FXGTの確定申告と税金の計算方法!節税できる?

FXGT(エフエックスジーティー)の確定申告

FXGTで取引をして利益が出た場合に気になるのが、「税金はかかるの?」「確定申告はどうすればいいの?」ということではないでしょうか。

海外FXで得た所得の確定申告は、多くの人にとって不慣れな作業のため、何から始めたら良いか分からない、と迷うこともあると思います。

しかし、面倒だからといって確定申告をしないと追徴課税を受ける可能性があり、本来払うべき税金より多く課税されてしまいます。

そこでこの記事では、FXGTの確定申告の対象者や、税金の種類・計算に必要な書類などについて分かりやすく解説しました。

また、節税方法についても説明しているので、FXGTの確定申告にお悩みの方は最後まで読んでおきましょう。

ちなみに、以下の記事にて、FXGTの評判・口コミについて紹介しているので、こちらも合わせてご覧ください。

関連:【FXGTの評判・口コミ】安全性はどう?利用価値を辛口で評価

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【ボーナス対象】
スタンダード+口座
新規口座開設で15,000円の口座開設ボーナスがもらえる口座タイプ。
無料でリスクなしのお試しトレードができるので、とりあえずこの口座を開設しておいて損はなし。
仮想通貨FXをしたいならCryptoMax口座がおすすめ。
【極小取引コスト】
プロ口座
低スプレッド×スワップフリーの取引コストが非常に小さい口座。
FXGTの中で最もいい取引条件でトレードできる口座なので、中級者トレーダーにおすすめ。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

FXGTの注目情報
そのほかのFXGTに関する様々な情報を掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。
FXGTのボーナス情報
その他キニナル情報

FXGTで確定申告が必要な人は?

まず最初は、FXGTで取引をしている人のうち、どういう場合に確定申告が必要になるかを確認していきましょう。

一番気になるのは、「FXGTでどれくらいの利益があったら確定申告が必要になるのか?」だと思いますが、その水準は、給与所得者とそれ以外の事業所得者・主婦等によって大きく2つに分けられます。

給与所得者と事業所得者の確定申告対象者
  • 給与所得者:FXGTでの利益を含む年間の雑所得の合計が20万円を超える場合に確定申告が必要
  • 事業所得者・主婦等:FXGTでの利益を含む年間の雑所得の合計が48万円※を超える場合に確定申告が必要
事業所得者・主婦等では、2019年までは年間38万円超の雑所得があった場合に確定申告が必要とされてきましたが、2020年からは年間48万円超の雑所得があった場合へと改正されています。

サラリーマンなど給与所得者の場合は、FXGTの利益を含む雑所得の合計が20万円を超える場合に確定申告が必要になり、20万以下の場合は基本的に確定申告は不要です。

また、事業所得者・主婦・学生(18歳以上)・フリーランスなどの場合は、FXGTでの利益を含む年間の雑所得の合計が48万円を超える場合に確定申告が必要になり、48万以下の場合は確定申告は不要となります。

なお、以下の場合はFXGTで取引した利益の額に関係なく確定申告が必要になるので注意しましょう。

利益の額に関係なく確定申告が必要な人の例
  • 2か所以上の会社から給与を受け取っている人
  • 不動産収入などの別の所得がある人
  • 年収が2,000万円以上ある人

FXGTの税金の計算対象になる取引は?

続いて、FXGTでどんな取引をすると税金の計算対象になるのかを確認したいと思います。

FXGTでは、以下の銘柄が取引可能になっています。

FXGTで取引可能な銘柄
  • FX通貨ペア
  • 仮想通貨
  • シンセティック仮想通貨
  • メタル
  • エネルギー
  • 株価指数
  • GTi12指数
  • 株式
  • DeFiトークン
  • NFT

非常に多くの銘柄を扱うFXGTですが、これらすべての取引が税金の計算対象になります。

ただし、エントリーした時点では計算対象にならず、「ポジションを決済して損益が確定した取引」が、FXGTの税金の計算対象になる取引になります。

つまり、保有中のポジションは税金の計算対象に含まれません。

海外FXと国内FXの税金計算の違い

海外FXと国内FXでは、以下のように適用される税制度が異なります。

海外FXと国内FXの違い
  • FXGT・海外FX:累進課税(給与所得なども合算し課税される)
  • 国内FX:申告分離課税(FXの利益は給与所得などと分けて課税される)

