FXGTのストップレベルは広すぎ?一覧表&他社との違いを比較

この記事では、FXGTのストップレベル一覧の紹介&他社との違いを徹底解説。

ストップレベルの値は、自動売買やスキャルピング取引したい人には非常に重要なポイントなので、取引前に必ず確認しておくようにしましょう。

ちなみに、FXGTのストップレベルは、他の海外FX業者に比べるとやや広め

そのためFXGTは、狭い値幅を狙うスキャルピングのような取引だとデメリットになります。

しかし、取引手法によってはストップレベルが広くても影響がない場合もあるので、自分のスタイルに合わせて業者を使い分けると良いでしょう。

期間限定のボーナス額!FXGT未体験者はぜひ!

FXGTの15,000円口座開設ボーナス 2024年1月現在、FXGTでは15,000円の口座開設ボーナスをGETできるキャンペーンを実施中!
「いきなり取引するのは少し怖い…」という方こそ受け取って欲しいボーナスです。

ノーリスクで取引ができ、利益が出れば出金もできますので、ぜひご活用ください!
この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【ボーナス対象】
スタンダード+口座
新規口座開設で15,000円の口座開設ボーナスがもらえる口座タイプ。
無料でリスクなしのお試しトレードができるので、とりあえずこの口座を開設しておいて損はなし。
仮想通貨FXをしたいならCryptoMax口座がおすすめ。
【極小取引コスト】
プロ口座
低スプレッド×スワップフリーの取引コストが非常に小さい口座。
FXGTの中で最もいい取引条件でトレードできる口座なので、中級者トレーダーにおすすめ。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

FXGTの注目情報
そのほかのFXGTに関する様々な情報を掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。
FXGTのボーナス情報
その他キニナル情報

ストップレベルとは?

「ストップレベル」とは、指値注文や逆指値注文などの予約注文を設定する時に、現在の価格から予約注文できるまでの価格差、つまり値幅(pips)を表す仕様値。

具体例を挙げて説明します。

FXGTのドル円ストップレベル:6.2pips
ドル円レートが1ドル=130.5円

だった場合、予約注文する際はストップレベルが設定されているため、130.5円±6.2pips離れた価格でなければ注文が受け付けられません。

つまり、上記の例では130.562円以上もしくは130.438円以下の価格帯でしか注文が出せないということになります。

ストップレベルの値はそれぞれの海外FX業者によって異なるため、スプレッドやレバレッジなどと同じように、取引口座を選ぶ際にチェックしておきましょう。

ストップレベルが狭いと、価格設定の制限なく予約注文ができるため、トレードの自由度が高くなるメリットがあります。

例えば、ハイレバレッジでスキャルピングする際、数pipsの利幅でも大きな利益が得られるケースがあります。

この時、手動でポジションを約定するよりも、逆指値注文で数pipsの利幅で利確するように予約注文をすることで、取引を半自動化することができます。

つまり、ストップレベルが狭いメリットは、トレーダーにとって有利な取引をしやすくなることです。

ストップレベルが広いデメリットは、予約注文する際にストップレベルの値幅分だけ価格設定が制限されてしまう点。

つまり、狭い値幅を設定することができず、特にスキャルピング取引においては不利な取引環境になってしまいます。

また、自動売買を行う際も、ストップレベルが広いとEAが正常に機能しない場合があるため注意が必要です。

ただし、デイトレードやスイングトレードのように、取引時間が長く、狙う値幅が大きい手法の取引においては、ストップレベルの広さはそこまで気にしなくても良いでしょう。

FXGTのストップレベルは広い【他社との比較】

FXGTのストップレベルは他の海外FX業者と比較すると広めです。

実際にどれくらいストップレベルが広いのかを確認するため、いくつかのメジャーな海外FX業者とFXGTのストップレベルを以下の表で比較しています。

FXGTと他海外FX業者のストップレベル比較表
海外FX業者名 USD/JPY EUR/USD EUR/JPY
FXGT 6.2pips 5.2pips 8.0pips
XM 0.0pips 0.0pips 0.0pips
AXIORY 0.0pips 0.0pips 0.0pips
TitanFX 0.0pips 0.0pips 0.0pips
※スタンダードな口座タイプで比較

「XM」「AXIORY」「TitanFX」は、全ての通貨ペアでストップレベルがゼロです。そのため、予約注文時の値幅に一切の制限がありません。

FXGTでも自動売買やスキャルピングは可能ですが、勝率を上げたいならより有利な環境で自由に取引のできるストップレベルゼロの海外FX業者を選ぶのをおすすめします。

ストップレベルがゼロで、FXGTと同じようにボーナスありの業者がいいのであれば、口座開設ボーナス3000円&入金100%ボーナスがもらえる「XM」がおすすめです。

