海外FX(XM)なら1000万円を5日で稼ぐ?ハイレバ取引で最短で利益獲得してみた

「海外FXで稼ぐならハイレバ」アイキャッチ画像

「FXを始めてみたけど、国内ではなかなか稼ぎにくい…」
「手っ取り早く、何か一気に稼ぐ方法が知りたい」

このような考えでお悩みの方、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、かつては同じような悩みを抱え、海外FXという舞台に飛び込んだ身です。

何となくハイリスクで危険なイメージを持たれがちな海外FXですが、実は正しいアプローチでトレードすれば非常に簡単かつ安全に稼ぐ事ができます。

特に今回ご紹介するハイレバレッジ取引を用いれば、元手数万円台から一気に1000万円台まで資金を増やす事だって十分可能。

この記事を通じて、海外FXで徹底的に稼ぐ為のノウハウを身につけ、夢の実現に向けた第一歩を共に歩んでいきましょう!

レバレッジ1000倍以上のおすすめ海外FX業者

海外FXで稼ぐならハイレバ取引一択な理由

海外FXで稼ぐならハイレバ取引一択な理由

まず初めは、そもそもなぜ海外FXで稼ぐ為には圧倒的にハイレバ取引(ハイレバレッジ取引)が良いのか、その理由から見ていきます。

資金効率が抜群に良い

そもそもハイレバレッジとは、レバレッジを高くかけているという意味で、元手の範疇でしか取引できない現物取引の逆を指します。

本来存在しない金額を「信用」という形で担保して高額取引が行える分、現物取引よりも一気に稼げる(損をするリスクも同様に存在する)というわけです。

これを分かりやすくする為に以下に例を挙げると、

  • 1万円で取引:上限1万円まで(現物取引)
  • 1万円で取引:上限1000万円まで(1000倍レバレッジ取引)

このように、実際はどちらの取引も1万円しか原資はありません。

しかし1000倍というハイレバレッジ(XM)を利用すれば、あたかも1000万円が手元にあるかのように取引ができるようになるというわけです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

ただ、もちろんタダで何のリスクも負わずに、ハイレバ取引で稼ぐ事ができるわけではありません。

海外FXには「ロスカット」と呼ばれる概念があり、これは手元の資金(今回の例では1万円)が一定額以下になった瞬間、強制的に取引が終了になることを言います。

詳しい記事は別に用意してあるので以下から飛んでご覧頂ければと思いますが、海外FXではこのロスカットが厄介な存在になってきます。

あわせて読みたい

海外FX口座は国内FXに比べてロスカットされにくいというのは本当?この記事では国内業者と比較したロスカット水準の違い&強制ロスカットの計算方法、海外業者のロスカット水準比較を行っています。

海外FXのロスカットのアイキャッチ画像
海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

勘が良い方はここで、ロスカットのせいで借金も膨らんでしまうのでは…?と考える方もいる事でしょう。

そこで次項で、その辺りの説明を詳しく見ていきましょう。

借金を負う必要がない「ゼロカット」

前項の内容を踏まえて結論からお伝えすると、なんと海外FXでは「ゼロカット」のおかげで借金を負うリスクがありません。

ゼロカットというのは、口座内資金以上の損失が発生してしまっても追証がゼロになる海外FX特有の制度で、日本のFX業者にはありません。

どういうことかといいますと、例えば口座内証拠金が100万円でトレードをしているとしましょう。

この時、大きく相場が変動して250万円もの損失が発生してしまったとします。

口座内証拠金100万円で補填したとしても差額の150万円が実質の損失となってしまい、国内FXでは「追証」という形で追加入金をしなければなりません。

一方海外FXの場合、先ほどのゼロカットにより差額の150万円をFX業者が変わりに負担してくれるので、追証は実質ゼロになるのです。

借金を負う必要がないゼロカット
海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

このゼロカットのおかげでハイレバレッジな海外FXでも借金にはならないのです。

ゼロカット採用のおすすめ海外FX業者

関連:海外FXのゼロカットシステムとは?追証なしで取引できる仕組みや注意点

さて、話を本筋に戻し、実際に海外FXのハイレバ取引はどれだけ稼ぐ事ができるのか、次項で検証していきたいと思います。

実際にハイレバレッジ取引を検証!

実際にハイレバレッジ取引を検証!

