海外FXでマイナンバー提出が不要な業者は?口座開設に必要な書類も解説

海外FXでマイナンバーが不要な業者は?アイキャッチ画像

海外FXの多くの業者では口座開設をする際、マイナンバーの提出が不要です。

日本の国内FX会社で口座開設をする場合ほとんどがマイナンバーの提出は必須なので、海外FXの特長と言えるでしょう。

マイナンバー不要で口座開設ができる海外FXの業者は以下です。

マイナンバーが不要な海外FX
海外FX業者安全性ランキング-XMTrading(エックスエムトレーディング)XMTrading
世界196カ国へサービス提供
10年以上の運営実績
レバレッジ1000倍・口座開設ボーナスもあり
詳細を見る
海外FX業者安全性ランキング-AXIORY(アキシオリー)AXIORY
信託保全あり
約定力・スプレッドの面でも高評価
情報開示にも積極的
詳細を見る

FXGT
業界トップクラスの口座開設ボーナス最大15,000円
仮想通貨をレバレッジ1000倍で取引可能
完全日本語対応のサポート
詳細を見る

海外FXでマイナンバーを提出しないでも口座開設ができるのには理由があり、安全性に影響はないと考えられます。

この記事では海外FXでマイナンバーの提出しないでも利用できる理由口座開設に必要な書類なども紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

当サイトでは、投資初心者にもおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介しています。

関連:海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年2月】

海外FXでマイナンバーが不要なおすすめ業者3選

国内FXと違って、海外FXでは基本的にどのFX業者でも口座開設時のマイナンバー提出は不要です。

しかし、海外FX業者の中には安全性が低く、出金拒否などの噂がある業者も存在します。

そこで今回は、口座開設にマイナンバーが不要な海外FX業者の中でも特に安全性に定評のあるFX業者を3社紹介していきます。

マイナンバー不要のおすすめ海外FX業者

どの海外FX業者も海外FXが初めての方にもおすすめの安心して利用できる業者です。

マイナンバーの提出不要な海外FX業者でトレードにチャレンジしたい方はぜひ参考にしてみてください。

XMTrading

マイナンバー提出が不要な海外FX業者-XMTrading(エックスエムトレーディング)

引用元:XM公式HP

XMTrading(エックスエムトレーディング)は、日本人利用者数No.1の人気海外FX業者であり、マイナンバー不要で取引が可能です。

その知名度や実績から信頼性・安全性も非常に高く、FX初心者でも安心して利用できる海外FX業者でしょう。

さらに、最大レバレッジ1000倍&豪華なボーナスキャンペーンもおすすめで、海外FXトレーダーの約7割がXMTradingの口座を保有すると言われるほど人気のFX業者です。

XMTradingの特徴
  • 日本人トレーダーの人気No.1の海外FX業者
  • 3種類の豪華なボーナスキャンペーン
  • 最大1000倍のハイレバレッジ
  • 完全日本語対応のサポート
  • 運営会社の安全性・信頼性が高い

>>XMTradingで口座開設する

XMTradingで注目のキャンペーン
  1. 口座開設ボーナスキャンペーン
    新規口座開設で15,000円分ボーナスゲット!
    期間:2月29日まで
    対象口座:全口座タイプ
  2. 入金ボーナスキャンペーン
    最大約150万円分の追加証拠金!
    期間:常時開催
    対象口座:スタンダード/マイクロ
  3. XMロイヤルティプログラム
    取引量に応じてポイント獲得!
    期間:常時開催
    対象口座:スタンダード/マイクロ
  4. 友達紹介キャンペーン
    紹介するたび最大35ドルが貰える!
    期間:常時開催

もちろん口座開設時にマイナンバーの提出は不要で、FX口座開設後すぐにトレードを始められます。

海外FX初心者にもおすすめできるFX業者となっていますので、ぜひXMTradingから海外FXを初めてみてくださいね。

※すぐに口座開設したい方は次画面で表示される「ウェブで続ける」をタップしてください。

XMTradingでのマイナンバーについては別の記事でも詳しく開設していますので、こちらも読んでみてください。

関連:XMのマイナンバーカード登録は必要?不要?法律との関係について

FXGT

マイナンバー提出が不要な海外FX業者-FXGT(エフエックスジーティー)

