XMでFXの1万円チャレンジ!初心者でも分かる手法を解説

XMTradingの1万円チャレンジとは、「資金1万円から海外FX業者のXMでFXトレードを始めて、どこまで利益を出せるかに挑戦すること」です。

FXの1万円チャレンジは、1万円から100万円・1000万円を目指せるとあって、SNSでも大きな話題になっています。

口座開設ボーナスが常時開催されているXMTradingでFX1万円チャレンジを行えば、ローリスク・ハイリターンを狙えるでしょう。

当記事では、そんなXMTradingのFX1万円チャレンジについて完全解説します。

この記事のまとめ
  • 海外FX1万円チャレンジはXMTradingがおすすめ!
  • 当サイト限定!口座開設ボーナス15,000円を活用すればノーリスク
  • 100%入金ボーナスで資金を2倍にできる
  • 初心者向けドル円・ゴールド手法を画像で解説!

\今なら口座開設だけで15,000円!/

1万円から100万円稼ぐための資金管理やロット数、誰でもできるFXトレード手法を2つご紹介するので、ぜひご活用ください!

XMTradingを使ったFX1万円チャレンジとは?

結論から言うと、海外FXで1万円チャレンジをするならXMTradingがおすすめです。

まずは海外FXの1万円チャレンジとは何か、そして1万円チャレンジにはXMTradingがおすすめな理由を見ていきましょう。

XMの1万円チャレンジとは何か?

海外FXの1万円チャレンジとは、海外FX業者を使って資金1万円からFXトレードを始めて、どこまで稼げるか挑戦することです。

その中でも、海外FX業者のXMTradingを使って行う挑戦を「XM1万円チャレンジ」と言います。

X(旧Twitter)などのSNS情報を見ても、XM1万円チャレンジに成功して、1万円から大きく稼いだ方も多数いる模様です。

XM1万円チャレンジをした方の中には、100万円以上稼ぐFXトレーダーも。

わずか1万円から始めて100万円も狙えるのは、他の投資・資産運用を見渡しても、海外FXか仮想通貨ぐらいではないでしょうか。

FX1万円チャレンジで成功確率を上げるためには、海外FX業者XMの活用が不可欠です。

なぜXMを使うとFX1万円チャレンジで成功しやすくなるのか、以下で詳しく見ていきましょう。

XMがFX1万円チャレンジに選ばれる5つの理由

海外FXのXMTradingが1万円チャレンジに選ばれる理由・メリットは、大きく5つあります。

口座開設ボーナス15,000円がもらえる

XMTradingの口座開設ボーナスは当サイト限定で15,000円が付与される

XMTradingには、口座開設さえすれば誰でも受け取れる「口座開設ボーナス」があります。これは海外FXならではのメリット。

XMTradingの口座開設ボーナスを活用すれば、海外FXの1万円チャレンジをノーリスクで始めることも可能です。

通常、XMTradingの口座開設ボーナス13,000円。しかし、当サイト限定で15,000円の口座開設ボーナスを獲得できますよ!

15,000円の口座開設ボーナスキャンペーンは、2024年2月29日までの期間限定です。今のうちに、当サイト経由でXMTradingの口座開設を済ませておき、15,000円をゲットしておきましょう。

\当サイトからの口座開設で15,000円!/

入金ボーナスで資金を2倍にできる

XMTradingの100%入金ボーナスは上限500ドル(約7.5万円)

引用元:XMTrading

XMTradingには、口座開設ボーナスだけでなく「入金ボーナス」もあります。

入金ボーナスとは、入金額に応じて受け取れるボーナスのことです。XMTradingの入金ボーナスは、以下の通り(1ドル=150円で計算)。

  1. 100%入金ボーナス:上限500ドル(約7.5万円)
  2. 20%入金ボーナス:上限1万ドル(約150万円)

例えば、XMTradingに5万円を入金すれば上記①が適用され、5万円の100%=5万円が入金ボーナスとして受け取れます。

XMTradingの100%入金ボーナスを使えば、資金を2倍にできるのです。海外FXの1万円チャレンジをかなり有利に進められるでしょう。

ちなみに、XMTradingの入金ボーナスは、他の海外FX業者と比較してもトップの水準です。他の海外FX業者のボーナスも気になる方は、「海外FX業者の入金ボーナスランキング」の記事もご参照ください。

 