それでは、実際にハイレバ取引はどういった流れで稼ぐ事が可能なのか検証していきましょう。

ただ、一口にハイレバ取引と言っても様々な業者やレート、取引手法が存在します。

実際にどこを利用すれば良いのかわからないという方も多いかと思いますので、今回は最もおすすめの方法をご紹介しましょう。

おすすめは1000倍ハイレバスキャルピング

今回利用する最もおすすめなハイレバ取引は、題の通りレバレッジ1000倍のスキャルピングです。

ここで初登場のワード「スキャルピング」とは、FXの取引手法の一つですが、1日の中で細かく何回も取引し、利益を得る方法を指します。

このスキャルピングで高速取引を行いつつ、1000倍という圧倒的なハイレバレッジをかける事で、短期で一気に稼ぐ事も夢ではないというわけです。

なお、先に一つだけハイレバスキャルピング取引をする際のポイントをお伝えしておくと、使用する通貨ペアはスプレッド(買値−売値)が狭く値動きが活発なモノをおすすめします。

というのも、単純にスプレッドが広ければその分投資家の手数料が増えて不利ですし、値動きが無ければ儲かる要素が薄まってしまいます。

この2点に注目し、自分にあった優良業者を選ぶ事が大切です。

最大レバレッジ1000倍以上で取引できる海外FX業者

関連:海外FXスプレッド比較!狭い・最狭・低スプレッドの業者まとめ

それでは、前提条件が確認できた所で、実際の検証結果を見ていく事にしましょう。

取引結果:たった数回のトレードで1000万円到達!

今回は、以下の条件でハイレバスキャルピングを行ってみました。

トレードの条件
  • 原資金:10,000円
  • レバレッジ:1000倍(XMTrading)
  • 通貨ペア:USD/JPY
  • レート(計算当時のもの):107.805
  • エントリー:買い
  • 取引数量:毎回最大値(取引できる限界の数値)
  • 利幅:50pips

ちなみに計算には「証拠金シミュレーター」を用い、何回で元手が1000万円に到達するのかを検証してみました。

早速結果からお伝えすると、以下のような推移で資金が増える結果に。

取引回数 取引枚数
(1枚=1万通貨)
1回あたりの利益及び累積額
初回 9枚 ¥45,000
2回目 41枚 ¥205,000
3回目 190枚 ¥950,000
4回目 881枚 ¥4,405,000
5回目 2000枚 ¥10,000,000

これをご覧頂ければ分かる通り、なんとたったの5回取引を行っただけで、目標金額の1000万円に到達する事ができました!

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

実際は、取引数量を常にMAXに設定してリスクを完全度外視したトレード結果のため、このように上手くいく事はほぼないでしょう。(笑)

しかし、理屈上はこのような圧倒的速度感で稼ぐ事も可能なので、それだけハイレバスキャルピング、海外FXには魅力があるというわけです。

>>当サイトおすすめの海外FX業者ランキング【2024年最新版】

では、ここまでで十分海外FXの魅力は伝わってきたと思いますが、逆に国内FXはどうなのでしょうか?

併せて現状をチェックしてみましょう。

国内レバレッジ25倍は稼げない

ここまで読んでくれた方であればお分かりの方も多いかと思いますが、はっきり言って国内FXと海外FXでは比較対象になりえません。

なぜなら国内FXは、レバレッジ最大25倍までという厳格な規定が敷かれており、それ以上のレートでトレードができないようになっているからです。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

それ故、海外FXのように一気に稼ぐ事は現実的に不可能です。

堅実に取引をしたい方や、ちょっとずつ稼ぐ事を覚えたい方にはおすすめですが、やはり短期で稼ぐには海外FXしか選択肢はないでしょう。

特に次項で紹介するような海外FX業者は非常に高いレバレッジが利用できるだけでなく、各種キャンペーンの内容まで豊富です。

現時点で手持ち資金0の方でも、もれなく数万円がもらえるボーナス特典まで付ける業者も多数存在するなど、スケール感が全くもって異なります。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

「長期堅実型は国内FX、短期集中型は海外FX」と考えるのがベストでしょう。

ハイレバレッジでおすすめの海外FX業者は?

ハイレバレッジでおすすめの海外FX業者は?

