ファクタリング審査が甘い会社11選!個人事業主向けで即日入金できる緩い業者は?【2024年版】
サービス名 特徴
QuQuMoのロゴ
QuQuMo(ククモ)
審査通過率98%
最短2時間即日入金
手数料1%~
labol(ラボル)のロゴ
labol(ラボル)
審査通過率95%~
最短60分即日入金
土日祝も対応
ベストファクターのロゴ
ベストファクター
審査通過率92.2%
30秒簡易診断
30万円~買取可能

PMG
審査通過率98%
最短2時間で入金
30万円〜利用可能

>>審査が甘い会社一覧の続きをみる

「個人事業主向けのファクタリングで審査が緩いのは?」
「誰でも通るファクタリングは?」
「審査の甘い会社の特徴が知りたい」
「提出書類少なめの業者は?」

ファクタリング業者の中には審査が厳しかったり、法人しか利用できなかったりする会社も少なくありません。

本記事では個人事業主でも利用できる、ファクタリング審査が甘い会社11選を紹介。

提出書類が少なめの業者や、通過率を上げるコツも紹介していますので、資金調達の参考にしてください。

「誰でも通るファクタリング」とはいえませんが、業界の中でも激甘といわれる業者も紹介していますので、まずは一度お問い合わせください。

また、審査が甘いファクタリングでも通過しなかった方向けに対処法も紹介しています。

辻 哲弥

この記事の監修者

辻 哲弥

代表公認会計士・税理士

デロイトトーマツ、慶應義塾大学法科学院出身。

ACLEAN会計事務所の代表公認会計士(公認会計士登録番号:42636)。23歳の時、最年少で会計事務所を開業。2023年に同事務所を税理士法人グランサーズと統合し、代表に就任。デロイト在籍時には官公庁、IT産業、建設業、製造業など幅広い業態の監査に従事。現在はスタートアップを中心に資金調達支援や財務コンサルティングを展開。YouTube「社長の資産防衛チャンネル」では節税情報を発信中。

ファクタリング審査が甘い会社11選を比較!個人事業主も【2024年4月版】

2024年4月版のファクタリング審査が甘い会社11選を紹介します。個人事業主の対応可否や審査通過率、特徴も併記しています。

ファクタリング審査が甘い会社
サービス名 公式 審査
通過率
契約方式 対象
QuQuMoのロゴ
QuQuMo(ククモ)
【公式】 98% 2社間 個人
法人
labol(ラボル)のロゴ
labol(ラボル)
【公式】 95%~ 2社間
個人
法人
ベストファクターのロゴ
ベストファクター
【公式】 92.2% 2社間
3社間
個人
法人

PMG(ピーエムジー)
【公式】 98% 2社間
3社間
法人
個人
PayToday(ペイトゥデイ)のロゴ
PayToday(ペイトゥデイ)
【公式】 95%~ 2社間
個人
法人
FREENANCE(フリーナンス)のロゴ
FREENANCE(フリーナンス)
【公式】 95%~ 2社間
個人
法人
ペイトナーファクタリングのロゴ
ペイトナーファクタリング
(旧yup先払い)
【公式】 95%~ 2社間
個人
法人
アクセルファクターのロゴ
アクセルファクター
【公式】 93% 2社間
3社間
個人
法人
ウィットのロゴ
ウィット
【公式】 95% 2社間
3社間
個人
法人
日本中小企業金融サポート機構のロゴ
日本中小企業金融サポート機構
【公式】 95% 2社間
3社間
個人
法人
ビートレーディングのロゴ
ビートレーディング
【公式】 98% 2社間
3社間
個人
法人
事業資金エージェントのロゴ
事業資金エージェント
【公式】 90%以上 2社間
3社間
法人

※更新:2024年4月

提出書類は、ファクタリング利用に最低限必要なものをピックアップしています。審査状況により追加書類が必要になるファクタリング業者もあります。

1社1社、ファクタリングサービスに特徴がありますので、自社に合っているかチェックしてみてください。

QuQuMo(ククモ)

QuQuMoの公式サイト画像

出典:QuQuMo公式サイト

審査通過率 98%
契約方式 2社間
入金スピード 最短即日(2時間)
利用可能額 金額上限なし
オンライン完結
手数料 2社間:1%〜
利用対象者 個人事業主・フリーランス・法人
対象債権 売掛金であればOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 10:00〜17:00

QuQuMoは審査通過率98%以上ともいわれるファクタリングサービスで、最短2時間で入金可能な完全オンライン完結サービスであることから、効率的で柔軟な審査をしていることがわかります。

