ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法・手順を解説!【2024年4月最新版】

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法

この記事では、2024年最新のThreeTrader(スリートレーダー)口座開設方法を画像付きで詳しく解説していきます。

本記事の手順に沿って口座開設をすれば、最短3分ほどで口座開設が完了しますよ!

早ければ本日中にスリートレーダーでFX取引ができるでしょう。

ThreeTraderのポイント
  • 海外FX最狭レベルの低スプレッド
  • 最大レバレッジ500倍
  • 両建て・EAの制限なし

サクッと口座開設を完了させて、業界最狭レベルのスプレッドを誇るThreeTraderでFX取引を体験してみてください!

関連:ThreeTrader(スリートレーダー)の評判・口コミは?知っておきたい安全性やメリット・デメリット

ThreeTrader(スリートレーダー)口座開設の必要書類

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設には、本人確認書類と住所証明書類の提出が必要になります。

以下の書類をあらかじめ用意しておきましょう。

本人確認書類

ThreeTraderにおける本人確認書類として有効なもの

ThreeTraderで利用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート(有効期限内)
  • 国が発行する写真付きの身分証明書

身分証明書の条件としては、名前や住所、生年月日、顔写真が確認できる、有効期限内の身分証です。

氏名・氏名(フルネーム)・生年月日・有効期限など全てを含めて撮影しましょう。

また、学生証は身分証明書として利用できません。そのため身分証の提出は、学生証以外の証明書を提出するようにしましょう。

住所証明書類

ThreeTraderにおける住所証明書類として有効なもの

ThreeTraderで利用できる住所証明書類
  • 住民票
  • 水道・電気・ガス等の公的料金の領収書
  • 銀行の取引明細書

住所証明書類は、氏名(フルネーム)・生年月日・現住所が確認できる書類が必要です。

また、書類は発行から3ヶ月以内が有効期間となっています。住所証明書の提出の際には、十分にご注意ください。

ThreeTraderの口座開設方法・手順【2024年最新】

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法・手順

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法は、次のとおりです。

①口座開設フォームの入力

まずは、「ThreeTraderの口座開設フォーム」を開きます。

開けたら、口座開設フォームの各項目を入力していきます。

ThreeTraderの口座開設手順1
スマホでのThreeTrader口座開設手順1
口座開設フォームの入力・選択項目
  • 名前(半角ローマ字で入力)
  • 姓(半角ローマ字で入力)
  • メールアドレス(ThreeTraderとの連絡に使用するメールアドレス)
  • 国と地域(タブで選択)
  • 電話番号
  • クライアントポータルのパスワード
    (8~15文字で「英字の大文字・小文字」と「数字」を含むもの)

パスワードを考えるのがめんどくさいという方には、パスワードを自動で作れるパスワード生成ツールの利用をおすすめします。

全て入力できたら、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「NEXT(追加情報)」を押して次に進みます。

②追加情報を入力する

次の画面では、生年月日・住所などの追加情報を入力します。

ThreeTraderの口座開設手順2
スマホでのThreeTraderの口座開設手順2
追加情報の入力・選択項目
  • 生年月日(日/月/年の順に入力)
  • 住所(日本語で入力)
  • 市区町村(タブで選択)
  • 都道府県(タブで選択)
  • 郵便番号(半角入力)

都道府県・市区町村は日本語で表示されるものを選択するだけでOKです。

また、住所は英語表記に変換する必要はなく、すべて日本語での入力で大丈夫です。

全ての項目の入力が完了したら、「次へ(口座設定)」をタップします。

③口座タイプと口座の詳細を設定

口座タイプと口座の詳細を設定します。

ThreeTraderの口座開設手順3
スマホでのThreeTraderの口座開設手順3
口座詳細の設定項目
  • 口座タイプ(PureまたはRaw)
  • 口座通貨(USDまたはJPY)
  • 口座レバレッジ(1,10,50,100,200,400,500)
  • 取引口座のパスワード※(8~15文字で「英字の大文字・小文字」と「数字」を含むもの)

※ここで設定するパスワードは、「取引口座」のパスワードです。
個人情報の入力で設定したパスワードとは異なるのでご注意ください。

ThreeTrader(スリートレーダー)では、「Rawゼロ口座」と「Pureスプレッド口座」の2種類の口座が提供されています。

各口座タイプの特徴は、次のとおりです。

各口座タイプの特徴
  • Pureスプレッド口座
    低スプレッドのSTP口座。初回入金額1万円で少額からでも始められる
  • Rawゼロ口座
    低スプレッドのECN口座。初回入金額は10万で中~上級者向け