ただし、XMTradingの入金ボーナスは、口座タイプによって受け取れないケースがあります。

下表は、XMTradingにおける口座タイプ別のボーナスの有無をまとめた表です。

口座タイプ 口座開設ボーナス 入金ボーナス
スタンダード口座
マイクロ口座
ゼロ口座 ×
KIWAMI極口座 ×

XMTradingの入金ボーナスは、スタンダード口座・マイクロ口座のみ対象となっています。

スプレッドの狭いゼロ口座・KIWAMI極口座は、XMTrading入金ボーナスの対象外となっているので気をつけましょう。

XMTradingのボーナス最新情報は「XMTradingのボーナス全5種類を解説!」でまとめているので、ぜひ参考にしてください。

最大レバレッジ1000倍で取引可能

XMTradingなら最大レバレッジ1000倍でFX1万円チャレンジができる

引用元:XMTrading

XMTradingには、最大レバレッジ1000倍でFX取引できるという、海外FXならではのメリットもあります。

XMTradingならハイレバトレードできるので、少ない資金から大きな利益を狙えるということです。まさに、1万円チャレンジに打ってつけですよね。

「海外FXのハイレバ」と聞くとリスクが高いように感じるかもしれませんが、実は真逆。レバレッジが高いからこそ、用意すべき資金が少額で済んで低リスクなのです。

一方、国内FX業者の場合、金融庁の規制によって最大レバレッジは25倍に制限されています。

では、XMTradingと国内FX業者において、1ドル=150円時のドル円を1ロット(10万通貨)取引する際を比較してみましょう。

比較項目 XMTrading 国内FX業者
レバレッジ 1000倍 25倍
1ロットの必要証拠金 15,000円 600,000円
1万円で取引可能なロット数 0.66ロット 0.01ロット

XMTradingなら、15,000円あれば1ロット取引できますが、国内FX業者ではなんと60万円も必要です。XMTradingのほうがはるかに低リスクと言えるでしょう。

また、海外FXの1万円チャレンジを想定した場合、XMTradingなら1万円で0.66ロットの取引が可能。一方、国内FX業者ではわずか0.01ロットしか取引できません。

正直、国内FX業者の0.01ロットで、1万円チャレンジを成功させることはほぼ不可能です。

豪華ボーナスによって少額で大きな利益を狙えるXMTradingこそ、1万円チャレンジに最適なFX業者と言えるでしょう。

ゼロカットで入金額以上の借金リスクがない

XMTradingでは、ゼロカットシステムを採用しているため、入金額以上に借金を背負うリスクがありません。

「FX1万円チャレンジには興味あるけど、借金しないか心配」という方はご安心ください。

FXのゼロカットシステムとは、相場急変などでシステムが追い付かなかったときに、マイナスになった残高をゼロにリセットしてもらえる仕組みのこと。多くの海外FXで採用されているシステムです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

入金額以上のマイナスになっても、XMTrading側がマイナス部分を補填して、借金にならないようにしてくれます。1万円チャレンジで言えば、損失は最大でも1万円です。

XMTradingにはゼロカットの実績があるので安心して1万円チャレンジができる

XMTradingは、スイスフランショック時にも、海外FXの先頭に立って躊躇なくゼロカットを執行。投資家たちを見事に借金から救済したのです。

しかし、日本のFX業者にはゼロカットがないため、国内トレーダーの多くは「追加証拠金(追証)」という借金を背負うことになりました。これでは安心して1万円チャレンジに臨めないですよね。

  • XMTrading(海外FX):ゼロカットが守ってくれるので借金リスクなし
  • 国内FX業者:ゼロカットがないので借金リスクあり

ゼロカットの実績もある海外FX業者・XMTradingなら、借金リスクを気にせず1万円チャレンジに挑めるでしょう。

海外FXの大手業者で信頼性抜群

XMTradingは海外FX業者大手で信頼性も高いので1万円チャレンジにおすすめ

引用元:XMTrading

XMTradingは2009年設立。15年の運営歴がある、老舗の海外FX業者です。

XMTradingでは、過去に出金トラブルなどもなく、海外業者の中でも信頼性抜群。先述の解説のように、ゼロカットシステムの実績もあるので、借金リスクなく安心して利用できるため、利用者からの良い評判・口コミも数多く見られます

XMTradingは、FX1万円チャレンジで重要な「安心感・信頼性」を兼ね備えた海外FX業者と言えるでしょう。

XM1万円チャレンジから100万円を稼ぐには?

「XMTradingのFX1万円チャレンジで100万円を目指したい」とお考えの方も多いかと思います。100万円は1つの区切りであり、ぜひ目標にしたい金額ですよね。

しかし、XMTradingでFX1万円チャレンジを始めるにあたっては、トレードへ入る前に「資金管理」を知っておく必要があります。

ここからは、FX1万円チャレンジの資金管理に関する必須ポイントを3つ見ていきましょう。

海外FXでのロット数・pips数・損益の関係

まず、XMTradingで海外FXの1万円チャレンジをするためには、ロット数と獲得pips数、損益の関係を知っておくことが大事です。

簡単に言えば「海外FXだと、何ロットを取引して何pips勝てばいくら稼げるか」ということですね。

XMTradingなどの海外FXでは、ロット・pips数・損益の関係性は、通貨ペアによって若干異なります。大きく分けると、以下の2種類です。

  • クロス円:円絡みの通貨ペア(ドル円・ユーロ円・ポンド円など)
  • ドルストレート:ドル絡みの通貨ペア(ユーロドル・ポンドドル・ゴールドなど)

ちなみにゴールドは「XAU/USD」なので、ドルストレートに分類されます。

では、それぞれのロット数・pips数・損益の関係性を見ていきましょう。

海外FXのクロス円
ロット数/値幅 1pips 10pips 100pips
0.01ロット 10円 100円 1,000円
0.1ロット 100円 1,000円 1万円
1ロット 1,000円 1万円 10万円
10ロット 1万円 10万円 100万円
海外FXのドルストレート
ロット数/値幅 1pips 10pips 100pips
0.01ロット 15円 150円 1,500円
0.1ロット 150円 1,500円 1.5万円
1ロット 1,500円 1.5万円 15万円
10ロット 1.5万円 15万円 150万円

