XMはヒストリカルデータ取得可能!EAのバックテストやトレンド分析に利用

ヒストリカルデータとは、過去の値動きを示したデータのこと。

初心者には聞きなれない言葉かもしれませんが、特に自動売買利用者にとってはとても重要なデータです。

ヒストリカルデータはMT4/MT5から簡単に入手できるので、XM利用者は誰でも入手できます。

\\過去チャートのデータを見て分析する//

このページでは、

  • ヒストリカルデータの用途
  • ヒストリカルデータの取得方法・削除方法
  • ダウンロードできない原因と対処方法

を紹介していきます。

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【一番人気】
スタンダード口座
総額130万円超えの口座開設ボーナス・入金ボーナスが必ずもらえる超万能型口座!
無料でリスクなしのお試しトレードができるので、とりあえずこの口座を開設しておいて損はなし。
【コスト重視】
KIWAMI極口座
低スプレッド×手数料0×スワップフリーを実現した業界でも有数のコストに特化した口座。
資金が少なくても、長期トレードやハイレバスキャルで大きな利益を狙いやすい!

※どちらも口座開設ボーナス15,000円の対象口座です。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

※すぐに口座開設したい方は次画面で表示される「ウェブで続ける」をタップしてください。

XMヒストリカルデータの2種類の使い道

XMヒストリカルデータの使い道

過去の値動きだけを示したヒストリカルデータには、以下の2種類の使い道があります。

ヒストリカルデータの使い道
  • トレンド分析
  • 過去チャートでEAのバックテスト

2種類の使い道についてそれぞれ補足していきます。

トレンド分析

ヒストリカルデータは一切加工のない純粋な過去の値動きを示したデータです。

必ずしも過去のデータ通りに値動きするわけではありませんが、間違いなく過去のデータは予測に役立ちます。

ヒストリカルデータは10年以上前のデータまで集められるため、分析するに十分なデータ量です。

あなたが普段トレンド分析に使っているフィボナッチ・RSI・移動平均線などインディケータ全て、ヒストリカルデータを分析して生まれました。

つまりヒストリカルデータを使った分析ができれば、独自のインディケータやトレードパターンを生み出したり、自分なりのトレード手法の検証・分析ができるわけです。

ちなみに、FX通貨ペアはもちろんのこと、GOLDなどの銘柄でも過去チャートの分析にも使えるのでご安心ください。

過去チャートでEAのバックテスト

ヒストリカルデータを利用する目的で一番多いのは、EAなど自動売買ツールのバックテストでしょう。

新しいEAを利用する前に、過去何年分かの値動きでそのEAがどれだけ有効なものかの確認が必要です。

それをバックテストと呼び、バックテストを行うことでより高精度なEAを見つけられます。

ちなみに、XMで自動売買を行うなら「ゼロ口座」がおすすめです!
詳しい理由は「XMで自動売買(EA)をしたいなら押さえるべき10の知識」で解説しています。

まだゼロ口座を持っていない方は、今のうちに口座開設しておきましょう。

\\ゼロ口座でEAを使用する//

それでは、実際にXMのMT4/MT5でヒストリカルデータを取得する方法を解説していきますよ。

XMでヒストリカルデータを取得する前の準備

ヒストリカルデータを取得する前にMT4/MT5でヒストリー内の最大バー数を設定しておく必要があります。

この最大バー数が多ければ多いほど、過去のチャートまでさかのぼれるので、長期のヒストリカルデータを入手するには必要な作業です。

それでは、最大バー数の設定方法を解説していきます。

まずは、MT4/MT5を起動しましょう。

「ツール」内の「オプション」をクリック

XMのヒストリカルデータの設定方法

画面上部の「ツール」をクリックし、その中の「オプション」をクリックします。

「ヒストリー内最大バー数」を最大値に設定

ここでは、MT4とMT5で表示が少し異なります。

オプション画面が表示されたら、「チャート」をクリックし、その下部にある「ヒストリー内の最大バー数」を最大値に設定します。

MT4の場合は「2147483647」を入力、MT5の場合は「Unlimited」を選択しましょう。

MT4の画面

XMのヒストリカルデータ設定方法(MT4)