株式会社アクティブサポートが運営するファクタリングサービスで、スマホ・PCからのオンライン完結をメインとしており、申込から入金まで最短2時間で資金調達が可能です

また提出書類は通帳・請求書の2点のみと少なめで、面倒な面談や書類審査も必要ありません。

契約には弁護士ドットコム監修のクラウドサインを採用しているため、外部に情報が漏れる心配もありません。

labol(ラボル)

labol(ラボル)の公式画像

出典:labol公式サイト

審査通過率 95%以上
契約方式 2社間
入金スピード 最短即日(60分)
利用可能額 1万円〜
オンライン完結
手数料 10%
利用対象者 個人事業主・フリーランス
対象債権 請求書があればOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 24h365日即時振込対応

labol(ラボル)は審査通過率95%以上ともいわれる個人事業主・フリーランス向け(法人も利用可)のファクタリングサービスで、アンケートに回答したり、追加書類を提出したりすることで通過率をアップさせられるユニークな仕組みも導入しています。

東証プライムに上場している株式会社セレスの100%子会社である株式会社ラボルが運営するファクタリングサービスで、運営母体も安心。業種や職種問わず利用が可能になっています。

また、ラボルのファクタリングは全てWEB上で完結。

資金の入金が迅速且つ、簡単にできるので忙しい個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

1万円からという少額から使えることもあり、緊急時の助けとなってくれること間違いなしでしょう。

ベストファクター

ベストファクターの公式サイト画像

出典:ベストファクター公式サイト

審査通過率 92.2%
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短即日
利用可能額 30万円〜1億円
オンライン完結
手数料 2社間:5%〜
3社間:2%〜
利用対象者 個人事業主・法人(業種問わず)
対象債権 確定債権・将来債権
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 平日10:00〜19:00(土日祝は除く)

ベストファクターは平均買取率92.2%の高水準を維持しており、業種に関係なく利用可能なファクタリングサービスで、公式サイトに前月の買取実績を公開している透明性の高い業者です。

ベストファクターは最短24時間以内の当日入金が可能で、買取手数料は2%〜と業界でも最安水準の手数料を誇ります。

個人事業主(フリーランス)・法人いずれも利用できるなど、資金調達のしやすさも評判です。

さらに、日本トレンドリサーチが実施したアンケート調査で「経営者に紹介したいファクタリング会社No.1」も獲得しているため、信頼度の高さも評価できるファクタリング会社といえるでしょう。

PMG(ピーエムジー)

出典:PMG公式サイト

審査通過率 98%
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短2時間
利用可能額 30万円〜2億円
オンライン完結
手数料 2%〜
利用対象者 法人/個人事業主
対象債権 売掛金
提出書類 決算書/請求書/通帳コピー
営業時間 平日8:30〜18:00

PMG(ピーエムジー)は、個人事業主にも対応しているファクタリングサービスで、手数料は2%〜と低価格で利用可能です。

最短2時間のスピード入金が可能なため、すぐに資金が必要な方にもおすすめで、審査通過率は98%と高水準を維持しています。

サービスクオリティの高さから、他社からの乗り換え率98%リピート率96%という実績を誇ります。

30万円〜上限なしで買取可能なので、幅広い売掛金買取に対応しています。

初めてファクタリングの利用を検討している方や、すでに他社でファクタリングを利用中の方どちらにもおすすめなので、まずは問い合わせてみてください。

>>PMG公式サイトはこちら

PayToday

PayTodayの公式HP画像

出典:PayToday公式サイト

審査通過率 95%以上
契約方式 2社間
入金スピード 最短30分
利用可能額 10万円〜上限なし
オンライン完結
手数料 1%〜9.5%
利用対象者 個人事業主・フリーランス・法人
対象債権 売掛金であればOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 平日10:00〜17:00

PayToday(ペイトゥデイ)は審査通過率95%以上ともいわれるファクタリングサービスで、AIによる効率的な審査を特徴としており、最短30分の即日入金が可能です。

他社のファクタリングサービスでは手数料が明確に記載されていないことが多いですが、PayTodayでは1%〜上限9.5%とわかりやすい料金体系となっています。

書類の提出もオンライン上で完結されて面談も不要。

2023年8月には累計買取申込金額が100億円を突破したことを発表しました。

個人/フリーランスから法人まで幅広く利用可能なため、まずは「オンライン査定」で診断してみるのをおすすめします。

FREENANCE(フリーナンス)

