XMはNDD方式?DD方式?海外FXの本質に迫る

XMはNDD方式を採用しています。

DD方式やNDD方式とはXMをはじめとするFX会社における取引形態を表しています。

NDD方式であること、それは透明性の高い取引を保証するということです。

この記事では、DD方式とNDD方式の違いから、XMがNDD方式であることのメリット・デメリットまで解説していきます。

この記事を読むあなたにおすすめの口座2選!
口座タイプ 特徴
【一番人気】
スタンダード口座
総額130万円超えの口座開設ボーナス・入金ボーナスが必ずもらえる超万能型口座!
無料でリスクなしのお試しトレードができるので、とりあえずこの口座を開設しておいて損はなし。
【コスト重視】
KIWAMI極口座
低スプレッド×手数料0×スワップフリーを実現した業界でも有数のコストに特化した口座。
資金が少なくても、長期トレードやハイレバスキャルで大きな利益を狙いやすい!

※どちらも口座開設ボーナス15,000円の対象口座です。

※口座名をクリックすれば、すぐに口座を開設できます。

XMの注目情報
そのほかのXMに関する様々な情報を掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。
XMのボーナス情報
XM利用前に要チェック

DD方式とNDD方式の違い

DD方式とNDD方式の違い

そもそもDD方式とNDD方式って何なのでしょうか?

まずは、DD方式から見ていきましょう。

DD方式とは

DD方式は「Dealing Disk」の略で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介入します。

※インターバンクとは、銀行間の取引を行う取引上の事。ドルと円を交換したりしてるところです。

注文をインターバンクに流すかどうかはディーラーの判断で決まります。

ディーラーの判断
  • そのままインターバンクに注文を流す
  • 注文を流さずに呑む

それでは、このディーラーの判断がどのようにFX会社に利益を生むのか見ていきましょう。

インターバンクに注文を流す場合

トレーダーの注文通りに価格が動くと予想し、インターバンクに注文を流した場合。

この時、価格通りに動けばトレーダーは利益を得、反対に動けば損失を被るだけで、FX会社に一切損益は生じません。

強いて言うのであれば、インターバンク市場に流す際に必要となる手数料のみ。

ですが、この手数料はトレーダーからのスプレッドで回収できます。

注文を流さずに呑む場合

トレーダーの注文と反対に価格が動くと予想し、注文を流さない場合。(これを「注文を呑む」と言います。)

この時、注文と反対に動けばトレーダーの損失はFX会社の利益になり、注文通りに動けばトレーダーの利益がFX会社の損失になります。

どんな注文も呑んでしまっていては、トレーダーが勝った場合のFX会社の損失が大きくなるだけ。

ですから、トレーダーが負けそうな注文にのみ、流さないという選択をします。

このDD方式をとるFX会社が一番利益を生みだせます。

顧客が負ければ儲かるDD方式

DD方式は、トレーダーが負ければ負けるほどFX会社の利益が増えていく事はお伝えしました。

そこで、DD方式のFX会社では、故意にトレーダーが負けるような仕組みを作っていると噂されます。

  • 勝ちそうな注文を拒否(約定拒否)
  • 約定タイミングをずらす(スリッページ)
  • 損切までレートを動かす(レート操作)