*1ドル=150円で計算

同じpips数動いた場合、ドルストレートはクロス円より約1.5倍の損益になるイメージです。

利益が大きくなるかわりに損失リスクも高まるため、初心者の方が海外FXで1万円チャレンジをするなら、クロス円から始めるのがよいでしょう。

「海外FXのXMTradingなら、1ロットで1pips獲得すれば1,000円の利益」を基本情報として覚えておいてください。

1万円から10万円の目指し方

では、どのようなロードマップでFX1万円チャレンジに臨めばよいのでしょうか。

「10ロットで100pips獲れば100万円」ですが、これは非現実的です。そもそも、1万円では最大0.66ロットしか取引できません。

海外FXの1万円チャレンジ初心者の方におすすめしたいのは、以下2つのステップに分ける方法です。

  1. 1万円から10万円を目指す(1万円チャレンジ前半戦)
  2. 10万円から100万円を目指す(1万円チャレンジ後半戦)

一口に「FX1万円チャレンジ」と言っても、資金状況によって、ロット数や目標pips数も変わってきます。

現実的に見て、FX1万円チャレンジでは、まず1万円から10万円を目指すのがよいでしょう。

XMTradingを使って1万円チャレンジすれば、初心者でも十分に目指せる目標です。

1万円稼ぐごとに0.1ロットずつ増やす

XMTradingのFX1万円チャレンジで最も重要なことは、「資金が増えるごとにロット数を上げていくこと」。これは複利運用の考え方です。

XMTrading1万円チャレンジをずっと0.1ロットで取引していては、いつまで経っても資金は増えません。

資金力に応じた適正なロット数でトレードすることで、1万円チャレンジを効率的に進められるでしょう。

XMTradingの1万円チャレンジでは、下表のように「口座残高が1万円増えるごとに、0.1ロットずつ増やす方法」をおすすめします(ドル円で計算)。

口座残高 ロット数 1万円稼ぐのに必要な値幅
1万円 0.1ロット 100pips
2万円 0.2ロット 50pips
3万円 0.3ロット 34pips
4万円 0.4ロット 25pips
5万円 0.5ロット 20pips
6万円 0.6ロット 17pips
7万円 0.7ロット 15pips
8万円 0.8ロット 13pips
9万円 0.9ロット 12pips

例えば、XMTrading1万円チャレンジの開始当初、資金が1万円台のときは常に0.1ロットで取引し、合計100pipsの獲得を目指すということです。

FXは勝ち負けを繰り返すものなので、「1勝0敗で+100pips」ではなく、「30勝25敗でトータルすると+100pips」を狙ったほうが難易度は下がります。

XMTradingの1万円チャレンジは、初動のお金の増やし方が肝。

1万円から2万円に増やすのは時間もかかりますが、コツコツ増やすやり方がおすすめです。

資金が増えると必要pipisは小さくなる

XMTradingの1万円チャレンジでは、資金が3万円を超えてくると、次の1万円を稼ぐための必要pips数が減るので難易度も下がります。

例えば、資金5万円から1万円を増やすのに必要なのは20pipsのみ。2勝1敗か3勝2敗で十分に達成できるレベルです。

1万円から3万円に増やすまでいかに粘れるかが、XMTradingのFX1万円チャレンジの重要ポイントになってくるでしょう。

XMTradingのFX1万円チャレンジでは、1万円から10万円達成まで1ヶ月ぐらいを目安にするのがおすすめです。

10万円から100万円の目指し方

続いて、XMTradingのFX1万円チャレンジにおける、10万円から100万円の目指し方もご紹介します。

XMTradingを使って1万円から10万円まで稼げれば、10万円から100万円を稼ぐことも十分に可能です。

ここまでくると、1万円チャレンジではなく10万円チャレンジと言えるかもしれませんね。

「資金を10倍にする」という点は同じ。むしろ資金力があるため、10万円から100万円に増やすほうが1万円チャレンジの難易度は下がるでしょう。

30万円稼ぐごとに1ロットずつ増やす

XMTradingのFX1万円チャレンジで10万円から100万円を目指す場合は、口座残高が30万円増えるごとに1ロット増やす方法をおすすめします。

下表が、口座残高別の取引ロット数・必要pips数です。

口座残高 ロット数 10万円稼ぐのに必要な値幅
10万円 1ロット 100pips
20万円 1ロット 100pips
30万円 1ロット 100pips
40万円 2ロット 50pips
50万円 2ロット 50pips
60万円 2ロット 50pips
70万円 3ロット 34pips
80万円 3ロット 34pips
90万円 3ロット 34pips

資金が10~30万円台のうちは1ロットで固定し、40万円台になったら1ロット増やします。

1万円から10万円のときと同じく、資金が増えれば必要pips数が減るので、XMTrading1万円チャレンジの後半戦はだいぶ楽になっていくでしょう。

ただし、XMTrading1万円チャレンジでは、「勝てばいくら稼げる」より「負けたときにどの程度損失を被るか」を意識することが重要です。

下表のように、「1回負けたときの全資金に対する損失比率」を意識すれば、XMTrading1万円チャレンジで成功しやすくなるでしょう。

口座残高 ロット数 20pips逆行時の損失額 全資金に対する損失比率
10万円 1ロット 2万円 20%
20万円 1ロット 2万円 10%
30万円 1ロット 2万円 6.7%
40万円 2ロット 4万円 10%
50万円 2ロット 4万円 8%
60万円 2ロット 4万円 6.7%
70万円 3ロット 6万円 8.6%
80万円 3ロット 6万円 7.5%
90万円 3ロット 6万円 6.7%