FREENANCE(フリーナンス)の公式サイト画像

出典:FREENANCE(フリーナンス)公式サイト

審査通過率 95%以上
契約方式 2社間
入金スピード 最短即日(16時までの承認)
利用可能額 1万円〜
オンライン完結
手数料 2社間:3%〜10%
利用対象者 個人事業主・フリーランス
対象債権 支払い期日を迎えていない請求書
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 24時間365日(受付)

FREENANCE(フリーナンス)は審査通過率95%以上ともいわれるファクタリングサービスで、個人事業主やフリーランスに特化した効率的な審査が特徴です。

GMOグループが運営するフリーランス・個人事業主が円滑にビジネスができるようにと始められたファクタリングサービスです。

数あるFREENANCEのサービスの中でファクタリングに該当するのが、請求書を現金化するフリーナンスの「即日払い」です。

登録料は無料・会費も0円ですので、個人事業主やフリーランスの方は登録してしておけば、事業の資金繰りが圧迫してもすぐに利用可能なので口座開設だけでもしておきましょう。

フリーナンスの「即日払い」は2社間ファクタリングを採用しており、手数料は3%〜10%・利用額は1万円〜利用できます

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)

ペイトナーファクタリングの公式サイト画像

出典:ペイトナーファクタリング公式サイト

審査通過率 95%以上
契約方式 2社間
入金スピード 最短10分
利用可能額 〜100万円(初回25万円)
オンライン完結
手数料 10%(利用料)
利用対象者 個人事業主・フリーランス
対象債権 ・請求金額、支払期日が確定している
・申請日当日から支払い期日まで70日以内
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 平日10:00〜19:00

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)は審査通過率95%以上ともいわれるファクタリングサービスです。フリーランス・個人事業主向けであり、かつ売掛先が個人でも利用可能な珍しいサービスとして注目されています。

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのサービスで、最短10分で請求書を現金化できます

現金化が早い理由は、AIが審査を行うため事業計画書など書類関係の提出が不要だからです。

初期費用・月額費用も必要なく、サービス利用料が申請金額の一律10%と料金体系もシンプルでわかりやすいため、事業の資金繰りが大変なフリーランス・個人事業主には利用しやすいサービスといえるでしょう。

2023年には累計申込数10万件を突破したことを発表しています。

アクセルファクター

アクセルファクターの公式サイト画像

出典:アクセルファクター公式サイト

審査通過率 93%
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短2時間
利用可能額 30万円〜1億円
オンライン完結 ×(メール・FAX・郵便)
手数料 ~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1000万円:2%~
利用対象者 個人事業主・フリーランス・法人
対象債権 売掛金であればOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 平日10:00〜19:00

アクセルファクターは、審査通過率93%のファクタリング会社で、原則即日入金が可能なサービスを提供しています。

以前は対面形式での取引がメインでしたが、コロナの影響でリモート・オンラインでの取引が増えたことで全国どこからでも利用できます。

またファクタリングの平均手数料は他社より低いため、お得に利用できます。

ウィット

ウィットの公式サイト画像

出典:株式会社ウィット公式サイト

審査通過率 95%
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短2時間
利用可能額 下限なし〜500万円
オンライン完結 ×(非対面・電話1本)
手数料 5~20%(2社間)
利用対象者 個人事業主・フリーランス・法人(中小企業)
対象債権 売掛金であればOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 24時間365日(受付)

ウィットは審査通過率95%ともいわれるファクタリングサービス。個人事業主・中小企業に特化しており、完全非対面・審査開始から最短2時間で請求書を現金化してくれます

個人・法人問わず、スマホ1台あれば全国どこからでも利用可能なことも特徴のひとつです。

500万円以下の「小口」をメインに扱っており、最小30万円の買取実績は95%と高水準のため、事業の資金繰りが難しい個人事業主でも比較的利用しやすいファクタリング会社といえるでしょう。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構の公式サイト画像

出典:日本中小企業金融サポート機構公式サイト

審査通過率 95%
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短3時間
利用可能額 記載なし
オンライン完結 ×(電話・面談)
手数料 1.5%〜
利用対象者 個人事業主(売掛先が法人の場合のみ)・法人
対象債権 売掛金であればOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 9:30〜19:00

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人が運営する珍しいファクタリングサービスで、審査通過率は95%ともいわれています。