それぞれの税金計算の違いを詳しく見ていきましょう。

FXGT・海外FXの所得税は累進課税

FXGT・海外FXで得た利益は、総合課税(所得税+住民税)によって計算されます。

総合課税とは、FXによる利益である雑所得だけではなく、給与所得やその他の所得も合算して課税される方式です。

また、所得税は所得によって税率が変わる「累進課税」となっています。

累進課税の所得額ごとの税率・控除額
所得額 所得税率 住民税 復興特別所得税 控除額
195万円以下 5% 10% 2.1% 0円
195万円超〜330万円以下 10% 10% 2.1% 9万7500円
330万円超〜695万円以下 20% 10% 2.1% 42万7500円
695万円超〜900万円以下 23% 10% 2.1% 63万6000円
900万円超〜1,800万円以下 33% 10% 2.1% 153万6000円
1,800万円超〜4,000万円以下 40% 10% 2.1% 279万6000円
4,000万円超〜 45% 10% 2.1% 479万6000円

このように、所得額に応じて所得税率が5%から最大45%まで設定されていて、FXGTでの利益が増えるにつれ税率も高くなっていきます。

また、所得税以外にも住民税(一律10%)、復興特別所得税(一律2.1%)などもかかるので、合計した税率が55%を超える場合があります。

国内FXは申告分離課税(一律20%)

続いて、国内FXの税金計算を見ていきましょう。

国内FXで得た利益は、「申告分離課税」によって計算されます。

申告分離課税とは、FXによる利益である雑所得を、給与所得などの所得とは分離して課税される方式です。

国内FXの税金は一律20.315%に設定されており、非常にシンプルです。

国内FXの税金計算
  • 所得税15%+地方税5%+復興特別所得税0.315%=20.315%

申告分離課税では、所得税が15%・地方税(5%)・復興特別所得税(0.315%)が固定されており、合計で20.315%の固定税率となります。

多くの人にとって、国内FXの申告分離課税の方が税制度の面では有利と思われますが、海外FXの総合課税では他の所得と合算して計上するため、一概に「どちらが良くて、どちらがダメ」とはいえません。

海外FXと国内FXのどちらが税率的にお得なのかは、個々の事情を考慮して判断する必要があります。

FXGTの税金計算で必要な書類

FXGTの税金計算には、以下2種類の書類が必要です。

FXGTの税金計算に必要な書類
  • 年間取引明細書
  • 必要経費を集計した書類、および領収証など

FXGTでの年間取引明細書については、以下の手順でMT4/MT5からダウンロードできます。

FXGTの年間取引明細書のダウンロード手順
  1. MT4/MT5の「ツールボックス」を開き、その中の「口座履歴」タブを開く
  2. 開いた画面の中で右クリックし、メニューの中から「期間指定」を選択する
  3. 期間をその年の1月1日〜12月31日として指定すると、年間の取引履歴が口座履歴内に表示される
  4. さらに開いた画面の中で右クリックし、メニューの中から「レポート」を選択する
  5. レポートにはエクセルかHTMLがあるので、都合の良い形式でダウンロードする

また、必要経費の集計表については、表計算ソフトやその他アプリなどを利用してください。

なお、購入時のレシートや領収証なども必要になるので、日頃から保管しておきましょう。

ちなみに、必要経費として計上できるものについては、のちの「FXGTでの節税方法」の項目で解説しています。

FXGTの税金計算方法・手順

ここからは、FXGTの税金計算方法を確認していきます。

FXGTを始め海外FXの損益は、雑所得として総合課税/累進課税が適用されます。

また、課税される所得には、FXGTでの損益だけではなく給与所得などのその他の所得も含まれるので注意しましょう。

したがって、FXGTでの税金計算の際の課税される所得金額は、以下のようになります。

FXGTでの税金計算の際に課税される所得金額
  • 年間所得ー経費ー控除=課税される所得金額
給与所得やその他の所得+FXGTで得る所得

例えば、課税される所得金額が450万円の場合、所得税は以下のように計算できます。

例) 所得金額が450万円の場合の所得税
所得の段階 対応する税率 所得税
450万円のうち195万円以下 195万円に対して5% 9万7,500円
450万円のうち195万円超〜330万円以下 135万円に対して10% 13万5,000円
450万円のうち330万円超〜695万円以下 120万円対して20% 24万円