上例では、1万円チャレンジで20pips負けたときの損失額と、全資金に対する損失比率を計算しています。

FXの世界では、1回の取引での損失額は「全資金の2%~5%程度」というのが通説です。

今回おすすめしたロット数は、損失比率5%を少し上回っています。これは、以下の理由のもと、ぎりぎりのバランスをとった結果です。

  • FX1万円チャレンジは短期決戦で行う人が多い
  • 資金を増やす初動(10万円台)ではリスクを張る必要がある
  • 後述のドル円手法なら大型連敗の発生確率は比較的低い
  • 100万円を狙うなら多少リスクを許容した取引が必要

結論、XMTrading1万円チャレンジで10万円から100万円を狙うには、資金管理面から見ても、利確・損切りは10~20pips程度をおすすめします。

これ以上pips数を多くすると1回の損失が大きくなり、1万円チャレンジの資金が尽きるリスクも高まるからです。

安全策で損失比率を5%未満にしたい方は、ロット数かpips数を減らす方法もあります。

ただし、XMTrading1万円チャレンジの期間は、かなり長引くでしょう。

達成まで1ヶ月を目標にする

XMTradingのFX1万円チャレンジは、わりと短期間で挑戦する方が多いです。

あまり長くなるとモチベーションも下がるので、期間を決めてFX1万円チャレンジに臨むのがよいでしょう。

XMTradingのFX1万円チャレンジは、1万円から10万円までと同様に、10万円から100万円までも1ヶ月程度を目標にすることをおすすめします。

XMTradingのFX1万円チャレンジにおける10万円から100万円までのロードマップ

上表は、XMTradingのFX1万円チャレンジにおける、10万円から100万円までのロードマップです。

利確・損切り20pipsで1日1つ勝ち越せば、1ヶ月強で10万円から100万円を達成できます。

資金管理さえ徹底すれば、負けが多くても毎日プラスで着地できるということですね。

毎日1つの勝ち越しでよいと考えれば、XMTradingのFX1万円チャレンジがだいぶ身近に感じられたのではないでしょうか。

XMTrading1万円チャレンジにおいて、「1ヶ月で1万円から10万円」「1ヶ月で10万円から100万円」は初心者の方でも十分に達成可能な水準です。

XMTradingのFX1万円チャレンジの期間としては、トータルで1ヶ月~2ヶ月ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

XM1万円チャレンジの初心者ルールを解説

次に、XMTrading1万円チャレンジの初心者向けルールを解説します。

XMTradingで1万円チャレンジを始める前に、必ずご一読ください。

XMのボーナスを活用する

FX1万円チャレンジは、XMTradingの2種類のボーナスをフル活用しましょう

  1. 口座開設ボーナス:当サイト限定で15,000円
  2. 100%入金ボーナス:入金額の2倍の資金で1万円チャレンジできる

XMTradingの口座開設ボーナスを活用すれば、完全ノーリスクでFX1万円チャレンジを始められます。

当サイト経由で口座開設すれば15,000円のボーナスを無料で受け取れるので、ぜひご活用ください!1万円チャレンジを1.5万円チャレンジにしてしまいましょう。

また、XMTradingの100%入金ボーナスを使えば、5,000円の入金だけで5,000円のボーナスが付与され、1万円チャレンジを開始できます。

XMTradingの入金ボーナスは、上限500ドル(約7.5万円)に達するまで何度でも利用可能です。

仮に資金が7万円あれば、「5,000円入金×15回=7.5万円」なので、XMTradingの1万円チャレンジをなんと15回もできることに。

1万円チャレンジの挑戦回数が増えれば、1万円から100万円を達成できる可能性も高まるでしょう。

\当サイトから新規口座開設で15,000円ゲット!/

FXの1万円チャレンジはドル円が基本

XMTrading1万円チャレンジの取引通貨ペアは、ドル円をおすすめします。

ドル円をおすすめする理由
  • 取引者が多く流動性が高いため
  • 素直な値動きになりやすいため(ダマシが比較的少なめ)
  • XMTradingでのスプレッドが最も狭いため