一般社団法人のため営利目的ではなく、手数料が他社と比較しても低く設定されているのが特徴です

ただオンライン上では利用はできず、電話か直接面談をしてからでないと契約成立できません。

ファクタリングだけでなく事業再生や事業マッチングなど、幅広い視点での事業の資金調達サポートもしてくれます。

ビートレーディング

ビートレーディングの公式サイト画像

出典:ビートレーディング公式サイト

審査通過率 98%
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短5時間
利用可能額 買取可能金額無制限
オンライン完結
手数料 2社間:4%〜12%
3社間:2%〜9%
利用対象者 個人事業主・フリーランス・法人
対象債権 不良債権・給与債権以外ならOK
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 平日9:30〜18:30

ビートレーディングは、3.7万社以上の業界でも屈指の買取実績を誇るファクタリングサービスで、審査通過率は最大98%と公表しています。

2023年5月には前年度の取扱額が1,060億円を突破したことを発表しました。

最近では時代のニーズに合わせてオンライン完結のサービスに移行しており、最短5時間のスピードで資金化ができるようになっています

買取金額は下限・上限が設定されていないため、幅広い売掛債権にも対応しています。

オンライン対応もありますが、東京・仙台・大阪・福岡と店舗もありますので直接面談してから契約を決めることも可能です。

事業資金エージェント

事業資金エージェントの公式サイト画像

出典:事業資金エージェント公式サイト

審査通過率 90%以上
契約方式 2社間・3社間
入金スピード 最短2時間
利用可能額 10万〜2億円
オンライン完結
手数料 1.5%〜
利用対象者 法人
対象債権 確定債権・将来債権
提出書類 請求書/通帳コピー/本人確認書類
営業時間 平日・土曜9:00〜19:00(日祝は除く)

事業資金エージェントは、アネックス株式会社が運営するファクタリングサービスで、審査通過率は90%以上といわれています。

業界最低水準の手数料1.5%〜に設定されていて、最高2億円まで利用できます

また基本的に対面は不要で、最短2時間で資金調達できるスピードは他社サービスと比較しても魅力的といえるでしょう。

ファクタリング審査に落ちる理由・原因

ファクタリング審査に落ちる理由・原因として代表的なものは以下の通りです。

売掛先企業の信用力が足りない

「売掛先企業の信用力が足りない」とファクタリング審査に落ちる可能性があります。

ファクタリングの審査は融資と違い利用者(社)ではなく、売掛先の信用度を審査対象としているからです。

具体的には、

  • 売掛先が事業を開始したばかり
  • 売掛先が確定申告をしていない

上記のようなケースでは、「売掛先の信用力が足りない」と見なされる場合があります。

ファクタリングの仕組みとして、売掛先から利用者に入金がなければ資金回収ができなくなってしまいます。

極端なことをいうと、利用者が借金まみれであっても売掛先が大企業であればファクタリング審査は通過するということです。

そのため、ファクタリングの審査に落ちる場合は利用者ではなく、売掛先(取引先)に落ちる原因・理由があると理解しておきましょう。

売掛先が法人ではなく「個人」

売掛先が法人ではなく「個人」であることも、ファクタリング審査に落ちる理由の1つに挙げられます。

ファクタリング審査では利用者本人ではなく売掛先の信用度が重要です。

そのため、法人よりも債権回収のリスクが高い個人の取引先では、ファクタリング業者によっては審査で落とす場合があります。

ちなみにほとんどのファクタリング業者が「個人が売掛先の債権」は取り扱っていません。

ただし、ペイトナーファクタリングは売掛先が個人の債権にも対応しています。

売掛債権の入金日が遠い

売掛債権の入金日が遠すぎると、業者側の未回収リスクが高くなるためファクタリング審査に落ちる場合があります。

入金日が遠い売掛債権は「資金繰りは悪いのでは?」と疑われる可能性があります。

ファクタリング業者にとって1番のリスクは、買い取った債権を回収できないことです。

売掛債権の入金日が遠くなるほど未回収リスクも高まるので、リスクを避けるために審査で落とす場合があります。

売掛債権の健全性が低い

不良債権や二重譲渡など、売掛債権の健全性に問題がある場合はファクタリング審査に落ちる可能性が高くなります。

不良債権は回収困難な債権のことで、審査以前にファクタリングを利用できません。

二重譲渡は、2つのファクタリング業者に同じ債権を買い取らせる違法行為です。刑事罰の対象でもあるため、申し込んでも審査落ちすることは確実でしょう。

審査に必要な書類が足りない

審査に必要な書類が足りないと、ファクタリング審査に落ちるでしょう。

審査に必要な書類はファクタリング業者によって異なりますので、公式サイトで確認しましょう。

審査が甘いファクタリング会社の特徴を解説!緩い・通りやすい業者は?

