FXのパーフェクトオーダーとは?手法・設定やおすすめのインジケーターを解説!

FXのパーフェクトオーダーとは?手法・設定やおすすめのインジケーターを解説!

FXでのパーフェクトオーダーとは、短期・中期・長期の3本の移動平均線が、順番に綺麗に並んだ状態を言います。

現役トレーダーの意見
現役トレーダー

トレンドが一気に加速しやすく、大きな利益を狙いやすいため、FX取引するならぜひ覚えておきたいチャートパターンです。

この記事では、パーフェクトオーダーを使ったインジケーター設定方法やトレード手法まで、どこよりも詳しく解説していきます。

FXでのパーフェクトオーダーを使ったトレード手法や、パーフェクトオーダーを簡単に確認できるインジケーターを知りたい人は、ぜひご参考ください。

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【XM最新口座】
XM | KIWAMI極口座
低スプレッド×手数料0×スワップフリーを実現した業界でも有数のコストに特化した口座。
短期・長期にかかわらずトレードしやすく、口座開設ボーナス15,000円がもらえる特典付き。
【極狭スプレッド】
AXIORY | ナノ/テラ口座
業界最狭水準の低スプレッド環境を提供している口座タイプ。
数多くのトレーダーから好評を得ており、機能性が高いプラットフォーム『cTrader』も利用できるなど、まさに利益にこだわりたい方のために作られた口座と言える。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

パーフェクトオーダーとは?

まず、FXのパーフェクトオーダーとは何か、一緒に見ていきましょう!

パーフェクトオーダーとはどんなチャートのこと?

FXにおけるパーフェクトオーダーとは、移動平均線が「短期・中期・長期」の順番で綺麗に並んでいる状態のことを言います。

上昇トレンドと下降トレンドでは、配列順が変わるのもパーフェクトオーダーの特徴です。

  • 上昇トレンド:上から短期→中期→長期の順に並ぶ状態
  • 下降トレンド:上から長期→中期→短期の順に並ぶ状態

では実際に、FXチャートで、上昇・下降それぞれのパーフェクトオーダーを見てみましょう。

上昇トレンドのパーフェクトオーダー

まずは上昇トレンド中のパーフェクトオーダーから。

移動平均線のパラメーター等は後述しますが、上から25EMA(短期)→75EMA(中期)→200EMA(長期)という順番で並んでいますね。

パラメーター期間の小さい移動平均線から大きい移動平均線へ、上から順番に並んだこの状態を、パーフェクトオーダーといいます。

下降トレンドのパーフェクトオーダー

続いて、下降トレンドのパーフェクトオーダーが上画像です。

上昇トレンドとは真逆で、移動平均線が上から長期→中期→短期の順番に並んでいますね。これもパーフェクトオーダーの1つです。

FXでのパーフェクトオーダーには、上昇トレンドと下降トレンドの2つのパターンがあると覚えておきましょう!

パーフェクトオーダーで分かること

パーフェクトオーダーは一方向へ進みやすい

FXチャートがパーフェクトオーダーになっていれば、「強いトレンド相場であること」と「相場の方向感」が分かります。

1度パーフェクトオーダーが完成すると、一方向に一気に進みやすいのが特徴です。

上昇中のパーフェクトオーダーなら、買い優勢の上昇トレンド中。下降のパーフェクトオーダーなら、売り優勢の下降トレンド中だと判断できます。

パーフェクトオーダーから相場の方向感を把握できる点は、FXトレードするうえで大きなメリットとなるでしょう。

パーフェクトオーダーで何を狙えるか?

パーフェクトオーダーで狙えること

FXチャートがパーフェクトオーダーになれば、トレンド相場での大きな利益を狙えます。
パーフェクトオーダーが示す方向にだけエントリーすれば、高い勝率と大きな利益を期待できるでしょう。