ちなみに、FXGTは仮想通貨FXで人気を集める海外FX業者。

というのも、仮想通貨のスプレッドが業界TOPクラスに狭く、かつレバレッジも1000倍で取引できます

そのため、スキャルピングや自動売買にはXMやAXIORYを行い、仮想通貨FXにはFXGTを使うなど、取引手法によって業者を使い分けると良いでしょう。

FXGTの仮想通貨FXにおける取引条件や人気の理由については、「FXGTの仮想通貨・ビットコインFXの取引条件まとめ!スプレッドやレバレッジ等も比較」で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

XMの評判やスペック、メリット・デメリットについては、「XM(XMTrading)の評判と口コミ!勝てない噂や安全性を徹底評価」で解説しています。

ボーナスよりもスプレッドの狭さや約定力の高さなどスキャルピング向きの環境を重視したい、という方には「AXIORY」がおすすめです。

AXIORYの評判やスペック、メリット・デメリットについては、「AXIORY(アキシオリー)の評判・口コミ!デメリットも隠さず評価」で解説しています。

FXGTのストップレベル一覧

FXGTで取引可能なFX通貨ペアのストップレベルを一覧表にまとめました。

ストップレベルはそれぞれの銘柄ごとに異なる値が設定されています。

また、FXGTは口座タイプによってもストップレベルが異なるため、自分の使用したい口座のストップレベルをきちんと確認しておくようにしましょう。

FXGTのストップレベル一覧表
通貨ペア スタンダード+口座 ECN口座
USD/JPY 6.2 3.2
GBP/JPY 12.2 5.9
AUD/JPY 11.2 4.7
EUR/JPY 8 3.7
NZD/JPY 11.4 9.7
TRY/JPY 680 680
EUR/TRY 302 302
EUR/USD 5.2 2.8
GBP/USD 8.4 3.8
AUD/USD 6 3.6
USD/CAD 9 4.2
EUR/GBP 6.8 3.5
EUR/CHF 9.6 3.5
NZD/USD 10 5.3
USD/CHF 8.8 3.2
AUD/CAD 10.4 6.5
AUD/CHF 11.2 6.7
AUD/NZD 13.8 10.8
CAD/CHF 12.2 8.8
CAD/JPY 11.2 7.6
CHF/JPY 11.6 6.8
EUR/AUD 12 7.6
EUR/CAD 13.2 11.4
EUR/NZD 17 17
GBP/AUD 15.2 9.8
GBP/CAD 19.6 9.8
GBP/CHF 14.8 9.5
GBP/NZD 23.8 23.8
NZD/CAD 14.8 11.2
NZD/CHF 15.2 12.2
EUR/DKK 108 108
EUR/HUF 1436 1436
EUR/NOK 124 124
EUR/PLN 200 200
EUR/SEK 212 212
USD/CNH 140 140
USD/CZK 66 66
USD/HKD 135.2 112
USD/HUF 100 100
USD/MXN 440 440
USD/NOK 224 224
USD/PLN 144 144
USD/RUB 168 168
USD/SEK 200 200
USD/SGD 84 84
USD/TRY 296 296
USD/ZAR 520 520
AUD/SGD 0.5 0.5
CHF/DKK 0.5 0.5
CHF/SGD 0.5 0.5
DKK/NOK 0.5 0.5
DKK/SEK 0.5 0.5
DKK/ZAR 0.5 0.5

※上記のストップレベルは2024年2月28日時点の値です。

スタンダード+口座は、ドル円(USD/JPY)が6.2pips、ユーロドル(EUR/USD)が5.2pipsとメジャー通貨でもかなり広めに設定されています。

一方で、ECN口座のストップレベルは、ドル円(USD/JPY)が3.2pips、ユーロドル(EUR/USD)が2.8pips、とスタンダード+口座よりは狭めの設定です。

また、ECN口座はストップレベルが低いだけでなく、スプレッドも狭めで、スキャルピング向きなスペックが揃っています。

さらに、ECN口座は直接電子取引所と取引ができるため、他の口座タイプに比べ約定力が高いというメリットも。

もし、「FXGTでスキャルピング取引したい」と考えている人は、ECN口座を選ぶことをおすすめします。

ECN口座の基本的な仕様や特徴は、以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

参考:FXGTの全7口座タイプを徹底比較!口座別の特徴・オススメは?