審査が甘い・緩い・通りやすいファクタリング会社に共通する特徴は以下の通りです。

個人事業主・フリーランスでも利用可能

個人事業主・フリーランスでも利用可能な業者は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

個人事業主・フリーランスでも利用できるかは、ファクタリング業者それぞれの審査基準によって異なります。

個人事業主やフリーランスは法人と比べて信用度が低く取引リスクも高くなるため、できればファクタリング業者では取り扱いたくないのが本音です。

ただそのようなリスクを負ってでも個人事業主・フリーランスの債権を買い取るファクタリング業者は、審査基準が甘いといえるでしょう。

即日入金で利用可能

即日入金・スピード入金を推している会社は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

ファクタリングを申し込んでから入金されるまで、1番時間がかかるのが「審査」の時間です。

本来ファクタリング業者では、売掛先企業の財務状況などを調べるため審査に時間を要します。

ただ、即日入金されるということは審査時間が短いということであり、それだけ審査基準も甘く設定されていることに繋がります。

審査や手続きに必要な書類が少ない

審査に必要な書類が少ないファクタリング業者は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

ファクタリングの審査や手続きに必要な書類が多いほど、審査も厳しくなる傾向にあります。

上記でもお伝えしましたが、ファクタリングを申し込んでから入金までで1番時間がかかるのが審査であり、審査に時間をかける会社は財務状況などを徹底的に調べ上げます。

逆をいってしまえば、手続きに必要な書類が少なければ審査することも限定されるため、必然的に審査も甘くなります

ただ、提出に必要な書類が極端に少ないファクタリング業者は怪しくもありますので、利用を検討している会社の公式サイトを事前に確認しておきましょう。

審査~入金までオンライン完結で利用できる

オンライン完結で利用できる業者は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

近年コロナ禍の影響もあり、直接面談することなく入金までオンライン上ですべて完結されるファクタリング業者も増えています。

入金までオンライン完結可能な会社は、審査が甘いというよりも柔軟に対応してくれる会社が多い印象です。

ただオンライン完結の会社は審査をAIで機械的に行うため、一定の審査基準をクリアした債権であれば審査に通ります。

そのため他社の審査に落ちてしまっても、設定しているAIの審査基準を通過する可能性も十分にあるでしょう。

中小・独立系のファクタリング会社である

中小・独立系の業者は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

ファクタリングを運営している会社は、大手金融機関や一般財団法人などさまざまな会社が運営していますが、中小・独立系のファクタリング業者は比較的審査が甘い傾向にあります。

大手金融機関などが運営しているファクタリング業者は、債権回収できないリスクを避けるために審査基準を高く設定しています。

逆に中小・独立系のファクタリング業者は、独自路線の審査基準を設定可能なため比較的審査も甘くなるといえるでしょう。

手数料が高い・上限がない

手数料が高い、または上限設定を設けていない業者は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

高くて上限がない手数料を設定しているファクタリング業者ほど、審査基準が甘い傾向にあります。

審査基準が甘いと債権の回収リスクは高くなるため、バランスを取るために手数料を高く設定してリスクヘッジをしています。

仮に手数料が低い会社の審査に落ちても、手数料が高い会社の審査には通る可能性がありますので、どうしてもファクタリングを利用したければ手数料も考慮して検討してみましょう。

審査通過率・買い取り実績を公開している

審査通過率・買い取り実績を公開している業者は、ファクタリング審査が甘い傾向にあります。

審査通過率が高いということは、審査を通る可能性が高いことでもあり、審査も甘い証明にもなります。

また買い取り実績を公開している会社は利用者が多いことをアピールして集客しているため、通過率と同様に他社と比較しても審査は甘くなっているでしょう。

債権譲渡登記を求められる

2社間ファクタリングの際に債権譲渡登記を求められる場合は、ファクタリング審査が甘くなる傾向にあります。

ファクタリングの前に債権譲渡登記を行っておくことで、売掛債権の所有者がファクタリング業者に渡ったことを公的に証明できます。

2社間ファクタリングにおいて、万が一ファクタリング利用者が破産・倒産した場合、売掛金の回収が困難になることがありますが、債権譲渡登記を行っておくことで売掛先企業から直接売掛金を回収できることを証明可能になるのです。

ファクタリング業者にとっては債権譲渡登記によって未回収リスクを小さくできるため、審査が甘くなるということです。

参考:法務省:債権譲渡登記制度について

ファクタリングの審査基準とは?