例えば上昇トレンド中のパーフェクトオーダーなら、買いエントリーで入ることによって、上昇トレンドに乗って大きく利益を伸ばせる可能性があります。

「まだはもう、もうはまだ」がFXの格言です。
パーフェクトオーダーにもこの格言は当てはまります。

「もうパーフェクトオーダーは終わるだろう」と思っても、まだまだパーフェクトオーダーの状態が続き、とんでもなく大きく伸びることも。

FXトレードで数百pipsを一気に狙いたい人にとって、パーフェクトオーダーは強い味方となってくれるでしょう。

パーフェクトオーダーで注目すべき点

FXのパーフェクトオーダーで注目すべき点は、以下3点です。

  1. パーフェクトオーダーの起点
  2. パーフェクトオーダーの完成後に直近高値(安値)を超えるかどうか
  3. パーフェクトオーダーの終点

①パーフェクトオーダーの起点

パーフェクトオーダーの注目ポイント①

まず注目すべきは、パーフェクトオーダーの起点です。

パーフェクトオーダーの起点とは、3本の移動平均線が順番通りに並ぶ、まさにその瞬間を言います

例えば、上画像(上昇トレンド)で見てみましょう。

短期の20EMAが変動しながら、中期の75EMAと長期の200EMAを上抜ける瞬間こそ、パーフェクトオーダーの起点です。

まずはパーフェクトオーダーの起点に注目することで、「これから強い上昇トレンドが発生する可能性がある」ことを把握できます。

ただし、この時点ではまだ即エントリーはしないほうがよいでしょう。
あくまで、パーフェクトオーダーの完成を認識するだけです。

②パーフェクトオーダーの完成後に直近高値(安値)を超えるかどうか

パーフェクトオーダーの注目ポイント②

次の注目ポイントは、パーフェクトオーダー完成後に「直近の高値(安値)」を超えるかどうか

上昇トレンドの場合は直近高値、下降トレンドの場合は直近安値を超えるかどうかに注目します。

上昇トレンドで言えば、パーフェクトオーダー完成後に直近高値も超えれば、FX相場としての大勢は決した状態です。
一気に強い上昇が始まる可能性があります。

パーフェクトオーダーのだまし

逆に直近高値を超えられないようであれば、いくらパーフェクトオーダーになっていても、その後パーフェクトオーダーが崩れ、ダマシに終わる可能性もあるでしょう。

FXでは、パーフェクトオーダー完成だけで安心することなく、上昇トレンドなら直近高値、下降トレンドなら直近安値を超えるかどうかに注目することも大事です。

③パーフェクトオーダーの終点

パーフェクトオーダーの注目ポイント③

3つ目の注目ポイントは、パーフェクトオーダーが崩れる瞬間です。

パーフェクトオーダーは強いトレンドを示唆していますが、いつかは終わりがきます。

上昇トレンドで言えば、短期(20EMA)が中期(75EMA)より下に抜けた瞬間、下降トレンドなら短期が中期を上抜けた瞬間が、パーフェクトオーダーの終点です。

後述しますが、パーフェクトオーダーが崩れる瞬間は、利益確定の目安として使いやすいために注目します。

パーフェクトオーダーが崩れることは、トレンドの勢いが落ちたことを意味しており、トレンド相場の終焉が近づいていると見てよいでしょう。

MT4でのインジケーターの設定方法

続いて、MT4でのパーフェクトオーダーのインジケーター設定方法を、画像付きで解説します。

MT4でパーフェクトオーダーを設定するまでの流れは、以下の通りです。

MT4でパーフェクトオーダーを設定する流れ
  1. インジケーター「移動平均線」を選択
  2. 移動平均線のパラメーター設定
  3. パラメーター設定を変えて残り2本も表示

以下では、パーフェクトオーダーの設定方法に加えて、無料で使える追加インジケーター(MT4に搭載されていないインジケーター)もご紹介します!

追加インジケーターのMT4での設定方法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

設定方法①インジケーター「移動平均線」を選択

FXチャートにパーフェクトオーダーを設定するためには、インジケーター「移動平均線」を3本表示する必要があります

では、MT4に3本の移動平均線を表示する方法を見ていきましょう。

パーフェクトオーダーのセッティング方法1

MT4上部の「表示」より「ナビゲーター」を選択すると、MT4搭載のインジケーターの一覧が表示されます。

パーフェクトオーダーのセッティング方法2

「トレンド」より「Moving Average」をダブルクリック。

これが移動平均線のことです。

パラメーター設定画面が表示されるので、パラメーターを入力していきましょう。

ちなみにパラメーターとは、「インジケーターをどういう基準で表示させるか(例:何日分のデータで計測するかなど)」の基準値のことです。

設定方法②移動平均線のパラメーター設定

パーフェクトオーダーのセッティング方法3

パラメーター設定
  1. 期間:「25」と入力
  2. 移動平均線の種別:「Exponential」を選択
  3. 適用価格:「Close」を選択
  4. スタイル:色や線の太さを自由に設定
  5. 設定完了したら「OK」をクリック

パーフェクトオーダーのセッティング方法4

パラメーター設定後、「OK」をクリックすると、チャートに移動平均線が表示されます。

以上で、パーフェクトオーダーの3本のうち、1本の移動平均線の表示は完了です。

補足①:パラメーター設定の「期間」とは?