MT5の画面

XMのヒストリカルデータ設定方法(MT5)

これでヒストリカルデータ取得前の準備は完了です。

それでは、ここからヒストリカルデータを入手していきましょう。

XMでヒストリカルデータを取得する方法

XMではMT4とMT5の両方の取引ツールの利用ができます。

そこで、MT4とMT5とでヒストリカルデータの取得方法が少々異なるので、それぞれ解説していきます。

XMのMT4で取得する方法

まずは、MT4を起動しましょう。

「ツール」内の「ヒストリーセンター」をクリック

MT4版XMのヒストリカルデータ取得手順①

起動したら、上部の「ツール」をクリックし、その中の「ヒストリーセンター」をクリックします。

銘柄と時間足の選択

MT4版XMのヒストリカルデータ取得手順②

ヒストリーセンターで、データを入手したい「銘柄」「時間足」をクリックすると、データが表示されます。

ヒストリカルデータをダウンロード

MT4版XMのヒストリカルデータ取得手順③

銘柄と時間足を選んだら、下部にある「ダウンロード」をクリックしましょう。

するとダウンロードアラート画面が表示されるので、「OK」をクリックします。

MT4版XMのヒストリカルデータ取得手順④

ダウンロードできたか確認する

きちんとダウンロードできたか確認する必要があります。

再び「ツール」内の「ヒストリーセンター」をクリックしましょう。

すると、「データベース・レコード」が0から増えているはずです。

MT4版XMのヒストリカルデータ取得手順⑤

きちんと増えていればダウンロードは成功。

これでMT4におけるヒストリカルデータの取得は完了です。

XMのMT5で取得する方法

まず、MT5を起動しましょう。

表示→銘柄をクリック

MT5版XMのヒストリカルデータ取得手順①

MT5を起動したら、画面上部の「表示」をクリックし、その中の「銘柄」をクリックしましょう。

銘柄・時間足・期間を選択

MT5版XMのヒストリカルデータ取得手順②

銘柄ウィンドウ内の「チャートバー」をクリックし、その中で「銘柄・時間足・期間」を設定しましょう。

ヒストリカルデータをダウンロード

MT5版XMのヒストリカルデータ取得手順③

「銘柄・時間足・期間」を設定したら、「情報呼出」をクリックすると上記のように表示されます。

下部の「OK」をクリックすれば、ダウンロード完了です。

MT5版XMのヒストリカルデータ取得手順④

ヒストリカルデータをダウンロードできない時の原因と対処方法

XMでヒストリカルデータをダウンロードできない原因

ヒストリカルデータをダウンロードできない問題に直面した時、以下の原因が考えられます。

ダウンロードできない原因
  • MT4のバージョンが古い
  • チャートバーを最大化できていない
  • 初期のデータが残っている

それぞれの原因と対象方法を解説します。

XMのMT4のバージョンが古い

MT4のバージョンが最新でないと、ヒストリカルデータをダウンロードできない問題が発生します。

現在使用しているMT4のバージョンを確認し、古い場合は最新のMT4をダウンロードしてください。

チャートバーを最大化できていない

MT4のチャートバーの本数が少ないことが原因で、ヒストリカルデータをダウンロードしても価格データが反映されていない可能性があります。

MT4の「ツール」→「オプション」→「チャート」のタブをクリックして、チャートバーの本数を増やしてみてください。

初期のデータが残っている

既存のヒストリカルデータがMT4に残っていることが原因で、新規のデータをダウンロードできない状態になっている可能性があります。

次の章で解説する「データの削除方法」を参考に、古いヒストリカルデータを削除しましょう。

既存のXMヒストリカルデータの削除方法

新たなヒストリカルデータを入手するためには、既存のヒストリカルデータの削除が必要です。

そこで、ここではヒストリカルデータを削除する方法を紹介していきます。

開いているチャートを削除

XMのヒストリカルデータ削除手順①