ファクタリング業者で最も重要視している審査基準について解説していきます。

売掛先企業の信用力

ファクタリングでは、利用者本人よりも売掛先企業(債権を発行している企業)の信用力が大切です

ファクタリング業者が債権回収するのは、契約した利用者ではなく売掛企業からです。

そのため、売掛先が個人事業主・フリーランスの場合、法人よりも信用力が落ちるため審査に落ちる可能性が高くなります。

ファクタリングの審査基準はあくまでも、利用者本人ではなく売掛先企業の信用力に左右されると覚えておきましょう。

売掛金の支払い日

ファクタリングの審査では「売掛金の支払い日」も重要視されます。

ファクタリング業者は、売掛先が発行した債権を買い取るサービスのため、回収先は利用者本人ではなく売掛先です。

そのため売掛金の支払日までの期間が長くなるほど未回収リスクも高くなるため、審査も厳しくなります。

ファクタリング業者が未回収リスクを少しでも抑えたいので「売掛金の支払日」は重要な審査基準なのです。

ファクタリング利用者の信頼性

ファクタリング審査では利用者の信用力は大きく影響しませんが、信頼性が高いに越したことはありません

例えばファクタリング業者には以下のことを確認されます。

  • 売掛先企業と継続して取引しているか?
  • 経営規模に合ったファクタリング利用額か?

ファクタリング利用者の信頼性が高いことで売掛先との良好な関係も証明され、審査通過率もアップする傾向にあります。

売掛債権の健全性

ファクタリングでは売掛債権を売却して資金調達するため、売掛債権の健全性は重要な審査基準です。

とくに二重譲渡や不良債権を掴まされてしまうと、ファクタリング業者も売掛金の回収ができず負債を負う可能性が出てきます。

ファクタリング業者ごとに審査基準は異なりますが、売掛債権の健全性はどの会社も重要視している審査基準なのです。

ファクタリング審査通過のコツ

ファクタリング審査に通るコツは次の4点です。

信用力の高い売掛金を利用する

売掛金の信用力が高いほどファクタリング審査に通過しやすくなります

信用力の高い売掛金とは、売掛債権を発行している「売掛先の信用力」が高いということです。

ファクタリングでは、利用者ではなく売掛先の支払い能力を評価するため、売掛先の信用力が高いほど審査通過率も上がります。

支払いまでの期日が短い売掛金を利用する

売掛金の支払い期日が短いほど、ファクタリング審査に通過しやすくなります。

ファクタリング業者は、売掛債権の買取後に売掛金を回収するため、支払い期日までは負債があります。

支払い期日が短いほど売掛先の状況が急変する可能性が低いため、未回収リスクも下がり、審査に通過しやすくなるのです。

必要書類を審査前に準備しておく

必要書類を事前に準備することで、業者側も審査に取り掛かりやすくなり、ファクタリング通過率も上がります。

審査に必要な書類はファクタリング業者によって異なりますが、以下の書類が代表的です。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 通帳(指定期間がわかるコピーでも可)
  • 売掛先との契約書
  • 登記簿謄本(法人の場合)
  • 決済書(法人)、確定申告書(個人)
  • 売掛債権を証明できるもの(契約書・納品書・請求書など)

ファクタリング業者によって必要書類が異なる場合があるため、公式サイトで確認しましょう。

自分の身元や会社状況を偽りなく伝える

ファクタリング会社から信頼を得られるよう、自分の身元や会社状況を正直に伝えましょう。

ファクタリングでは、信用や信頼が重要です。

審査に通過したい一心で嘘の情報を偽って伝えると、逆にファクタリング審査に落ちる要因にもなりえます。

審査が甘いファクタリングでも通らなかったら?

ファクタリング審査が甘いサービスでも審査に通らなかったら、以下の方法も検討してみてください。

ビジネスローンを利用する

ビジネスローン、特にノンバンク系のビジネスローンを利用すれば、最短即日で資金調達が可能です。

ノンバンク系ビジネスローンの特徴
  • 対象:法人・個人事業主
  • 審査スピード:最短30分
  • 調達スピード:最短即日
  • 調達可能額:50万~1,000万円
  • 審査書類:決算書・確定申告書など
  • 金利目安:5%~18%
  • 担保:不要
  • 保証人:原則不要
  • 契約:オンライン完結もあり

    代表的なサービスは以下の通りです。

      支払い先延ばしサービスを利用する

      「期限が迫っている支払いがあるからファクタリングを利用したい」場合はローンなどで資金調達せず、支払い先延ばしサービスを利用するのも1つの方法です。

      支払い先延ばしサービスとは、銀行振込の支払いをクレジットカード払いに変更できるサービスで、支払いを最長60日間先延ばし可能です。

      利用者はクレジットカード支払い明細(請求書)を登録することで、代行会社が支払い(振込)を立て替えてくれます。

      支払い先延ばしサービスの特徴
      • 手数料の目安:3%~4%
      • 最大延長期間:60日
      • 振込スピード:最短即日
      • 支払先への通知:なし
      • 振込可能額:カード限度額まで
      • 取り扱いブランド:VISA / JCB / Master / SAISONなど