パラメーター設定の「期間」とは、「何本分のロウソク足のデータを基準に移動平均線を作成するか?」とお考えください。

例えば5分足で「期間25」だったら、直前25本のロウソク足を基準にして移動平均線が表示されます。

5分足だと、ロウソク足1本=5分なので、5分×25=125分。

つまり、直前の約2時間分のデータを基準に移動平均線が表示される、ということです。

補足②:インジケーター移動平均線の「種別」とは?

EMAとSMAの違い

移動平均線の「種別」には、大きく2種類あります。

  • ①単純移動平均線:SMAと呼ばれ、反応が少し遅くダマシは若干少ない
  • ②指数平滑移動平均線:EMAと呼ばれ、反応が少し早くダマシは若干多い

簡単に言えばSMAはダマシが少ないかわりに、インジケーターとして表示される際にタイミングが遅れるのが特徴。

EMAは、ダマシの確率は若干上がるものの、インジケーターの反応・感度が早いので、いち早くパーフェクトオーダーを察知できます。

大差はありませんが、パーフェクトオーダーは見つけるスピードも重要なので、おすすめはEMAです。

パラメーター設定で出てきた「Exponential」が、EMAのことを指します。

補足③:「25EMA」とは?

25EMAとは、直近25本のロウソク足を元に計測された、少し反応の早い移動平均線、ということです。

以下の解説でも、EMAを前提に手法を解説していきます。

設定方法③パラメーター設定を変えて残り2本も表示

パーフェクトオーダーのセッティング方法5

パーフェクトオーダーを活用するために、あと2本移動平均線を表示させましょう。

パーフェクトオーダーでは、短期・中期・長期の期間を表示させるのが原則。
先ほどの期間「25」は、短期に該当します。

中期・長期の期間としておすすめなのは「75(中期)」と「200(長期)」です。

理由は単純で、最も使っている人が多いから。
多くのトレーダーが使っている設定は、インジケーターとしても機能しやすくなります。

次点の期間設定としては「20・50・100」です。

ただしFX初心者は、3本の移動平均線の期間設定を「25・75・200」にするのがよいでしょう

パーフェクトオーダーのセッティング方法6

以上で、パーフェクトオーダーで使用する、3本の移動平均線の表示は完了です。

おすすめ無料インジケーター①パーフェクトオーダーMAバー

自動・視覚的にパーフェクトオーダーを確認したい人へ、おすすめインジケーター「パーフェクトオーダーMAバー」をご紹介します。

私自身も、現在のトレード手法で利用しているインジケーターです。

*「MTF_PerfectOrder_MA_Bar.ex4」のダウンロードはこちらから。

パーフェクトオーダーのセッティング方法7

このインジケーターは、パーフェクトオーダーをバーで、しかも複数時間で表示してくれる優れもの

パラメーター設定は、上画像をご参考ください。

パーフェクトオーダーのMAの見方

インジケーターは、チャート下にバーとして表示されます。

見方は以下の通りです。

  • 1段目:5分足、2段目:1時間足、3段目:4時間足
  • 緑:上昇パーフェクトオーダー
  • 赤:下降パーフェクトオーダー
  • 黄:パーフェクトオーダー以外(レンジ相場)

時間足は、パラメーターで任意に設定できます。

例えば上画像のように、5分足では下降パーフェクトオーダーでも、1時間足・4時間足で上昇パーフェクトオーダーなら、売りという選択肢は外せるはず。

5分足のパーフェクトオーダーだけを見ていたら、うっかり売りで入るところを、大きな時間足を含めて全体で判断できるので、ダマシを避けやすくなるでしょう。

移動平均線を引かず、自動でパーフェクトオーダーを確認したい人におすすめの無料インジケーターですよ!