FXGTのストップレベルの確認方法

ここでは、FXGTのストップレベルの確認方法を紹介します。

ストップレベルは取引チャートツールのMT4/MT5で確認することができます。

ストップレベルを確認する方法をPC版とスマホ版でそれぞれ見ていきましょう。

PC版の確認方法

PCにインストールしたMT4/MT5を起動、またはWeb版のMT4/MT5にログインして、気配値の表示一覧からストップレベルをチェックしたい通貨ペアを選択し右クリック→「仕様」を選択すると、以下のように選択した通貨ペアの取引条件が表示されます。

FXGTのストップレベル確認方法PC①

 

上の画像は、ドル円(USD/JPY)の取引条件表示画面です。

取引条件の中にストップレベルが掲載されていることが確認できるはずです。

スマホ版の確認方法

スマホのMT4/MT5アプリで気配値一覧を開きましょう。

FXGTのストップレベル確認方法SP①

気配値一覧からストップレベルをチェックしたい通貨ペアを選択して、「詳細」を押してください。

FXGTのストップレベル確認方法SP②

 

すると、以下の画像で表示されているように、ストップレベルを確認することができます。

FXGTのストップレベル確認方法SP③

 

よくある質問

FXGTのストップレベルに関するよくある質問をまとめました。

FXGTのストップレベルに関するQ&A

FXGTで自動売買やスキャルピングをしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

では、それぞれの質問と回答を見ていきましょう。

ストップレベルが広いデメリットは?

ストップレベルが広いと、自動売買ツールが正常に機能せず、本来なら達成し得る売買実績が再現できない可能性があります。

また、指値注文、逆指値注文、ストップロス、テイクプロフィットなどの予約注文時にストップレベルの値幅分の制限がかかります。

したがって、特にスキャルピングなど数pipsの小さな利幅を狙う取引では不利な取引環境になるでしょう。

一方で、裁量取引によるデイトレード、スイングトレードをする場合は取引時間および狙う値幅が広くなるため、ストップレベルの影響をさほど気にする必要はありません。

FXGTのストップレベルは他の海外FX業者と比べて狭い?

FXGTのストップレベルは他の業者と比べると広めとなっています。

最近では、ストップレベルを撤廃する海外FX業者が増えており、「XM」や「AXIORY」「TitanFX」はストップレベルが全ての通貨ペアでゼロに設定されています。

そのため、ストップレベルが取引実績に影響するような自動売買やスキャルピングを行う場合は、ストップレベルがゼロの海外FX業者を利用した方がいいでしょう。

FXGTは口座タイプによってストップレベルが変わる?

口座タイプによってストップレベルは異なります。ECN口座以外はストップレベルが広めに設定されています。

そのため、FXGTで自動売買やスキャルピングをしたいという人は、ECN口座を選ぶのがおすすめです。

FXGTのストップレベルはどこで確認できる?

FXGTのストップレベルはMT4/MT5上で確認することができます。

Web版あるいはPC版で確認する場合は、気配値一覧から「通貨ペア」→「仕様」の順に選択すると取引条件が表示され、ストップレベルを確認することができます。

アプリ版の場合は、気配値一覧から「通貨ペア」→「詳細」の順に選択するとストップレベルが記載された画面が開きます。

ポイントからpipsへの変換方法は?

MT4/MT5で確認したストップレベルはpipsではなく、ポイント表示で記載されています。

例えば、USD/JPYのストップレベルは「62」のように記載されていることが確認できます。

ポイントからpips表示への変換は×0.1するだけ。

つまり、USD/JPYのストップレベルは「62×0.1=6.2pips」と変換することができます。

FXGTでスキャルピングするならどの口座がおすすめ?

FXGTには全部で5種類の口座タイプがありますが、スキャルピングをするなら以下の理由でECN口座が最もおすすめです。

ECN口座がスキャルピングにおすすめの理由
  • 他の口座に比べてストップレベルが狭い
  • スプレッドも狭くスキャルピング向き
  • 約定力が高い

上記の理由により、FXGTでスキャルピングを考えている方にはECN口座がおすすめです。

その他、FXGTの全種類の口座タイプを1つずつチェックしたい方は、「FXGTの口座タイプを比較!全5種類から初心者・上級者などトレーダー別のおすすめ口座を解説」も併せてご覧ください。

まとめ

FXGTのストップレベルは他社と比較して広めなので、自動売買やスキャルピングをする場合はデメリットになります。

自動売買やスキャルピングで勝率を少しでも上げたいなら、FXGTよりも有利な環境で取引できる「XM」や「AXIORY」などストップレベルがゼロの業者を選ぶようにしましょう。

他の海外FX業者や国内FX業者をみても、XMやAXIORYのように、ストップレベルゼロの業者は希少ですよ。

また、FXGTは銘柄だけでなく口座タイプによってもストップレベルが異なる点には注意しましょう。

とはいえ、資金管理の効率などの点で、FXGTでスキャルピングや自動売買をしたいという方もいますよね。

そういう方はECN口座がおすすめです。

FXGTのECN口座は、他の口座に比べストップレベルが狭いので、FXGTで自動売買やスキャルピングをしたい人は、ECN口座を選びましょう。

関連:FXGTの自動売買(EA)導入手順と注意点!無料で利用するには?

関連:FXGTはスキャルピング可能!注意点やデメリットも隠さず解説

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。