HASTFOREX(ハストフォレックス)の出金できない・出金拒否騒動まとめ!現在の最新出金状況は?

HASTFOREX(ハストフォレックス)」は2022年4月にサービスを開始したセントビンセント・グレナディーンに拠点を構える海外FX業者。

高額なボーナスキャンペーンを次々と開催していたことからSNSで話題となり、短期間で利用者が急増しましたが、2022年10月ごろから利用者による出金遅延・出金拒否の報告が相次いでいます。

このページではそんな海外FX業者「HASTFOREX(ハストフォレックス)」の出金遅延・出金拒否騒動についての最新情報をまとめていきます。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

HASTFOREXで出金拒否に遭っている方や、HASTFOREXの利用を検討しているという方の参考になれば幸いです。

この記事は、2024年4月19日時点での情報をもとに執筆されています。

HASTFOREX(ハストフォレックス)の会社概要

HASTFOREX(ハストフォレックス)の会社情報
運営会社 HAST Financial Group Ltd.
本社所在地 First Floor, First St. Vincent Bank Ltd Building, James Street, Kingstown, Saint Vincent and the Grenadines
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン(IBC)
登録番号:26488
設立 2022年
日本語サポート メール(平日10時~18時)
チャットボット(24時間対応)
公式サイト 閉鎖

「HASTFOREX(ハストフォレックス)」はセントビンセント・グレナディーンに拠点を構える、2022年4月に設立された海外FX業者です。

hastforex出金できない・出金拒否騒動について Hastforex公式サイト

引用元:HASTFOREX公式サイト(閉鎖)

所在地の住所はセントビンセント・グレナディーンとなっていますが、この国の金融ライセンス(FSA)は取得していません。

公式サイトには「FXライセンス取得」の文言と共に以下のような文章が掲載されていますが、FSAには事業会社(BC)として登録されているのみ。

FSAからの認可は受けておらず、規制・監視・監督を受けることもありません。

FXライセンス取得

HAST FOREXはセントビンセント及びグレナディーン諸島において、インターナショナル・ビジネス・コーポレーション(IBC)として正式に登録を受けた国際金融サービス提供企業です。

セントビンセント及びグレナディーン諸島の監督官庁の指導のもと、それぞれの国・地域の法令および規則を厳守しサービスを提供しています。

HASTFOREX公式サイト「会社概要」(閉鎖)

公式サイトは完全日本語対応されていて、カスタマーサポートへの問い合わせも日本語で行えます。

問い合わせ方法はメールとチャットボットの2種類。メールサポートの営業時間は平日の10時~18時となっています。

2022年4月の設立直後、高額ボーナスを提供している業者としてSNS上で話題となり、SNSを中心に短期間で利用者が急増しました。

HASTFOREXがサービス開始直後にオープン記念として開催していたボーナスキャンペーンの内容は以下です。

HASTFOREX(ハストフォレックス)
オープン記念ボーナスキャンペーン
  • 2万円の新規口座開設ボーナス
  • 最大100万円が受け取れる100%入金ボーナス
  • 1ロットあたり3ドルが受け取れる取引ボーナス
HastForex(ハストフォレックス)のボーナスキャンペーンについては、「HastForexのボーナスキャンペーンは開催してる?過去に行われた内容も含めて解説(ハストフォレックス)」をご覧ください。

HASTFOREX(ハストフォレックス)サービス開始から騒動までの流れ

HASTFOREXのサービス開始から、出金拒否・出金遅延の騒動が起きるようになるまでの流れと現在の最新出金状況をまとめていきます。

2022年4月、サービス提供開始

HASTFOREX(ハストフォレックス)は2022年4月11日にサービスを開始しました。

サービス開始直後、オープン記念として2万円の口座開設ボーナスや100%入金ボーナスを提供していたことから、ボーナス目当てのトレーダーの間を中心に口コミが広まり多く利用されるようになりました。

サービス開始後しばらくは出金報告も多数

高額ボーナスを連発していたため「本当に出金できるの?」と疑問の声が多く挙がっていたHASTFOREXですが、サービス開始からしばらくの間は出金報告のツイートも多く確認できました。

利用者数はその後も順調に伸び続け、7月末には口座開設者数が1万人を突破。

その記念として、先着1,000名限定の口座開設ボーナス2万円と最大150万円が受け取れる入金150%ボーナスが開催されました。

8月中旬から出金遅延の口コミがちらほらと出始める

ここまで順調に利用者数を増やしてきたHASTFOREXですが、8月ごろから「出金が遅い」「銀行登録が終わらなくて出金できない」等の口コミがちらほらとSNS上に投稿されるようになりました。

この時期の出金遅延に関しては、HASTFOREXの公式サイトにて以下のお詫び文章が公開されています。

【お詫び】

2022-08-18

昨日まで弊社委託の収納代行業者が夏季休暇の為、出金処理に遅延が生じておりました。

本日より業務再開との事で順次処理を行うとの報告が入っております。

お待ち頂いてるお客様には誠に申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。

また事前に報告がなかったことをお詫び申し上げます。

引用元:HASTFOREX公式サイト(閉鎖)

出金遅延が起きた原因は、「委託している収納代行業者が夏季休暇だったから」とのこと。

事前に報告がなかったせいで一部ユーザーを混乱させてしまいましたが、公式がすぐにアナウンスを出したこともありこの件はそんなに大きな騒動にはなりませんでした。

10月から11月にかけて出金遅延の報告が多数発生

2022年10月ごろから、HASTFOREX利用者による出金遅延・出金拒否の報告が相次ぐようになりました。

HASTFOREX公式サイトでは出金にかかる日数を2~5営業日としていますが、5営業日を過ぎても着金しないどころか「10営業日以上過ぎても出金されない」といった報告も多くなっています。