ポンド円やゴールドと比較するとドル円は緩やかな値動きになりやすいので、落ち着いて1万円チャレンジしたい方に向いているでしょう。

取引時には必ず損切り設定をする

XMTradingのFX1万円チャレンジでは必ず損切り設定をすること

XMTradingの1万円チャレンジでは、損切りが必須です。

どんなに優秀なトレード手法であっても、必ず負けるときがあります。負けたときのことを常に想定して、損切り設定をしましょう。

XMTradingの1万円チャレンジを成功させるためには、「損切りはFXで稼ぐための必要経費」と割り切ることが大事です。

FXで損切りが苦手な方は、「このトレードで絶対に勝つ」と個々の取引結果に固執しすぎる傾向があります。

XMTradingの1万円チャレンジは、毎日5勝4敗でOKなのです。

半分近くは負けるものと気楽に考えれば、躊躇なく損切りできるようになるでしょう。

ロット数は口座残高に応じて上げる

XMTradingのFX1万円チャレンジでは口座残高に応じてロット数を上げる

先述の「XMの1万円チャレンジから100万円を稼ぐには?」で解説した通り、1万円チャレンジでは、口座残高が増えるごとにロット数を上げることが大事です。

利益を元本に組み込んで、次の投資金へ上乗せする「複利運用」とお考えください。

上図のように、ロット数を段階的に増やせば、複利効果によって資金効率がよくなり、短期間で1万円から10万円を達成できます(10万円から100万円も同様)。

複利運用は、XMTrading1万円チャレンジを成功させるためには必須なので、ぜひ覚えておきましょう。

XM1万円チャレンジは何度でもできる

XMTradingの1万円チャレンジは、失敗しても何回でも挑戦可能です。

「1万円チャレンジを1回で成功させなければならない」と考えると、逆にプレッシャーになります。負けられない気持ちから損切りできず、失敗する可能性も高まるでしょう。

1回目は口座開設ボーナスだけを使ってタダで挑戦でき、2回目以降も5,000円入金するだけで再挑戦できる点こそ、XMTrading1万円チャレンジの魅力です。

「ダメで元々」ぐらいの感じで気楽に1万円チャレンジしたほうが、むしろ好結果につながるかもしれませんね。

XM1万円チャレンジ|初心者向けFXトレード手法・テクニック

ここまでの解説で、XMTrading1万円チャレンジの下準備は完了です。

では、XMTrading1万円チャレンジのFXトレード手法をご紹介しましょう。

XMTrading1万円チャレンジでおすすめなドル円手法を解説します。誰でもできる手法なので、初心者の方もぜひ参考にしてください。

最初はKIWAMI極口座がおすすめ

まず、XMTradingの取引で利用する口座タイプについてお伝えしておきます。

XMTradingで1万円チャレンジを始めるなら、最初はKIWAMI極口座がおすすめです。

XMTradingの口座タイプの中では、KIWAMI極口座のスプレッドが圧倒的に狭くなっています

下表は、XMTradingにおける主要3口座タイプのスプレッド一覧です(ゼロ口座は取引手数料込みで試算)。

通貨ペア KIWAMI極口座 ゼロ口座 スタンダード口座
ドル円
(USD/JPY)
0.6pips 1.1pips 1.5pips
ゴールド
(GOLD)
1.4pips 2.3pips 3.4pips

XMTradingのKIWAMI極口座のスプレッドは、海外FX業界で最狭レベル。しかも、口座開設ボーナス15,000円(当サイト限定)をもらえます。

海外FXでは、スプレッドの狭い口座タイプだとボーナスをもらえないのが一般的ですが、XMTradingだけは違うのです。

スプレッドが狭いうえ、口座開設ボーナスまで付与されるKIWAMI極口座。まさに、XMTradingの1万円チャレンジに最適の口座タイプと言えるでしょう。

XMTrading1万円チャレンジは、以下の流れで進めるのがおすすめですよ。

  1. KIWAMI極口座の口座開設ボーナスで1万円チャレンジ
  2. 失敗したらスタンダード口座へ5,000円入金する
  3. 入金ボーナス5,000円を受け取り、再度1万円チャレンジ
  4. 入金ボーナスは上限7.5万円に達するまで何度でも活用できる

\KIWAMI極口座から1万円チャレンジ!/

ドル円のスキャルピング手法

では、XMTrading1万円チャレンジで「1日1つ勝ち越して20pips獲得」を目指すためのドル円手法を解説します。

狙う値幅は20pips程度なので、完全なスキャルピングと言うより「スキャルピング以上デイトレード未満」ぐらいにお考えください。

XMTradingのMT4・MT5で準備するチャート・インジケーターは、以下の通りです。

  • チャート:1分足
  • インジケーター:移動平均線1200EMAとRSI

「えっ、これだけ?」と驚いた方もいることでしょう。XMTrading1万円チャレンジは、できるだけシンプルなやり方のほうが迷いもなくなります。

XMTradingのMT4を使った移動平均線1200EMAの設定方法

RSIは初期設定(パラメーター期間「14」)のままです。移動平均線1200EMAの設定方法は、上画像をご参照ください。

ちなみに、1分足の1200EMAは、ほぼ1時間足の20EMAに相当します。

1時間足でFXトレーダーから注目される20EMAを1分足に表示させて、エントリー判断(環境認識)で活用するのが狙い。1分足チャートだけを見ながら大局観もつかめます。

トレンドの押し目買い・戻り売りを狙う

XMTrading1万円チャレンジにおけるドル円手法のエントリー方法

ドル円手法ルール
通貨ペア ドル円
時間足 1分足
取引時間 日本時間9時~24時
買いエントリー ロウソク足が1200EMAより上&RSIが40を切ったとき
売りエントリー ロウソク足が1200EMAより下&RSIが60を超えたとき
利確・損切り 20pips
その他ルール 利確・損切り決済後に次のトレードを行う
狙い トレンド相場の押し目買い・戻り売りを狙う