さて、これまでハイレバ取引を中心に様々な内容をお伝えしてきましたが、そこで気になるのは実際にどの業者がおすすめか?という事でしょう。

本項では、これから海外FXでハイレバ取引を望む方にぴったりの、優良業者を3つほどご紹介します。

ハイレバレッジでおすすめの海外FX業者

XMTrading

XMTrading(エックスエムトレーディング)公式サイト

引用元: XMTrading公式サイト

まずご紹介するのは、国内最大人気を誇る海外FX業者、「XM(エックスエム)」です。

こちらは日本国内のユーザー数が他の業者と比べて段違いで、現在100万人をゆうに突破した実績を誇っています。

これだけ利用者が多い業者という事もあり、XMはその安全性にも定評があります。

海外FX業者の中には、信用の証ともいえる「ライセンス」を取得していない業者も多数存在する中で、XMはしっかりと保持した上で営業中。

海外FXに対する不安を抱えている、FX初心者の方が最初に利用する業者としてXMは最適であると言えるでしょう。

※すぐに口座開設したい方は次画面で表示される「ウェブで続ける」をタップしてください。

XMTradingについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連:XMTrading(エックスエムトレーディング)の評判と口コミ!勝てない噂や安全性を徹底評価

Exness

Exness(エクスネス)公式サイト

引用元: Exness公式サイト

続いてご紹介するおすすめの業者は「Exness(エクスネス)」です。

Exnessは「最大レバレッジ無制限」が特徴的な、中上級者に人気のハイスペックブローカー。

レバレッジ無制限に加え、ロスカット水準0%業界最狭水準の低スプレッド、全銘柄のストップレベルゼロなど並外れたスペックの高さを誇ります。

また、日本向け法人はセーシェル金融庁のライセンスを取得。グループ全体では難易度の高さで知られる英国FCAやキプロスCySecをはじめ、全世界8カ国でライセンスを取得しており、信頼性の高さも申し分ありません。

最高クラスの安全性と無制限のレバレッジをはじめとする高水準な環境で爆益を狙いたい方は、Exnessを利用してみてはいかがでしょうか。

Exnessについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連:Exness(エクスネス)の評判・口コミをデメリットも含め徹底評価!

FXGT

FXGT公式サイトトップページ

引用元: FXGT公式サイト

最後におすすめするのが、仮想通貨FX・ビットコインFXができる海外FX業者として人気急上昇中の「FXGT(エフエックスジーティー)」です。

FXGTは、仮想通貨FXを1000倍のハイレバレッジで取引できる業界でも数少ない海外FX業者。

近頃話題の「NFT」や「DeFiトークン」を利用した金融取引も可能となっており、FXGTの口座1つあればほとんどの投資商品はカバーできます。

また、最大20,000円が貰える口座開設ボーナスや最大120万円の入金ボーナスなどのキャンペーンの種類・金額の豪華さは業界屈指です。

普通のFXとはちょっと違った、仮想通貨FX・ビットコインFXで1000万円を稼ぎたい方はぜひFXGTでのトレードに挑戦してみてください。

FXGTについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連:【FXGTの評判・口コミ】安全性はどう?利用価値を辛口で評価

 

まとめ

今回は、海外FXのハイレバ取引に焦点を当て、今すぐ稼ぐためのポイントを実例と併せてご紹介してきました。

ご覧頂ければ分かる通り、海外FXでのハイレバ取引は、一般的なイメージよりもリスクは少なく、その上で夢は無限大です。

たった数回の取引で資金を数千倍にも増やして稼ぐなど、海外FX以外では実質不可能であるとも言えるでしょう。

もちろん、リスク度外視の無謀な戦略では大損を被るだけですが、今回ご紹介してきたようなステップを踏めば、勝利の確率はグッと高まります。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

くれぐれも正しい方法で、資金効率を最大に高め、トレードする事を推奨します。

なお当サイトでは、本記事以外にも様々な海外FX関連の情報を記載したページがあるので、気になる方はそちらも併せてチェックしてみてくださいね!

あわせて読みたい

この記事では、海外FXを利用して億り人になった方の詳細情報を掲載しています。海外FXや仮想通貨などの投資において、1億円以上の利益を稼ぐトレーダーを「億り人」と言います。実際に海外FXで億り人になったケースを知りたい方、参考にしたい方は必見です!

>>海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年2月】

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。