関連:ThreeTraderの口座タイプを徹底比較|種類や特徴・違い・おすすめを解説

全ての項目を入力したら、クライアント契約やリスク警告通知などを確認し、「同意」にチェックを入れます。

ニュースレターの購読は任意なので、限定オファーや最新のニュース情報などを受け取りたい方はチェックをしておきましょう。

ThreeTraderの口座開設手順4

最後に「NEXT(本人確認)」を押せば、口座開設フォームへの入力は全て完了です。

④本人確認書類の提出

続いて、口座有効化のための必要書類を提出します。

ThreeTrader(スリートレーダー)マイページから、本人確認書類と住所証明書類の2点をアップロードしましょう。

本人確認に利用できる書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート(有効期限内)
  • 国が発行する写真付きの身分証明書
住所証明に利用できる書類
  • 住民票
  • 水道・電気・ガス等の公的料金の領収書
  • 銀行の取引明細書

必要書類の提出が完了すると、自動的にマイページに移動します。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

1~2営業日ほどで書類承認が完了し、FX取引が開始できるようになります。

書類承認が完了すると、ThreeTraderから「お取引口座開設認証完了のお知らせ」というメールが届きます。

メールには、MT4のログイン情報が記載されています。

メールに記載されているログイン情報
  • 取引口座番号(ログインID)
  • 取引サーバー
  • 取引口座パスワード

ログイン時に必要なIDや取引口座のパスワードなどが記載されているため、大切に保管しておきましょう。

MT4のダウンロード・ログイン手順

ThreeTrader(スリートレーダー)での口座開設が完了後、取引を開始するにはMT4をダウンロードする必要があります。

ここでは、ThreeTraderのMT4のダウンロード手順とMT4へのログイン方法を画像付きで解説していきます。

MT4のダウンロード・ログイン

ThreeTraderの公式サイトからマイページにログインします。

画面上部の「ダウンロード」を押しましょう。

ThreeTraderの公式サイトからマイページにログインしダウンロード

MT4のダウンロードページへ移動するので、トレード時に利用するデバイスに応じてMT4をダウンロードします。

ThreeTraderでMT4をダウンロードする

ちなみに、以下の4つのデバイスがThreeTraderに対応しています。

ThreeTraderに対応しているデバイス
  • Mac
  • Windows
  • iPhone
  • iPad
  • android(携帯、タブレット)

最後に、MT4のインストール完了後、MT4を起動するとログイン画面が表示されます。

ログインID(取引口座番号)、パスワード、サーバー名を入力してログインしましょう。

ThreeTraderの追加口座開設方法

次に、ThreeTrader(スリートレーダー)の追加口座開設方法を解説します。

ThreeTraderの追加口座は1分〜2分程度で開設が可能です。

まずは、ThreeTraderの公式サイトからログインします。

ThreeTraderにログインしたら、「ライブ口座申請」をタップします。

ThreeTraderの公式サイトにログインしたらライブ口座申請をタップ

追加口座の設定フォームを入力し、最後に「提出」をタップすれば、ThreeTraderの追加口座開設は完了です。

追加口座の設定フォームを入力

ThreeTraderの入出金方法

ThreeTraderの入出金方法もあわせて確認していきましょう。

資金の入金方法

ThreeTrader(スリートレーダー)の入金方法は、次のとおりです。

ThreeTraderの入金方法
  • クレジットカード(Visa,Mastercard,AmericanExpress,JCB)
  • 銀行送金
  • bitwallet
  • 仮想通貨入金(テザー)

入金手数料は無料で、最低入金額は口座タイプによって異なります。

ThreeTraderの最低入金額
口座タイプ 最低入金額
Pureスプレッド口座 1万円
Rawゼロ口座 10万円

関連:ThreeTrader(スリートレーダー)の入金方法まとめ!手数料や反映されない原因も

利益の出金方法

ThreeTrader(スリートレーダー)の出金方法は、次のとおりです。

ThreeTraderの出金方法
  • クレジットカード(Visa,Mastercard,AmericanExpress,JCB)
  • 銀行送金
  • bitwallet
  • 仮想通貨出金(テザー)

出金手数料は、いずれの出金方法でも無料です。

関連:ThreeTrader(スリートレーダー)の出金・資金移動まとめ!出金拒否の対処法や注意点

【体験談】実際にThreeTraderで口座開設してみた結果・感想

ここでは、海外FXオンライン運営局のメンバーが実際にThreeTrader(スリートレーダー)で口座開設してみた結果と感想を紹介していきます。

実際に口座開設をしてみて分かった注意点も紹介しているので、ぜひ生の声として参考にしてみてください。

口座開設・有効化までにかかった時間

ThreeTraderの口座開設にかかった時間

新規口座開設・有効化にかかった時間
  • 口座開設フォームの入力・登録:2分32秒
  • 書類提出~口座有効化完了まで:2時間28分

実際に口座開設してみたところ、フォームへの情報入力・登録は約2分半とあっという間に完了しました。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