まず、1分足チャートを見て、ロウソク足と移動平均線1200EMAの位置関係をチェック。

ロウソク足が1200EMAより上にあれば買いエントリーだけ、下にあれば売りエントリーだけを考えます。FX取引では、目線を固定することが非常に大事です。

目線が買いの場合、RSIの数値が40を下回った時点で買いエントリーします。イメージとしては、以下の通り。

  • 大きな時間足(1時間足20EMA≒1分足1200EMA)で買い優勢
  • 買い優勢の環境で、1分足RSIの下限付近まで押してきたときを狙う
  • 大きなトレンド方向へ向かって下限から買いエントリーするイメージ

目線が売りの場合は、上記と真逆になるとお考えください(RSIの上限から売る形)。

初心者の方向けに、極限まで簡単な手法をご紹介させて頂きました。このやり方なら、誰でも簡単に取り組めるのではないでしょうか。

ライントレードなどの手法は、どこにラインを引くかが抽象的です。また、高値・安値をどの時間足で見るか迷いが生じるというデメリットも。

しかし、今回ご紹介した手法なら、インジケーターだけを見て無裁量で取引できます。

大きなトレンド方向へのエントリーとなるため、XMTrading1万円チャレンジのリスクを比較的抑えられるでしょう。

2024年1月の実績検証

XMTradingのFX1万円チャレンジでドル円手法を使った場合の2024年1月実績検証

上表は、ドル円手法を2024年1月(執筆時点)で使った場合の実績検証です。

ぎりぎり20pips獲れるか微妙なケースもあったため、勝敗数には2~3程度の誤差がありえる点だけはご了承ください。

2024年1月の3週間トータルで、70勝43敗・勝率61.9%です。XMTrading1万円チャレンジで、十分に資金を増やせる成績と言えます。

トレンド方向への押し目買い・戻り売りなので、大崩れはしにくい印象ですね。XMTradingの1万円チャレンジにおいても、この安定感は大きな強みになるのではないでしょうか。

負けた直後に即エントリーするのがコツ

ドル円手法では損切り直後に再エントリーするとXMTrading1万円チャレンジの勝率が安定しやすい

XMTradingの1万円チャレンジの勝率を安定させるコツは、「損切り(負け確定)直後に条件を満たしていれば、即エントリーすること」。

買い目線ながら強い戻しがあった場合、RSI下限を超えても下がり続けることがあります。

しかし、損切り時点でロウソク足がまだ1200EMAより上にあり、かつRSI40を切っていたら、すぐにもう1度買いエントリーを仕掛けるのです。

狙いとしては以下のような感じになります。

  • 本来はRSI下限にきて上がるはずが、さらに20pips下がった
  • しかし大きなトレンドは以前として買い目線
  • 十分すぎる戻りがあったため、次の買いエントリーは勝てる可能性が高い

いったん損切り決済をしてから、再エントリーすることが重要です。

決済せずに買い増しだけすれば、これはただのナンピン。損失拡大のリスクが高まるのでご注意ください。

もちろん必ず勝てるわけではないですが、損切り直後の再エントリーを意識すれば、XMTrading1万円チャレンジで比較的安定した勝率を狙えるでしょう。

得意な相場・苦手な相場

FX1万円チャレンジのドル円手法には勝ちやすい相場と負けやすい相場がある

このドル円手法には、勝ちやすい相場と負けやすい相場があります。

上画像は1時間足20EMA(1分足の1200EMA相当)ですが、「勝ちやすい局面・負けやすい局面」の参考にしてください。

勝ちやすい得意な相場
  • トレンドが順調に推移しているとき
  • それなりに値動きのあるレンジ相場
負けやすい苦手な相場
  • 完全なレンジ相場
  • かなり強い戻し(調整)が入ったとき