合計で47万2,500円になります。

なお、控除はその人によって異なるため、確定申告の際はご注意ください。

FXGTの確定申告における注意点

FXGTの確定申告における注意点

FXGT・海外FXの確定申告における注意点は以下のとおりです。

FXGTの確定申告における注意点

確定申告時のボーナスの扱いや、FXGTでの損益通算について見ていきましょう。

FXGTのボーナスは課税対象外

FXGTで付与されるボーナス(口座開設ボーナスや入金ボーナスなど)は、課税の対象になりません。

獲得したボーナスは、課税対象になる損益に含めないことを覚えておきましょう。

一方で、FXGTではその他ボーナスキャンペーンとして、取引量に応じたキャッシュバックを行うことがあります。

そうしたキャンペーンで獲得したキャッシュバックは出金可能な現金なので、利益として計算に含める必要があるので注意してください。

関連:FXGTボーナス完全攻略!口座開設ボーナス&入金ボーナスキャンペーン

関連:海外FXのボーナスは税金がかかる?損失補填やキャッシュバックは課税対象?

FXGTは損益通算ができない

FXGTや海外FXでは、適用される税制度の違いから国内FXでは可能な損益通算が認められていません。

国内FXの損益通算とは、損失が出た年の翌年から3年間は損失を繰り越して利益と相殺できる制度です。

国内FXの損益通算制度について
  損益 通算の損益 課税対象額
取引開始年 -100万円 -100万円 0円
+1年 +30万円 -70万円 0円
+2年 +60万円 -10万円 0円
+3年 +100万円 +90万円 90万円

このように、国内FXの損益通算では、ある年に発生した損失を最長で3年間繰越すことが可能です。

一方で、FXGTなどの海外FXでは、損益通算制度が適用されていないので、損失を翌年に繰り越すことができません。

また、同じ年に海外FXと国内FXでそれぞれ取引をして、どちらかで利益、どちらかで損失が出た場合でも、それらの損益は通算することができないので注意しましょう。

FXGTでの節税方法

FXGTでの節税方法

最後は、FXGT・海外FXでの節税方法を確認しましょう。

以下の3点が、確定申告で節税を行う際の重要なポイントとなります。

FXGTの確定申告の際の節税方法

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

FXで収入を得るためにかかった経費を計上する

最も基本的な節税の方法としては、FXGTで取引し収入を得るためにかかった経費を計上することです。

例) FXGTで必要になる経費
  • EAやカスタムインジケーターの購入費
  • FXの手法や教材、書籍の購入費
  • FXセミナーの参加費や交通費

また、以下に該当するものについても、全部 or 一部が経費として認められる可能性があります。

例) FXGTの取引において経費として認められる可能性があるもの
  • 取引環境を整えるためのPC・モニター・周辺機器など
  • 取引環境を整えるための机・椅子など
  • 取引のためのインターネットの通信費
  • 取引に使用している部屋の家賃や光熱費
  • セミナー参加のために購入したスーツ代
  • 他のトレーダーとの交際費

こうした品目を経費として計上することは、節税のために重要です。

FXGTの取引において、費用がかかった物の領収証やレシートを必ず保管しておきましょう。

総合課税の対象となる他の分野を考慮する

FXGTや海外FXは、総合課税の雑所得になるため、他の総合課税の所得と合算し、課税所得が計算されます。

総合課税には10種類の所得の分類がありますが、総合課税の対象には以下8種類の所得が含まれます。

総合課税の対象
  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

参考:国税庁ホームページ「総合課税制度」

FXGT以外で所得がある場合は、その分野の経費などに注目することでさらに節税できる可能性が高まります。

配偶者控除など、各種控除を利用する

所得控除には非常に多くの項目があり、確定申告の際にこうした制度を活用することで、さらに節税をすることができます。

所得控除には、以下のようなものがあります。

例) 所得控除
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄附金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除
  • ひとり親控除
  • 勤労学生控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

参考:国税庁ホームページ「所得控除のあらまし」

こうした控除は、経費の計上と同様に自己申告しないと節税につなげることはできません。

使用可能な控除は最大限使って節税しましょう。

まとめ

今回は、FXGTでの確定申告や、そのために必要な税金の基礎知識などを確認しました。

給与所得者と事業所得者で確定申告が必要になる条件が異なります。

給与所得者と事業所得者の確定申告対象者
  • 給与所得者:FXGTでの利益を含む年間の雑所得の合計が20万円を超える場合に確定申告が必要
  • 事業所得者・主婦等:FXGTでの利益を含む年間の雑所得の合計が48万円※を超える場合に確定申告が必要

確定申告をしないと追徴課税を受ける可能性があるので、確実に行ってください。

反対に、利益が出ていない段階や規定額以下の段階では、基本的に確定申告は不要です。

これからFXGTでの取引を始める人は、あまり確定申告を心配せずに思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。