FX逆張り手法!初心者でもできる逆張りトレードで稼ぐコツ

今回はFXのテクニックの一つである、「逆張り手法」について説明していきます。

逆張りとは?
トレンドの反転を狙って注文するFX取引手法のひとつ

FXの「逆張り手法」は、初心者をはじめ多くの方が一度は行ったことがある手法ではないでしょうか?

しかし一方で、FX初心者には逆張りは難しいの行うべきではないという意見もあります。

実は逆張り手法には負けのパターンと勝つためのコツがあり、FX初心者であっても基本をきちんと押さえるだけで利益を出すことができるようになります。

この記事で詳細をチェックしていきましょう。

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【XM最新口座】
XM | KIWAMI極口座
低スプレッド×手数料0×スワップフリーを実現した業界でも有数のコストに特化した口座。
短期・長期にかかわらずトレードしやすく、口座開設ボーナス15,000円がもらえる特典付き。
【極狭スプレッド】
AXIORY | ナノ/テラ口座
業界最狭水準の低スプレッド環境を提供している口座タイプ。
数多くのトレーダーから好評を得ており、機能性が高いプラットフォーム『cTrader』も利用できるなど、まさに利益にこだわりたい方のために作られた口座と言える。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

逆張りとは?負ける人の特徴と順張りとの違い

逆張りとは?負ける人の特徴と順張りとの違い

まずは、逆張り手法の基本について見ていきましょう。

順張り手法とは

順張り手法とは
FXの順張り手法は、非常に分かりやすいですね。

「トレンドが上がっているときに買い、トレンドが下落しているときに売る」

これが順張り手法です。

現在起きているトレンドに乗っかればいいので、初心者にも取り組みやすい手法と言えます。

ただ、順張り手法は長期的なトレンドでは注文しやすいのですが、価格が停滞する「レンジ相場」ではむしろ不利となります。

逆張り手法とは?初心者には向いてない?

順張り手法とは
逆張り手法とは、これまで動いていたレートとは逆のレートに動くことを予測して取引を行う手法です。

逆張りとは?初心者には向いてない?

「上昇トレンドで売り、下降トレンドで買う」

これが逆張り手法です。

トレンドの変わり目には「三尊」や「逆算損」、「高値の切り上げ」といった兆候が発生します。

未発生のトレンドを見極めるので、逆張り手法は順張りよりも難易度が高いと言われています。

逆張り手法で負ける人

逆張り手法で負けるFXトレーダーには、2つの特徴があります。

  • チャートが反転する根拠がない
  • 逆張りで負けた後すぐに次の逆張りを仕掛ける

まず、なんとなくレートが上がったから下がりそうなどの理由で逆張りをしてしまうFX初心者は多くいます。

チャートの反転にはしかるべき根拠がありますので、トレンドの上昇・下落をきちんと見極めることが大切です。(詳細は後述)

また、逆張りで大きく負けてしまうFXトレーダーの中に、負けが確定していてもポジションを持ち続けてしまう方がいます。

逆張り手法で反転を期待して注文を足しても、含み損が膨らみ続けてしまいます。

逆張りで負ける人

負け分を取り返そうとポジションを持ち続けても、反転しないときはあります。

損切りラインを見定め、負けたときは潔く切るのが、逆張り手法で長期的な利益を出すコツです。

逆張り手法のおすすめエントリータイミング

逆張り手法のおすすめエントリータイミング
続いて、FXの逆張りを行う際のおすすめエントリーポイントについて紹介していきます。

逆張りのおすすめエントリーポイント
  • レジスタンスライン・サポートラインを狙う
  • リバウンドを狙う

レジスタンスライン、サポートラインに触れた点

レジスタンスラインとサポートラインとは、簡単に言うと、レートが反転するポイントを繋いだ線のことです。

その中で
上がっていたレートが反転して下がり始めた点を繋いだのがレジスタンスライン
下がっていたレートが反転して上がり始めた点を繋いだのがサポートライン
と分けられます。

レジスタンスライン、サポートラインとは?

このレジスタンスライン、サポートラインを引いてその線に近づいた際に逆張りを行うのです。

多くのFXトレーダーがこのレジスタンスライン、サポートラインを意識してトレードをしています。
そのため、そのタイミングで多くの逆注文が入り、レートも反転することが多くなります。

しかし、レジスタンスライン、サポートラインでも反転しないでむしろ加速する場合もあります。(これをブレイク)
ブレイクしてしまうと、逆にそのまま価格が上がり(下がり)続けてしまいます。

この場合は逆に順張りのチャンスです。
このように、レジスタンスライン、サポートラインを使うことができるので、ぜひ試してみてください。

リバウンドを狙う

経済指標発表時など価格が急騰、急落した際に使うことができるFXの逆張りポイントです。

実は価格が急騰、急落した後にはある程度価格が戻ることがよくあります。リバウンドというのはこのポイントのことを言います。

チャートのリバウンド

そのため、経済指標発表後の時間など価格が急騰、急落してしまった際に逆張りを行ってスキャルピングのような形で稼ぐということもできます。

FX逆張り手法の注意点2つ

FX逆張り手法の注意点2つ
FXで逆張りをするポイントについては理解していただけたと思います。

しかし、紹介したポイントでエントリーをしたからと言って確実に成功するというわけではありません。

ここでは、FX逆張り手法で大きな失敗をしないための注意点について説明していきます。

利確、損切りのルールをきちんと決める

これはFXでどのようなトレードを行う時でも当たり前ですが、利確、損切りの基準を決めるということです。

これらの基準を持たずにFXトレードをしていると、無駄にトレードを長引かせて利益が減ってしまったり、損失が大きくなってしまったりします。

利確、損切りはスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど関係なくどのような取引でもきちんと基準を決めてその通りに行うようにしましょう。

これを機械のようにできなければFXで勝ち続けることはできません。
基準を作りしっかりとそれに従いFXトレードを行うようにしましょう。

根拠をもって逆張りをする

FXの逆張り手法で失敗してしまう人の特徴をでも説明しましたが、なんとなくレートが逆に動きそうという理由でトレードを行っても失敗してしまいます。

基本的にFXの逆張りというのは順張り以上に反転するタイミングを気にする必要があります。
上でFXで逆張りを仕掛けるポイントについて説明しましたが、そのように逆張りをするときにはここで反転するという根拠を持つ必要があります。

適当に反転しそうだと逆張りをしてもFXでは勝ち続けることはできません。

そのため、FXで逆張りを行う場合はきちんと根拠を持って取引をするようにしましょう。

FX逆張り手法まとめ

今回は、FXの逆張り手法について解説しました。

FXの逆張り手法で勝てない方は、「レジサポライン」と「リバウンド」を活用してFXで逆張りをしてみることをおすすめします。

また、FXで逆張りを行う際には、以下の点にご注意ください、

  • 利確、損切りのルールをきちんと決める
  • 根拠をもって逆張りをする

これらは逆張りだけでなく、FX全般において言えることなので逆張りをするつもりはないという方も気を付けるようにしましょう。

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。