DD方式はこれらの行為をする事で利益を出しているので、スプレッドを広くする必要がありません。

国内FX会社が狭いスプレッドを提供できているのは、DD方式を採用しているからです。

続いては、XMを筆頭に多くの海外FXが採用しているNDD方式について。

NDD方式とは

NDD方式は「Non Dealing Disk」の略で、トレーダーとインターバンクの間には一切ディーラーを介しません。

つまり、トレーダーの注文は全てインターバンクに流れます。

NDD方式の利益は、トレーダーがトレードごとに支払うスプレッドのみ。

言い換えれば、スプレッドからしか利益を得られません。

薄利多売ってやつです。

NDD方式はスプレッドが広い代わりに、約定拒否やスリッページの可能性を排除した透明な取引環境を提供しています。

ここまで説明してきたDD方式とNDD方式の違いを、簡単にまとめて見ましょう。

DD方式とNDD方式の違い

DD方式 NDD方式
スプレッド 狭い 広い
取引環境 不透明 透明

スプレッドが狭い/取引が不透明なのがDD方式で、スプレッドが広い/取引が透明なNDD方式。

DD方式を全面否定するつもりはありませんし、スプレッドの狭さは魅力的です。

「FXで勝ち続けた時の出金リスクを考えると、NDD方式を選ぶべき」と言うのが私の見解です。

ここからは、実際にNDD方式を採用するXMのデメリット・メリットを見ていきます。

まずは、デメリットから。

XMがNDD方式であるデメリット

XMがNDD方式を採用するが故のデメリットは、スプレッドの広さ。

国内FXのDMMFXと比較すると、XMのスプレッドの広さは明らかです。

XM DMMFX
ドル円 1.6 0.3
ユーロ円 2.5 0.5
ポンド円 3.3 1.0
豪ドル円 3.3 0.7
ユーロドル 1.7 0.4
ポンドドル 2.1 1.0
豪ドル米ドル 1.9 0.9

上記のようなスプレッドの広さから、XMはスキャルピングには不向きだと言えます。

ただし、KIWAMI極口座やゼロ口座はスプレッドが狭いのでスキャルピングも可能です。

関連:XMのKIWAMI極口座を使うべき理由!メリット・デメリットやスプレッド実態を解説

関連:XMのゼロ口座(Zero口座)の手数料とスプレッド一覧。デメリットまで徹底解説

また、NDD方式はトレーダーの注文をインターバンク市場に流すため、出来高が薄い時間帯はスリッページが起きやすくなっています。

スリッページは許容量が設定できるので、短期売買や自動売買をする場合は先に設定しておきましょう。

関連:XMのスリッページがひどい?許容スリッページ幅の設定方法も解説

続いてはXMのメリットについて見ていきましょう。

XMがNDD方式であるメリット

私がXMを6年以上も使い続けている理由は、取引の透明性にあります。

これまでXMより低スプレッドな他の会社に手を出したことは何度もありますが、やはりスリッページや約定拒否に悩まされました。

XMでは、スリッページや約定拒否が一切ありません。実際に、SNS上にもそのような噂がでていないことからも分かりますよ!

XMにおける取引の透明性は、約定力を見ることで他会社との差が明らかになります。

XM AXIORY TitanFX
約定力(執行率) 100% 99.84% 99.70%
約定率 99.35% 99.00% 99.32%
約定スピード
(平均)
0.336秒 0.326秒 0.450秒
約定スピード
(最高)
0.277秒 0.298秒 0.266秒

ここで比較したAxiory・TitanFXはともに海外FXの中でも約定力の高い会社。

しかし、XMはその2社をも凌駕する約定力を備えています。

スプレッドの広さを差し置いて、この圧倒的な約定力こそ、圧倒的な人気と使い続けるトレーダーが多い理由です。

それでは、実際にXMのNDD方式がどのように利用者に影響を与えているか見ていきましょう。

【NDDは嘘?】XMの注文方式に集まる口コミ

XMの注文方式に集まる口コミ

XMは人気No.1のFX会社なだけあって、SNS上にさまざまな口コミが見つけられます。

それでは、XMに集まる口コミを見ていきましょう。

スプレッドの広さはやはりデメリット

自分はXMで、スプレッドかなり広くて大変です(゚-゚;)
 
— YOHJI (@free_yohji)

引用元:X(旧Twitter)

XMのスプレッドに負けない戦い方を身につけないと
 
— うにどんチャンネル (@unidonchannel)

引用元:X(旧Twitter)

やはり、XMのスプレッドの広さには手を焼くトレーダーも少なくありません。

私も始めたては何度やめようと思ったことか。

もちろんスプレッドが広い事は事実であり、スキャルピングメインのトレーダーにXMを進めることはできないでしょう。

では、どのように向き合うべきなのか?