おすすめ無料インジケーター②Saikix-MA-Signal

もう1つおすすめのインジケーターが「Saikix-MA-Signal」

*Saikix-MA-Signal.ex4のダウンロードはこちらから。

Saikix-MA-Signalは、インジケーターというより、サインツールに近いインジケーターです。

パーフェクトオーダーのセッティング方法8

パラメーター設定は上画像をご参照ください。

パーフェクトオーダーのシグナル

なんと、パーフェクトオーダーを矢印で知らせてくれます

移動平均線を表示させなくても、いつパーフェクトオーダーが始まったかが一目瞭然。

これならパーフェクトオーダーを見落とす心配もしなくて済みますね。

FX初心者におすすめしたいインジケーターです。

追加インジケーターのMT4設定方法

では、MT4に入っていない、追加インジケーターの設定方法も見ておきましょう。

パーフェクトオーダーのセッティング方法9

インジケーターのファイルをダウンロード後、MT4の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。

パーフェクトオーダーのセッティング方法10

次に「MQL4」をクリックしてください。

パーフェクトオーダーのセッティング方法11

さらに「Indicators」をクリック。

パーフェクトオーダーのセッティング方法12

ダウンロードしたファイルをココへ貼り付けましょう。

ここで1度MT4を閉じて、再起動させます。

パーフェクトオーダーのセッティング方法13

新しいインジケーターが追加されていることが分かります。

以上が、追加インジケーターのMT4設定方法です。

ちなみに私は、100以上の無料インジケーターをMT4に追加しています。
「使えそうだ」と思った無料インジケーターがあれば、色々試してみるのも面白いでしょう!

パーフェクトオーダーを活用したトレード手法・手順

では、パーフェクトオーダーを活用した、実際のFXトレード手法・手順を解説します。

相場の状況や取引スタイルによってFX手法は異なるので、以下の5種類に分けて見ていきましょう!

パーフェクトオーダーを活用したFX手法
  1. 上昇トレンド中の手法
  2. 下降トレンド中の手法
  3. デイトレード手法
  4. スキャルピング手法
  5. 押し目買い・戻り売り手法

手法①②⑤に関しては、いったん時間足の考え方は抜きにして、「このタイミングでエントリー・利確(損切り)する」という点にご注目ください。

手法③④では、どの時間足を組み合わせるかという点も含めて説明します。

トレード手法・手順①上昇トレンド

まずは、上昇トレンド中のパーフェクトオーダーを使ったトレード手法を解説します。

エントリー方法

パーフェクトオーダーのエントリー場面1

上昇トレンド中でのパーフェクトオーダーは、買い1本に絞ることが大原則となります。

エントリー条件・手法は以下の通りです。

  • 上昇パーフェクトオーダーが完成
  • パーフェクトオーダー完成時に直近高値を超えていれば即買いエントリー
  • 直近高値を超えていなければ超えるまで待機し、超えた瞬間に買いエントリー
  • 上記は確定足で判断

例えば上画像のように、パーフェクトオーダー完成時に、直近高値をすでに超えていれば、即買いエントリーします

数pipsを狙うスキャルピング以外は、押し目を探すなど細かい作業はしなくてよいでしょう。

パーフェクトオーダーが機能すれば、大きな押し目もなく一気に上昇する可能性もあるからです(エントリーポイントはおおよそで十分)。

利益確定・損切り設定方法

パーフェクトオーダーの利確・損切り場面1

FX手法においてエントリー以上に重要なのが、利確・損切りの設定。

上昇パーフェクトオーダーの利確・損切り設定は、以下2つの方法をおすすめします。

  • ①中期(75EMA)を確定足で下抜けたとき
  • ②パーフェクトオーダーが崩れたとき

①なら、早い段階で利食いできるメリットがある一方で、パーフェクトオーダーが継続した場合に、大きな利益を逃がす可能性があります。

②は、強いパーフェクトオーダーの際にはかなり利益を伸ばせますが、弱いときには利益を減らす(場合によっては損切り)点がデメリット。

FX初心者なら、パフェクトオーダーに慣れるまでは、確実に利益を確保できる①をおすすめします。

トレード手法・手順②下降トレンド

続いて下降トレンド時の手法を紹介します。

エントリー方法

パーフェクトオーダーのエントリー場面2

下降トレンド中でのパーフェクトオーダーは、売りだけを狙います

エントリー条件・手法は以下の通りです。

  • 下降パーフェクトオーダーが完成
  • パーフェクトオーダー完成時に直近安値を超えていれば即買いエントリー
  • 直近安値を超えていなければ超えるまで待機し、超えた瞬間に売りエントリー
  • 上記確定足で判断