また、出金遅延を起こしているにもかかわらず期間限定のボーナスキャンペーンは開催しており、複数の利用者から「ボーナスはいいから早く出金してほしい」との声が公式ツイッター宛に送られています。

11月1日、この出金遅延騒動について公式サイト上で以下の報告が掲載されています。

【出金申請についてのご報告】

2022-11-01

先月より皆様からの出金申請に大幅な遅延が生じており大変ご迷惑をおかけしております。
収納代行業者からの出金処理は現在も日々行なっておりますが、弊社が設定しております出金処理期限内に処理させて頂く事ができておらずその改善に尽力致しておりました。

その後の進捗としまして、先月末には新規収納代行業者と契約締結に至りました。
そこでの委託処理を先月中から開始する予定ではありましたが若干業務内容に不備があり見直しを図っております。

結果、新規業者の業務開始まではあと数日を要する事になりそうです。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが今週中にもう一度、直近の業務開始日を報告させて頂きます。また現在契約中の収納代行業者も委託業務を継続いたしますので含めて早急に処理を致します。

このような内容になり皆様方に多大なるご迷惑をお掛けしてる事は重々承知の上、改善に努めておりますのでご理解の程宜しくお願い申し上げます。

HASTFOREX公式サイト【出金申請についてのご報告】(閉鎖)

「出金処理は行っているが、期限内に処理ができていない」とのことなので、大量の出金申請に処理が追いついていないものだとみられます。

また、対応策として「新たな収納代行業者との契約締結」を行ったとのこと。

こちらのリリースが発表されて2週間以上経過した11月中旬あたりから、SNS上では出金報告が多く投稿されており、時間はかかるものの出金が進み始めていることが確認できます。

12月に入って再び出金遅延報告が相次ぐ

出金が再開されたと思われたHASTFOREXですが、12月に入って「以前申請した分がまだ出金されていない」といった口コミが再び多く投稿されるようになりました。

12月20日、この出金遅延に対して公式ツイッターから「12月中の出金再開に向けて準備、段取りを取っている」との発表がありました。

さらに、12月26日には「12/28より出金処理を再開する」と発表。

しかしこの発表後、2022年内の出金報告は2~3件ほどしか確認できず。11月中旬の出金再開と比べると、明らかに進みが遅くなっています。

その後、12月30日よりカスタマーセンターも年末年始の休業期間に入り、遅延している出金処理は1/6より再開するとのアナウンスがありました。

2023年5月現在も大幅な出金遅延が続いている

年明けの2023年1月6日より遅延している出金処理を再開するとアナウンスされていましたが、2023年になってから2月現在までSNS上での出金報告は確認できていません。

1月16日、公式ツイッターにて「不正取引グループによる被害が多数発覚したため、取引の取引履歴の再精査を行なっており出金に時間がかかっている」との発表がありました。

なお、一部のユーザーに対しては別途追加書類の提出を求めるとのこと。

発表があった通り、「HASTFOREXから書類再提出を求めるメールが届いた」との投稿もSNS上でいくつか確認できています。

書類提出を求めるメール内には「14日以内に書類提出及び手続きが完了されない場合は不正や不適切事項があると判断し、元金を返金した後アカウントを削除する」との旨が記載されており、ユーザー達も半ば利益出金は諦めモードに入っています。

また、「書類提出後にHASTFOREXの運営からメールが届いた」というユーザーの投稿もありました。

しかしメールに記載されているのは「現在再調査を行っています」という内容で、調査結果や具体的な今後の対応については書かれていません。

書類提出したユーザーの調査結果が出揃い次第また出金が再開されるかもしれませんが、現時点ではまだ大規模な出金遅延が続いているという状況です。

HASTFOREX(ハストフォレックス)出金拒否の原因は?

HASTFOREX(ハストフォレックス)出金拒否の原因

2022年4月のサービス開始から複数回に渡って出金遅延・出金拒否を繰り返してきたHASTFOREX。

これまでに公式から発表された出金遅延・出金拒否の原因は以下の3つです。

HASTFOREX(ハストフォレックス)
出金遅延・出金拒否の原因
  1. 委託している収納代行業者が夏季休暇だったため出金処理に遅延が生じた
  2. 利用者増加に伴う大量の出金申請に処理が追いつかなかった
  3. 不正取引グループによる被害が多数発覚したため、取引履歴の再精査を行なっており出金に時間がかかっている

果たしてすべてが本当なのかはわかりませんが、どんな理由であってもこのように複数回の出金遅延を繰り返されると安全性・信頼性は大きく損なわれてしまいます。

また、ボーナスを利用した不正取引によって被害を受けるブローカーは近年急増しています。

HASTFOREXも設立当初から非常に豪華なボーナスを提供し続けてきたため、不正取引を行うユーザーは一定数いたと思われます。

「不正利用を厳しく取り締まった結果、普通にトレードをしていただけのユーザーにも多数疑いがかかってしまっている」というのが原因で、出金に時間がかかっている可能性も大いにあり得るでしょう。

HASTFOREX(ハストフォレックス)出金できない・出金拒否まとめ

HASTFOREX(ハストフォレックス)はこれまでに複数回の出金遅延・出金拒否を起こしており、出金再開のアナウンスをしてもすぐに出金が止まってしまうという状況が続いています。

今後どのような対応をするかはわかりませんが、現時点でHASTFOREXの積極的な利用はおすすめできません。

HASTFOREXのようにボーナスが豪華なおすすめの海外FX業者は、以下の記事にまとめています。

関連:海外FX口座開設ボーナス最新情報!未入金・ウェルカムボーナス比較まとめ

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。