レンジ相場になりやすい0時~9時に取引しないだけでも、勝率はアップします。

特に、15時~22時はトレンドが発生しやすい時間帯なので、初心者の方にもおすすめですよ。

利確・損切りは10~20pipsが目安

今回の解説では、XMTrading1万円チャレンジを想定し、利確・損切りを20pipsでお伝えしました。

XMTrading1万円チャレンジをスキャルピングで取引したい方は、利確・損切りを10pips程度にして、トレード回数を増やすのも1つの方法です。

いずれにしても、平均して1日1つの勝ち越しを実現できれば、XMTrading1万円チャレンジの成功は近づいてくるでしょう。

XM1万円チャレンジ|ゴールド手法

XMTradingの1万円チャレンジは、ドル円でトレードすることをおすすめします。

しかし中には、「XMTradingのハイレバを使って、ゴールドで大きな利益を狙いたい」という方もいるのではないでしょうか。

そんな方へ向けて、XMTrading1万円チャレンジのゴールド手法もご紹介します。

ゴールドはトレンド相場になりやすい

FXにおいてゴールドはトレンドが発生しやすい通貨ペア

FXにおいて、ゴールドはトレンドが発生しやすい通貨ペアです。ゴールドでは、1度トレンドが発生すれば、短期間で数百~1,000pips以上動くことも。

今回ご紹介するのは、ゴールドの「トレンド発生時に一方向へ動きやすい」という特徴を活かした方法です。

ただし、当たれば大きな利益を得られるかわりに、負けるときはあっさり負けます

XMTrading1万円チャレンジで使う際は、負けても許容できる程度の金額で臨むようにしてください。

時間軸だけを使った簡単な攻略方法

XMTradingのMT4・MT5で用意するものは、以下の通り。

  • 1時間足チャート
  • 移動平均線100EMA

あまりのシンプルさに驚かれたかもしれませんね。FXは、複雑なやり方をすれば勝てるというものではないので、インジケーターは1つか2つあれば十分です。

トレンドの順張りで一発を狙う

XMTradingのFX1万円チャレンジにおけるゴールド手法のエントリー方法

ゴールド手法ルール
通貨ペア ゴールド
時間足 1時間足
取引時間 日本時間 17時0分
買いエントリー 17時にロウソク足が100EMAより上なら買い
売りエントリー 17時にロウソク足が100EMAより下なら売り
利確・損切り 50pips・100pips・200pips
その他ルール ・利確・損切り決済前でも次のトレードを行う
・日をまたいでもポジション保有する
狙い トレンド相場で大きな利益を狙う

ゴールド手法は、日本時間17時に、1時間足100EMAより上にロウソク足があれば買いエントリー、下にあれば売りエントリー。たったこれだけの攻略方法です。

超シンプルなやり方なので、初心者の方でも簡単にできるはず。

会社員の方でも、17時にチャートを見るだけ。1分でエントリー可能なので、休憩中でも十分に取引できるしょう。

非常にシンプルなエントリー方法ですが、以下のような狙いがあります。

  • ゴールドの1時間足100EMAは強く意識される
  • 100EMAより上なら買い優勢・下なら売り優勢の局面
  • トレンド発生確率の高い、日本時間17時に注目
  • 17時に100EMAより上なら買い(下なら売り)トレンドを期待できる

2023年の半年間の実績検証

XMTradingのFX1万円チャレンジでゴールド手法を2023年に使った場合の実績検証

XMTradingのFX1万円チャレンジでゴールド手法を2023年に使った場合の実績検証

上表は、2023年7月~12月の半年間において、ゴールド手法を使った場合の実績検証です。

利確・損切り 結果 勝率
50pips 78勝51敗 60.5%
100pips 84勝45敗 65.1%
200pips 77勝52敗 60.0%
上記を併用 239勝148敗 61.8%

お時間の許される方は、ぜひご自身でも検証してみてください。上記にほぼ近い結果が得られるはずです。

利確・損切り幅が100pipsのときが最も好成績で、勝率は約65%となっています。

50pips・100pips・200pipsの3つを併用(17時に決済幅だけ変えて3つエントリー)すると、勝率は61.8%。XMTrading1万円チャレンジでも十分戦えるのではないでしょうか。

ただし、大雑把にトレンドを狙う手法のため、連勝・連敗は発生しやすくなります。

利確・損切り 最大連敗 最大連勝
50pips 5連敗 8連勝
100pips 3連敗 9連勝
200pips 8連敗 13連勝

「トレンド継続」を前提としているため、レンジ相場やトレンド転換時に弱い手法です。

日足チャートでパーフェクトオーダーを形成しているときにはゴールド手法の成功確率が若干上がる

上画像のように、日足チャートでパーフェクトオーダーを形成しているときに仕掛ければ、成功確率は若干上がるでしょう。

移動平均線のパーフェクトオーダーについて興味のある方は、以下の記事もご参照ください。様々なFXテクニックを解説しているので、1万円チャレンジにも役立つはずです。

あわせて読みたい

当記事では、FX取引での相場の方向感やトレンドの強さを正しく把握できる「パーフェクトオーダー」について詳しく解説します。パーフェクトオーダーを活用したFXトレードに興味がある方はぜひ参考にしてください。

ゴールドは挑戦心ある方におすすめ

ゴールド手法は、以下のような方におすすめです。

ゴールドがおすすめな方
  • XMTrading1万円チャレンジに短期決戦で挑みたい方
  • 1万円チャレンジでの負けは覚悟で一撃に賭けたい方
  • XMTrading1万円チャレンジを何回も挑戦できる方