一つの画面で入力する項目が少なく、サクサクと次の画面に進んでいけるため途中でつまずくことがありませんでした。

また、住所の選択・入力画面では、日本語で表示される都道府県と市区町村を選び、残りの住所も日本語での入力だったため他業者よりもかなりスムーズに住所登録できました。

だいたいの海外FX業者では、口座開設時に住所を日本語から英語変換して入力する必要があるので、この部分はかなりThreeTraderの優れたポイントだと思います。

ただし、一つ面倒に感じたのはクライアントポータルのパスワードと、プラットフォームログイン用の取引パスワードの2種類を自分で設定しなければならない点です。

海外FXオンラインの運営局コメント
オンライン
運営局

取引パスワードは自動で生成してくれる業者もあるため、この点だけは少し面倒に感じてしまいました。

時間を短縮するためにも、ThreeTraderに登録をする際は、パスワード生成ツールの使用をおすすめします。

口座の有効化は、書類提出から2時間28分で完了しました。

口座開設フォームの入力は非常にスムーズだったため、有効化は意外に時間がかかった印象です。

スプレッドを実際に測定してみた結果

ThreeTrader(スリートレーダー)はスプレッドの狭さで高い人気を集めている業者ですので、口座開設してみたついでにMT4で実際のスプレッドを計測してみました。

初回最低入金額の安いPureスプレッド口座で、主要な通貨ペアの平均スプレッドを計測した結果を以下の画像にまとめています。

ThreeTraderのスプレッドを実際に測定してみた結果

実際にスプレッドを計測してみた結果、どの通貨ペアも評判通りの狭いスプレッドを提供していました。

Pure口座のスプレッドについて、公式サイトでは「0.5pipsから」と記載されていますが、EUR/USDのスプレッドは実際に0.5pipsだったため、公式サイトの記載に嘘偽りがないことも確認できました。

とにかく取引コストの安さにこだわる方はぜひともThreeTraderでの口座開設をおすすめします!

\\業界最狭スプレッドを体験してみる//

よくある質問

最後に、ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法に関するよくある質問にお答えしていきます。

ThreeTraderの口座開設でよくある質問

デモ口座開設はできますか?

ThreeTrader(スリートレーダー)では、デモ口座の開設が可能です。

デモ口座では、Pureスプレッド口座・Rawゼロ口座のどちらもデモトレードが行えます。

デモ口座の有効期限は30日間となっています。

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法は?

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法は、次のとおりです。

  1. 口座開設フォームの入力
  2. 追加情報を入力する
  3. 口座タイプと口座の詳細を設定
  4. 必要書類の提出

口座開設ボーナスはありますか?

ThreeTrader(スリートレーダー)では、毎月中旬から下旬にかけて期間限定の口座開設ボーナスが開催される傾向にあります。

金額は10ドルと控えめですが、初めてThreeTraderで口座開設する方はキャンペーンの開催時期を狙ってみても良いでしょう。

最低入金額はいくらですか?

ThreeTrader(スリートレーダー)の最低入金額は、口座タイプによって異なります。

Pureスプレッド口座の最低入金額は1万円、Rawゼロ口座の最低入金額は10万円です。

ThreeTraderの手数料はいくらですか?

Pureスプレッド口座の取引手数料は無料です。

Rawゼロ口座の取引手数料は、1ロットあたり往復4ドルです。

ThreeTraderの追加の口座開設はいくつまでですか?

ThreeTrader(スリートレーダー)では、追加口座の開設数に制限はありません。

ThreeTraderでMT5は使えますか?

現在ThreeTraderではMT5を利用することはできません。

しかし、2024年第1四半期にMT5を導入予定とのことです。

ThreeTraderのスプレッドが知りたいです

ThreeTraderのメジャー通貨ペアの平均スプレッドをみていきましょう。

メジャー通貨ペアの平均スプレッド
通貨ペア Pureスプレッド口座 Rawゼロ口座
USD/JPY 0.59pips 0.47pips(0.07pips)
EUR/USD 0.59pips 0.47pips(0.07pips)
EUR/JPY 0.71pips 0.61pips(0.21pips)
GBP/USD 0.74pips 0.66pips(0.26pips)
GBP/JPY 1.14pips 1.04pips(0.64pips)
AUD/USD 0.71pips 0.58pips(0.18pips)
AUD/JPY 0.93pips 0.77pips(0.37pips)
NZD/USD 0.87pips 0.76pips (0.36pips)
USD/CAD 0.84pips 0.69pips (0.29pips)
USD/CHF 0.71pips 0.59pips(0.19pips)

ThreeTraderのより詳しいスプレッドを確認したい方は、「ThreeTrader(スリートレーダー)のスプレッド一覧!銘柄別に徹底解説」をご覧ください。

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設方法まとめ

今回は、ThreeTraderで口座開設する方法や手順を解説しました。

ThreeTraderの口座開設は、最短3分ほどで完了し、早ければ当日中にFX取引ができます。

ThreeTraderは、スプレッドの狭さが何より魅力の海外FX業者です。

特に取引回数が自然と増えやすいスキャルピングやデイトレードをメインの取引スタイルとしているトレーダーには、ピッタリの海外FX業者といえるでしょう。

ぜひこの機会に、業界最狭レベルのスプレッドを誇るThreeTraderで、FX取引を体験してみてください。

\\業界最狭スプレッドを体験してみる//

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。