引用元:FXGT公式HP

 

FXGT(エフエックスジーティー)は豪華ボーナスキャンペーンが特徴の海外FX業者です。

FXGTの特徴
  • 口座開設ボーナス最大15,000円は業界トップクラス
  • 総額100万円以上の入金ボーナスは再利用可能
  • 仮想通貨FXを業界トップのレバレッジ1,000倍で取引可能
  • スワップフリーでスイングトレードにも最適
  • 完全日本語対応のサポート

特筆すべき点は先述のとおり「豪華なボーナスキャンペーン」となっています。

FXGTが実施しているボーナスキャンペーンは以下の通りです。

FXGTで注目のキャンペーン
  1. 口座開設ボーナスキャンペーン
    新規口座開設で海外FX最高額の最大15,000円分ボーナス!
    期間:常時開催
  2. 入金ボーナスキャンペーン
    最大130万円分の追加証拠金!
    期間:常時開催
  3. Loyaltyリセットボーナス
    入金ボーナスが再度受け取れる!
    期間:常時開催
  4. トレードコンテスト
    賞金総額は1,000万円以上!
    期間:不定期開催

ボーナスの金額や種類は海外FXトップクラスなので、「ボーナスを使って海外FXを始めたい!」という方にはFXGTがおすすめです。

また、最大レバレッジは1,000倍と非常に高く、仮想通貨FXも1,000倍のレバレッジで取引できるのもFXGTならではの特徴といえます。

もちろん口座開設にマイナンバーは不要ですので、口座開設後すぐにハイレバ取引を始められますよ。

AXIORY

マイナンバー提出が不要な海外FX業者-AXIORY(アキシオリー)

引用元:AXIORY公式HP

 

AXIORY(アキシオリー)は、海外FX業者の中でも取引の透明性に定評のある海外FX業者です。

AXIORYの特徴
  • 取引・運営の透明性が高い
  • 顧客資金は全額信託保全
  • 業界最狭水準の低スプレッド
  • 約定力99.9%の高い約定力
  • cTraderが利用可能

AXIORYは、XMと比較するとボーナスキャンペーンは豪華ではありませんが、口座スペックや取引環境には非常に力を入れている点でおすすめです。

そのため、取引スペックにこだわるFX中級者~上級者に人気の海外FX業者となっています。

もちろんマイナンバーの提出は不要ですので、以下のボタンから口座開設すればすぐにFX取引を開始可能。

ハイスペックな環境で徹底的に利益を求める方には特におすすめですので、ぜひ1度AXIORYをお試しください。

海外FXはマイナンバー提出不要で口座開設できる

冒頭でも説明したように、多くの海外FXでは口座開設時にマイナンバーの提出は不要です。

しかし、国内FXでは必要なマイナンバーが海外FX業者ではどうして不要なのでしょうか?

その疑問に答えるためにこの章では、以下の内容について詳しく解説していきます。

  • そもそもマイナンバーの役割とは
  • 国内FXでマイナンバーが必要な理由
  • 海外FXでマイナンバーが不要な理由

そもそもマイナンバーの役割とは

総務省-マイナンバー制度の目的

引用元: 総務省ホームページ-マイナンバー制度

そもそもマイナンバー制度は、以下の3つを目的として2016年に開始されました。

マイナンバー制度の目的
  1. 公平・公正な社会の実現
  2. 国民の利便性の向上
  3. 行政の効率化

マイナンバー制度は、日本に住民票がある人すべてに固有番号が配布され、「社会保障」「税金」「災害対策」に利用することを想定しています。

マイナンバーを国民に付与し、金融商品の取引を行った人のマイナンバーを控えることで、確定申告などの調査を簡易化できるようになりました。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

