FXの上がる前兆をチャートパターン分析で見極める方法!

  • 「FXでチャートの上がる前兆を知りたい!」
  • 「チャートパターンを見れば急騰の予兆がわかるって本当?」

上記のように、FXで価格の上がる前兆を知りたい方は多いはず。

「今日急騰するかも」とわかれば、早めに買いエントリーして、大きく稼げる可能性が広がりますからね。

結論、価格の上がる予兆は、チャートパターン分析によって、ある程度見極めることが可能です!

今回は、FXの価格が上がる前兆を完全解説します。

これを読めば、どこで価格が上がりやすいかわかるようになり、勝率アップも期待できるでしょう!

【この記事でわかること】
  • FXのチャートパターン分析とは?
  • 上がる前兆となるチャートパターン一覧
  • 上がる前兆のおすすめの見極め方

価格の上がる前兆となるパターンを7つ、実際のチャートを用いながら、初心者でもわかるように解説しています。

ぜひ、FXトレードで新天地を切り開いて頂ければ幸いです!

FXの上がる前兆とチャートパターンの基本講座

FXにおけるチャートパターン(フォーメーション)とは、トレンドの継続・反転時に出る、特徴的なチャート形状を言います。

FXの上がる前兆を見るうえで、チャートパターンは重要です。

まずは、価格が上がる前兆とチャートパターンの基本知識を見ていきましょう!

【上がる前兆とチャートパターンの基本講座】

なお、チャートパターンはFXだけでなく株式にも応用は可能です。
ただし、当記事では株式には触れず、FXメインで解説させて頂きます。

FXの価格が上がる前兆はチャートパターンに出る

チャートを見れば上がる前兆はある程度読めることが分かる画像

FXの価格が上がる前兆は、チャートパターンを見れば簡単にわかることが多いです。

もちろん、価格の上がる前兆となるチャートパターンになったからと言って、必ず上がる・儲かるわけではなく、下がることもある点はご認識ください。

ただし、FX相場には鉄板のチャートパターンがいくつかあり、アゲアゲの形状になれば、高確率で上昇が始まります。
拍子抜けするほど急騰することも!

価格急騰の予兆を把握できれば、有利にFXトレードできることは間違いないでしょう。

チャートパターンは相場心理が作っている

  • 「なぜ、FXには上がる前兆となるチャートパターンがあるの?」
  • 「なぜ、そのチャートパターンになったらアゲアゲになるの?」

上記のように、上がる前兆がチャートパターンでわかることを、不思議に思った方もいることでしょう。

なぜチャートパターンを見れば、上がる前兆がわかるのか。
それは、チャートパターンの裏側に、合理的な相場心理(人間の行動心理)が隠されているため。

チャートパターンは人間心理で形成されることが分かる画像

上のチャート画像は、上がる前兆のパターンの1つ「トリプルボトム」(詳細は後述)です。
局面ごとの相場心理は、以下のような感じに。

  1. 底値を超せるか注目しているが、なかなか安値を更新しない(まだ下落トレンドを期待)
  2. 三回も跳ね返されると、もう安値更新は難しいのではないか(疑い・不安)
  3. 直近高値も上抜けた、売りポジションは利確して勝ち逃げしよう(見切り)
  4. 安値更新は絶望的、このままでは売りポジションの利益がなくなる→さらに買い決済が加速(焦り)

上記のように、局面に応じて相場心理は変化し、下落トレンドへの期待は次第に薄れて、最終的には売りポジション保有者の利確・損切り決済、つまり買い方向へ進みやすなります。

上がる前兆を示すチャートパターンは大きく2種類ある

FXにおいて、価格が上がる前兆を示すチャートパターンは、大きく2種類あります。

  1. トレンド反転時:トレンド転換する時のチャートパターン
  2. トレンド継続時:上昇トレンドが再開する時のチャートパターン

簡単に言えば、①はそれまでの下落トレンドから上昇トレンドへ反転する時、②は元々上昇トレンド中で、小休止(保合い)が終わって再び上昇を始める時のチャートパターンです。

以下では、①で3つ、②で4つの計7つのチャートパターンを解説します!

FXチャートパターン一覧①底値から上がる前兆【トレンド反転編】

底値から上がる前兆【トレンド反転編】
では、トレンド反転編のチャートパターンを3つ見ていきましょう!