チャートが開いたままでは既存のデータを消しても、再度チャートを開くことで自動的に復元されてしまいます。

そこで、開いているチャートを完全に削除するために、画面右上の×ボタンをクリックしましょう。

「ファイル」内の「データフォルダ」をクリック

XMのヒストリカルデータ削除手順②

チャートを削除したら、画面上部の「ファイル」をクリックし、その中の「データフォルダ」をクリックしましょう。

ヒストリカルデータを削除

XMのヒストリカルデータ削除手順③

まず、表示されたフォルダ内の「history」をクリックします。

次に、「XMTrading○○」をクリックしましょう。○○には、DEMOやREALなど口座タイプが入ります。

XMのヒストリカルデータ削除手順④

フォルダ内にある入手したい通貨ペアの「○○.hst」のファイルを削除しましょう。

XMのヒストリカルデータ削除手順⑤

これでヒストリカルデータの削除は完了です。

よくある質問

最後にXMのヒストリカルデータに関してユーザーからのよくある質問に回答していきます。

よくある質問
  • ヒストリカルデータはCSVでダウンロードできますか?
  • ヒストリカルデータの信頼性・精度は?
  • ウェブトレーダーでもヒストリカルデータのダウンロードはできますか?
  • XMのアプリでデータをダウンロードできますか?

ヒストリカルデータはCSVでダウンロードできますか?

CSVでヒストリカルデータをダウンロードする方法は・手順は以下の通りです。

  1. MT4上の「ツール」から「ヒストリーセンター」を選択
  2. 通貨ペアと時間足を選び「エクスポート」

ヒストリカルデータは上記の方法でCSV出力できます。

チャート分析をしたい方は、こちらの手順でCSVをダウンロードしましょう。

ヒストリカルデータの信頼性・精度は?

結論から言うとXMのMT4から取得できるヒストリカルデータは信頼性や精度はそこまで高くありません。

MT5から取得できるヒストリカルデータも信頼性・精度は悪いと言われています。

ヒストリカルデータの精度の高さは非常に重要です。

なぜなら、その精度次第でバックテストのデータが変わってしまうためです。

最も信頼性・精度が高いヒストリカルデータが取得できると言われている、おすすめの業者は「Alpari」という証券会社です。

調べるとFXDDなども信頼性が高いと出てきますが、実際はそうでもありません。

Alpariはデモ口座を登録するだけでMT4からヒストリカルデータをダウンロードできるので、有料でもありません。

ぜひこちらで信頼性の高い、便利で使えるヒストリカルデータをダウンロードしてみてください。

ウェブトレーダーでもヒストリカルデータのダウンロードはできますか?

ウェブトレーダーからもヒストリカルデータのダウンロードは可能です。

しかし、ウェブトレーダーは自動売買に対応していないので、ダウンロード版のMT4を利用するのが良いでしょう。

ウェブトレーダーの使い方はこちら。

参考:XMのWebTrader(ウェブトレーダー)は何が違うの?MT4/MT5との違いと使い方

XMのアプリでデータをダウンロードできますか?

XMアプリ、MT4、MT5いずれのアプリでもヒストリカルデータのダウンロードはできません。

ヒストリカルデータをダウンロードする際はソフト版のMT4やMT5を利用しましょう。

アプリの使い方はこちら。

参考:【XMのスマホアプリ】使い方を完全攻略したようなので解説します

まとめ

XMでは、誰でもヒストリカルデータをMT4/MT5から入手できます。

少し手間はかかりますが、トレンド分析やEAのバックテストにとって重要なデータなので、当記事で紹介した導入方法を参考にして、うまく活用できるようにしましょう。

XMの自動売買については別途まとめてあるので、コチラを参考にしてください。

XMで自動売買(EA)をしたいなら押さえるべき10の知識

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。