マイナンバーの導入により、お金の流れが見やすくなり課税の適正化に繋がりました。

以上のことから、マイナンバーの目的の一つには「税金を手間なく確実に回収する」があるといえるでしょう。

国内FXは審査のためにマイナンバーの提出が必要

「GMOクリック証券」や「SBI FXトレード」などの国内FX業者では、FX口座開設時にマイナンバーの提出が必ず必要です。

これは、マイナンバーの提出が日本の金融庁によって義務化されているためです。

SBIFXトレードのマイナンバー提出について

この規則は、FX取引で「誰」が「どのくらいの所得」を得て、「どのくらいの税金」を支払っているかを正確に把握、審査するために定められています。

マイナンバーカードの目的が課税の適正化であることを考えると、マイナンバー提出の義務化は適切な対応といえるでしょう。

FX業者にマイナンバーを提出したくない、マイナンバーを提出するのが怖いという方は、海外FX業者で口座開設するのがおすすめです。

海外FXは、基本的にどのFX業者も口座開設にマイナンバーは必要ありません。口座開設にマイナンバーが不要な海外FX業者の中でも、特に安全性に定評のあるFX業者は以下の3つです。

マイナンバー不要のおすすめ海外FX業者

海外FXでマイナンバー提出が不要な理由|安全性は大丈夫?

日本の金融庁の管理を受けていない海外FX業者では、口座開設時にマイナンバーを提出する必要はありません。

マイナンバーの代わりに本人確認書類などの提出は必要ですが、マイナンバーの提出は不要で簡単に海外FX口座の開設が可能です。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

ただ、金融庁の許可を受けていない海外FXに不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし、海外FX業者が金融庁の許可を受けていないのは、日本の金融庁の審査が厳しすぎるため。FX業者の安全性が低いからではありません。

FX業者が金融庁の審査に通るためには、以下のような制限を守る必要があります。

  • 口座開設時のマイナンバー提出義務
  • 最大レバレッジ25倍の制限
  • スキャルピング制限

ハイレバレッジやスキャルピングを強みとしている海外FX業者にとっては、これらの制限は非常に大きなデメリットです。

そのため、日本の金融庁の審査を受けて信頼性を担保するよりも、海外FX業者として高いスペックを維持することを優先しているのです。

また、海外FX業者の多くは日本以外の金融庁などで「金融ライセンス」を取得してその安全性・信頼性を担保しています。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

「日本の金融庁の認可を受けていないこと」と「安全性が低いこと」はあまり関係しません。

次の記事で、海外FXの金融ライセンスや安全性についても詳しく解説しているので参考にしてみてください。

関連:安全性の高い海外FX会社ランキング!安全な業者の選び方も解説

海外FXの口座開設に必要な書類を解説

海外FXの口座開設に必要な書類を解説

海外FXの口座開設、取引にはマイナンバーが不要なケースが多いですが、本人確認書類の提出は必須な場合が多いです。

海外FX業者の口座開設に必要な書類は、業者によって異なりますが基本的には以下の2点です。

海外FX業者の口座開設時の必要書類
  • 本人確認書類
  • 住所確認書類
海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

必要書類の提出方法は、日本国内のFX業者と同様にスマホ等で撮影した書類の画像を送信するだけでOKです。

なお、一部の海外FX業者では、本人確認書類と住所確認書類の提出不要で入金や取引を行えます。しかしその場合、入金額に制限がかけられていることが多いです。

また、原則どの海外FX業者も出金時には本人確認が必要となるため、なるべくFX口座開設時に本人確認書類の提出まで済ませておくのがおすすめです。

ここからは、本人確認書類と住所確認書類がそれぞれ具体的にどのような書類を指すのか解説していきます。

本人確認書類

海外FX業者の口座開設で必要な、本人確認書類として利用できる書類は以下です。

口座開設時に利用可能な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • マイナンバーカード

マイナンバーカードも本人確認書類として利用できますが、もちろん提出は必須ではありません。

また、本人確認書類としてマイナンバーカードを提出した場合でも、確認されるのは住所・氏名・生年月日・顔写真などの個人情報です。

住所確認書類

また、海外FXの口座開設には住所確認書類の提出も必要になります。利用できる書類は以下です。

口座開設時に利用可能な住所確認書類
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 公共料金請求書
  • 固定電話・携帯電話料金請求書
  • クレジットカード・銀行利用明細書
  • 納税通知書