トレンド反転は、下落トレンドが底を打って、上昇へ反転することを示唆するチャートパターンです。
底値からの反転を狙うので、当たれば大きな利益を狙えるでしょう!

【チャートパターン一覧(トレンド反転編)】

①ダブルボトム

ダブルボトムの画像

1つ目は「ダブルボトム」。その名の通り、底が2つあるチャートパターンのことです。

【ダブルボトムの特徴】
  • 2つの底値はほぼ同じ価格
  • 直近高値を上抜けたら急騰しやすい
【ダブルボトムの相場分析】
  • 安値更新を二度も失敗しているので、これ以上の売りは厳しそう
  • さらに上がると売りポジションの利益が減ってしまう、買い決済して利益確保しておこう
  • 直近高値を上抜けると、売りを諦める人が続出→利確・損切りの買い決済が加速

ダブルボトムのチャート画像

上のチャート画像のように、直近高値を超えれば、一気に上昇が加速しやすい傾向があります。

ダブルボトムは、チャートパターンの超鉄板。名字で言えば、佐藤さん・鈴木さんレベルです。
ぜひ覚えておきましょう!

②トリプルボトム

トリプルボトムの画像

2つ目は、トリプルボトム。底が3つあるチャートパターンです。

【トリプルボトムの特徴】
  • 3つの底値はほぼ同じ価格
  • 直近高値を上抜けたら急騰しやすい
【トリプルボトムの相場分析】
  • 安値更新を三度も失敗しているので、これ以上下がるのは考えづらい(もう底だろう)
  • 売りポジションの利益が減る前に決済しておこう
  • 下がるのを期待していた売り勢が諦め始める
  • 直近高値を上抜けると、下落を諦める人が激増→利確・損切りの買い決済が加速

トリプルボトムのチャート画像

ダブルボトムは二度ですが、トリプルボトムは三度も安値更新に失敗するパターン。
そのため、「これ以上下がるのは厳しそう」の根拠が強いため、急騰しやすい特徴があります。

ダブルボトムの出現度は少なめですが、チャートに出たらチャンスです。
大きな利益を狙える可能性も十分あるでしょう!

③逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)の画像

3つ目は、逆三尊。三尊地蔵が上下逆になっているように見えることから、逆三尊と呼ばれています。
別名は「逆ヘッドアンドショルダー」です。

【逆三尊の特徴】
  • 3つの底値のうち真ん中が最安値
  • 直近高値を上抜けたら急騰しやすい
【逆三尊の相場分析】
  • 安値更新に三度失敗
  • 三度目の底は最安値より高値なので、下がる力が弱まっている証拠
  • 下がるのを期待していた売り勢が諦め始める
  • 直近高値を上抜けると、利確・損切りの買い決済が加速

逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)のチャート画像

逆三尊は、三度目の底が切り上がっている点が重要ポイント。
下がる力が弱まっていることを示唆しているので、その後急騰する可能性が高まるでしょう。

FXチャートパターン一覧②保合いから上がる前兆【トレンド継続編】

保合いから上がる前兆【トレンド継続編
次に、トレンド継続編のチャートパターンを4つ解説します!

FX相場では、上昇トレンド中にも「保合い」と言って、上昇が小休止する時期があります。

トレンド継続とは、保合いが終わって再び上昇相場に回帰する…その予兆となるチャートパターンのことです。

「上昇トレンド中で今は小康状態だけど、近々再び上昇すること」を示唆するチャートパターンだと考えください。

【チャートパターン一覧(トレンド継続編)】

①三角保合い(ペナント)

三角保合い(ペナント)の画像

1つ目は、三角保合い。旗のような形状から「ペナント」とも言われます。

【三角保合いの特徴】
  • 上値抵抗線切り下げ・下値支持線切り上げで幅が先細りになる
  • 上値抵抗線を上抜けたら急騰しやすい
【三角保合いの相場分析】
  • 上昇トレンドが続くのか転換するのか微妙
  • 様子見の人が増えて、段々と先細りになる
  • 上値抵抗線を上抜けたら、上昇トレンド継続と判断して買い集中
  • 売り勢は諦めて損切りするのでさらに上昇が加速

三角保合い(ペナント)のチャート画像

三角保合いは、安値を切り上げているものの、高値も切り下がっているので、相場判断の難しい局面です。 
多くの人が様子見するため、値幅が先細りになっていきます。
しかしエネルギーが溜まっている分、1回急騰すると加速しやすいのが特徴です。

保合い時は飛び付かず、上値抵抗線を確実に超えてから買いエントリーするのがよいでしょう!