上画像では、パーフェクトオーダーが完成したときに、まだ直近安値を下抜けていないため静観。
直近安値を下抜けた地点から、売りエントリーします

利益確定・損切り設定方法

パーフェクトオーダーの利確・損切り場面2

下降パーフェクトオーダーの利確・損切り設定は、以下2つの方法がおすすめ。

  • ①中期(75EMA)を確定足で上抜けたとき
  • ②パーフェクトオーダーが崩れたとき

特におすすめは②です。

下降トレンドの場合、強めの戻しが入ることも多く、方法①では損切り回数が多くなるというデメリットがあります

特にFX初心者は、少しの値動きに振り回されがちなので、腰を据えて、明確にパーフェクトオーダーが終了する地点(方法②)での利確設定がおすすめです。

もしくは「100pips」のように、値幅で利確・損切り設定するのもよいでしょう。

うまくハマれば数百pips獲得できることがある点が、下降トレンドの魅力でもあります。

トレード手法・手順③デイトレード

続いて、パーフェクトオーダーを用いたデイトレード手法も見ていきましょう。

エントリー方法

パーフェクトオーダーを使ったデイトレの解説

デイトレ手法の場合、複数の時間足で判断することが肝となります。

4時間足・1時間足のいずれか(できれば両方)でパーフェクトオーダーを確認後に、5分足でエントリーするイメージです。

複数のチャートを表示させるのが手間だと感じる人は、先述のパーフェクトオーダーMAバー(上画像)を活用すると便利でしょう。

上昇トレンドを例にすると、4時間足・1時間足でパーフェクトオーダー時に、5分足もパーフェクトオーダーに切り替わった瞬間に買いエントリーします。

理想的な「押し目買い」(下降なら「戻り売り」)になることが多く、高い勝率を期待できるでしょう。

ただし、直近高値(下降なら安値)を超えてから、エントリーすることをおすすめします。

利益確定・損切り設定方法

利確・損切り設定方法は、パーフェクトオーダーが崩れたときか、中期(75EMA)まで戻しが入ったときです。

トレード手法・手順④スキャルピング

スキャルピングにおけるパーフェクトオーダーの使い方も確認しましょう。

エントリー方法

パーフェクトオーダーを使ったスキャルピング手法

数pips勝負のスキャルピング手法の場合、エントリータイミングが重要です。

1時間足・5分足でパーフェクトオーダーを確認後、1分足でタイミングを合わせます

今回は、下降トレンドを例に見てみましょう。

1時間足・5分足でパーフェクトオーダーのとき、1分足がレンジからパーフェクトオーダーに切り替わった瞬間に、売りエントリーです。

ただし、ダマシを減らすため、直近安値を下回っていることも確認しましょう。下回っていない場合は、下抜けるまで待ちます。

スキャルピング手法は瞬発力が決め手になるので、躊躇なくエントリーすることが大事です。

利益確定・損切り設定方法

スキャルピング手法の場合、「5pips」のように値幅を決めて、利確・損切り設定するとよいでしょう。

利用しているFX業者のストップレベルが広いとスキャルピング手法は使えません。

ストップレベル

決済のときに、注文レートから最低限離さなければならない値幅

スキャルピング中心でFX取引したい人は、ストップレベル0のXMがおすすめです

トレード手法・手順⑤押し目買い・戻り売り

補足として、FXでのパーフェクトオーダーの「押し目買い・戻り売り手法」も解説します。

先述のデイトレ手法・スキャルピング手法と合わせて活用すると、FXトレードの精度もより高くなるでしょう。

FXでは、上昇トレンド中の押し目買い手法、下降トレンド中の戻り売り手法が効果的とされています。

押し目買い手法

パーフェクトオーダーの押し目買い

パーフェクトオーダーにおける、押し目買い手法のエントリー条件は、以下の通りです。

  • ①短期か中期のEMAで反発
  • ②確定足で短期EMAを上抜け

ダマシを減らすため、確定足で判断することが重要となります。

「反発」の判断基準は、ロウソク足が陰線→陽線に変わること陰線で下ヒゲを付けることを目安にするとよいでしょう。

上画像を見てもお分かりの通り、押し目買いをした瞬間に、グッと上昇していることが分かります。

それだけ多くのFXトレーダーが、押し目買いを意識している証と言えるでしょう。

戻り売り手法

パーフェクトオーダーの戻り売り

パーフェクトオーダーにおける、戻り売り手法のエントリー条件は、以下の通りです。

  • ①短期か中期のEMAで反発
  • ②確定足で短期EMAを下抜け

押し目買い手法と同様、戻り売り手法も確定足で判断しましょう。

ただし、FXトレードでは、下がるときは一気に下落するケースが多いため、買いより売りのほうが難しいと言われています。

戻り売り手法では、躊躇なく売りエントリーすることが重要です。
迷っていると一瞬で下がってしまい、戻り売り手法の強みを出せなくなるのでご注意ください。

パーフェクトオーダーを組み合わせたトレード方法

移動平均線を使ったパーフェクトオーダーは、他のFXインジケーターと組み合わせることで、精度を高めることが可能です。

ここでは、パーフェクトオーダーと、他のインジケーターを組み合わせたFX手法を解説します。

以下のFXインジケーターを組み合わせた、パーフェクトオーダー手法を見ていきましょう!

  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • フィボナッチリトレースメント

おすすめの組み合わせ①MACD手法

パーフェクトオーダーのMACD手法

FXで最も有名なインジケーターの1つ「MACD(マックディー)」
まずはMACDの見方から説明します。

MT4に搭載されているMACDは、一般的なMACDとは仕様が若干異なっており、MACDが棒(バー)で表示されているのが特徴です。
一般的なMACDはバー部分が線になっていますが、この違いはあまり気にしなくてよいでしょう。

MACDがシグナル線を上抜けたら買い優勢、下抜けたら売り優勢というのが基本的な見方です。

また、MACDがシグナル線を上抜ける瞬間を「ゴールデンクロス」、下抜ける瞬間を「デッドクロス」と言います。

では、MACDとパーフェクトオーダーを組み合わせてみましょう!

