう。

海外FXにはハイレバレッジというメリットもあるので、値動きの大きなゴールドで取引すれば、少額資金から大きく稼ぐことも可能ですよ!

トレーニング中に簡単な日記をつける

海外FXを使って環境認識のトレーニングをするときにおすすめしたいのが、簡単な日記をつけるやり方。

FXトレードをやりっ放しでは、トレーニングになりません。日記をつけて振り返り、改善するようにしましょう!

以下のようなことを、簡単な日記に記しておけば十分です。

  • 正しい環境認識ができたか
  • 正しい環境認識ができないときは原因を考える(時間足を間違えたなど)
  • ルールを守って正しい練習をできたか
  • 環境に合ったインジケーターを使えたか

FXの環境認識でよくある質問

最後に、FXの環境認識でよくある質問をまとめたので、ご活用ください。

FXの環境認識に関するQ&A
  • FXの環境認識とは何ですか?
  • FXで環境認識はいらないというのは本当ですか?
  • FXの環境認識のコツはありますか?
  • FXの環境認識でおすすめのインジケーターは?
  • FXの環境認識の簡単なやり方を教えてください
  • FXの環境認識でおすすめのトレーニング・練習方法は?
FXの環境認識とは何ですか?

FXの環境認識とは、現在の相場が「上昇トレンド相場」「下落トレンド相場」「レンジ相場」のいずれに当てはまるか把握することを言います。

FXでで環境認識はいらないというのは本当ですか?

いいえ、FXで相場環境はいらないというのは誤りです。

環境認識は、相場の方向感を把握し、有利なエントリーをするうえで必須となります。

FXの環境認識のコツはありますか?

FXの相場環境のコツは、以下の通りです。

  • 1種類のインジケーターや時間足を使う
  • 環境認識した方向にだけエントリーする
  • 下位時間足で環境にあったインジケーターを使う
FXの環境認識でおすすめのインジケーターは?

FXの環境認識でおすすめのインジケーターは、移動平均線です。

視覚的に分かりやすいので、FX初心者でも簡単に環境認識ができるでしょう。

FXの環境認識の簡単なやり方を教えてください。

FXの環境認識の簡単なやり方は、以下の通りです。

  1. 上位時間足に移動平均線を表示する
  2. 上位時間足で環境認識をする
  3. 下位時間足で環境に合ったインジケーターを表示する
  4. 下位時間足でタイミングを図ってエントリーする
  5. 下位時間足で利益確定・損切り設定する

移動平均線は、右肩上がりなら上昇トレンド相場、右肩下がりなら下落トレンド相場、傾きがなければレンジ相場と判断します。

FXの環境認識でおすすめのトレーニング・練習方法は?

FXの環境認識をトレーニングしたい方は、海外FXの口座開設ボーナスを使って、ノーリスク&リアル口座で練習するのがよいでしょう。

海外FXの口座開設ボーナスだけで取引すれば、ノーリスクで環境認識のトレーニング・練習ができます。

特に、以下の海外FX業者の口座開設ボーナスがおすすめです。

  • XM:最大15,000円
  • FXGT:最大20,000円

まとめ

FXの環境認識とは、相場の状態を把握することを言います。

FXには3種類の相場がある
  • 上昇トレンド相場
  • 下落トレンド相場
  • レンジ相場

上記のうち、いずれの相場にあてはまるか把握することが、FX取引では大事です。

環境認識ができれば、状況に合った正しいインジケーターを使えるため、勝率を高められるでしょう。

FXの環境認識をするコツは、以下の5点です。

環境認識の5つのコツ
  1. 上位時間足を1種類に固定する
  2. インジケーターを1種類に固定する
  3. 上位時間足で相場の方向感を把握する
  4. 下位時間足で環境に合ったインジケーターを使ってエントリーする
  5. 上位時間足の方向性を優先する

FXの環境認識の簡単なやり方としては、上位時間足を見る際に、インジケーターの移動平均線を使って判断する方法がおすすめです。

FXの環境認識は、トレーニングすることでできるようになります。

ノーリスクで練習したい方は、海外FX業者の口座開設ボーナスを活用するとよいでしょう。

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。