②アセンディングトライアングル(強気の三角保合い)

アセンディングトライアングル(強気の三角保合い)の画像

2つ目はアセンディングトライアングル。別名は「強気の三角保合い」です。

【アセンディングトライアングルの特徴】
  • 上値抵抗線は水平・下値支持線だけ切り上げて幅が先細りになる
  • 上値抵抗線を上抜けたら急騰しやすい
【アセンディングトライアングルの相場分析】
  • 上昇相場が続く可能性が高いと考える人が多い
  • 売り勢が徐々に脱落している
  • 上値抵抗線を上抜けたら、上昇トレンド継続と判断して買い集中
  • 耐えていた売り勢は諦めて損切りするのでさらに上昇が加速

アセンディングトライアングル(強気の三角保合い)のチャート画像

チャートを見ても、上(買い)への圧力が強まっている感じがしますよね。
上値抵抗線を突破した時に買いエントリーすれば、勝率を高められるでしょう。

③上昇フラッグ

上昇フラッグの画像

3つ目は、上昇フラッグです。上昇トレンド中の小休止中に表れやすいチャートパターンとなります。

【上昇フラッグの特徴】
  • 上値抵抗線・下値支持線ともに右肩下がり
  • 一時的な買い勢の利確(売り決済)が主要因
  • 上値抵抗線を上抜けたら急騰しやすい
【上昇フラッグの相場分析】
  • 上昇相場中にも一定数の利確者(売り決済)がいる
  • 上値抵抗線を上抜けたら、小休止は終了と判断されやすい
  • 上昇トレンド再開と考える人が増えるので再び上昇が加速

上昇フラッグのチャート画像

どんな上昇相場でも、一時的な戻し(利確=売り決済)は入るもの。

上昇フラッグは、「一時的な戻しがどこで終わるか」の目安として重宝されるチャートパターンです。

上昇トレンド再開の合図とも言えるので、トレンドに乗って勝てる可能性が高まるでしょう!

④上昇ウェッジ

上昇ウェッジの画像

4つ目は、上昇ウェッジ。上昇トレンドが再度過熱することを示唆します。

【上昇ウェッジの特徴】
  • 上値抵抗線・下値支持線ともに右肩上がりで幅が先細りになる
  • 上値抵抗線を上抜けたら急騰しやすい
【上昇ウェッジの相場分析】
  • 上昇トレンド相場ながら、勢いが弱まっていると考える人もいる
  • 上値抵抗線を上抜けたら、強気に切り替えて買い増し
  • 売り勢の損切りを巻き込んでさらに上昇が加速

上昇ウェッジのチャート画像

上昇トレンドが継続するか若干不安な局面で表れるチャートパターンです。
上値抵抗線を抜けたら安心感が確保されるので、急騰につながりやすくなります。

買いポジション保有時に上昇ウェッジが出現したら、強気に買い増しするのも一手です。

チャートが上がる前兆を見極めるおすすめの方法

チャートが上がる前兆を見極めるおすすめの方法
続いて、チャートが上がる前兆のおすすめの見極め方を見ていきましょう。

チャートパターンの見つけ方は、「夏の大三角形」などの星座を探す感覚と似ています。

「上がる前兆やチャートパターンはわかったけど、見つけ方が難しそう」という方は必見ですよ!

【上がる前兆のおすすめの見極め方】

見極め方①大きな時間足を選ぶ

まず、チャートが上がる前兆を見極めるためには、大きな時間足を使うことをおすすめします。

  • 日足チャート
  • 4時間足チャート
  • 1時間足チャート

上記のような長い時間足チャートのほうが、上がる前兆・チャートパターンの精度はアップするでしょう。
5分足など小さな時間足では、ダマシの可能性も高まるのでご注意ください。

見極め方②インジケーターを活用する

上がる前兆・チャートパターンを自力で見つけるのが難しい方は、テクニカル分析用のインジケーターを活用するのも一手。

おすすめは「ZigZag」です。ロウソク足の天井・底などの角と角を自動描写してくれるので、上がる前兆を見逃すことも減るでしょう!

