STICPAY(スティックペイ)の入金方法・反映時間・手数料は?

STICPAY(スティックペイ)は、インターネットを通じて決済できるオンラインウォレットのひとつで、海外FXの入金方法としてよく使われています。

STICPAYへ入金する方法は以下の通りです。

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード(VISA,MasterCard)
  • 仮想通貨

今回は、STICPAYによる入金方法の特徴や注意点、各入金方法の手順についても解説していきます。

関連:STICPAY(スティックペイ)とは?海外FXの入出金に便利なスティックペイの使い方

STICPAY入金の手数料・反映時間

STICPAYの入金方法は、次のとおりです。

入金方法 ブランド 手数料 着金スピード
国内銀行送金 みずほ銀行 2% 3~5営業日
海外銀行送金 Bank of America 1% 3~5営業日
クレジットカード VISA/MasterCard 3.85% 5分以内
仮想通貨 ビットコイン/イーサリアム
/ライトコイン
1% 2~3時間以内

STICPAY入金に対応している海外FX業者

STICPAY入金に対応している海外FX業者は、次のとおりです。

STICPAYの入金方法・手順

STICPAYの各入金方法を解説します。

銀行送金〈国内・海外〉

STICPAYマイページにログイン後、「国内銀行送金」または「海外銀行送金」を選択します。

STICPAY(スティックペイ)国内銀行送金ページ

STICPAY(スティックペイ)海外銀行送金ページ

送金先の銀行情報が表示されるので、指示に沿ってご利用の銀行やネットバンクから振り込みを行ってください。

振込の際は、名義人の欄に入金反映を希望するウォレット番号と英語氏名を入力してください。

記載がないと入金が遅れてしまう場合があります。

クレジットカード入金

STICPAYマイページへログイン後、入金ページから「クレジットカード」を開きます。

STICPAYに初めてカード入金する場合、クレジットカード情報の登録が必要です。

STICPAYのクレジットカード入金1

カード情報は、カードを携帯カメラで撮って、画像を編集してアップロードします。

アップロードの際、以下の点にご注意ください。

  • カード全面:カード番号2桁目から12桁目までを隠してください。
  • カード裏面:3桁のCVV番号を隠してください。裏面からもカード番号が確認出来てしまう場合はそちらも隠してください。
  • カード番号1桁目と下4桁有効期限を記入欄に記入します。

「送信」をクリックします。ステータスが待機中になっていることを確認してください。

STICPAYのクレジットカード入金2

カード情報は20~30分程度で承認されるので、入金ページに戻り入金額を指定してください。

STICPAYのクレジットカード入金3

「Money in」をクリックすると、カード情報の入力を求められるので入力しましょう。

STICPAYのクレジットカード入金4

以上でクレジットカードの入金手続きは完了です。

仮想通貨

STICPAYマイページにログイン後、入金ページから「仮想通貨」を開きます。

今回はビットコインで入金してみます。ビットコインのマイページにある入金アドレスをコピーしましょう。

仮想通貨からSTICPAYへ入金1

コピーしたアドレスは、ご自身が取引されている取引所やウォレットから追加登録してください。

あとは入金額を入力して手続きを進めればOKです。

STICPAY入金に関するよくある質問

最後に、海外FXのSTICPAY入金に関するよくある質問にお答えしていきます。

STICPAYで入金・送金のキャンセルは可能ですか?

STICPAYでは、実行済みの入金・送金はキャンセルできません。

資金を移動させるには出金で対応してください。

STICPAYの最低入金額はいくらですか?

STICPAYの最低入金額は、海外銀行送金のみ100USDという規定があります。それ以外の国内銀行送金やカードでの入金には最低入金額を設けておりませんので、少額から入金が可能です。ただし、この金額は予告なしに変更される場合があります。

送金額と反映された金額が違うのはなぜですか?

STICPAYでは、国内送金の場合、入金手数料2%を差し引いた金額が反映されます。

また銀行側手数料や中継銀行手数料は、利用者が負担します。

銀行振り込み後、5日以上経っても反映されません。どうしたらいいですか?

STICPAYで送金に利用した銀行に送金状況を確認してください。

それでも送金に問題ない場合は、funds@sticpay.comまで送金領収書を送付してください。

まとめ

今回は、STICPAYの入金方法について解説しました。

STICPAYはクレジットカードに対応していない海外FX業者でもカードを利用でき、複数の海外FX業者で入金方法を一括化できるメリットがあります。

海外FXで取引するなら、STICPAYかbitwalletどちらかのアカウントを持っておくのが便利でしょう。

海外FXのSTICPAY出金方法については、以下の記事で解説しています。

関連:海外FXのSTICPAY(スティックペイ)の出金方法を画像付きで解説

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。