      代表的な支払い先延ばしサービスは以下の通り。

      主な支払い先延ばしサービス
      • 支払い.com
      • ラボル カード払い

        支払い.com

        支払い.com最大60日の支払い先延ばしが可能なサービスです。

        最短1日後の支払いに対応しており、手数料は一律4%

        1万円~カード上限額までの支払いを先延ばしできます。

        対応カードはSAISON CARD・MasterCard・VISA(デビットカードやプリペイドカードは非対応)。

        法人だけでなく、個人事業主も利用可能です。

        【公式サイト】https://shi-harai.com/

        ラボル カード払い

        ラボルカード払い最大60日の支払い先延ばしが可能なサービスです。

        最短60分の即日支払いに対応しており、手数料は3%~3.5%

        1万円~カード上限額までの支払いを先延ばしできます。

        対応カードはJCB・MasterCard・VISA(デビットカードやプリペイドカードは非対応)。

        法人だけでなく、個人事業主も利用可能です。

        【公式サイト】https://labol.co.jp/lp/bpsp

        審査が甘いファクタリング会社に関するよくある質問

        審査が甘いファクタリング業者に関するよくある質問をQ&A形式で回答していきます。

        審査なしのファクタリング会社はある?

        ファクタリングでは必ず審査があるため「審査なし」を謳うファクタリング業者は利用すべきではありません。

        ちなみにファクタリングの審査は「売掛債権の審査」であり「利用者の審査」ではありません。

        ファクタリング審査で提出が必要な書類は?

        ファクタリング審査の提出書類は会社によって異なりますが、最低限「請求書」「本人確認書類」「通帳のコピー」が必要になります。

        ほとんどのケースでは以下の書類があれば審査も契約も完了できるでしょう。

        • 身分証明書

        • 印鑑証明書

        • 通帳(指定期間がわかるコピーでも可)

        • 売掛先との契約書

        • 登記簿謄本(法人の場合)

        • 決済書(法人)、確定申告書(個人)

        • 売掛債権を証明できるもの(契約書・納品書・請求書など)

        ただしファクタリング業者や審査状況によっては上記以外の書類を求められる場合があります。

        ファクタリングの審査では面談が必須ですか?

        ファクタリング会社によっては面談なしでの審査を行っています。

        特にコロナ禍以降は対面ではなく、オンラインや電話でヒアリングすることで面談完了とする会社も増えており、AI審査によるファクタリングサービスも出てきています。

        今後AI審査が普及することで、ファクタリング審査での面談不要が主流になるかもしれません。

        以下の記事では面接不要なファクタリング業者も紹介しています。

        誰でも通る審査激甘のファクタリング会社はある?

        ファクタリング審査には一定の基準があるため、誰でも通るファクタリング業者はありません。

        比較的、審査が甘いファクタリング会社はこちらです。

        後払い現金化の審査は甘い?

        後払い現金化の審査はファクタリングより甘い傾向があります。

        ただし、後払い現金化業者の摘発が全国で相次いでいるため、利用には注意が必要です。

        法人や個人事業主・フリーランスが簡単に利用できる後払いサービスとしては、クレディセゾンとアップサイダーが共同で運営している「支払い.com」がおすすめです。

        審査が緩い個人事業主向けファクタリングで提出書類が少なめなのは?

        審査が緩い個人事業主向けファクタリングサービスの中で提出書類が少なめなのは以下の会社です。

        上記会社はいずれも個人事業主の利用を歓迎しており、最低限必要な書類は「本人確認書類」「請求書」「エビデンス(通帳コピーなど)」の3点となっています。

        AI審査のファクタリング会社を教えてください

        本記事で紹介している以下の企業はファクタリングの審査にAI技術を採用しています。

        個人事業主が請求書のみで利用できるファクタリングは?

        請求書のみでのファクタリング利用は原則できません。

        ただし、2回目以降の利用かつ同じ売掛先など、複数条件を満たせば請求書のみでファクタリングを利用できる可能性はあります。

        ファクタリング会社に繋がりはありますか?