身分証明書として提出した書類でも現住所は確認できますが、住所確認書類は本人確認書類とは別の書類を提出する必要があります。

また、住所確認書類の中でも、住民票や請求書・明細書はFX業者によって「発行から3ヶ月以内」のような有効期限が定められていることが多いです。

以下の表に、主要な海外FX業者の住所確認書類の有効期限をまとめました。

海外FX業者名 有効期限
Tradeview 発行後3ヶ月以内
BigBoss 発行後3ヶ月以内
XM 発行後6ヶ月以内
Exness 発行後6ヶ月以内
AXIORY 発行後6ヶ月以内
iFOREX 発行後6ヶ月以内
TitanFX 発行後6ヶ月以内
HFM 発行後6ヶ月以内

多くのFX業者で発行から6ヶ月以内が期限となっていますが、「Tradeview」「BigBoss」では発行後3ヶ月以内が有効期限になっています。

住所確認書類の有効期限はFX業者によって異なるため、口座開設時は必ず期限を確認するようにしておきましょう。

マイナンバー提出が不要な海外FXなら脱税してもばれない?

海外に拠点を置き、口座開設にマイナンバー提出が不要な海外FX業者であれば「脱税してもばれないのでは?」と考える方もいるでしょう。

しかし、現在の海外FX業者のシステムでは、脱税は以下の理由によってほぼ100%不可能です。

海外FXの脱税がバレる理由
  • 入出金データが金融機関に記録されるためばれる
  • 国外送金等調書で税務署に通知されるためばれる
  • CRS制度により資金移動が把握されているためばれる

取引の入出金データが金融機関に記録されるためばれる

海外FXにおいて入出金を行う際には、その取引データがすべて日本の金融機関に記録されます

これは、海外FXからの入出金は国内の金融機関を経由して行う必要があるためです。

金融機関に記録される入出金データ
  • クレジットカードでの入金・出金の記録
  • 国内口座・海外口座への送金記録
  • オンラインの決済データ

もし海外FXで脱税を行っていたとしても、税務署が金融機関の記録を調べれば簡単にバレてしまいます。

もし未申告の入出金履歴が見つかった場合、脱税を行っていると疑われることになるため、海外FXでの利益は確定申告が必要です

「国外送金等調書」により税務署に通知されるためばれる

日本の金融機関は、海外銀行から高額の送金があった場合、「国外送金等調書」を利用して税務署に報告することが法律で義務付けられています。

国外送金等調書

引用元:[手続名]国外送金等調書(同合計表)|国税庁

これは、1998年に施行された「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」の施行とともに義務付けられたもので、金融機関は以下の条件を満たす場合、税務署に調書を提出する必要があります。

国外送金調書を作成する条件
  • 入金目的で100万円以上の海外送金を行う場合
  • 出金目的で100万円以上の海外送金を行う場合

この調書には、口座名義人や住所、本人口座情報や送金先口座情報、送金の理由など、非常に細かく記載されています。

このように、100万円以上の高額な入出金は税務署によって細かく把握されているため、脱税はほぼ確実にばれるといえるでしょう。

CRS制度により資金移動が把握されているためばれる

日本の金融機関は、国際的な脱税防止のための制度である「共通報告基準(CRS制度)」を採用しています。

CRS制度は、経済協力開発機構(OECD)が策定したもので、海外の銀行口座に関する口座情報を国家間で共有することで、脱税を防止することを目的としています。

この制度は日本だけでなく、100を超える国や地域で採用されているため、海外FX口座と国内口座の間での資金移動を把握することは簡単です。

そのため、マイナーな海外FX業者を利用したとしても、海外FXによる脱税はほぼ不可能であるといえます。

海外FXでは口座開設時にマイナンバーが提出不要なことから、確定申告を忘れたり納税を疎かにするトレーダーも少なくありません。

しかし、海外FXでの利益を申告しないと脱税の疑いをかけられることがあります。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