パーフェクトオーダーのゴールデンクロス

上昇パーフェクトオーダーでは、MACDがゴールデンクロス(MACDがシグナル線を上抜け)した瞬間に買いエントリーです。

チャートで見たときも、ちょうどよいタイミングでの押し目買いになっていますね。

パーフェクトオーダーのデッドクロス

下降パーフェクトオーダーでは、デッドクロス(MACDがシグナル線を下抜け)で売りエントリーです。

ただし売りの場合、短時間で勢いよく下落することが多いため、本来の戻り売りポイントより、若干遅れ気味でのエントリーとなる可能性があります。

インジケーターは少し遅れて反映されるため、これは致し方ない部分と言えるでしょう。

短期EMAを下抜けて、短期EMAからだいぶ離れてしまった場合は、エントリーを見送り、次の戻り売りのタイミングを待つのもおすすめの方法です。

おすすめの組み合わせ②ボリンジャーバンド手法

パーフェクトオーダーとボリンジャーバンド

次は、パーフェクトオーダーに、ボリンジャーバンドを組み合わせた手法を見ていきましょう。

ボリンジャーバンドもFXの代表的なインジケーターで、主にレンジ相場での逆張りに使われることが多いです。

「-2σ(シグマ)に達したら買い、2σに達したら売り」というのが、ボリンジャーバンドの一般的な使い方となります。

しかし、ボリンジャーバンドはトレンド相場でも活用できるのです。

上画像のように、トレンド中のボリンジャーバンドは「バンドウォーク」という状態が発生し、1σ〜2σ(下降トレンドなら-1σ〜-2σ)の間で推移するのが特徴。

この特徴を、パーフェクトオーダーとの組み合わせで活かします。

パーフェクトオーダーと、ボリンジャーバンドを表示させたものがこちら。

パーフェクトオーダーとボリンジャーバンド2

線が多くなって見づらくなるため、パーフェクトオーダーは、先述のMAバーを使用しています。

上画像のように、上昇パーフェクトオーダー中なら、ボリンジャーバンドの1σ〜2σの間をバンドウォークしている間だけ、買いポジションを保有するという手法です。

例えば、確定足で2σを上抜けたり、1σを下抜けたら、その時点で利益確定をします。
小刻みな利確によって、着実に利益を積み重ねられる点がメリットです。

上昇トレンド中は1σ〜2σの間で安定的に推移することが多く、比較的安全なエリアだけで取引できる、手堅い手法とも言えるでしょう。

このようにボリンジャーバンドは利益確定・ポジション保有の目安として使うこともできるのです。

ちなみに下降パーフェクトオーダーなら、ボリンジャーバンド-1σ〜-2σでの売りポジション保有となります。

③おすすめの組み合わせ③フィボナッチ手法

パーフェクトオーダーとフィボナッチ

パーフェクトオーダーにフィボナッチリトレースメントを組み合わせる手法もおすすめです。

フィボナッチは、23.8%・38.2%・61.8%といったラインで反発しやすいのが特徴。

上画像は、上昇パーフェクトオーダーに、フィボナッチリトレースメントを引いたチャートですが、フィボナッチラインでよく反発しているのが分かりますね。

注目すべきは、いずれかの移動平均線(EMA)と、フィボナッチラインが重なっている箇所です。
二重の抵抗線となって、高確率で反発しやすい状況です。

例えば、23.6%と短期EMAが重なっている箇所で反発後、フィボナッチ0%を上抜けば、一気に上昇する可能性が高いので、強気のロット数で勝負するのも一手。