またZigZagは環境認識としても利用できるのでぜひ使ってみてください。

関連:FXの環境認識とは?簡単なやり方・コツをインジケーターで解説!

見極め方③チャートを小さく表示して探す

チャートで上がる前兆を見極める際には、チャートを小さく表示する方法もおすすめです。

チャート表示が大きい場合の画像

上画像は、チャートを大きく表示した場合ですが、チャートパターンを把握しづらいのではないでしょうか。

チャート表示が小さい時の画像

一方、チャートを小さく表示すれば、全体像を把握でき、上がる前兆のチャートパターンも発見しやすくなります。

ちなみにチャートパターンは、完璧を求めすぎず、全体像を見てだいたい合ってればOK、という割り切りも大事です。

チャートの上がる前兆に関する注意点

チャートの上がる前兆に関する注意点
次に、チャートの上がる前兆に関する注意点を3つ解説します。

【チャートの上がる前兆の注意点】

上がる前兆のパターンになっても下がることもある

上がる前兆のパターンになっても下がることもある画像

FX相場で上がる前兆・チャートパターンになっても、価格が下がることもあるのでご注意ください。

上がる前兆が出ても、「今後上がる確率が高い」だけであって、必ず価格が上がるわけではありません。

FXにはダマシも付き物です。ダマシを回避することはできないので、上がる前兆が出たときも、必ず損切り設定をしましょう。

関連:FXのトレードルールの作り方|勝つために守るべきシンプルな戦略

上がる前兆が出てなくても急騰することもある

上がる前兆が出てなくても急騰することもある画像

FX相場は、「たった今まで静かだったのに」という局面で、上がる前兆がなくても急騰することもあります。

FXの価格は、チャートパターンだけでなく、政治・経済など多くの要素で形成されているので注意しましょう。

FXと株の価格変動は別物

FXと株式の価格変動は、基本的に別物だとお考えください。

チャートパターン分析自体は、FXだけでなく株式でもある程度は応用可能です。

しかし、FXと株式では、価格変動のファンダメンタルズ要因が異なります。

例えば、FXと株式のチャートパターンが両方上がる前兆を示しても、その他の要因によって、FXだけ上がって株式は下がることもあるので気をつけましょう。

よくある質問

最後に、チャートの上がる前兆に関してよくある質問をまとめたので、ぜひご活用ください!

【チャートの上がる前兆でよくある質問】

FXの価格急騰の予兆はどんな方法でわかる?

FXの価格は、上がる前兆を示唆するチャートパターンを分析することで、ある程度わかるようになります。

ただし、予兆があっても下がる場合もあるのでご注意ください。

なぜチャートパターンを見れば上がる前兆がわかるの?

チャートパターンは、利益確定・損切りなどのFXの相場心理を、合理的に表しているためです。

価格の上がる前兆となるフォーメーション分析を一覧で知りたい

価格の上がる前兆となるフォーメーション(チャートパターン)の一覧は、主に下記の通り。

  • ダブルボトム
  • トリプルボトム
  • 逆三尊
  • 三角保合い
  • アセンディングトライアングル
  • 上昇フラッグ
  • 上昇ウェッジ

チャートのフォーメーション分析で底や角を発見する方法は?

フォーメーション分析で底や角を発見するためには、チャート表示を小さくする方法をおすすめします。全体像が見やすくなり、発見しやすくなるでしょう。

三角保合いはどんなトライアングルフォーメーションですか?

三角保合いのチャート画像

三角保合い(トライアングル)は、上値抵抗線切り下げ・下値支持線切り上げで幅が先細りになるチャートフォーメーションです。
上値抵抗線を上抜けると価格上昇しやすいとされています。

まとめ

FXで上がる前兆となるチャートパターン・フォーメーション一覧は、下記の通りです。

  • ダブルボトム
  • トリプルボトム
  • 逆三尊
  • 三角保合い
  • アセンディングトライアングル
  • 上昇フラッグ
  • 上昇ウェッジ

上記のチャートパターンが出たときは、価格が上昇するチャンス。買いエントリーすれば勝率を高められるでしょう。

チャートパターンの簡単な見極め方としては、以下の方法がおすすめです。

  • 大きな時間足を選ぶ
  • チャートを小さく表示する
  • インジケーターを活用する

ただし、上がる前兆が出ても下がることもあります。FXにはダマシもあるので注意しましょう!

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。