海外FXを利用する際には、確定申告と税金の納付が必要なことを覚えておきましょう。

関連:海外FX確定申告の書き方・やり方と必要書類を解説【2024年最新版】

マイナンバー提出が不要な海外FX業者のメリット5つ

マイナンバー提出なしの海外FX業者を使うメリット5つ
 
海外FXでは、口座開設時にマイナンバー提出が不要です。

しかし中には、マイナンバーの提出が不要なことから海外FXの安全性に不安を持つ方もいるかも知れません。

そこでここでは、初心者でも安心して利用できる海外FXの5つのメリットを紹介していきます。

海外FXのメリット5つ
メリット
  • 口座開設からトレードまでが早い
  • 日本語サポートも充実
  • 最大レバレッジが高い
  • 追証なしのゼロカット
  • 豪華なボーナスがもらえる

海外FXでのトレードを考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

口座開設からトレードまでが早い

海外FXの特徴は、口座開設からトレードまでが非常に早いということ。

解説してきたように、海外FXでは口座開設にマイナンバーの提出が必要ないので、国内FX業者よりも簡単に口座開設が可能です。

ほとんどの海外FX業者で口座開設自体にかかる時間は、約5分

業者によっては、口座開設後に取引ツールをダウンロードすればすぐにトレードを開始できます。

人気の海外FX業者「XMTrading」では、本人確認書類の提出は出金時に行えばOK。
本人確認書類の提出不要でトレードが始められます。

国内FXはマイナンバーの提出が必要なだけでなく、口座開設時の審査に時間がかかるFX業者もあるので、すぐにトレードが始められるのは海外FXの大きなメリットです。

日本語サポートも充実

日本語サポートが充実しているのも、最近の海外FX業者の大きなメリットです。

「稼ぎやすい海外FXでトレードしたいけど、英語ができないから無理」と諦めている方もいるかもしれません。

しかし、メジャーな海外FX業者の多くは日本人向けのサポートが非常に充実しています。

公式ホームページはもちろん、チャットやメール、電話でのお問い合わせには日本人のオペレーターが待機しています。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

英語ができないからといって海外FX業者を使わないのは非常にもったいないでしょう。

最大レバレッジが高い

FXについての知識が少ない方であれば、「海外FXのハイレバレッジは危険」というイメージがあるかもしれません。

しかし実際には、最大レバレッジの高い海外FXの方が少ない証拠金で取引できるのです。

具体的に、100万円の取引を国内FX会社とレバレッジ1000倍の海外FX会社で行う場合で考えてみましょう。※1ドル=100円換算

FX取引で必要な証拠金は、以下の式で計算できます。

必要証拠金=取引金額÷最大レバレッジ

国内FXと海外FXの必要証拠金はこちらです。

国内FXと海外FXの必要証拠金
国内FX業者 海外FX業者
レバレッジ 25倍 1000倍
必要証拠金 4万円 1000円

最大レバレッジが高い海外FXの方が100万円の取引のために必要な証拠金は少ないことが分かりますね。

つまり、海外FXでは100万円の取引で全額負けても損失は1,000円のみ、ということです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

少ない証拠金で取引したい場合は、最大レバレッジが高い海外FX業者を利用しましょう。

ただし、取引金額を増やして実効レバレッジを上げてしまうと、それだけ損失も膨らんでしまうので注意が必要です。

追証なしのゼロカット

海外FXでは、「ゼロカット」という仕組みによって借金を負うことは絶対にありません。

ゼロカットとは、証拠金以上の損失が出た場合にマイナス分を海外FX業者が全額補填してくれる制度です。

ゼロカットがない国内FXでは、証拠金以上の損失は「追証」という形で請求されますが、海外FXでは追加の証拠金を請求されることはありません。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

追証なしという点から借金リスクのない海外FXは、国内FXよりもむしろ安全性が高いともいえるでしょう。

豪華なボーナスがもらえる

豪華なボーナスキャンペーンを開催しているFX業者が多いのも、海外FXのメリットの一つです。

海外FXのボーナス例
  • 最大3万円の口座開設ボーナス
  • 資金が2倍になる入金100%ボーナス
  • 取引するほどポイントがたまるキャッシュバックボーナス