デイトレスイング向け

ドル円、20で買って70で売るお仕事になってる。XMのスプレッドはスイングトレードむけだね
 
— ゆうき (@yuuki0801_1995)

引用元:X(旧Twitter)

後スイングとスキャルピングは分けたほうがいい。
スプレッドの関係とスワップで別々にする。

海外ならスキャはtitan
スイングで持ちたいならスワップが良いxmが良いかなとは思う。

— small@専業やめたい民 (@smallFX1)

引用元:X(旧Twitter)

XMのスプレッドと上手く付き合うのであれば、デイトレードまたはスイングトレードを行うべきです。

また、口コミにもあるようにXMはスワップポイントが優れています。

スイングトレードを行うことで、スプレッド分をスワップポイントで補うことだって可能。

詳しくは記事「XMのスワップポイントは稼げる?人気通貨ペアを比較してみた」を参照ください。

群を抜く「取引の透明性と約定力」

XMのがシステムが良い
約定拒否ない
フリーズあまりしない
gemはイマイチ

— たかまる@拡散したいツイートのリツイート承ります1回2000円〜 (@TAKAMARU73)

引用元:X(旧Twitter)

そこのFX会社は知らなかったですけどXMとかTITANよりメリットある業者だったんでしょうか?🤔
スプレッド広いのはマイナスですが約定力と会社の信用力はXMが群を抜いてますね👌

— 木菟(ミミズク) (@nc35v4)

引用元:X(旧Twitter)

スプレッドの広さは、トレードスタイルを変えるだけで、トレードへの影響を抑えることができます。

一方、取引の透明性や約定力に関しては、FX会社次第であり、トレーダーはどうしようもありません。

つまり、たとえスプレッドが高くても、群を抜く「約定力と信頼の高さ」に魅力を感じるトレーダーが多いのは明らかです。

もし、あなたがXMのNDD方式に魅力を感じるのであれば、XMを利用してみてはいかがでしょうか。

>> XM公式HPをチェックする

その他、XMの評判・口コミは以下の記事にまとめてあるのでご覧ください。

関連:XM評判検証!迷っている方に伝えたいXM歴5年が語る真実とは

XMの注文方式まとめ

XMの注文方式はNDDを採用しています。

SNSなどネット上にはそれが嘘であるかのような口コミもありますがXMは本当と考えて良いでしょう。

ただし、中には嘘でNDDと公表し、実際はDD方式の業者もあります。

このような嘘を見破ることは困難です。

したがってXMのような最初から信頼がおける会社を利用するべきでしょう。

XMの注文方式に関するよくある質問

こちらでは、XMの注文方式に関するユーザーのよくある質問に回答していきます。

STP方式とECN方式とはなんですか?

実は、NDD方式の中に、さらにSTP方式とECN方式という2つの注文方式が存在しています。

それぞれ、以下の略語です。

  • STP:Straight Through Processing
  • ECN:Electronic Communications Network

STP方式はカバー先が提示しているレートにFX業者がスプレッドを上乗せしたレートがトレーダーに提示されています。

一方でECN方式は、機関投資家や個人トレーダーや銀行、FXブローカーなどの取引が行われる市場に対し直接注文を出す方式です。

ECN方式は注文に対し、市場でオークションが行われ売買がマッチしていく方式のため、約定力は高いですがスリッページが起こることもあります。

XMはゼロ口座がこのECN方式で運営されていて、マイクロ口座とスタンダード口座はSTP方式が採用されています。

海外FXと国内FXはどちらが透明性が高いですか?

一般的には国内FXはDD方式、海外FXはNDD方式と言われています。

その通りであれば海外FXの方が取引の透明性が高いと言えるでしょう。

ただ、海外FX業者でもDD方式を採用している業者もあるので、海外FXだから呑み行為をしていないと断定することは危険です。

また、金融ライセンスという意味では国内FXは日本の金融庁から認可を受けていますが、海外FXの場合は日本のライセンスはありません。

それぞれ海外の国の金融ライセンスを取得していますが、日本のものに比べれば間違いなく信頼性は落ちるでしょう。

関連:XMの金融ライセンスはセーシェルだが安全?日本金融庁未登録の理由とは

【2024年最新版】
海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社を徹底比較

海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 海外FX業者おすすめランキング一覧!全80社の人気口座を徹底比較【2024年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。