反発の精度を上げたい人や、取引ロット数に強弱をつけたい人に、おすすめの手法となります。

パーフェクトオーダーのW反発

下降トレンドの場合は、EMAとフィボナッチの両方で反発を確認できた時点で、即売りエントリーするのも手法としてアリでしょう。

パーフェクトオーダーを使うときの注意点

最後に、FXトレードでパーフェクトオーダーを使う際の注意点を3つ解説します。

①勝率100%のFX取引手法ではない

FXでは、パーフェクトオーダー手法であっても、ダマシが発生して勝てないときもあります

パーフェクトオーダーはFXの手法の1つとして考え、他の手法と同じく、「だいたい6〜7割勝てればOK」「3〜4割は勝てない」と割り切ることも大事です。

勝てない3〜4割を気にし始めると、勝てるはずの6〜7割まで勝てない状態になります。

FXは個々のトレード結果は気にせず、「ルールを守ってトータルで勝つ」ことを目標にパーフェクトオーダーを活用するのがよいでしょう。

②パーフェクトオーダー手法はエントリーより決済が重要

パーフェクトオーダーも含め、FX手法ではエントリーが気になる人が多いですが、実はエントリーより決済(利確・損切り設定)のほうがはるかに重要です。

よく「勝率○%の手法」とありますが、利確・損切り設定があって初めて勝率は計算できます。
勝ち・負けは、決済があってこそ導き出せるもの。

特に上昇トレンドのパーフェクトオーダーは、多少エントリーがずれても勝てることが多いのも特徴です。

パーフェクトオーダー手法では、利確・損切り設定することを重視しましょう。

③下降トレンドのパーフェクトオーダーは難易度が高い

下降トレンドのパーフェクトオーダーは難易度が高い

FX初心者がパーフェクトオーダーを手法に取り入れる場合、最初は買い1本(上昇のパーフェクトオーダー)に絞ることをおすすめします。

FX相場は、ジワジワ上昇して、下がるときは一気に下落、というパターンが多いためです。
FXで有名な「エリオット波動」もこの理論のもと成り立っています。

FXのインジケーターは遅れて表示されるため、インジケーターがパーフェクトオーダーを示した時点では、すでに下降トレンドのピークを過ぎていることも多いのが実情。

FX初心者が下降パーフェクトオーダーに手を出すときには、すでに勝ち組による利益確定(買い決済)が始まっているとお考えください。

FX初心者は、まず上昇トレンド中のパーフェクトオーダーから慣れるのがよいでしょう。

まとめ

FXでパーフェクトオーダーが形成されると、一気にトレンドが進みやすいという特徴があります。

FXトレードでトレンドに乗った大きな利益を狙いたい人は、パーフェクトオーダーを活用しましょう。

パーフェクトオーダーのMT4での設定方法は、移動平均線を3本表示させるのみ。

おすすめのパラメーター期間は「短期:25、中期75、長期200」。
多くのFXトレーダーが使っている期間なので、比較的機能しやすいでしょう。

ダマシを減らすためには、パーフェクトオーダー完成後、すぐにエントリーするのではなく、直近高値・安値を超えた後にエントリーすることも重要です。

MACDやボリンジャーバンドといった、FXインジケーターとパーフェクトオーダーを組み合わせる手法も、精度向上を期待できるのでおすすめですよ!

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。