        ファクタリング会社に繋がりはないといえます。

        ファクタリング会社同士はビジネス上の競合にあたるため、繋がりを持つメリットがないからです。

        仮に繋がりがあったとして、利用者の個人情報を共有すると情報漏洩にあたるため、「A社で審査に落ちた情報がB社に漏れて、B社でも審査に落ちた」ということはありえないといえるでしょう。

        審査激甘の給料ファクタリングは?

        給料ファクタリングは、債権譲渡ではなく貸付に該当します。

        法外な利息を要求するヤミ金融の存在も確認されており、金融庁も注意を促しているため、利用しないようにしましょう。

        通常、個人としてファクタリングを利用する機会はないと思いますが、「給与ファクタリング」という手法で、個人に貸付けを行うヤミ金融の存在も確認されていますので、こちらについても十分注意してください。
        引用元:ファクタリングの利用に関する注意喚起:金融庁

        先払い買取で審査が緩い会社は?

        先払い買取はファクタリングとは異なります。

        「先払い買取」と商品の買取を謳って高額な違約金を請求する悪質な業者もいるため、利用には注意しましょう。

        「先払い買取現金化」を利用すると、後々の高額な違約金(キャンセル料)名目の金銭の支払いによりかえって生活が悪化し、多重債務に陥る危険性があります。また、取引で提供した個人情報が悪用されたり、ネット上でさらされるなど、トラブルや犯罪に巻き込まれる危険性があります。
        引用元:商品の買取りをうたって高額な違約金を請求する悪質な業者にご注意ください!:金融庁

        「ファクタリングは審査が甘い」といわれる理由は?

        資金調達方法の中でも「ファクタリングの審査は甘い」といわれる主な理由として、以下の項目が挙げられます。

        融資と仕組みが違うから

        ファクタリングは融資と違い「売掛債権を買い取るサービス」です。

        審査対象が利用者本人ではなく売掛債権を発行している売掛先(取引先)となるため、個人の信用情報や企業の経営状況では審査されません

        極端なことをいえば、利用者が税金を滞納していたとしても売掛先が信頼できる企業であれば、ファクタリングの審査は通過できます。

        このように融資とは審査対象が異なるため「ファクタリングは審査が甘い」といわれています。

        未回収リスクが少ないから

        ファクタリングは融資やローンなど、他の資金調達方法と違い、未回収リスクが高くありません。

        融資やローンは低金利で長期間かけて返済してもらうため、未回収リスクも高くなる傾向にあります。

        しかしファクタリングは買い取った債権の売掛金から回収するだけなので、融資やローンより未回収リスクは低くなるのです。

        独自審査のファクタリング会社が多いから

        ファクタリング業者の中には「独自の審査基準を採用しているため通過率が高い」ことを掲げている企業が少なくありません。

        一方、銀行融資の審査基準は基本的に画一的なため、ファクタリング審査は甘いといわれるのでしょう。

        審査が甘いファクタリング業者 まとめ

        本記事では2024年4月版の審査が甘い・緩いファクタリング業者11選を紹介。審査通過のコツや、審査に落ちる理由もお伝えしました。

        ファクタリング会社が審査を甘くすると、リスクが高くなるため、誰でも通るファクタリングは原則ありません。

        ただし相対的に審査が甘いファクタリング会社はありますので、他ファクタリング会社の審査に落ちた方や、ファクタリング審査に通るか不安な個人事業主の方は、本記事で1社1社の特徴をチェックして自社に合ったファクタリング業者を探してみてください。

        なお、総合的に評価されている人気のファクタリング会社については、ファクタリングおすすめランキングにて詳しく解説しています。

        おすすめファクタリング会社3選

        ベストファクター

        平均買取率92.2%!担保や保証人も不要

        ・起業後すぐでも買い取ってもらえる
        ・最短24時間以内のスピード調達
        ・業界最高水準の買取手数料2%~を実現
        ・来店不要!手続きはオンラインで完結
        ・高度なセキュリティ対策
        ・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可

        QuQuMo(ククモ)

        最短2時間!スピーディーな振込実行

        ・スマホでもPCでも利用可能
        ・申し込みから入金まで最短2時間で実行
        ・業界トップクラスの手数料1%~を実現
        ・必要書類は請求書と通帳の2点のみ
        ・少額から高額まで柔軟に対応
        ・取引先に通知されない2社間契約専門

        labol(ラボル)

        フリーランス向けファクタリングサービス

        ・最短60分のスピード入金
        ・24時間365日対応
        ・独立直後でも新規取引でも買取対象
        ・1万円~必要な金額のみ現金化可能
        ・手数料は一律10%
        ・取引先に知られない2社間取引