XMTrading1万円チャレンジは、7万円の資金があれば15回もできます(XMTradingの入金ボーナスを利用)。

ゴールドは当たれば大型連勝も可能なため、XMTrading1万円チャレンジの「挑戦回数」が多いと有利です。

何度もXMTradingの1万円チャレンジをしたい方に、ゴールドは向いているでしょう。

ただし、XMTrading1万円チャレンジは自己責任のもと、許容できる損失額の範囲内で行うようにしてくださいね。

XM1万円チャレンジ成功のコツ

ここからは、XMTrading1万円チャレンジを成功させるためのコツを3つ解説します。

資金管理を徹底する

XMTradingの1万円チャレンジでは、FXトレード手法以上に「資金管理」が大切です。

資金管理とは、適正なロット数で取引して資金を守ること。1回のFX取引での許容損失額は、全資金の2%~5%というのが理想です。

ただしXMTrading1万円チャレンジは、初期に資金を増やさなければ利益が伸びないため、損失率5%以上で勝負する必要もあるでしょう。

それでも、5~10連敗程度には耐えられる程度のロット数・pips数に抑えて、資金管理しながら1万円チャレンジすることをおすすめします。

XMTrading1万円チャレンジでは、資金を守ることを最優先しましょう。

時間帯を意識すれば勝率は変わる

XMTradingのFX1万円チャレンジでは取引時間帯も重要ポイント

XMTrading1万円チャレンジでは、取引する時間帯も重要ポイントです。

FXのトレード時間を意識するだけでも、XMTrading1万円チャレンジの勝率は変わってくるでしょう。

上図は、FXの取引市場・時間帯と、おおよその相場傾向の目安です。もちろん、毎日こうなるわけではないので、大体の傾向としてご参考ください。

当記事でご紹介したトレンド手法を使うなら、狙い目は15時~23時

海外ではロンドン市場が始まり、21時ごろからニューヨーク市場も開場するタイミングです。

FXにおいて15時~23時は激アツ。海外の参加者が最も多くなり、トレンドが発生しやすくなります。1万円チャレンジで最もおすすめの時間帯です。

XMTrading1万円チャレンジでは、「トレンドの発生しやすい時間帯にトレンド手法で取引する」だけでも勝率を高められるでしょう(当然負けることもあるので、損切り設定はお忘れなく)。

ルールを守るためブログを書くのも一手

XMTradingで億トレーダーになった方のブログ

引用元:「XMTradingで億トレーダーになった」さんのブログ

XMTrading1万円チャレンジでは、ブログを綴る方法もおすすめします。

上画像は、1万円チャレンジではないですが、XMTradingで億り人になった方のブログです。

2018年からほぼ更新が止まっているので、今頃は悠々自適な億り人生活を楽しんでおられるのかもしれませんね。

なんと、XMTradingを使って4ヶ月半で1億円を達成したとのこと。

最大レバレッジ1000倍のXMTradingなら、十分に達成可能でしょう。「1万円チャレンジで100万円」と「100万円から1億円」は、同じく資金100倍ですからね。

ブログを書けば、誰かに見られているという緊張感も出て、ルールを遵守しやすくなるメリットもあります。

さらには、XMTrading1万円チャレンジのモチベーションアップにもつながるでしょう。

XM1万円チャレンジの注意点

最後に、XMTrading1万円チャレンジにおける注意点を解説します。

スプレッドの拡大時間は取引しない

XMTrading1万円チャレンジではスプレッドの拡大時間は取引しないこと

XMTrading1万円チャレンジでは、スプレッドが広がる時間帯に取引しないようご注意ください。

スプレッドは、FX取引で最も大きなコスト。資金の少ないXMTrading1万円チャレンジにおいては、スプレッドが広いことは致命的です。

XMTrading(に限らず海外FX全般)でスプレッドが広がりやすいタイミングは、以下の通り。

  • 重要経済指標の発表前後
  • 日本時間の早朝5時~8時ごろ(特に6時台)
  • 突発的なイベントの発生時(例:日銀の為替介入)

FX1万円チャレンジではXMTradingの経済指標カレンダーが便利

引用元:XMTrading

1万円チャレンジするときには、XMTradingの「経済指標カレンダー」が役立ちます。日時や重要度も記載されているのでおすすめですよ。

フルレバ取引はロスカットのリスクが高まる

XMTradingのハイレバを活用すれば、1万円チャレンジのように少額資金でも大きな利益を狙えます。

しかし、海外FXのフルレバ取引は、一瞬でロスカットされるリスクもあるので要注意です。

XMTrading1万円チャレンジで言えば、資金1万円でフルレバを効かせて、いきなり最大取引量の0.66ロットでトレードするということ。

上記の場合、15pips逆行すれば、1回の取引で1万円チャレンジは終了です。

XMTrading1万円チャレンジでは、ハイレバは活用しつつもフルレバ取引は避けましょう。

FXに必ず稼げる手法はない

FXには、必ず稼げる夢のような手法(いわゆる聖杯)は存在しません

「利確:損切り=1:1」の場合、プロであっても勝率65%~70%前後が精一杯という世界です。初心者の方なら、勝率55%~60%で御の字と考えましょう。

先述の「XMの1万円チャレンジから100万円を稼ぐには?」で解説したように、XMTradingの1万円チャレンジでは、勝率55%でも十分に100万円を目指せます。

1万円チャレンジで大切なこと
  • 100%稼げる聖杯はないと割り切る
  • ルールを守りながら資金管理を徹底する
  • 負けトレードを淡々と受け入れて次に備える
  • 個別のトレード結果はまったく気にしない
  • 1万円チャレンジは何度でもできると気楽に考える

上記を実行できるかが、XMTrading1万円チャレンジ成功への分かれ道となるでしょう。

XMのFX1万円チャレンジ まとめ

今回はXMTradingを使った1万円チャレンジについて解説しました。

XMTradingのFX1万円チャレンジは、口座開設ボーナスを使えばノーリスクで挑戦することも可能です。当サイト限定の15,000円口座開設ボーナスをぜひご活用ください。

XMTradingの入金ボーナスをフル活用して、1万円チャレンジを複数回行う方法もおすすめです。

XMTradingには、ボーナスだけでなく、信頼性・スプレッド・ハイレバなどメリットが多くあります。1万円チャレンジに最適な海外FX業者と言えるでしょう。

当記事で解説した手法も参考にして頂き、XMTradingのFX1万円チャレンジでぜひ100万円を目指してください。

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。