海外FX業者によっては、ボーナスだけでもFXトレードを始めることも可能です。

自己資金を投資したり、マイナンバーを登録するのが怖いという方は、まずはボーナスだけでトレードできる海外FX業者を選ぶのもいいかもしれません。

以下の記事では口座開設ボーナスを実施しているおすすめの海外FX業者を紹介していますのでこちらもご覧ください。

関連:海外FXの口座開設ボーナス(未入金・ウェルカムキャンペーン)|おすすめ業者を徹底比較

海外FXのマイナンバーについてよくある質問

ここからは、海外FXのマイナンバー提出に関するよくある質問とその回答を紹介します。

海外FXのマイナンバーについて疑問がある方はこちらの内容をチェックしてみてください。

マイナンバー提出が不要のFX業者はありますか?

日本国内で営業しているFX業者は、税務署に提出する書類に利用者のマイナンバーを記載することが法律で義務付けられています。

そのため、原則すべての国内FX業者では口座開設時にマイナンバーの提出が必須となっています。

ただし、海外に拠点を置く海外FX業者は日本の法律の規制対象外であるため、口座開設時にマイナンバー提出は不要です。

マイナンバーを提出しないとどうなりますか?

業者によって詳細は異なりますが、現在日本国内のFX業者では、原則としてマイナンバーを登録しなければ新規口座開設及び取引を行うことができません。

しかし、もしマイナンバー制度開始以前(2015年12月以前)に開設したFX口座をお持ちの場合、マイナンバーが未提出であっても特に取引制限をかけられることはほとんどありません。

もちろん、基本的には速やかにFX業者へのマイナンバー提出が望まれますが、現状ではマイナンバー制度開始以前にFX口座開設をしたユーザーがマイナンバー未提出のままでも、それを取り締まる罰則はありません。

口座開設にマイナンバーが必要な理由を教えてください。

FXの口座開設にマイナンバーが必要な理由は、FX業者が税務署に提出する「支払調書」にマイナンバーの記載が法律で義務付けられているからです。

そのため、FX業者へ提出したマイナンバーは支払調書への記載にのみ利用されます。

マイナンバーカードがないと海外FXの口座開設はできませんか?

マイナンバーカードが手元になくても、多くのFX業者では以下のマイナンバーが記載されている以下書類の画像を提出することでFXの口座開設が可能です。

  • 個人番号カード
  • 住民票の写し

また、海外に拠点を置く海外FX業者であれば、マイナンバーの提出は不要でFX口座開設をできます。

本人確認不要で利用できる海外FX業者はありますか?

以下の海外FX業者では、本人確認が完了していない状態でも入金と取引が行えます。

  • Exness
  • FXGT

ただし、本人確認が済んでいない場合は入金額に制限をかけられていることが多いです。

また、原則どの海外FX業者も出金時には本人確認が必要となるため、なるべく口座開設時に本人確認書類の提出まで済ませておくのがおすすめです。

まとめ

ここまで、マイナンバーの提出なしでも口座開設できる海外FX業者や国内FXと海外FXのマイナンバーの扱いについて解説してきました。

海外FXのマイナンバー提出について、もう一度おさらいしておきましょう。

海外FXのマイナンバーまとめ
  • 海外FX業者では口座開設時にマイナンバーの提出は不要
  • 国内FXは金融庁の管理下にあるため口座開設にマイナンバーが必要
  • マイナンバー提出が不要な海外FX業者はさまざまなメリットがあり、安全に利用できる
  • マイナンバー提出不要の海外FX業者でも、脱税は必ずばれる

海外のFX業者であれば、口座開設時にマイナンバーを出すことは必須ではありません。

マイナンバーの取得やマイナンバーの提出が面倒な方にとっては、海外FXはとても簡単に口座開設が可能です。

海外FXでのトレードにはメリットも非常に多いので、これからFXに挑戦する方や初心者にもおすすめ。

当サイトでは、初心者にもおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介しているので、興味がある方はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

関連:海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年2月】

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。